カテゴリ: その他のレーベル

どもー!
デスカイザーです!



創刊前の予習と言えば私!
いつかそう呼ばれる日が来るのでしょうか?!





来ると良いな!!






はい!そういうことで!!(どういうことで?)

ライトノベル……というか新文芸って言うんですかね。
新文芸単行本レーベルとして、今月新しく創刊されるドラゴンノベルスの予習記事です。
予習を定期化するかは未定。






ドラゴンノベルスは、
2019年2月5日創刊!!







「ドラゴンノベルス」は今年で33周年を迎える歴史あるゲームレーベル「ドラゴンブック」を源流とし、古き良きファンタジーの世界を装いを新たに読者へと提供する新文芸単行本レーベルです。
WEB発小説やゲームノベライズを中心に、『新・古典ファンタジー』とも言える新たなファンタジー小説を刊行していきます。


ドラゴンノベルス公式HPはこちら




講談社のレジェンドノベルスもゲーム的な側面、タッチをひとつの重要な特色としていますが、こちらはよりコアにディープにゲームコンテンツをピックアップしたレーベルとなっていそうですね!

……なんでしょう。
この、稼げなさそうなアフィブログ的な空気のある文章は。




ええい、前置きは『ソード・ワールド』や人気ゲームのノベライズも出る……かもよ!! という情報くらいにしておいて、創刊ラインナップを見ていきましょう!!









◎『異世界転移、地雷付き』


著:いつきみずほ イラスト:猫猫猫






ドラゴンノベルス作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら

【あらすじ】

「やあ! 僕、邪神! でも、悪い邪神じゃないよ!」
 不慮の事故で死んでしまった俺たちクラスメイトを転移させたのは、そんなことを言う邪神(仮)
 希望のスキルを作ってくれてサポートもバッチリ。これって邪神じゃ無いよな?
 ――そんな風に思った時もありました。
 甘かった。安易にチートで無双とか考えたクラスメイトはたぶん、残念な結果が待っている。
 だって、彼はチートなんて無いと最初に名言していのだから。
 自業自得なんだろうけどな。

 俺? 俺は幼馴染みたちと、堅実にのんびり生きています。ゲームっぽい世界でも、ゲームじゃ無いんだからさ。



地雷有り!(明言)


目先の甘い汁に誘われると後々痛い目を見るぞ……!的な世界で、非現実的な現実を正しく理解しようとする主人公のお話、でしょうか。
プロローグを読んだ印象としては、「なろう」らしく入りやすく読みやすいですが、秘められた教訓は重そう……
多分私が好きなタイプ!

そしてイラストの猫猫猫先生といえば……SAOの公式外伝コミック「ガールズ・オプス」を担当されている方ですよ!!!
キュート!!






NEXT!!





◎『異邦人、ダンジョンに潜る。』


著:麻美ヒナギ イラスト:クレタ
ISBN:978404073653




ドラゴンノベルス作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 異世界転送の事故により、ただ一人転移に成功したソーヤ。今、困難に満ちた異世界探索行が始まる!
 その途中で出会ったのは、欺瞞と秘匿の神・ミスラニカ、森を追放されたエルフの姉妹、そして個性的な仲間たち。
 悪徳冒険者に鉛玉を喰らわせ、下種な王族を叩きのめし、ソーヤは死と隣り合わせのダンジョンに挑む。
 危険と謎に満ちた新たなダークファンタジー、開幕!!
 

ドラゴンブック新世代ファンタジー小説コンテスト、大賞受賞作!

面接⇒採用⇒即異世界のコンボはどこぞのアウトブレイクなカンパニーで見ましたが、違うのは即座に転送事故でひとりぼっちになったこと。
ここまで序章、というテンポの良さに期待しかないです。
義足ツンデレ妹との会話(ルビ:罵倒)のリズムが某物語のディスコ妹を彷彿とさせて、おいおいフルスロットルで大丈夫か?という謎のハイテンションに陥いります。
あと講談社で喩えるのはやめよう、僕。


表紙も好きです!
メガネ、エルフ、ロボ(?)、そしてタイトルロゴのダンジョンに出会いを求めそうな感じ!
講談社で喩えなければ良いという話ではないぞ、僕。


イラストのクレタ先生は、電撃文庫エドワード・スミス著『竜は神代の道標となるか』のイラストなどを担当されている方です!
青とか緑の塗りのアナログ感ある厚みが好きです!

これは買い確定ですね……!








NEXT!!




◎『極振り拒否して手探りスタート! 特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る 1』


著:刻一 イラスト:MIYA*KI
ISBN:9784040730776




ドラゴンノベルス作品ページはこちら
「カクヨム」作品ページはこちら

【あらすじ】

 気がつくとMMORPG仲間達と白い空間にいた僕。そこには神がいて異世界行きを皆に言い渡してきた。
 いかもリミットまでに転生後のステータスを振り分けろと言う。
 仲間との連携を考えてゲームと同じヒーラーを目指しつつも、安全を考えてバランスの良い万能型構成にした僕だったが――。
 回復能力に特化しないヒーラーの異世界のんびり旅はじまります。


序盤のイケメン、すぐ死にそう(安易)


画面越しにしか面識がなかった9人が、何故かまとめて転生、そしてステータス割り振りを経て異世界へ。
何故、どうしては尽きないながらもそこも含めて楽しむ要素が多々ありそうです!
そして私はこの9人クランがいつ崩壊するのか気が気でない状態で読むことになりそうです……
あらすじの「~~僕だったが――」が不穏すぎる(疑心暗鬼)







NEXT!




◎『フラレた後のファンタジー 1』


著:マルチューン イラスト:ox
ISBN:9784040730738




ドラゴンノベルス作品ページはこちら
「カクヨム」作品ページはこちら

【あらすじ】

 命より大切な恋人ユーリを守るため盾役として日々努力をしてきた冒険者のロジオン。それなのに彼女は他の男を選んで、去っていった。生きる目的を見失ったロジオンだったが、少女シエスとの出会いがかれに新たな一歩を踏み出させ、真の力の覚醒へと誘っていく――。これは、生きる目的を失った男が立ち直るまでのお話と、立ち直ってからの英雄譚。


開幕つらい(つらい)

惚れた女のために力を発揮する系冒険者の、正統派英雄譚!かもしれない。
とりあえず第一話を読んだ時点で既に苦しいのでテケスタ。
ぶっちゃけ読むの怖いまであるんですが、読まないことには彼が幸せを掴めるかどうかも分からないので読まざるを得ない……
こ、これが孔明の罠……

イラストのox先生は、レジェンドノベルス『すべてのチートを過去にする異世界超科学』で素敵な表紙を描かれていたことで全私の中で話題になっていた先生ですね!
今回は……奥の焚き火に視線が持っていかれることで手前の子の“影から支えます”感が凄いことになっています……やはり名作……





NEXT!!






◎『クトゥルフ神話TRPGノベル オレの正気度が低すぎる』


著:内山靖二郎/アーカム・メンバーズ
イラスト:ttl
ISBN:9784040730981




ドラゴンノベルス作品ページはこちら

【あらすじ】

 クトゥルフ神話TRPGの世界に転生!?
 普通の社会人ゲーマーが『クトゥルフ神話TRPG』の世界に探索者(プレイヤー)として転生!? しかも悪ノリで造ったせいで大事な<正気度>は低すぎで……このまま狂気へまっしぐら?
 TRPGのルール(お約束)に支配された世界で、中の人のTRPG知識を駆使して黒幕(キーパー)に挑む!


レーベルカラーを最もよく反映した一冊

作品ページの「転生!?」三連打にはついクスッとしましたが、お話自体は面白そう。
問題はTRPGのお約束を私が知らないことですね……
いえ、こういう作品は知らなくても大丈夫なように出来てはいると思いますが、知らないと読むモチベーションも……ゴホンゴホン

この著者(メンバー?)でのリプレイ本は過去にも『るるいえ』シリーズとして何作品も出ていて、コミックもあるようです。
そんな彼(ら)を新レーベルに持ってくるあたりKADOKAWAの本気が伺える……


ttl先生のイラストは背景の配色に独特の暗さがありますね。
まさにクトゥルフにぴったり!!(褒めてる)










以上、創刊ラインナップはたっぷりの5冊!!


全部買う……かどうかはもう少し考えますが、ひとまずチェックは怠らずにいたいと思います。
「読んだけど面白かったよ!」という声が多かったり、私に直接届いたりしたら……

あ、既に買う宣言してる作品は買いますよ!!






ドラゴンノベルス、創刊は
2019年2月5日!







以上!

今日のラノベ!




_SX336_BO1,204,203,200_



コボルドキング 1

騎士団長、辺境で妖精犬の王になる

著者:

syousa.

イラスト:

sime

レーベル:

レジェンドノベルス


【あらすじ】

 数々の武功で敵からも味方からも一目置かれていた騎士団長・ガイウス。戦場では勇名を馳せた彼だが政が苦手で、母の弔いをきっかけに爵位を返上し帰郷する。事実上のリタイヤである。故郷は森に侵食されていたが、ガイウスはそこで犬のような容貌の「コボルド」と出会う。彼らは森の眷属であり森中にコロニーを形成していた。初めこそガイウスをよそ者扱いしていたコボルドたちだが、彼の勇猛果敢さに触れ徐々に信頼をよせていく。 




感想:★★★★★




文字が…………滲む……









巌のような痩躯に凶暴な顔付き、左頬に走る刺青のような魔術痕という100人中100人に怖がられる風貌ながらも、実は少年達の憧れである「弱気を助け強気を挫く」を体現した性格の、可愛いものを愛でるのも好きな優しい男。

それが主人公、元騎士団長のガイウス。




そんな彼がコボルドと出会い絆を深めていく…………だけの話ではありませんでした。








人間がどんな醜い生き物なのか



ガイウスほどの武功と人徳を持つ者が爵位を返上するまでに至ったことを踏まえれば想像に難くないでしょうが、それでも尚、震えるほどの怒りと情けなさを感じずにはいられません。

コボルドの側から、人間という垣根を超えたところから見たこの物語の経緯は、あまりにも身勝手で理不尽で苦しいです。
なまじ意思が働いている分、天変地異よりタチが悪い。
嫉妬の果ての憎悪、欲に任せた暴虐。
何様なのか。









その一方、個々の輝きの尊さに打ちひしがれます




ガイウスがあんなにも他人の為に喜び、怒り、力を振るうことができること。

コボルド最強の女戦士でガイウスと最も仲良くなるフォグが、種族の為、子の為に命懸けで人間に挑む姿。

ガイウスのかつての部下が彼の人柄に惹かれ、ガイウスと同様に地位も仕事も捨てて辺境に来るという事実の文面以上の重さ。




「誰かの為に」という行動原理

それは上に立つ者、誰かを導く者が最低限持つべきものでしょう。

ガイウスの周りにはそれを当たり前のように、そして身を擲ってでもそれを成し遂げられてしまう者達が自然と集うんです。
これこそまさに「コボルドキング」として、王としてこれから難局に立ち向かうことになるであろうガイウスの、何よりの戦力であり、励みであり……。


   






完全に不意打ちを喰らいました





「もふもふコボルドと、強面おっさんのギャップ萌え辺境スローライフ」




まさか。

とんでもない。




じゃあどうなのかって……?



全部読み切る頃には、視界が滲んでるか、胸を掻きむしってるか、うずくまってるか



そんな物語です。





「面白い」とか「楽しい」ではなく、

「絶巧」「秀逸」「壮麗」とかで表現されるべき作品。







取り急ぎ。



以上!


どもー!
デスカイザーです!



Q:BKブックスとレジェンドノベルスを同時に推すということはどういうことか?

A:発売日がほぼ同じなので読む順番に悩む



そんなジレンマを抱えているわけですが、今月も元気に予習していきましょう!!



レジェンドノベルス1月刊は1月9日発売!










◎『普通のリーマン、異世界渋谷でジョブチェンジ 2』



著:雪野宮竜胆 イラスト:電鬼
ISBN:9784065136577




レジェンドノベルス作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 魔物が跋扈し荒廃した異世界の東京に転移したサラリーマンのスミト。
 冒険者としての生活にも慣れ始め、従者のセリエとユーカとの生活も順調だった。
 ユーカの発案でレトルト食品の販売を始めたスミトたち。
 ビジネスはあっという間に評判となり、ついには貴族たちの晩餐会に呼ばれることとなる。
 すっかり貴族に気に入られたスミトはガルフブルグ四大公の直属の準騎士になることを勧められるが、その態度や物言いに違和感を覚え、申し出を拒否する。
 そんな時、スミトは探索の途中で、副ギルドマスターのフェイリンから「新宿にあるゲートを封印してほしい」との依頼を受ける。
 ギルドを通じたものではない半ば非公式な依頼ではあったが、いろいろ考えてスミトは依頼を受けることにした。
 そして、新宿でのミッションがスタートするが、スミトたちの前にオルミナと名乗る細剣(レイピア)を得物とする女探索者が現れ、なぜか一緒に探索することとなり……。
(レジェンドノベルス作品ページより)


創刊ラインナップ第2巻!!

・レトルト食品を販売
・貴族の晩餐会へ参加
・とある貴族に目をつけられる
・非公式の依頼の受諾、探索へ

と、あらすじだけでも展開が激しいわけですが一体どうなるのでしょう?
まだ1巻を読んでいないので、ただただwktkします(死語)!






NEXT!




◎『無双航路 2 転生して宇宙戦艦のAIになりました』



著:松屋大好 イラスト:黒銀(DIGS)
ISBN:9784065136720




レジェンドノベルス作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 連合艦隊の造船ステーションを急襲する帝国の皇女ソハイーラ。
 ボロボロといえど数で勝る艦隊と機雷で連合の星系を封鎖。
 スムーズに勝ち進んだと思われたが、解放した味方の捕虜の中に前帝国皇帝がいることが明らかになる。
 皇位継承を含めソハイーラの立場が微妙な状態に。
 そんな中、帝国艦隊は連合が建造した超大型戦艦一隻により身動きがとれなくなってしまった。
 その大型戦艦には悪魔の所業ともいえるシステムが組み込まれており、みるみる味方の艦船が轟沈していく。
 絶体絶命のこの状況、救えるか! アサガヤシン!
 本書では第一章 おいてけぼり、第二章 現実世界復帰、第三章 ローマ内乱、第四章 皇帝ソハイーラの計四章を収録。
 人間としてもAIとしても目覚しい活躍を見せるアサガヤシンにご期待あれ。
(レジェンドノベルス作品ページより)


こちらも創刊ラインナップの第2巻!!


そして同じく未読のために、何が起きているのか全く把握できないままあらすじを打ち込むわたくしでありました。
でも、なんだろう。
ここまで把握できないと、逆に読みたくなってきます……
第三章のローマがどういうことなのかすごく気になる……
1巻の第三章も「AI戦闘ローマ式」ってローマだし、なんなのロムルスなの……?

松屋はあまり行きませんが系列の松乃家は好きなので、そういう繋がりで読み始めるのもアリかもしれない……!







NEXT!!





◎『コボルドキング 1 騎士団長、辺境で妖精犬の王になる



著:Syousa. イラスト:sime
ISBN:9784065136904




レジェンドノベルス作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら

【あらすじ】

 数々の武功で敵からも味方からも一目置かれていた騎士団長・ガイウス。
 戦場では勇名を馳せた彼だが、政が苦手なこともあり、母の弔いをきっかけに爵位を返上し帰郷する。
 事実上のリタイヤである。
 帰ってみると、彼の故郷は森に侵食されていたが、ガイウスはそこで犬のような容貌の「コボルド」と出会う。
 彼らは森の眷属であり、森中にコロニーを形成していた。
 初めこそガイウスをよそ者扱いしていたコボルドだが勇猛果敢さに触れ徐々に信頼をよせていく。
 そしてガイウスも純朴な彼らに惹かれ、やがて巨躯の男と犬の妖精の共同生活という珍しい事態に発展する。
 しかし、人間の“悪意”というやつはどこにでも存在して――森の中にも自らを「冒険者」と称するならず者が跋扈し、コボルドの村に脅威を与える機会が増えてきた。
 ガイウスは友であるコボルドたちを守りきることができるのか――!?
 本書ではプロローグ、第一章 イグリスの黒薔薇、第二章 ガイウス、第三章 出会い、第四章 追いかけてきた者たち、第五章 暗雲、第六章 託されたもの、 第七章 草の王冠の計8エピソードを収録。
 義に厚く心優しい男の壮年の生きざまを、その目に焼き付けろ。
(レジェンドノベルス作品ページより)

おっさん×コボルド


syousa.先生はおそらく初書籍化。
sime先生は、GCノベルズ『聖者無双』でイラストを担当されていますね!


何はともあれ、見るからに分かる魅力は「名を馳せた武闘派のおっさんと、愛らしいコボルドのちぐはぐな組み合わせ」ですよね!
「モンスターズ・インク」的なコンビ。

あとは、「その行為、人から見るか、コボルドから見るか?」という点。
どのくらい異種族交流のある世界なのか未知数ですが、倫理観・価値観の種族間での違いとか描かれてたら面白そうだなぁ、と。

全力で……モフっていけ!






LAST!



◎『迷宮の王 1 ミノタウロスの咆哮』


著:支援BIS イラスト:目黒詔子
ISBN:9784065136911




レジェンドノベルス作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 サザードン迷宮の十階層に出現したミノタウロス。
 本来ならば中ボス程度の存在だったミノタウロスはなぜか、独自の行動をとり、迷宮内でその存在感を増していった。
 こぞって「打倒ミノタウロス」に挑む冒険者たち。
 しかし、彼らは皆、ことごとく敗退していく。
 そんなミノタウロスを手練れの冒険者たちが放っておく理由はなかった。
「天剣」の異名を持つ剣士パーシヴァルもその一人で、彼は普通ならばパーティーで臨む階層にもたった一人で冒険に出て涼しい顔で戻ってくる、真の上級者だった。
 しかし、そのパーシヴァルですらミノタウロスの前に敗れ去るのだった。
 もっとだ!もっと、もっと、闘いを! もっと、もっと、強い敵を!
 ただひたすら求道者のごとく強さを追い求め、みるみる強大になっていくミノタウロス。
 ついには迷宮のルールすら超えた存在として、迷宮に君臨していく……。
(レジェンドノベルス作品ページより)

THE・ミノタウロス


支援BIS先生は、エンターブレインから『辺境の老騎士』という作品を出されていますね!
イラストの目黒詔子先生は、ローカス賞受賞のファンタジー作品『氷と炎の歌』の日本語訳版にてイラストを担当されています。ダーティで迫力ありますね!


あらすじを読んだ感想:分からない

この作品、本当にどういう作品なんでしょう……(困惑)
そしてあらすじでやられているパーシヴァルさんが不憫でならない。

この分からなさは、読んで納得しないことにはスッキリできないタイプのやつですね……!
楽しみです。










ということで、1月刊は続刊2冊、新作2冊の計4冊!

「全部傑作、ハズレなし」を、2巻の面白さで真に示すことができるのかどうか。
ある意味レーベルとしては創刊月に続いて力の入るところでしょう。


なので、そこはひとまず置いておいて『迷宮の王』から読みたいと思います(おい


いや、何せ創刊ラインナップは『女王陛下の異世界戦略』しかまだ読んでないので……
もちろんいずれは読みますが!!
毎度のごとく月初の積ん読大渋滞を起こしているので、続刊組はちょっと様子を見ながらにしたいと思います……

新作はね!ちゃんと読みますよ!!






レジェンドノベルス 2019年1月刊は、1月9日発売!






以上!

今日のラノベ!

セックス・カンパニー


セックス・カンパニー

著者:
鏡遊

イラスト:
ナビエ遥か2T

レーベル:
ノベルゼロ


【あらすじ】

 世界的大企業の末端に勤める青年、千耶にはラッキースケベ体質という秘密があった。会社でも、なついてくれる後輩の凛々世にラッキースケベを発動しまくり!毎回、彼女にはなんとか許してもらっている。ある日、親会社の社長から男子禁制の楽園である施設“ヴァルハラ”へと呼び出される。そこで待っていたのは―新入社員と身分を偽っていた凛々世。実は“美人社長”だった彼女は千耶にミッションを下す。『進化したラッキースケベ体質、ラッキーエッチで美女100人を攻略して、至高の9人を見つけ出せ!』と。普通の会社員が文学美少女やアイドル達とエッチ三昧!ラッキーエッチラブコメ、ご開帳!





感想:★★★★☆





※伏字は諦めました。
    容赦なく連呼していきます。









『セックス・ファンタジー』に続く、ノベルゼロのセックスシリーズ第二弾!!
あちらは自他共に認めるクズ(あるいは性欲に忠実とも言う)が主人公でしたが、こちらは振れる能力値を全てラッキースケベに捧げたかのような体質を持つ会社員が主人公。
ラッキーならしょうがない。


会社の後輩もとい世界的大企業の美人社長・凛々世の求める9人の人材を探すべく、“ラッキーエッチ”体質を駆使して女の子の開花させていく!という物語。









一人目の被害者計画対象者であるアイドル・聖奈との初セックスにあまり興が乗らず、その後の凛々世社長暴露シーンでワクワクしたあたりで読み方を察しました。




確かにエロい。
2人目の対象者、文学少女の古詠とのセックスシーンもそれなりに良い。
でも、それなりに、なんです。

はたしてそれは、描写が抑えめだとかそういうことではなくですね……


凛々世なんですよ。
後輩であり、社長であり、親しい女性であり、同居相手である凛々世がメインヒロインすぎるんですよ……!
何なの!!
男の懐に入る才能に恵まれすぎてませんか!!?


そんな凛々世があまりにも魅力的すぎて、『セックス・カンパニー』なのに、セックスしてるヒロインよりセックスしてないヒロインのほうが株が上がるという罠。






攻略パートよりも作戦会議パートのほうが面白くて良いんでしょうか?


良いんです!!!











2巻もまた凛々世との日常が楽しみです。


以上!



今日のラノベ!

メイドと学ぶ商会経営


メイドと学ぶ商会経営
クールな彼女の愛し方

著者:
肥前文俊

イラスト:
ぴょん吉

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「ご主人様、お情けをくださいませ」
 氷の美貌を蕩けさせ、恋人メイドのノエルがフェラ&おねだり! 経営危機に陥った商会を立て直し、クールメイドをアヘらせたい! ドジ巨乳メイドのターニャもサボりメイド・クロエも応援ご奉仕。ハーレムHに励まされ、クラウドが挑む起死回生の商売とは!




感想:★★★★★





ナイス HI☆TO☆DE!!








事故で亡くなった先代が遺した「三年後に返済する」という特殊な借入。
その存在に返済期限直前になり気づいた主人公・クラウドが、ローランド商会黒字倒産の危機を脱するべく金策を巡らせるお話。




「経営危機って言っても、ぶっちゃけエロパワーでどうにかしちゃうんでしょ?」とか思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。
(いや、だって美少女文庫だから……)



しっかり「経営」という地盤のうえで最後の最後まで正々堂々と金策を施し、商会を維持存続させようとするクラウドの姿は、まさしく尊敬するに足る経営者の姿でした!!


だからこそ、それを傍で支えていたメイド・ノエルの心境にリンクできるんです。
リンクできるということはどういうことか?







Hシーンの情動が素晴らしくなるということです(迫真)







特に第四章~終盤の、ノエルとクラウドのかけがえのない関係が描かれているあたりとか、悶絶必至です……!
それまでクールで、無表情で、常に冷静だとずっと評されていたノエルの…………くぅ~~~、思い出すだけでも鳥肌立ちますね!!


逆に、序盤~中盤にかけての H は割とパワープレイだったりします。
ヒトデのような何かとか、媚薬のお香とか。
そういうのが好きな人種は今すぐ買うべきですし、そういうのが好きな私はそれはそれで大満足です!





後半へ続く






続きを読む

↑このページのトップヘ