カテゴリ: その他の文庫レーベル

今日のラノベ!

幼馴染で悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

幼馴染で悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

著者:
編乃肌

イラスト:
おの秋人

レーベル:
ビーズログ文庫


【あらすじ】

『精霊姫』に選ばれた庶民のスーリア。だけど護衛騎士が昔喧嘩別れした幼馴染みのレイスだなんて!?「お前の護衛なんて不本意だ」「こっちだて願い下げよ!」「スーに近づくなー!(怒)」精霊ウォルもお怒りの中、向かった王都では『精霊使い』の行方不明事件が頻発!しかもこの事件がレイスの素顔に迫る鍵になっていて……!?




感想:★★★★★




待ってたよ、デレイス……





『余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です』の編乃肌先生の新作!
8月の新刊ですね。






(ビーズログの新刊台が見つからない僕)
「すみません、ビーズログの新刊って……」

(品出し中の店員さん)
「あ、お盆なのでもうちょっと後です」

(その本屋の文具担当僕)
「あっ、そうですよね」






そんなやり取りもあったとか無かったとか。






本題。




帯文句の「こじらせ喧嘩ップルの精霊ファンタジー!」ってのが、攻め攻めのスレスレでよく内容を表していてすごく良いと思います!




面倒見が良かった主人公・スーリアは、近くの孤児院に皆のお姉さんとして幼い時から慕われていて、レイスもその孤児院にいた一人。
仲のよかった2人なのに、ある時レイスがスーリアのことを「大嫌いだ」と評している場面に本人が出くわしてしまい、思わず腹パン。
以降仲直りすることなく、レイスは騎士として、スーリアは領主様の屋敷で使用人見習いとして働く日々を過ごしていた……というところから物語はスタート。



……いたなー、領主様とかいうキャラ濃い人(遠い目)






精霊姫=三年に一度、精霊たちを統べる精霊女王のもとに赴き儀式を行う役割を担う精霊使いのこと。
本年の精霊姫に選ばれたスーリアはそれだけでもあたふたなのに、その護衛騎士がかつて喧嘩別れしたレイスだと知り愕然。
めっちゃ格好良くなってるのに、案の定つっけんどんな態度だし。

それでも名誉なことだと私情を割り切り、王都へ向かい精霊姫としての準備を進めていくなかで徐々に見えてくる「悪魔」という存在。
そしてレイスの「あの時」の態度の真相も徐々に明らかになっていき……?








やっぱり序盤のレイスは、ツンデレイスもといツンドラレイス
スーリアに大嫌いだと言う過去シーンが一番グサッと来ます……
護衛騎士としてスーリアの前に現れたシーンも……ぅぉぁー……
事情が分かった今見返しても破壊力(乙女特攻)が凄まじいです。


王都に向かい出してからは言葉の端々から事情あるオーラを滲み出させていたので、面と向かって言われていたスーリアほどのダメージは受けずに読めるのかなー?と。
このあたりからどちらの意味でも取れる言葉が出始めてくるんですよね。

……お前は変わらず、年下に甘いな
   本文55pより


とか!
世話役であるロア君(可愛い)(少年)へのスーリアの態度を見たレイスの発言で、表面上は皮肉ですが言外に「俺はお前を昔から知っているぞ」ってヤキモチにも見えてはあああああ~~~~っっ!?尊っっっってなるやつ。

ツンデレイスの爆誕である。



そんなこんなで、ここから先も悪魔にまつわる事件が発生したり、ツンデレイスが猛威を奮ったりしながらレイスの態度の謎に迫っていき……





最後には世界の真理、女性特攻、全ての女性に愛され一人の女性のみを愛する、完全無欠の騎士様・デレイスとスーリアが結ばれ幸せになるというTHE HAPPY END !!!!









何が良かったかと問われれば、脊髄反射で「全部」と答えたくなるんですが、レイス以外だと個性的な脇役たちが素晴らしかったと思います。
精霊大好き!領主様とか冒頭のみの登場なのに強烈に印象に残ってます。
(美少女攻略ゲーによくいるキャラの濃いおっさんに似た印象。天神平パパ……)

スーリアの親友・リンスもまた登場自体は僅かな時間ながらも、スーリアを大事に思っていることが伝わる良いキャラでした。
孤児院の院長さんと共に名前だけはよく出てくるとはいえ、なんかずっとスーリアの傍にいたんじゃないかと思うくらい親しみが湧いています。
姐御肌というか、普段からめっちゃノブレス・オブリージュしてそうというか……
リンスがデレイスを見たらどんな反応するんでしょう……w


精霊たちも外せないですよね!
特にウォルはスーリアとずっと共にいながらも、実はスーリアの命の危機には傍にいることが出来ておらず……
危機が去って再会した時の可愛さとかもう……可愛い……!!
ウォル視点の短編とか読んでみたいですね!
あるかな……

・・・検索中・・・

あった……!!
WEB発だったらもしやと思って調べてみたらありました!!
勝った!!!




まとめ





約束された勝利のデレイス




やっぱり編乃肌先生の描く強気女子(時々乙女)は良いなぁ、と改めて思いました。
大嫌いって言われたら腹パンしたって良いじゃない!!


お幸せに!!!!!




以上!



どもー
デスカイザーです!




教訓:人は、十分な睡眠を取らないと、ポンコツになる
事例:商品個数をカウントしていたら21と22の間で記憶が飛びいくつあったか分からなくなる
  (同様の事例多数)
よろしくお願いします




今日のラノベ!


魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!

魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!

著者:
ぷにちゃん

イラスト:
SUZ

レーベル:
ビーズログ文庫


【あらすじ】

 オレ様魔王・ノアの秘書官として働くクレアは、彼の大のお気に入り。しかし突然魔法陣に吸い込まれて――気がつくと宿敵である勇者イルヴェルトの下に召喚されていた。しかも『聖女』として!魔王城へ帰るべく、しぶしぶ魔王封印の旅へついていくことにしたけどこの勇者……聖女のことが好きすぎる!?二方向から溺愛されまくりの激甘ラブコメ!!





感想:★★★★★





キュンキュンしたくて買いました!!






魔王のお気に入り秘書官・クレアが勇者の下に召喚されてしまってさぁ大変!な溺愛される系ラブコメ。

同じ「溺愛」というジャンルでも、その愛情の注ぎ方が違うのです。
その描き分けが良かったです……!





魔王・ノアのクレアに対する愛情は、大事なものを手元で慈しむようなもの
ツンデレ気味ですけどね。
例えるならば、家庭菜園で育てる野菜に向ける愛情を昇華させたものに近いのではないかなぁ……
決して過剰に触れすぎず、しかし存在が視界から消えることは片時もなく、収穫を控えると食べ方を考えるような。
特に後半、勇者に対抗して「好き」という気持ちをクレアに告白してからのノア様が最高でした!!!
ぅぁ~~~キスマークぅぅ~~~



勇者・イルヴェルドのクレアに対する愛情は、与えられるかぎりの愛情を注ぐもの
ヤンデレ気味ですけどね。
例えるならば、ペット可のマンションに引っ越してようやく飼えるようになったアビシニアンへの愛情、とかでしょうか。
なかなか自分の向ける好意に振り向いてくれないけれど、一緒の空間にいてくれるだけでも嬉しいがために、万難を排してでもその状況を維持しようとするかのよう。
(勘違いだったとはいえ)女性側からの夜這い未遂に寝起きで対応できるあたり、イケメンは違うなって思いましたまる








そんなこんなで、クレアの反応の可愛さと勇者&魔王のイケメンっぷりがWパンチで効くので、とても感情が忙しいです。
最後のほうは、





はぁあぁぁぁぁぁぁ………????





ってキレ気味で浸ってました☆
キスマークの刺さり方がハンパじゃなかったです。

……いやだって普段読んでるラノベってキスマーク付ける描写、ほとんど出てこないんですもん!!
耐性のつき方が違うんです!!!
何ならヒロインのパンチラとか、キスしたとかよりもキスマークのほうが耐性無い分心臓にクるものがあると思うんですよね!!!








本編、魔王と勇者それぞれのクレアへのアプローチももちろん最高ですが。
クレアが勇者に召喚されている間のノアとルカリオのやり取り、幕間のような一コマがとてもツボです!
スキあらば勇者のところに殴り込みに行きそうなノア様の隠れ溺愛っぷりがキュンキュンで、それを把握しつつしっかり手綱を握っているルカリオさんの「気持ちは分かってますよ」感が最良なんですよ……!
いや、ほんとルカリオさんの存在が大きいです。
彼居なかったら魔王城での仕事が完全に止まっていましたし、どう考えてもカチコミに行く流れしかありえませんでしたよね!!ノア様の性格的に!!
(……ルカ×ノアの可能性については言及を控えることにします。好きです)







読書メモは好きなシーンの羅列にしかならず、というか「後半ほぼ全部」というメモになってないメモだったので省略。
省略した分の愛情は既に上述の通りです。






まとめ





どう考えても魔王ルートになるであろうことが明白でありながらも、イルヴェルドの『聖女』に対する偏執的な愛情が何かとんでもない国策と共にクレアへの愛情表現として打ち出されそうで。
とても楽しみでありつつ、ノア様のことを思うと気が気でない。
そんな夜を幾度か過ごしての感想でした。



もちろん女性読者はクレア視点でむふふふ~とできること請け合いですが、男性読者はどの視点で楽しむ派閥が大勢でしょうか?
ノア視点?イルヴェルド視点?
私はルカリオ視点。


今後は舞台を魔王城へ移しての激甘ラブコメ。
魔王様のメンタルが試されそうな展開がありそうですが、イルヴェルドなんかに負けず好意をしっかり伝えてほしいです。





……と、ルカリオ視点で思うところであります。





以上!



どもー!
デスカイザーです!





暑い!!!




C94、2日目東待機列にゃうです!!!
台風でだいぶヒヤヒヤしましたが、始まってみればいつもどおり太陽に焼かれ汗が止まらぬ待機列!!


寝不足極まってるので、体調には気をつけます。
コミケに来てる皆様もそうでない皆様も、熱中症にはお気をつけください。





今日のラノベ!


_SL1500_

飼い猫になって百合カップルの

イチャラブ生活を見守る話

著者:

みかみてれん

イラスト:

ゆぞうに

レーベル:

みかみてれん文庫


【あらすじ】

社畜ОLたま子はある日不慮の死を遂げる。だが気がついた時、彼女はもふもふの仔猫になっていた! 小学生から大人になるまで、大好きなご主人様の成長を見守り、恋を応援する! 女子三人+飼い猫(百合厨)の、甘くてちょっぴりほろ苦い百合ラブストーリー!




感想:★★★★★





「愛してる」の力








みかみてれん文庫、コミケ当日更新第2弾!
次はせめて前日に更新しようと思います……





本日8/11、西2ホール「あ01b」にて今回も百合小説が頒布されるらしいですよ?














『観葉植物百合』に続いて、転生百合観察のお話。
今回は足のある猫なので、視点がゴリゴリ動きます。
カラスと戦ったり、守衛さんと血で血を洗う戦いが繰り広げられています。


それはともかく、霧吹き・剪定が良いとこだった前回との一番の違いは、3人の関係に猫(タマ)がダイレクトに関わってくることでしょう!

「百合は見守るもの」という鉄の掟を遵守しながらも、3人のコミュニケーションに関わり続けるタマ。
ちゅー友という絆で結ばれていた3人ですが、たまの存在もまた絆の要素として必要不可欠なんです。
でも、舞台に居ながらも傍観者、立役者。
さながら観客からは見えないピットで演奏するオペラの奏者のよう。






これは3人の百合に非ず
これは3人と1匹の百合である







無邪気に過ごす小学生編。
少しずつ未来を考え始める中学生編。
それぞれ一歩を踏み出す高校生編。 

それぞれ違う年齢、違う思惑にある3人ですが、お互いのために成長しようとする尊さは共通していたかなぁ、と思います。
それぞれのアーキタイプというか素の性格たる小学生編を読後に読み返すと、変わっていないようで雰囲気の違う3人を感じられて、その変化は163pでタマが言っていたような居場所を見つけるためであって、その居場所を見つける理由とは隣に居たいからで隣にいて欲しいからで。




はぁ〜、尊い(諦めの語彙)





読書メモ



3p:死に方!
⇒過去最高にドジ……
でもこの死に方と猫転生後の雨に打たれる描写がその後の展開に大きく関わってきたり、そんな内心との立ち向かい方でタマと深優を比べたり(いわゆる内面百合だ!)。
結構こだわっているので、決して雑な死に方ではないんです。
ただただ最高にドジ。



46p:ベンジャミン・バロック
⇒同じ世界線\(^O^)/
観葉植物×猫という新たな可能性も微レ存
……というか同じ学校なのか、そうか……



189p:25歳
⇒サラっと流しかけましたが、エピローグの深優たちの年齢ってたま子の享年と同じですよね。
ブラック企業に務め1人百合に逃避していたたま子と、紆余曲折を経ながらも3人の共同生活を手に入れた深優たちが良い対比です。
猫生14年目とおばあちゃん猫になりつつあるたま子が、ベンジャミン・バロックでいつまで百合を見守れるのか。
接ぎ木ができないが故にその限界が迫るラストの状況が、完全勝利!ハッピーエンド!でありながら物悲しさも感じさせました。




まとめ



さぁ、みかみてれん文庫を手に取るのです……


 

ウブな子がエッチに開発されていくのほんと好き……
好き……
尊い…………




好きなカプはみゆひな
デスカイザーでしたー


以上!



どもー!
deskyzerです!



夜勤と夕勤で不規則な生活していたら、何故か4時起きが定着しつつあります。
まぁ、出勤が昼過ぎなので午前中に昼寝はするんですが。
夜中に舟を漕ぎながら書くよりも朝ブログ書いたほうが、トータルの時間も短くて済むので偶然の産物ですが色々捗ります。
……身体にはあまり良くないとは思うんですけどもね。



ということで、今日のラノベ!

吸血鬼メイドは甘やかしたい

吸血鬼メイドさんは甘やかしたい

著者:
ちょきんぎょ。

イラスト:
47AgDragon

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「不束者の吸血鬼ですが……」母からの手紙で訪れた山奥の屋敷にいたのは、銀髪紅瞳巨乳メイドのシルヴァさん。ご主人様として甘やかされて――吸引フェラに、五百年の処女を捧げられる初体験!授乳手コキ&騎乗位奉仕も。呪いで屋敷を出られない君へ――約束する、必ず僕が外の世界へ連れて行く。





感想:★★★★★





美少女ちょきんぎょ。文庫の本気にガチ恋したと言っても過言ではない










来ましたね!これは来ましたね!!
そろそろ美少女文庫さんへの忖度を控えて辛口にしてみようとかは特に思っていませんでしたしそもそも忖度していませんが、これは忖度疑われてもイイから絶賛したいです!




登場キャラは主人公・総士と銀髪吸血鬼メイド・シルヴァさんの2人のみ。
総士の母は手紙だけの登場です。
学び舎を卒業したばかりの総士は優しくしっかりした性格の子で、シルヴァさんは主に仕え忙しく仕事することに喜びを感じる真面目でお世話好きな女性。


シルヴァさんが総士を甘やかすのが基本的な関係……と見せかけて、実は総士がシルヴァさんの甘やかし欲を満たさせてあげている構図であるのが1つポイントだったと思います。
いわば「甘やかさせている」状態。
美少女文庫でたとえるなら『思った以上に透視能力』の巴ちゃんとか、この「甘やかさせている」状態に近いかもしれません。
しかし、あちらと違いこちらはとても優しい世界なのです!(あちらが優しくないというのも違…………くはないか、うん。

「主のために我が身の全てを捧げたい」シルヴァさんと、「シルヴァさんが甘やかしたそうにしているから流れに身を任せよう」な総士の思惑が合致した結果、シルヴァさんにとっては天国のような素晴らしい毎日がそこに!!




このあたり一言に集約するなら、



嬉しそうな女性って、最高に可愛い






といったところでしょう!
もう本当に、総士のお世話をするために吸血鬼の力を全開で使っちゃうシルヴァさんとか、総士の話を聞かずに舞い上がって心臓マッサージしようとするシルヴァさんとか、主のダメ人間化を甘やかし放題と解釈して嬉しそうにしちゃうシルヴァさんとか!!








可愛い!!
とても、可愛い!!!!










そりゃ美少女文庫ですからHシーンに期待してますし例に漏れずとても素晴らしいシーンの数々でしたが(特に初パイ○リシーンとかね!)、今回はそのHシーンの素晴らしさの下地にある「総士を甘やかしたい」というシルヴァの気持ちが何よりも尊くてですね?
Hシーンに至るまでの日常シーンが何よりも素晴らしいと褒めちぎりたくなるんですよ。







手紙のみの登場となった母と、母の残した謎、そしてシルヴァのかけられた呪いに関しての裏ストーリーも、総士とシルヴァとの仲を深めるスパイスになる、シンプルですが良い転換点となるものでとても良かったです!
仮に母の存在が一切無かったとしたら(例えば総士が迷った森の中で洋館に迷い込んだとかだったら)、シルヴァの見方もだいぶ変わっていたと思います。
母とシルヴァが友人だったというワンクッションがあることで、シルヴァの甘やかしの母性属性がやや上がりおっぱいへのバブみptが10%ほどアップし、総士から見た時の背徳的な感じも20%ほどアップしたと思われます(個人の感覚です)






読書メモは「シルヴァさん可愛い」で埋まっていたので省略





まとめ




ちょきんぎょ。先生の甘やかし甘やかされな世界に、47AgDragon先生のピッチリメイド服&柔らかボディなイラストが付いた1冊の本。
125pのイラストとか個展開いてA1くらいで飾るべき至高の1枚です!





一般的に言うところの神作品ですね!


人生で初めて、真面目にメイドさんに甘やかされたい欲が湧いてきています。
それくらい面白かったです!
この本の刊行に関わった全ての人に感謝を。




以上!


どもー!
デスカイザーです!


今月の美少女文庫は今月のうちに!

……読み切ることは何とかできましたが、感想を今月中に投下できるのは1冊のみになりそうです……
珍しく感想待ちが大渋滞を起こしております。



ということで、今日のラノベ!



竜王の汚れ仕事

竜王の汚れ仕事!
女子サキュバスの弟子入り

著者:
葉原鉄

イラスト:
米白粕

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「私を弟子にしてください!」最強の竜王ヴァスキこと修吉に、女子サキュバス・リリィが弟子入り志願。気づけば発情させられ初体験!修行のご褒美は騎乗位で!人化したモンスターが競う闘技場でJS女子サキュバスはがんばります♥
「豹獣人のヒメナちゃんに勝てたら、せんせぇの花嫁にしてくれますか?」 





感想:★★★★☆




将棋はしない










竜王=今は人の姿に収まっているものの毒竜ヴァスキとしての強力な力も兼ね備えている主人公・修吉のもとにやってきた、JS=女子サキュバスとしての力をコントロールできないリリィ。
力の制御を学ぶためリリィは竜王に弟子入りし、マウストゥマウスで呼吸法を学んだり、ご褒美に先生の毒をお腹にもらったり、闘技場のバトルロイヤルで力を試してみたりするお話。



パロタイトルからよくここまで話を広げるなぁ、と美少女文庫さんには毎回驚かされます。
「汚れ仕事」とありますが、主人公の金策が毒の中和を生かした掃除屋であることと、ロリを性的に伸ばす背徳的な感じのダブルミーニングですね。
ランド博士の開発したJS=似童象形者(Junior Shaper)専用の能力抑制機構・蘭式殻嚢(ランド・シェル)とかもう天才かと。

で、ひとしきりパロネタで遊びきったあとはリリィと、師としてのヴァスキの意識の変化を普通に師弟ものとして描けちゃうわけですよ?
エッチはエッチで、サキュバスだから体格差をものともせず順応して最初から楽しんじゃうでしょ?



は~~~~~  好き





喘ぎ声が濁点混じりだけど苦しそうではない、というのが拘りポイントだったと思います。
ただ、ここまでくると逆に、もう少し切羽詰まった感じもほしかったかなという欲もあったり……
体格差を活かしきるにはあと一歩、いやあと半歩……!
今でも十分最高にシコいです。
だがしかし。
『永遠姫の嫁入り』の葉原先生だからこそ、めちゃくちゃ高いところに要求ラインを置いてみたいのです!
必ず超えてくれると信じているからこそ……!






読書メモ




60p:2000年
⇒童貞としての歴史が違いますよね。歴史が。
2000年越しの精通とかもう逆に神秘的。



196p:パパ
⇒偶発的な事故から僅かに、けれど確かに変化してしまったヒメナの家族関係。
ただの小生意気なガキから、竜王に救われて欲しい子へと印象が一気に変わったシーンでした。
こんなの好きになるなというほうが無理じゃ……



271p:アウト or セーフ
⇒サキュバスの力をコントロールするという当初の目的が完璧に果たされる瞬間であり、「師匠と弟子」という二人の関係が変わる瞬間。
短期間でよくここまで成長したなぁ……と感慨深い気持ちになりました。







まとめ





「せんせぇに王手かけられちゃう~~~」

ってセリフ、絶対あると思っていたんですけど無かったですね(真顔)










以上!



↑このページのトップヘ