カテゴリ: ガガガ文庫

やっはろー。
デスカイザーです。

バイト再開が決まった途端にパズドラの課金を再開してしまうあたりどうしようもない…。
育成用だから…(震え声)
ガチャはしばらく引かないから(重ねて震え声)



それじゃ、今日のラノベ!

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)
(2011/03/18)
渡 航

商品詳細を見る


ガガガ文庫より
『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』です。


【あらすじ】

孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう―そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様―俺の青春、どうしてこうなった。


感想:★★★★★

色々と分かってはいるけどもあーえーて声を大にして言いましょう


誰だこのヒロイン!?
あとうしろの目力強い少年!


長続きするシリーズは作者の文章力・キャラの成長以上にイラストレーターの画力・画風の変化が面白いよね。
『禁書目録』も1巻見返すと……




感想…だけど、アニメで大体ストーリーは知ってたから目新しいものが少ないんだよね。
だからアニメ→ラノベの順番で入るのは嫌なんだよ…。

そうさねぇ…。
カースト女王の言動がより一層ムカついたってのはアニメとの感想の違いかなぁ。
ストーリーの概要は覚えてるけど、詳細までは覚えてないからアニメとの詳しい差まで語れないし。

『俺ガイル』は結構世間的には盛り上がってるけど、実はデスカイザー的にはそんなに盛り上がってなかったりするんです。
もちろんラノベ枠だからほかのアニメに比べたら真剣に見守ってたし今季も見るけどね!
ひっきーの思考は好きだけど、トラウマまわりをチクチクされてるようで…
あっ、この話やめますね?



読んでて思ったけど、本当にさがら総先生と質が似てるよね。
『クズと金貨のクオリディア』でタッグを組んだ時にぱっと見だと区別がつかなかったのも納得。
変態王子から変態要素と王子要素抜いてひねくれさせればひっきーだもん。
……別人だこれ。

まぁとにかく文体が似てる。本当に。そっくり。



二期が終わるまでにはアニメに追いつきたいな…




以上!

どもー。
デスカイザーです。

本日2回目の更新はツインテールです。


デスカイザーと弟は広い部屋を一緒に使ってるんだけど、今お母さんと弟がよく分からない喧嘩しててつらい…。
騒ぎ続けるのは収まったんだけど、山を越えたあとの少ししんみりしたムードがこちらにも流れてきて……!

たすけて

あっ、また叫びだした。



今日のラノベ!(2回目)

俺、ツインテールになります。〈3〉 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。〈3〉 (ガガガ文庫)
(2013/03/19)
水沢 夢

商品詳細を見る

俺、ツインテールになります。4 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。4 (ガガガ文庫)
(2013/07/18)
水沢 夢

商品詳細を見る


ガガガ文庫より
『俺、ツインテールになります。3、4』です。


【あらすじ】
省略


感想:★★★★☆

アニメでいうと7話あたりから最終話までの話。

具体的には
ダークグラスパー登場、腹話術
→会長、えろほんを買う(未遂)
→会長母登場。婚約へ。(このあたりから作画崩壊開始)
→「俺のツインテールは、輝光(ひかり)だ!」
→キス
→メガ・ネプチューンMkⅡ(CV.田村ゆかり)
までが原作3巻。

テイルブルー踏み続けるだけでエレメリアンを撃破
→寝てる間に変身
→総二、女体化
→トゥアールから、あの…ツインテールとめる…そう!バレッタをもらう
→水着
→覚醒
→「俺のツインテールは、絆だ!」
までが原作4巻です。


んで、今書いてて思ったんだけど、俺まだ最終回見てないや。
忘れてた(*ゝω・)てへぺろ☆


ダイジェストで振り返るの面白いな。
要点抜き出せるし、ぼかせばネタバレ回避にもなる(?)し。
また気が向いたらやってみよう。

それはおいといて。



結局総二のツインテールは輝光なのか絆なのか聞くのは無粋ですかそうですか。

会長がえろほん買うときにでてきたオウルギルティとは1回殴り合いをしないといけないね。
肌色多めのイラストがついた小説がだめで、おっぱい連呼する幼女の詩は聖典とまでいうとか頭沸いてるだろこいつ。
とりもちまみれになって死んでしまえ!!(※既にテイルレッドにより討伐済み)



ツインテールはしっかり最新刊まで揃えてあるから、隙を見て一気に読み切りたいです。



俺のツインテールは、ラノベだ!(錯乱




以上!

どもー。
デスカイザーです。


取り寄せてたSAOのキャラソンアルバムの発送準備完了メールがようやくきました。
明日には届いてるといいなぁ。

そしたら日曜日は宿題やりつつ聴きまくれる!



んじゃ、今日のラノベ!

俺、ツインテールになります。〈2〉 (ガガガ文庫)俺、ツインテールになります。〈2〉 (ガガガ文庫)
(2012/11/20)
水沢 夢

商品詳細を見る


アニメ10月からだっけ?
『俺、ツインテールになります。2』です。


【あらすじ】

念願のツインテール部を設立した“ツインテイルズ”こと総二、愛香、トゥアールの三人。表向きには公表できないが、その活動内容は地球の平和を守ること。
科学技術担当のトゥアールが製作に取りかかった新型テイルギアは、巨乳になれるハイブリッド仕様。それを知った愛香はプライドをかなぐり捨てて、自分にくれとトゥアールに懇願するが……。一方、戦力を増強した異世界の変態怪物集団・アルティメギルは、巨乳属性と貧乳属性の二派閥に分かれ、今にも内乱が起ころうとしていた。その渾沌の中、彼らの前に首領直属の戦士・ダークグラスパーが姿を現す。だが、その戦士が身にまとっていたのは――!?
ますますツインテールが乱れ飛ぶ!全世界のツインテ好き待望の第二弾!


感想:★★★★★

1巻読んでからだいぶ間空いたけど、なんというか相変わらず吹っ飛んでた…(いい意味で)

巨乳属性と貧乳属性という相容れることのない属性を持つ敵が、上辺だけの共闘すら怪しいくらいのタッグでツインテイルズに襲いかかる。
乳のこととなると一段階バーサークに磨きがかかる愛香メイン回でした。
俺得です!


3人目のツインテイルズも登場。
変身するのは、ツインテイルズの正体を知ってしまったツインテール生徒会長。
隠された感情だったり性癖だったりが色々漏れてるけど気にしない


テンポのいい変態ギャグものの最高峰と名高い(?)この作品。
会話も面白いけど、ふとした瞬間にページを俯瞰すると。
「ツインテール」って単語が1ページに7箇所くらいある時が。
というか最低1ページ1ツインテールみたいな決まりでもあるのか?ってくらいツインテールる。



アニメまでに一応全巻読んどきたいね



以上!

どもー。
デスカイザーです。

とうとうラノベが本棚に入らなくなりました。


……となってから1ヶ月。
机のうえにもこれ以上置けなくなってきたから、そろそろ真剣にどうするか考えないと。

本棚に並べることを諦めないとダメかなぁ…



それじゃ、今日のラノベ!

人生 (ガガガ文庫)人生 (ガガガ文庫)
(2012/01/18)
川岸 殴魚

商品詳細を見る


夏クールラノベ枠。『人生』です。

【あらすじ】

九文学園第二新聞部に所属する赤松勇樹は、入部早々に部長の二階堂彩香から、人生相談コーナーの担当を命じられる。生徒たちから寄せられた悩みに答えるのは、理系女子の遠藤梨乃、文系女子の九条ふみ、体育会系の鈴木いくみの三人。三者三様の意見はいつもまとまらずに、とりあえず実践してみることになるのだが…。友達、恋愛、勉強、性癖、将来のこと。あなたのありふれた悩みにバッチリお答え!超☆感性・人生相談開始!!「邪神大沼」シリーズで多くの読者を爆笑の渦に巻き込んだ驚異の新人!川岸殴魚の最新作。


感想:★★★★★

大仰なタイトルだけど、内容は至ってシンプル。
第二新聞部の発行する新聞の「人生相談コーナー」に寄せられる相談に、文系・理系・体育会系の代表者3人がそれぞれの観点から解決策を提示し、返答するとういうもの。

理系代表・遠藤梨乃
文系代表・九条ふみ
体育会系・鈴木いくみ

極めて普通じゃない彼女たちが、本能の赴くままに回答するとき、本当の答え(ベストアンサー)が舞い降りる!!



要するにひとことでまとめると、ストーリーほぼ皆無のギャグノベルです。はい。

『邪神大沼シリーズ』は読んだこと無いんだけど、この先生の作品ならぜひ読んでみたい。
ってくらいにはハマりました。

ネタはもちろん、キャラの魅せ方が上手い。
理系文系体育会系っていう特徴を擬人化したような3人だからこそ、それぞれのセリフに納得できた。
…ちょっと体育会系のかたに失礼な気もしてきた(笑)

「元体育会系で理系寄りの文系なアキバ系」を名乗ってるデスカイザー個人としては、なんか脳内会議してるみたいでした。
いくみなんかは言ってることはむちゃくちゃだけど、根本の筋としては理解できるんだよね、不思議と。
「失敗をバネにしてバネみたいに~」
のくだりなんかは、バネがゲシュタルト崩壊しそうだったけど、なんか共感したし。


ただ、あれね。
電車のなかで読むのは今後控えようかな。
声出して笑いそうになって危ない。

というか笑ってしまった…。


ハマる人はとことんハマるタイプのラノベです。
バカテスとか生徒会の一存みたいに、笑う人は笑うけど、笑わない人は一切笑わないタイプの。


ということで、気軽にまずは第一巻を読んでみることをおすすめします。



ギャグノベルの宿命としてアニメが爆死するんだろうなぁ
とかは思ってるけど、奇跡を信じて待機します!



以上!

どもー。
デスカイザーです。

カードの支払い額が想定と違ったおかげで少しだけ余裕が!

ってことで、アウトブレイクカンパニーの最新刊買ってきました。
いやー。
昨日地元では売り切れてたんだけど、さすが都会だね。
普通に特典付きで置いてあった!



それでは、今日のラノベ!


夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)夏の終わりとリセット彼女 (ガガガ文庫)
(2014/05/20)
境田 吉孝

商品詳細を見る


1週間フレンズじゃないからな!
『夏の終わりとリセット彼女』です。


【あらすじ】

夏休み。桜間さんが事故で記憶を失った。
桜間さんといえば、完全無欠の「正義の人」にして、クラスの誰もが認める超美人。そしてなんの間違いか、僕、峰康の“カノジョ”でもある――。そんな桜間さんが、記憶喪失。
ゴシップに飢えた高校生たちにとっては、格好のエサだ。安いメロドラマを求めて僕にまで群がってくるやつらに愛想笑いを返しながら、僕はお見舞いにも行かなかった。行けなかった。好奇の目から逃げるように桜間さんを避けまくっていた僕は、2学期早々、彼女と気まずい再会を果たす。彼女は僕のことも完全に忘れていたわけだけど――「あなたは、私が一番嫌いなタイプの人間だと思います」――うん、まあ、全力で嫌われました。僕としてはそれでよかったのだけど、何故かとんでもなくお節介な先生のはからいで、僕は風紀委員である彼女の補佐を拝命することになってしまう。数少ない友だちの水井や、桜間さんの友人・宮井さんにも後押しされながら、僕らはもう一度、一から関係を築いていこうとするが――。小学館ライトノベル大賞にて優秀賞を受賞、ゼロどころかマイナスからはじまる等身大青春グラフィティ!


感想:★★★☆☆

小学館ライトノベル大賞優秀賞受賞作品ということで読んでみましたー。
「しょう」のゲシュタルト崩壊…

人と必要以上に接することが苦手な峰康(みね やすし)。
なんの間違いかクラスの美少女、桜間友里の彼氏である。

風紀委員をつとめ、間違ったことを否定し正しいことを周りに促す、まさに「正義の人」
そんな彼女は夏休みのとある日、事故に遭い記憶をなくしてしまう。

思うところがあり峰はお見合いに行くことができず、そのまま二学期がスタート。
事故後の桜間さんに初めて会うが……
記憶をなくす前の自分がなぜあなたのことを好きだったのか理解できない、と言われてしまうほどの「第二の第一印象」を受けられてしまう。

もともと風紀委員としての桜間さんしか知らず、彼女になってからもどこか恐怖を感じていた峰はこのまま自然に関係がなくなることを望んでいた。
が、担任の先生の「無駄な計らい」によって桜間さんを補助する風紀副委員なる役目を与えられ、桜間さんと行動を共にするようになる。


こうして、リセットされた関係は動き出す――



ザ・王道☆

って感じです。印象は。
電撃小説大賞の「ゼロから始める魔法の書」もそうだったけど、やっぱり王道は強いのかな?こういう賞は。
選考委員の好みが合致しやすいのかしら?

あくまでも大まかにみると王道、ってだけで細部までよく練られた設定があって面白かったです。
峰が過去に感じてきた想いと、桜間さんが辿ろうとする道の対比が良かった。


俺好みではなかった、っていうのも付け加えときます。
ラブコメ、イチャラブコメ自体は割と好きなんだけど…。

女子がナヨナヨしてるぶんにはいいんだけど、男が「でも…」「だって…」とか言ってるの見ても自己嫌悪に陥るだけであんまり面白くないんです。
的確にトラウマをほじくり返されてるみたいで…(笑)
『ゴールデンタイム』を読む気になれないのもそのあたり関係してるんじゃないか、という分析です。

はい。




比較的サラッと読めるので、なんだかんだ感動ものが好きならいいかも?



以上!

↑このページのトップヘ