カテゴリ: MF文庫J

今日のラノベ!

何故かの 1



何故か学校一の美少女が休み時間の度に、
ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?

著者:
出井愛

イラスト:西沢5㍉

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 この小説はラノベ好きをこじらせた“ぼっち”の安藤くんと“学校一の美少女”の朝倉さんが交流する物語である。ザ・委員長ちゃんや爆乳元気っ娘、安藤くんの妹ちゃんが登場することもあるけれど、99パーセント(編集部調べ)安藤くんと朝倉さんがイチャイチャしている(クラスメート視点)だけの悶絶必死の甘々ラブコメなのだ。そんな甘酸っぱい日々がずっと続く――と彼らも思っていた……けれど?「私、安藤くんが大好きなの!」突如として飛び出した朝倉さんの告白が、彼らの関係をちょっと勧めたり、やっぱり進まなかったり……?Webで悶死報告多数!すれ違いが絡まり合う新世代の学園ラブコメディ、待望の書籍化!




感想:★★★★☆




ラノベ好きをこじらせた安藤くんと、ラノベ好きを隠している学校一の美少女・朝倉さんとの、食べラー並に進みそうで進まないちょっと進むラブコメ。









「悶絶必死の甘々ラブコメ」だったと評していいのかどうか、ちょっと躊躇ってしまいます。
いや、ほんと微妙なラインなんです。





安藤くんに関わることになると途端にポンコツと化す朝倉さんの可愛さは疑いようもなく、そこに疑問を挟む余地はありません。






特に告白からのお家訪問の流れとか最っっっっ高!!!





当事者含め誰もどうしてそうなったのか理解できていないあたり、本気でテンパっているのが伝わってくるのが良いんですよ。
テンパってるのにめっちゃ冷静な行動とるヒロインとか、たまに居ますからね!!
それはそれで表情とかに動揺が出ているタイプだったりすると可愛いんですが!!






そう、これだけ朝倉さんを評価できるということは、つまり躊躇わせているのは安藤くん……なのかなぁ(書きながら考えをまとめています)





妙なところで鋭くて変なところで鈍感……なうえに妙にぎこちない。
もう直感レベルの話で、理屈に沿ったことが言えないのが申し訳ないんですが、こう、あと一歩ハマらないというか……ハーフパイプみたいに淵から淵に右往左往していて中央で「ハマって」いることが少なかったような感覚です。




……っていうのも、半分くらいまでなんですけどね。





後半は彼を使いこなせている感じがします。
というか、朝倉さんが安藤くんへの気持ちを認めはじめたあたりから、すんなり読めるようになったような気がします。


……お?
つまり、安藤くんをポンコツたらしめていたのは朝倉さんなのでは……?











「好きなものをバカにされたらどう思うか」




1巻の軸はここで……うん、とても良かったです!
シンプルだけど忘れたくない気持ち、そして忘れてはいけない自戒としてのメッセージ性もあります。

サクッと読めるのは確かですが、しっかり得るものもあるという意味で良い小説だと思います。









会話だけのライトノベル、というのはあまり気にならなかったですね。
地の文ではないにしても、心の声がドンドン入ってくるので読んでる感覚は会話が多いライトノベルというくらいでした。
革新的というには読者としてはパンチが弱く感じるけれども、恐らく構造をもうちょっとしっかり紐解いていけば(つまりは作者サイドから見るならば)得るものがありそうだとは思います。

何故なら「地の文の存在理由」を逆説的に知ることができるはずだから。











あとラノベのタイトルパロディや、イラストでの表紙パロディが面白かったです!
特に83pの『老女戦記』
これは必見の価値がありますよ……!







まとめ







サクッと読めるのは確か。
新感覚かどうかは……あなた次第!!

ということで是非読んでみて欲しい1冊です。







個人的には「あと一歩」がまだ残されているような感覚です。
2巻で更なる面白さが見れるという意味で、その「あと一歩」は大歓迎。
これだけ球種が豊富で、色々な角度から攻めることのできる読書体験はなかなか無いので、どんどん読みたいです。お待ちしております。




ところで割とどうでもいいんですけど、あらすじの「悶絶必死」は正しくは「悶絶必至」ではないのか、それとも必至でも必死でもどちらでも良いのか、はたまたワザと必死にしているのかが気になります……
「キュン死」にかけてるのかなぁ……








以上!


今日のラノベ!

ワキヤくんの主役理論2


ワキヤくんの主役理論 2

著者:
涼暮皐

イラスト:
すし*

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 青春公園での一件の後、俺はこれまで通り、青春を目一杯楽しんでいた。学校で勝司たちと他愛も無い話をしたり、駅前にやたら良い雰囲気のおでん屋台を見つけて、店主の少女・赤垣此香と友人になってみたり。――しかし、日常は唐突に破られた。
「我喜屋先輩は姉が好みではありませんか?」
 突如やってきた、叶の弟・望くん。彼の目的が全く解らないまま、何故か目の前でさなかとデートすることに。しかし、さなかも何か思うことがあるようで……?主役男と脇役女によるおかしな青春勝負、第2弾。今回はさなかが主役……!?



感想:★★★★★




ずっとさなか(と望くん)のターン!




1巻との同時更新でいきますよー!!
お祭り騒ぎだー!!
わっしょーい!!





というわけで第2巻。
青春公園での青春を経て青春同盟を組んだ2人がそれぞれの理想の青春を達成するためおでんと雑炊を食べるお話。




それはともかく、さなかが、可愛い。
1巻の読書メモで「無限に可愛い」と書きましたが、訂正します。
超絶無限に可愛いです(語彙)

え、もう主役理論とか良くない?
さなかとのラブコメで良くない?



とか少なからず思ってしまいますが、主役理論あってこそのこのもどかしさなのでグッと堪えて叫ぶに留めます。


スゥ……















さなかが可愛い!!









某ゆずソフトのサノバ魔女に引っ張られてるのは重々承知してますが、もう絶対CV:小鳥居夕花ですよね!!高森奈津美と言ってもいいイタズラ目してThank you♡
もうあからさまなまでに我喜屋のこと好き好きオーラ出てて勝司や葵にバレバレなのに、やっぱりラブコメメインヒロインらしく我喜屋には1%くらいしか伝わってないのが最高に狂おしく好きです!
自分から偽装カップル&デートを提案しておいて、いざ我喜屋が「好きな人の特徴」として自分の特徴を上げると真っ赤になって俯いちゃうの最高ですし、入学前に見た我喜屋の例の行動を覚えていてある意味そこに惹かれたと言っても過言ではないのに、まさにその点でおいて我喜屋に見劣りするからと話せなくなっちゃうのも真面目な性格が垣間見れて良き良きの良きです!!第二回青春公園青春論争における立ち回りも、投げやりに自己開示しつつこんな自分を認めてくれるのではないかとやっぱり好きな我喜屋への信頼があって、でもそんな投げやりな君も好きー!……って。




落ち着こう。





新キャラのおでん屋店主・此香は、第三の青春理論者ですよね。
名前は付けていませんでしたが。

皆で楽しんでこその青春。
本当に信頼できる友以外を求めない青春。

それに対して……今やれることをやる青春とでも言いましょうか。
名付けず、争わず、ただ黙々と自分の信条に基づいている姿はまさに職人。
……口を開けば年相応というのがまた良いですよね!





あと挿絵登場率の高い望くん。
彼は……何なんでしょうね……
いや、エピローグで予想通り我喜屋が迫ってくれたんですが、想定通りはぐらかされましたからね……

妙に老獪……なのは良いとして《脇役哲学》に関わっ……てはいないでしょうけど何故知っている?
あとどうやって部屋に入った……





叶は今回は存分に《脇役哲学》してましたね!
《主役理論》がまだ不完全なうちにリードを広げてしまおうという魂胆か。
まぁ普通に楽しんでるだけなのだけど。

まさに「我喜屋が主役の物語に脇役として登場する」という前巻の結論を忠実に実行しているといった感じでした!

我喜屋も「主役はこんなことしない」みたいに相変わらず自己否定(向上心?)に邁進していましたが、傍目から見ている分には十分主役してるんですけどねぇ……






読書メモ




79p:ダッ
⇒なかなか無いタイプの誤字ですね!!
会話括弧の先頭がダッ、て。
校正さん……!!



112p:惚れたりしない
⇒そういう確認を入れるから不安になるんだよコンチクショー



212p:そんな女々しいこと
⇒未那くんは叶と一緒に川原ごはんしたかったことくらい、皆知ってるからね!
素直になっちゃえよ、ほら!ほら!!!



293p:秋良
⇒そっかー。
ずっとメガネかけたインテリ男子だと思って読んでましたが、性別についての言及ありませんでしたねー?って名前見て思いました。



まとめ


いやぁ……最後の最後まで、さなか可愛かったなあ……
1巻の感想でも書きましたが「理想のヒロイン像」を詰め込んでますよね。
なのにあざとくない。
見えて天然。
素を捨てきれてないまま可愛く振舞おうとしてるいつものやつとか、もう、1周まわって成功してるじゃないですか。
なんなの??
天使?それとも可愛く擦り寄る猫?
猫といえば前川みく



3巻は出るんですかねぇ……
出てほしいですねえ……

どうやらカクヨム勢によると、4巻くらいまで出ると書籍で胃痛を楽しめるとのことなのです。
時間ができたらカクヨムで読んでも良いんですけどねぇ……
やっぱり紙で読みたいので、カクヨム版を読むかどうかは別として続刊を待ちたいと思います!




ひとまず……


叶と未那がお互いのアイデンティティを潰す、つまりは融和ではなく、お互いを好き合ってしまう展開がしばらく来ないことを祈ります。









以上!



今日のラノベ!

ワキヤくんの主役理論


ワキヤくんの主役理論

著者:
涼暮皐

イラスト:
すし*

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 青春を最大限楽しむためのメソッド《主役理論》を掲げ、夢の一人暮らしを勝ち取った俺・我喜屋未那。隣に住む少女・友利叶も一人暮らしで、クラスメイトで、バイト先も趣味も嗜好も全てが同じ……なのに俺と真逆の《脇役哲学》を掲げる、決して相容れない天敵だった! そんな叶との口喧嘩の果て、同時に部屋の壁を蹴破ってしまい、何故か同棲する羽目に。そして俺たちは、やはり同時に考えた――これは戦争だ、と。
「そのさもしい青春に嫌気が差したら、いつでも言ってくれればいいぜ?」
「そっちこそ、煩わしい人間関係に嫌気が差したら、いつでも頼ってくれていいよ」
 俺の《主役理論》と叶の《脇役哲学》、どちらが正しいのかこの同棲で白黒つけようか!





感想:★★★★★




はい、好き







質問箱で匿名の緋悠梨さんから「このラノまでに読むべきラノベ」としてオススメいただいたので、というか事あるごとにオススメされていたのでいい加減読もうということで読みました。
……ちゃんと発売直後には買ってたんですよ!!










《主役理論》と《脇役哲学》
同じ起源から成立した全く逆の思想を持つ2人が、自分の青春の正しさを証明するための戦争を描く物語。


なんだかんだ243pの一文に至るための物語だよなぁ、というのが素直な感想です。
2つの理論が出てきた時に、真っ先に思った妥協点そのままが結論でした。


でも、それがつまらなかったかと言うと全くそんなことはなく。
むしろ、この物語の真骨頂はこの素直な結論に行き着くまでの過程のめんどくささにあると思います!






そう、めんどくせぇこいつら!!





我喜屋の一人語りというか言葉遊びが多いし、《主役理論》と《脇役哲学》をぶつける2人はなまじ自分の信条に誇りベタベタだから口論がとても具体的!!
お互いをこれ以上なく理解してるから話の展開早いのに、何故か話が進んでないし!

パラパラ見てるとよく分かるんですが、ほんと文字ギッシリなんですよ!この作品!!



そこが!良いのだけど!!!







1歩進んで2歩下がる、そして4歩進んで2歩戻る。
あるいはスタンドを立てたままのママチャリを全力で漕いでいるような。

この凡そ一般的には無駄とされてしまう労力をそれはそれで楽しめてしまうのが我喜屋と友利。
(趣味が本質的に無駄なことだとか、そんな感じのこと本文にありました……よね?)
(2巻でしたっけ?)
何とも言えない羨ましさを感じてしまいます。

いや、んー……

多分彼らの凄いところって、この無駄を楽しむことを理論として組み立てていることですよね。
偶然の無駄を楽しむことなら誰でも出来ますし。

でもその凄さに一定の共感を覚える部分もあって、多分その共感ってオタク特有の凝り性というか、「これに熱を入れる」って決めた時の無駄な行動力に通じるのかなぁ、と。




つまりは、2人は青春オタク

自らの青春を彩るために手を抜かず、妥協せず。
でも根底にあるのは「過去の自分の否定」と「理想の自分への共感」。


だから理想の結末は「相手を自分の中に、自分を相手の中に」入れてしまうことで、この同時に成立しなさそうな2つを同時に達成することこそがこの物語の最終到着地点……と見た!

いや、まぁ見たも何も「融和」って73pに書いてありますけど。
スタート地点に立つまででここまでめんどくさいんですから、この先が思いやられると言うものです。
どんな言い争いが見れるのかワクワクです!


(純粋な目)
(……をどこまで維持できるのか)






以下、まったりと読書メモを消化ー




読書メモ



13p:主役理論
⇒ちょこちょこ「第〇条」と出てくるんですが、一覧とかがあったらもっと楽しめたのかなぁと思います。
《主役理論》をより完璧に近づけるための物語という見方も十分以上に可能ですから。
冒頭だとネタバレもあるでしょうし、巻末とかにね……
一応表紙背景に書いてあるんですが……いや、さすがにこれは読めない(笑)



96p:さなか
⇒ラブコメの予感
いいよいいよ、もっとちょうだいそういうの!!



96p:青春含有率
⇒地の文、素で思っていることだからこそ、ここから我喜屋の油断とか見抜けそうだなぁ、とふと思いました。
浮かれたら落とすの法則。



166p:会話
⇒すごい自然な会話。
でも冷静に想像してみると、今の若者がこのやり取りをしているかというとNOなんじゃないかな……
いや、これはリアリティが欠けるとかではなく、物語の若者理想像と現実の若者理想像の乖離、あるいはラノベ的に進化しすぎたスクールカーストの虚構性についての考察でして……
「青春オタク」ってフレーズか浮かんだのはこのあたり読んでる時でしたね。



167p:敬礼
⇒さなかの敬礼かわいい、無限にかわいい

っていうかさぁ!!
まず間違いなく理想のヒロイン像をふんだんにまぶして出来上がってますよね、さなか!!
こんなの好きになるのというほうが無理じゃないですか!!!

……あぁ、そういうことか!!
(唐突に何かを悟るdeskyzer氏)



181p:そういうとこだろだ
⇒ほんと、そういうとこだぞ!



185p:バカバカバカバカ
⇒さなかの一挙手一投足一言一言が可愛くて仕方ないんですが、どうしましょう。
あ、先に言っておきますね。
2巻ありがとうございます!






まとめ


青春の全てが詰まっている……というにはあまりにもめんどくせぇ彼らですが、でもつまるところこの「迂遠さ」「面倒くささ」こそが青春なのだと思ってしまいます。


思わされたら負けですよ、まったくもう!!

負けました!!




文章がとても好みで読んでて楽しいので、2巻も早く読み…………まぁ言ってしまえばもう読み終わってますが。
同時更新で感想をお届けしているので、そちらもよろしければどうぞ。








以上!





今日のラノベ!


KB部


KB部

著者:
新木伸

イラスト:
あるや

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

いつもの放課後。いつもの部室。皆で膝を付き合わせての、いつもの執筆タイム。「KB部」で京夜は自由に物語を紡ぎ、創造する時間を楽しむ。「…部長。この部って、お茶してお菓子食べる部なんですか?」バトルものが大好きな部長に、悪役令嬢ジャンルが好みっぽい恵ちゃん、牧歌的な絵本を描いている綺羅々。ちょっとえっちいのが好評な紫音さん…。軽い小説を書く部「軽文部」に入ってから一年。京夜は今日も、彼女たちのためにノートに物語を綴る。今回の物語は―ゆるふわ日常系「GJ部」と食ものファンタジー「GEφグッドイーター」!1話4ページの短編を36話収録!





感想:★★★★☆


『GJ部』と『GEφグッドイーター』は、実はKB部(軽文部=ライトノベル部)のキョロが部員を元に書いた物語だった……!という設定で描かれる、いつもの部活動。
4コマ小説という形態もいつも通りで和みます。


合間に挿入されている『GJ部』『GE』部分も(恐らく)書き下ろしなので、既存ファンも楽しめる仕様になってます!
それぞれ手元ので確認するまでは、普通に既存のもの引っ張ってきてるものだと思っていました……
シリーズ全てを読んでいるわけではない……というか読もう読もうと思いつつ揃えてすらいない現状なんですが、部員のキャラが確固たるものとして頭にインプットされているんですよね。

4コマ小説の物語としての最大の持ち味って、キャラクター性を伝える濃度の濃さかと思います。
1冊の中でこれほど起承転結を繰り返すラノベは、新木伸ワールド以外にないはずです。
その繰り返しが「このキャラはこういう子」という刷り込みを強固なものにしてくれているので、『GJ部』で言えば2冊、『GE』は1冊しか読んでいない私でも全く忘れることなく彼らの特徴を把握できている……のだと。



タマと森さんは1巻で無理して出さなくても良かったんじゃないかなぁ、という登場密度で少しだけ気になりました。
特にタマは、『GJ部』を2巻までしか読んでいない私にとってはアニメでのみ見ているキャラなので、小説側での彼女をイマイチ掴みきれなかった感があります。
いくらキャラクター性を濃く伝えられる形式といっても、突然出てきた焼いている途中のハンバーグが出てくる描写からタネのつくり方を当てるかのようなことはできないですから。
……例えが絶妙に下手。





まぁ、でも4コマですから。
何も考えずだらーっと読むのには丁度良いので、ストレス社会における癒しとしてもっと広まっていけば良いなと思います!





【余談】

GJ部OP「もうそう こうかんにっき」は、KB部キョロの書く小説ノートの概念がマルチバース解釈と深層接続のエラーにより異形表出してきたものと考えたらエモいなって話




以上!



今日のラノベ!



西野 2

西野 2
~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~

著者:
ぶんころり

イラスト:
またのんき▼

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

学園カーストの中間層、冴えない顔の高校生・西野五郷は界隈随一の能力者である。青春の尊さに気づいた彼は、文化祭期間を利用して彼女作りに躍起となる。だが、クラスメイトに声を掛ければ振られ、部活動に貢献するも振られ、他校の生徒に声を掛けても振られ、評判は瞬く間に落ちていく。更には文化祭の売上金を巡り窃盗疑惑を掛けられてしまう。だがしかし、隣のクラスの美少女、ローズ・レープマンだけは西野と相変わらず接していた。そこでご近所での恋愛を諦めた彼は、彼女から素敵な異性を紹介してもらおうと策を講じる。ローズの真意と、一連のいじめ騒動の裏側が、白日の下に晒される文化祭騒動の解決巻。




感想:★☆☆☆☆

(まえがき)


激情を叩きつけたような感想になりました。
本来はこのような作品の真意を汲み取らない感想は公開するべきではないのかもしれません。
読まなかったことにすることもできます。
葛藤は少なからずあります。
ですがああいった感想を持った私がここで黙るということは、いじめられている人を見過ごすのと何ら変わりないことだと思うんです。
あるいはいじめられていたあの時に泣いて暴れることしかしなかった自分に戻ってしまうような危機感とでも言うんでしょうか。

なので、そういう意見もあるということを知ってもらうために書き残します。


『西野』という作品への批判的な意見を読みたくない方は、Uターンをお願いします。

以下本編。
















まず、1巻の感想で「受け入れられない面白さ」だと書き残しながらも2巻を買った理由からですね。

ひとえに前巻の物語が中途半端だったからです。
西野=フツメンを際立たせるあの書き方は苦手だけれども、文化祭が終わる頃にはその文章も一周まわって受け入れられるような展開があるのではないかと思ったからです。
サイレント上下巻構成パターンですから。
読まないと損かもしれないと。





で、その結果ですが、やっぱり私はこの作品を受け入れることができなさそうです……。






この作品で各々のキャラがやっていることって、どこをどう切り取っても「いじめ」なんですよね……


相手の容姿や主張が気に食わないから、蔑む・罵る。
相手は誹謗中傷に慣れているから、どれだけ言っても構わない。
自分のほうが「強い」のだから、「弱い」人に何をしても良い。
自分は常識を持っているのだから、その常識に従わない人はどうなっても自業自得。
やられた分はやり返しても構わない。


これらの認識を寄せ集めたものが『西野』という作品であると、私は2巻まで読んで思いました。
もしかしたらこれらの認識を覆すギミックがあったのかもしれませんが、私にはそれを認知することができませんでした。
仮にそのようなギミックがあっても、あるいは3巻以降でクラスメイトが改心するようなエピソードがあるにせよ、いじめの現場が過去のものである以上もう手遅れなんですけどね。
言った時点でアウトです。









ちょっと強い口調になってしまうのが情けなくも心苦しいところですが、端的にまとめると感想はこうです。






世間で騒がれているものに比べて軽いとはいえ過去にいじめられていた身として、
また、同時に無意識にいじめていたかもしれないという悔いを持っている身として、
この作品が「娯楽小説」として世に出ていることに強い怒りを覚えます。


「小説の出来として凄い」とか、
「今までにない着眼点」とか、
「西野本人がどう思っている」とかは関係なく、
「いじめ」を第三者視点で見ることを「娯楽」にしていることが許せません。













以上!



↑このページのトップヘ