カテゴリ: 文庫レーベル(感想作品数・多)

今日のラノベ!

617uDdY05aL


天と地と姫と 1

上杉謙信 龍の誕生

織田信奈の野望 全国版

著者:

春日みかげ

イラスト:

深井涼介

レーベル:

富士見ファンタジア文庫


【あらすじ】

 軍神・毘沙門天から力を与えられた子―越後守護代・長尾為景の娘・虎千代はそう評され、生まれてきた。
 姉との離縁、父との死別。過酷な運命に見舞われながら、宇佐美定満・直江大和たち側近に支えられて育った虎千代は、神懸かりな魅力をもち、父が残した「業」を償うため、戦い―そして、出会う。不義を犯し、天下を狙う宿敵・武田晴信に。
 時代は「織田信奈の野望 全国版」より数年前。戦国最強の姫武将、越後の龍・上杉謙信と甲斐の虎・武田信玄の戦いはここから始まった!幼少期の信奈たち織田家を描いた書き下ろし短編「あの頃の信奈」も収録!




感想:★★★★★




(ややネタバレあり)

 


感想がどんどん鬱になっていくので、先に良い話しておこうと思います!

  




深井涼介先生の挿絵がすごく良い!!





虎千代の可愛さ、景虎の勇ましさ・凛々しさはもちろんですが、宇佐美定満の躍動感が素っ晴らしいの何の!!


61p、髭のおっさんの躍動感で感動する日が来るとは思いませんでした!!


131p、綾の決死の表情も臨場感あって最高です……!











……はい、以上ここまで良い話でした。










概要から。



『天と地と姫と』は、『織田信奈の野望』の外伝作品



上杉謙信は毘沙門天の化身として、武田信玄は"人"の国・甲斐国の主君として、本編ではそれぞれ完成された強敵として信奈の前に幾度となく立ちはだかってきました。


そんな戦国時代屈指の強者である2人を主人公に据え、本編に至るまでの彼女たちの足跡を辿る内容となっています。


第1巻である今巻では、後の上杉謙信・長尾虎千代の誕生から、景虎へと名を変え越後守護代へ就任するまでを描いています。






ふぅ…………




『信奈』シリーズは、織田信奈の抱く野望の行く末と同じくらい、母・兄弟など家族との絆や家族同士でのすれ違いも重要なポイントです。



序盤だと土田御前と信奈の確執、義父の道三と義娘の信奈の関係だったり。
全国版になってからだと島津四姉妹、九州相良家との出会いだったり。





色々な話を読んできましたが、








上杉謙信、ぶっちぎりで辛いですね……









本当につっらいの……








「おかちゃ」「おねちゃ」って舌っ足らずな口調で甘えて、母と姉からこれ以上無いくらいの愛情を注いでもらった虎千代がさ……





もう、さ……




1人の人間が背負って良い量の苦難じゃないですよ……



◎新雪よりも白い肌に赤い瞳で生まれた事

◎父・長尾為景から疎まれていた事

◎その父が側近である宇佐美定満、直江大和にしてきた事への罪悪感

◎姉代わりに育ててくれた綾との別れ

◎毘沙門天の化身として生きる選択と、父との死別

◎分家筋・長尾政景からの野望と欲望に満ちた執拗な求婚

◎兄・晴景からの告白

◎男どもから向けられる感情





大きなところだけでもこれだけあって、小さい事まで含めたらもっとたくさん……

アルビノの影響で視覚が弱く、他人の感情の読み取りや第六感が飛び抜けて優れている彼女だから、文章で描かれてないところでもきっと傷ついていたんじゃないかと思ってしまいます。


本編での上杉謙信が、ああまで毘沙門天の化身であろうとしたことに嫌でも納得します……





しかもこれらの悲劇、彼女自身は一切何も悪くないじゃないですか。
生まれつきの容姿で勝手に疎まれ、育ったら育ったで今度は勝手に惚れられて。


景虎が泣くシーン、もらい泣きしそうでしたよ……

耐えて耐えて、自分なりに選択して良い道を掴み取っての兄・晴景からの告白は、年頃の景虎には辛すぎますよ……








宇佐美、直江の件についてもそう。
戦国の定めと言えばそれまでですが、それにしてもどうですか。



外の世界から隔離されて育っている自分に、何故か唯一話しかけて外の世界を教えてくれた「おじさん」、その家族を父が皆殺しにしていたなんて知って、どうして正気でいられましょうか。



自分を唯一無二の主として認めてくれて、望まぬ婚姻を策で切り抜けてくれた者の母を、自分の父が、命を取らないことと引き換えに慰みものにしていたと知って、傷つかないことがあるでしょうか。



繰り返しますが、それらはきっと戦国の世の常。
誇りと命を天秤にかけて選ばれた選択であることではありますが、それにしてもその子孫が巡り巡って景虎の元へと辿り着く運命の皮肉さは如何とも言い難い……







まとめ




龍はここに生まれ、軍神の名のもとに越後がひとつにならんとしています。

そして2巻は対となる虎が甲斐で目覚めるお話。



…………あっちはあっちでつらいんですよ。
だって覚醒=父の追放ですもん。
(史実だからネタバレではない)




なんで、こう、そうなっちゃったかなぁ……って気持ちでいっぱいです……





私、『信奈』シリーズに関しては感受性レベルが振り切れてるので特殊な例になるんですが、寝付きが悪くなるくらい辛くて苦しい読後感でした。


景虎の状態がアレなので「面白かった」というのは少し憚られるんですが、こう、何て言えば良いんでしょうか。

これほど感情に訴えかけてくる作品と出会えている事に、改めて感謝です!

読書体験として最高でした!


……うん、これなら景虎へ配慮できてるはず。



以上!



今日のラノベ!


素直になれたら廃ゲーマーな妹でもかまってくれますか?


素直になれたら廃ゲーマーな
妹でもかまってくれますか?

著者:
落合祐輔

イラスト:
竹花ノート

レーベル:
講談社ラノベ文庫


【あらすじ】

「妹のブ、ブ、ブラ持ってニヤニヤしないでよ、へんたい!」
 俺と妹・二美の日常はだいたいいつもこんな感じだ。昔は一緒にゲームしたりと仲も良かったんだが、いわゆる思春期的なころから気まずい関係が続いていた。なかなか解決策もないまま趣味のネトゲに没頭する毎日な俺。それでも、ゲームを通じて学年一の美少女・真木穂乃香と仲良くなれたし、ゲーム内でもライバルギルドのマスターにして超絶ブラコンなヴィオレットをはじめとする、愉快な仲間たちと楽しく過ごせている。それがせめてもの救いか……と思っていたら。ある日、俺はヴィオレットのプレイヤーの正体を知ってしまい……!? 素直になれないポンコツ妹との学園ラブコメ!




感想:★★★★★




ちょっとブログ更新順は入れ替わっちゃいましたが、文庫新作の読了は久々でした!




「メタルビーストハンティング」、通称"メタハン"と呼ばれるVRハンティングアクションゲームの2大トップギルド【バルナクス猟団】と【菫蓮開花】。
それぞれのギルマスと副ギルマスを務める4人、中でもリアル兄妹である兵藤一樹・二美が、ゲームを通した自分たちの関係の再構築をする物語。









メタハンはいいぞ




まず、何よりメタハンが超面白そうなんですよね!!
 


某モンハンの如く機械獣を狩っていくゲームで、あちらよりもギルドシステム・協力プレイを前提としたシステムになっているんですが、まぁ機械獣の動きが男心をくすぐってきます……!


48pで一樹がインフェルノレックスって言うティラノサウルス型機械獣のモーションについて、「演出見たさに何度も直撃を食らっている」って零していて、その気持ち超分かる!!ってなりました。

バララララって放熱フィン展開するとか、向こうが冷却してもこっちが熱くなりますよね!!






PvPも実装されているようで、こちらも対機械獣とはまた違った迫力があって好きです!

あれでしょ?
でっかい敵用の武器とか使えるんでしょ?
それブンブン振り回したり、小回り効く武器も仕込んだりできるんでしょ?

そんなん楽しいに決まっとるやん……







3人のヒロイン




本筋であるヒロインは、王道に至高を重ねがけしたTHE・美少女が3人も!


  1. ゲーム内では曝けだしている超絶ブラコンな本性はリアルではツンドラの陰に。一樹の妹・兵藤二美!


  2. スタイル良し、性格良し、学年一可愛いと皆が口を揃える陽キャであると同時に、一樹と共にメタハンを愛するゲーマー。クラスメイト・真木穂乃香!


  3. おっとり系グラマラス!妹の唯一にして最高の友達!弟持ちで面倒見の良いお姉ちゃん!包容力の化身・高槻裕子!
(文字色=目の色合わせ)



それぞれがメインヒロイン級のスペックを備えているので、3人揃ってるシーンのパワーぢからが凄いです。
ラストの狩りとかね。
お前ほんと一樹爆発しろよ、って思いました。



それまでの兄妹喧嘩を踏まえてのあのプレイングも、他の2人とも意思疎通しちゃってるのも、良いですよね本当……


良いじゃん……メタハンなんだから爆発しようぜ爆発……(過激派)










すとーりぃについて




タイトルと帯でほぼバレてる二美=ギルマスについての話が、本編では100p近くまで引っ張られていることについては、少々引っかかったのが正直なところ。
章分けの山場として使うにはちょっと引っ張りすぎなようにも感じました。


ただ、そのシーンに至るまでをあれ以上加速することは、イコール他の2人のヒロインを蔑ろにすることに繋がり兼ねないのも分かるので……しょうがないのかなぁ……


「正体について我々読者は自明だけど、近すぎて本人は意外なくらい気づかないニヤニヤ」みたいな捉え方をするのもアリです。
アリというか私もそうしよう。
はいそう思いました!







また、そんな兄妹の「きっかけも戦闘もない兄妹喧嘩」については、本当に素晴らしかったです。


二美の語った原因にはヒヤッとしましたね……


それまで一樹視点から見ていた兄妹の生い立ちからは全く想像できなくて、でも確かに言われてみれば二美視点だとそう見えるよね……って納得いくもので。


お兄ちゃん反省して!
でも気持ちは少し分かるから……うん、ほどほどに反省して!









もう1つ。


ネットリテラシー的な意味で、胃が痛くなる展開が続々でした……


決闘中の二美の所業もなかなかだし、一樹の一撃はガチでアウトだし……
みんな、この作品読んで反面教師にしましょう?


あとラストの狩り、ボイチャ戦闘中にリアルネーム呼びガンガンしてるのも不安でしょうがなかったです。

大丈夫?
ちゃんとマイクのON/OFF切り替えてる……?
それとも例のボイスチェンジ機能、あるいは本人の声以外の集音について発展した技術の盛り込まれたマイクイヤホンを使っている……?



気にし過ぎかな……





まとめ



楽しかったです!


メタハンの世界観もキャラも魅力的でした!

私自身はこうしたオンラインゲームがあまり得意じゃないので、紆余曲折を経ながら楽しそうにプレイしてるのが少し羨ましくも……
そういう意味では、幼少時の二美が一樹に抱いていた気持ちを追体験しているとも言えるかもしれません。
ちょっと得した気分♪



せっかく世界観が広がりそうな作品ですし、長く続いてくれたら嬉しいです!








以上!




今日のラノベ!

321811001098


賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求

〜愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド〜

著者:

有象利路

イラスト:

かれい

レーベル:

電撃文庫


【あらすじ】

 「ところでコレ、ホントに出版するの?」
 編集長の鋭い眼光とその言葉に、担当編集の命は風前の灯火であった。
 本作は『賢者にして勇者である最強の称号《賢勇者》を持つ男が、弟子(おっとり巨乳美少女)とともに社会の裏に隠れた悪を断罪する』という“ザ・今時のライトノベル作品”としてスタートした。
 だが作家からあがってきた原稿は、全裸のイケメン(賢勇者)をはじめ、筆舌に尽くしがたい変態仲間たちが織りなすナンセンスギャグギガ盛りの――いわば「なぜか堂々としている社会悪」的な何かであったのだ(ついでにヒロインの胸も削られていた)。
「だ、出版(だ)します! 面白いですから!」
 超言い訳っぽい担当の言葉は真実か!?
 ――その答えは、君の目で確かめろ!




感想:★★★★★







いやぁ、酷かったです……(褒めてる)






何故これが天下の電撃文庫から発刊されたのか、読み終わった今とにかく不思議でしょうがない(褒めてる)





まず、読了後……というか表紙捲って扉絵見た瞬間からずっと頭の中をグルグルするワードを紹介しますね。






「ヤバい」
「酷い」
「よく商業に乗ったな」





いやだってさぁ!!!






これだもんなぁ……!!!




仮にそこを切り抜けたとしてですよ??



その先に待ち受けているのは本文始まって6p、掴みの挿絵で繰り広げられる…………蛮行!

まさに悪逆非道!!






何なんですか??!!
巻通して、何でこの作品の肌色比率の9割を男が占めているんですか???







罵倒(褒めてる)してると不安になってくるので何度でも繰り返しますが、クッッソ面白かったです!!




「クッッソ面白かった」の「クッッソ」にアクセント記号8つくらい付いてますけど。






本当にコレを成立させているバランス感覚、凄いです。


アウトかセーフかで言えば余裕でアウトなパロディと、汚い絵面を面白おかしく描き切る文章画力、最終的に1本の筋のある作品として纏めあげる展開とそれを踏まえた空気感の作り方。


そして、これらの真面目な考察をハチ公前でしてる自分に、つい「俺、何やってるんだろう」って思ってしまうくらいヤバくて酷くて馬鹿みたいなネタの奔流。





想定の3倍くらい酷かったです!
最高に面白かった!!!





読書メモなど、ネタバレ込の感想は後日追加致します!



以上!




















〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






続きを読む

今日のラノベ!



三角の距離は限りないゼロ 3


三角の距離は限りないゼロ 3

著者:
岬鷺宮

イラスト:
Hiten

レーベル:
電撃文庫


【あらすじ】

 文化祭実行委員なんて、柄じゃない。でも僕らの関係を変えようとする春珂の願い、春珂を想う秋玻の気持ちから委員として動き始めた僕は、かつての僕を知る庄司霧香と出会う。再開なんてしたくなかった。霧香は僕が別れを告げたはずの「過去の自分」を育てた人だから……。
 華やかな文化祭の裏側で、彼女は僕らの恋に隠れた、何より僕が隠した欺瞞をこそ残酷に暴いていく。
 もう戻れない僕らの関係。揺さぶられる『僕自身』のあり方。そして、舞台の幕が上がる――。
 僕と「二重人格」の彼女たちが紡ぐ、三角関係恋物語。




感想:★★★★★




気づかされることの痛み















今記事は終始ネタバレありとさせていただきます!!


未読の方はご注意ください!!!














私、2巻の感想でこんな言葉を書き残していたんですよ。


みんなで幸せになる結末が訪れないことは分かっていますが、それでも尚願います。
どうか、みんなが後悔しない結末が訪れますように……





今巻、その「後悔しない結末」へ向かう為の物語でした。
自分の心に従うだけでも他人との付き合いで意見を変えるだけでもない。
己で考え、自ら道を拓き、時にはぶつかり、納得するまで諦めない。
そうする為に、今まで積み上がってきたものをリセットする。
そういうお話だったと、私は解釈しました。



皆に合わせていた頃の矢野くんを作り上げたと言っても過言ではない存在・霧香の指摘は、鋭く的を射たものばかりで、矢野くんのこれまでの成長に共感して読んできた私にも鋭いものがグサグサと……(笑)
……いや、割と笑えないレベルで。

でもそこはやっぱり矢野くんと同じ反応になるんですよね。
あれだけ言われても怒りは湧いてこなくて、否定したいけど出来ないくらいには身に覚えがあって。
どうしようもなく彼女の正しさを認めたうえで、「今の自分を認めてくれている秋玻を理由に」意地を張ってしまう……

ふむ……



あぁ、そういうことですか(毎度唐突に失礼します)。





恒例の感想書きながら考えている奴ですけれども、
今回秋玻は目の前で見てしまっているんですよね。作られた矢野くんによって周囲の歯車が噛み合う瞬間を。
決定打というほど強烈なものでは無かったでしょう。
ほんの1メモリ、2メモリ気持ちが傾いただけ。
でも春珂の気持ちを知っていて、霧香の指摘に怒りつつも部分的に納得していた秋玻だからこそ、矢野くんに「選択してもらう」方へ向かったのかなぁと。






百瀬の「恋は終わり際が肝心です」というフレーズが今巻で登場した時には、思わず自分があの完結から今まで生き続けてこられた事への感謝と感動でガッツポーズを決めましたが、決して『ももせ』ファンへのご褒美というだけではありませんでした。
今巻はまさしくひとつの恋の終わり際であり、それはまた三角関係の本格的な始まりでもあり。
4巻は矢野くんの感情が大変なことになっていそうですが、そんな矢野くんに対して春珂と秋玻がどんなアプローチをしてくるのか……楽しみです!!




私はこの作品のファンであり、岬鷺宮先生の大ファンです。
だから、あえてこう残します。






ハッピーエンドじゃなくても良い。
失恋が待っていても良い。

三人の三角形の恋の終わり際に、後悔がありませんように。





















つらいようぅぅぅぅぅぅぅ……………











以上!




今日のラノベ!

魔術破りのリベンジ・マギア 6


魔術破りのリベンジ・マギア
6.九尾の権能と鬼哭の獣

著者:
子子子子子子子

イラスト:
伊吹のつ

レーベル:
HJ文庫


【あらすじ】

 留年の危機に陥ったティチュと鴨女を連れ、補講代わりのレポートを完成させるべく大和へ帰国した晴栄。陰陽寮へ帰還したことで改めて自身の成長を実感するが、その変化は狐狼丸との“契約”に歪みを生じさせていた。
 そして、歪みをきっかけに己の在り様を問う狐狼丸に声がかかる。
「久しぶりよな――いいや、はじめましてと言うべきかのぅ?」
 彼女こそは【邪悪の樹】序列第七位、『色欲』を司る妖婦・九曜。《白面金毛九尾の狐》として知られる、最後の神獣だった――




感想:★★★★★






一人と一匹の絆は新たなステージへ!!







まずは狐のほうの話。コーン


復讐によって繋がっていた晴栄と狐狼丸。
歪にもシンクロした主従として描かれていた二人の関係も、晴栄が復讐とは違う道――改革を選択しようとしていることによって、歪みが表出。

そこに現れる九曜。白面金毛九尾の狐。
人の伝承により悪しき存在へと塗り替えられ人への憎悪に燃える伝説の大妖怪と、両親を殺された憎しみでもって陰陽師を憎み復讐を誓った狐狼丸。
根本的な存在のあり方としてはもちろん血縁として両者が繋がっているのは自然なことで、故にこそ狐狼丸が晴栄の元を去る決断の最後のひと押しになり得たのでしょう……


しかし、しかしですよ。
「復讐の道を違えれば“共犯者”の権利として殺す」と宣言している狐狼丸と、「お前にはその権利がある」と認めていた晴栄が、実際に道を違えた時にああいう戦いをしてそういう着地点になるところが、やっぱり二人の芯の優しさを反映しているな、とニマニマさせてもらいました!










復讐を決意するということは!


それだけの情を捧げる誰かが居て!


それだけの情を持つ人であるということ!!








この点は晴栄というキャラを読み解くにあたって、やっぱり外せないですね!








……では、人への憎悪に燃える九曜は???ということですよ。えぇ。

人の情に助けられ、人の愛を一身に受け、それを返そうとしているだけなのに周囲に悪と断じられ国を傾けることとなってしまう彼女。
狐狼丸へ手を差し伸べたのも自らの血を分ける者と過ごすとか、権能の回収とかの主目的以外にも、狐狼丸に自分と同じ思いを味合わせない為っていうのもあるので、やっぱり憎めない存在です。
いや、物語的にもそういう方向性ではありますが。
それ以前のキャラ造詣、神格形成の段階でそう感じるのが今巻の敵さんであるところの九曜さんでした!









……で、主従の話はめでたしめでたしだったので忘れそうになってますが前半戦の情報量がな!!!!??








……っていう話は一応ネタバレパートですることにしましょう。







『リベンジ・マギア』のリベンジの意味が明確に変わる第6巻!







男装しているハルナちゃんも可愛かったぞ!!

(性別の概念がゆらぐ!)







というところで……



一旦、以上!















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続きを読む

↑このページのトップヘ