カテゴリ:新書・単行本レーベル > BKブックス

今日のラノベ!

ジェノサイド・オンライン


ジェノサイド・オンライン

著者:
たけのこ

イラスト:
久坂んむり

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 その可憐な少女“殺人鬼”につき要注意――
 名家に生まれながら、父に疎まれ、子供のころから無自覚に悪意を孕み続けてきた一条玲奈。唯一の防波堤となってくれていた最愛の母の死をきっかけに、やがて自分の異常性が暴れ出すことを予見した彼女は、VRMMOゲームの世界で悪役に徹することで抑えつけていた自身を解放していく。己の意がままに繰り広げる虐殺あそびは、すべて心の安寧のため。無垢な心のジェノサイダー・レーナが、仮想の楽園に恐慌をもたらし、地獄絵図へと塗り変える!




感想:★★★★★







                          
私たち読者が意識しなければいけないことはただひとつ 
                          
                          
                          
それは「玲奈自身を見てあげること」         
                          










(読書途中ツイート)







ついに現れてしまいました。
私の求めていたレベルで一切容赦の無い殺戮VRMMOものが……!!








開幕14pでチュートリアルNPCの首を刎ねるという展開の速さ……!







プレイヤースキルの差でもって周囲の誰も彼もを置き去りにし、始まりの街の広場を血の海にする行動力!







NPCの子供を盾にし、目くらましに投げ、思わず抱きとめたところを子供ごと刺し貫く容赦の無さ









終始こんな感じなので受け付けない人には絶対受け付けられないと思うんですが、現実と虚構の区別が付いていて(ここ重要)上述の展開に少しでもビビッと来る何かを感じ取ったのなら絶対ハマります。
間違いないです。


私はハマった。







「ちぎっては投げ」をここまでキレイに実行されると、もう爽快感しか無いですよね!!
無双シリーズをプレイしている時の無双感が近いかもしれません。
あちらと違うのは……近接戦では局地的に見ればしっかり 1 VS 1 しているところとかですかね……
ひと振りで5人バッサリとかはまだやってないので(まだって何だ)。
死体に爆弾詰め込んで投擲とかはやってますけど。



大量虐殺はしているけれど(※している)、こう……無駄な殺しはしていないような(無駄な #とは)印象もあります。
殺す、バラすことが目的であるからこそ一応どういう手順でどんな死に方をしたのかはある程度見届けているような。
自己満足が第一であるという点にレーナ=玲奈自身の人格の異常性を感じて薄ら寒さも感じますが、ほら、ゲームの中ですからね。まだ大丈夫。



やられている側もタダでやられているワケではなく、捨て台詞のひとつを残してみたりだとか、スレで実況してみたりだとか。
レーナの殺戮劇を非公式イベント的な位置づけでゲームとして楽しんでいるのがよくわかります。
(某攻略組の方々には心からの哀悼の意を示します……笑)


レーナも他のプレイヤーも、レベルを上げてスキルを取得して……と言ったゲームものではお約束の育成もしっかりやっていますし。
いやまぁ……レーナの場合は大量虐殺⇒大量経験値⇒大幅強化の流れが強すぎるんですけども。
50ページくらいの気楽な「さてステータス確認してみましょう」からのステータス2ページ半は笑いましたw
そりゃ強いわけだw






さて。


レーナの存在・所業の数々はゲームの中だから――「カルマ・ストーリー・オンライン」の中だからギリギリ成り立っているわけです。
要人の殺害によって企画イベントが潰されている運営さんがブチギレない限りは成り立ち続けるわけです。




故にこそ、時折挿入される幕間=玲奈が過去にやってしまった事が映えていてとても好きです……

“他人に対して”やって良いこと悪いことの区別があまりにも付かなすぎる玲奈が、アリの巣穴に水を入れてその反応を楽しむ子供故の酷な遊びと出会ったら……

あのエピソード読んでから純真無垢に殺戮劇を楽しむことができなくなりましたが、この作品はそれで良いのだと思います。


人にあるまじき所業を繰り返し、人に近づく令嬢の物語だとするならば。
あるいはただの人にはなれない天使の物語ならば。












ただ、しっかり考えてみると玲奈に欠けているリミッター的な何かを明確に言語化するのって難しいような気もします。


「他人にやってはいけないと考える能力」であるならばいじめ問題との区別が付かなくなります。
いじめる人たちが誰も彼もレーナのような思考をしているわけではなく、レーナもいじめているわけではないので。

「自分がやられて嫌なこと」は理解しているようです。

なので「自分がやられて嫌なことを他人にしない」の前後を繋げて考えることが出来ていないようなんですが、それはつまり……?となると難しいんです。





今作では玲奈=何かがおかしい(もっと端的に言えば異常な)存在として描かれていますが、そう判断し私たちが当たり前のようにそう感じていることなんて、意外と脆い牙城の上なのかなぁとしみじみ思いました。
現実では許されなくてもゲームでは許されてしまうように。
「なんで?」を突き詰めると命の価値ですら呆気なく引っ繰り返り得るのだなぁと。
そう思うところであります。


(そう思っちゃったかー)










は~~~~……
好きです!







好きだけど、良い子は(良い子じゃなくても)真似しちゃいけません。
そこは大事。


続刊希望!






以上!


今日のラノベ!

テイマーさんのVRMMO育成日誌


テイマーさんのVRMMO育成日誌

著者:
ジャジャ丸

イラスト:
はりもじ

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 自宅がマンションのためペットが飼えずにいた澪は、兄からとあるVRゲームを勧められる。五感の全てを再現し、モンスターをペットにもできると聞いた澪は、すぐさまゲーム世界へ飛び込み、モンスターを使役する職業・テイマーとなった。早々に1匹のスライムを仲間にする澪だったが、それがβテスト時に最弱と言われたモンスターだった!?
「この子は私が強くする。だって私、テイマーだもん!」
 これはペットのモンスターと共に、のんびりゲーム世界を楽しむ少女の物語。




感想:★★★★☆





「主人公とその使役するモンスターをチートキャラにしないこと」




あとがきでジャジャ丸先生が「大事にしていた点」として述べられていたことが、まさに感想の核心になります。


物足りなさを感じるくらいチートとは無縁のお話。

でも腑に落ちてはいるので、読後感は割と良いです。






主人公の澪自身は、ゲーマーの兄を持つとは言ってもゲームの知識は疎い子。
なので、クエストを受けるという発想が無かったり、強さは二の次三の次だったり。
逆に言えば、常識的な行動に縛られていなかったこそ、常識的なゲーマーたる兄や他のプレイヤーから見た時に澪が奇想天外なスタイルに見えていたわけですね。


奇想天外なスタイル。
そう、ミニスライムが弱いあまり、テイマーなのに生産職の傾向が強すぎるのです!


いや、確かに戦闘スタイルにミニスライム=ライムの存在は必須ですし、そこは徹底されていたので「ミニスライムじゃなくて良いじゃん!」とは絶対にならないんですよ? あのスタイルで行くならば。
むしろ生産職が戦うための手段としては、有用な気すらします。
……テイマーがサブジョブにしかなってないことから目を逸らせば。

逆に新しいですよね!
テイマーだって言っているのに生産メインになってるの。
(バカにしているわけではないんだ……)


こ、今後きっとね、うん!
お金が増えたりテイム可能モンスター数が増えれば、きっと澪もテイマーらしい戦闘ができるようになるんですよね!

最初から理想スタイルで行くのではなく、長期的な目標を掲げて短期的には確実を選ぶ。
素晴らしい行動管理じゃないですか!
これが中学二年生のやることっていうんだから、将来が楽しみです!!

タイトルの『VRMMO育成日誌』っていうのも「VRMMOを舞台にした育成もの」という意味だけでなく、「VRMMOを育成するかのように新しいスタイルで魅力を見つける」という意味が込められているのかな、と少し思ったり。

段々何を言っているのかわからなくなってきました!!(笑)













……と、言っておいてアレですが。

RPG的なというかレベリングと冒険要素のあるゲームが苦手な私としては、澪のプレイスタイルはとても親近感が湧きました!




やりたいことをやる!
試行錯誤する!
テンプレ? 知らない!!
調べてないからね!!




澪たちがやっている“Magic World Online” というゲームは、五感が完全再現されている上に、相当に自由度が高く設定されています。
現実世界となんら変わりないレベルで。
なればこそ普通のゲームのような「攻略」的な遊び方はもちろんのこと、澪のようなフリースタイルもこのゲームにおいては王道の遊び方だと思うんですよね。
運営もそこは絶対に意図しているはず。

でも、その割にβテスターはじめトップ層の情報網には、合成や戦闘外スキルに関してちょっと疎すぎるような気も……します。
そこが読んでいて微妙なアンマッチ感を生んでいたのかなぁ……


『Only Sense Online』は似たようなことをやっているのにアンマッチ感なくワクワクするんですから、やっぱりあの作品は凄い……










あとパイタッチまで決めておいてハラスメント警告出ないのはゲームとしてどうかと思います!! 
どうかと思います!!!!
リッジくんに天誅を!!!(嫉妬)









ちゃんとした感想はここまで。




本編と関係あるような無いような……なところの感想を書いていたら感情的になってしまったので、清濁どちらの感想も読んでおきたいという方は、このままお進みください。















続きを読む

今日のラノベ!


辺境暮らしの大賢者



辺境暮らしの大賢者
魔王を倒したので弟子と共に隠居生活を過ごそうと思う

著者:
戸津秋太

イラスト:
鍋島テツヒロ

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 三年前、人類の脅威であった魔王を倒したロイド・テルフォード。現存するたった三人の大賢者のうちの一人である彼も、いまは世界樹に守られたオルレアン大陸の片隅の村でひっそりと暮らしている。弟子のアイラをやきもきさせながら、あたかも隠居生活のような自堕落な日々にどっぷり浸っているロイド。しかし魔王を失いながらも日に日に激しさを増す魔族の猛威は、辺境の地にまで及び、ロイドに安寧を与えてはくれなかった!





感想:★★★★☆



(昨年中に読み終わっていた感想シリーズ、そろそろ消化していきます)






普段は自堕落、昼起きバンザイな生活を送っている大賢者ロイドと、その弟子でしっかり者のアイラでの二人暮らしが物語のベース。
最前線で戦うことだけが「できること」ではなく、日陰者だと指を指されて笑われても、どれだけ周囲に理解されなくても、自分の信念と誇りを「必要だ/間違っていない」と貫き通すことの尊さを学べる1冊です。




魔族に襲われていたアイラを救うところから始まった物語が、一周まわってそこをキーにした物語へと落ち着くという展開は読んでいてスッキリしました。
伏線は割とハッキリ大きく張られているので、やはりBKブックスの既存作と同じく読書に慣れていない人が読んでもラノベっぽさを楽しめるんじゃないかと思いました。
個人的にはこれにプラスしてもう少し細かい伏線もあると尚良かったかなぁというところです。
ただ、2巻以降へ残された伏線がその役割を担ってくれそうなので、比較的希望に満ちた★4評価です。






アイラなぁ……
読んでいると12~14歳くらいなイメージなんですが、実際はもう少し上で16~18歳くらいの設定なんですよね。
そこのギャップがまた可愛いんですが、魔族に一人で向かっていく時の「危ないよ!!!!!!!」って押しとどめたくなる気持ちが本編と関係なさすぎて困ったりはしました。
いや、実力的には押しとどめるのが正解なので間違ってはないんですけども。

何が言いたいかって、私もアイラに叩き起されたい。







短めですが。


以上!



どもー!
デスカイザーです!






BKブックス1月刊は1/5発売!






さらに首都圏など一部店舗では旧年12/29には店頭に並んでいたところもあるようですし、私も既に購入済みなので「予習 # とは」みたいな状況ですが、予習していきましょう!!







◎『テイマーさんのVRMMO育成日誌』


著:ジャジャ丸  イラスト:はりもじ
ISBN:9784821145010





ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

 美少女テイマーと最弱スライムのゆる~い冒険の始まり!
 自宅がマンションのため大好きな動物を飼うことができずにいた澪は、兄からとあるVRゲームを勧められる。五感の全てを再現し、モンスターをペットにできると聞いた澪は、すぐさまゲーム世界へ飛び込み、モンスターを使役する職業・テイマーとなった。そうそうに一匹のスライムを仲間にする澪だったが、それはゲームのβテスト時に最弱と言われたモンスターだった!?
「この子は私が強くする。だって私、テイマーだもん!」
 これはペットのモンスターと共に、のんびりゲーム世界を楽しむ少女の物語。
 (ぶんか社作品ページより)

五感でスライムを堪能しつくす(希望)VRMMO作品!



著者のジャジャ丸先生は恐らく初書籍化。
イラストのはりもじ先生は、宝島社『俺のチートは神をも軽く凌駕する』でイラストを担当されているようです。
私は多分Twitterで何度かFGOのファンアートをお見かけしたことがあります。全面的に可愛い!



「強くする!」という決意の言葉と、「マイペース」「のんびり」などゆったりした言葉が共存しているあたりがポイントでしょうか。
スキル系でうっかり強くなるのか、それともメリハリをつけた育成になるのか。
まぁでも『育成日誌』ですからね、きっと後者。
何にせよ、そこの下乳を堪能しているスライムは私と場所を変わるべき。







NEXT!




◎『ハイエルフと行く異世界の旅』


著:めたるぞんび イラスト:羽公
ISBN:9784821145027




ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

 休日限定で異世界を旅する新米勇者の冒険譚!!
 かつて異世界で魔王を倒し、平和な世界を築いて「勇者」と呼ばれた祖父を持つ後藤瑛斗。そんな祖父に憧れ、彼は16歳を迎えたその日、ついに異世界へと足を踏み入れた。家の裏山にある異世界に通じるトンネルを抜けると、そこで待っていたのは美少女ハイエルフ。お酒が大好きでツンデレ気味な彼女に連れられ、祖父の功績を巡る休日限定の冒険が開幕!
 祖父の偉業に触れながら旅をする瑛斗の目に映る異世界とは……?
(ぶんか社作品ページより)


理想ヒロインに出会える予感……!


めたるぞんび先生初書籍化!
羽公先生は『聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます』などの作品でイラストを担当されています。
ちょっと神秘的な印象のあるイラストですね。好きです。

異世界で祖父勇者の功績を辿るという、一風変わったストーリー。
冒険と言うからには何かしらの困難も待ち受けていそうですが、「休日限定」の文字があるということはそこまで深刻な話にはならなそうです。
何故か『ライラの冒険』がフラッシュバックしてきましたが、まさかそんなシリアスに引き込まれるだなんてこと…………それはそれで面白そうですね。

お酒好き、ツンデレ、エルフ、美少女とかいう好きになる要素しかないメインヒロインが居るみたいなので、なんかもうこの時点で勝ち確みたいなところありますよね。
ありがたや。

まったりと、お酒片手に読みたいですね!











以上2冊が、BKブックス2019年トップバッターとなります!!

どちらも「読み応え抜群!」というよりは「まったり楽しんでね~」って作品なのかな?

寒くて体調を軽く崩される方もいらっしゃるでしょう。

いつでも安静にできるように、今のうちに書店で購入しておいてはいかがでしょうか!








BKブックス 2019年1月刊は 1月5日発売!!





以上!

どもー!
デスカイザーです!








平成最後の11月も最終日

つまり明日からは平成最後の12月

最後の師走

さらば戌年

戌といえばワフ






ということで、ということでも何でもないですがBKブックス12月刊の予習です!









◎『デッキひとつで異世界探訪 2』

著:棚架ユウ イラスト:りりんら
ISBN:9784821144990





ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

異世界・クレナクレムで新たな人生を送ることになったトール(柳木透)。神様から与えられた《MMM》というTCGを現実で操る能力と、カードデッキの守護聖霊・ワフだけを味方に始まった彼の冒険は、元騎士のゼド、村娘の美少女・エミルという仲間を得て、過酷さと隣り合わせながらも充実を見せ始めた。しかし思いもよらぬ敵の出現によって、トールの新たな人生に暗雲が立ちこめる。その男は、カードから悪魔を召喚するという……。
(ぶんか社作品ページより)



創刊ラインナップの『デッキひとつで異世界探訪』が、超速の2ヶ月連続刊行で登場!

カードから悪魔を召喚……
別属性の使い手の登場……?ということで、1巻の時に少し感じた「予定調和」「コストの呪縛」からどう逃れるのかが、個人的な注目ポイントです!

あと、そろそろエミルに精神的安らぎを与えてほしい(嘆願)










NEXT!






◎『辺境暮らしの大賢者〜魔王を倒したので弟子と共に隠居生活を過ごそうと思う〜』

著:戸津秋太 イラスト:鍋島テツヒロ
ISBN:9784821145003






ぶんか社作品ページはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

三年前、人類の脅威であった魔王を倒したロイド・テルフォード。現存するたった三人の大賢者のうちの一人である彼もいまは、世界樹に守られたオルレアン大陸の片隅の村でひっそりと暮らしている。弟子のアイラをやきもきさせながらも、あたかも隠居生活のようなその暮らしぶりにどっぷり浸っているロイド。しかし魔王を失いながらも日に日に激しさを増す魔族の猛威は、辺境のこの地にまで及び、ロイドに安寧を与えてはくれなかった!
(ぶんか社作品ページより)


\生意気かわいいアイラちゃん!/


こちらは新作!
魔王を倒した後の隠居生活という大枠で見ると、創刊ラインナップの『おしかけ勇者嫁』を彷彿とさせます。
……が、あちらの夢と活力に満ちたキャラ達に比べ、今作のロイドは……やる気なし系?


戸津秋太先生は『戦慄の魔術師と五帝獣』(宝島社)などのシリーズを既に出されていますね!
イラストの鍋島テツヒロ先生は……言うまでもないでしょう!犬ハサ!(狗フラグを拾っていくスタイル)



少しだけ読んでみましたが、
師匠であり世界に3人しかいない大賢者であるロイドの魔法の腕を評価しながらも、普段の生活態度にイライラしちゃうアイラちゃんが可愛いです!

魔王を倒した後でもなくならない魔族の脅威……がこの辺境ダメダメ大賢者にどう関わってくるのか?楽しみです!!












以上2冊です!




どうでもい…………よくはないですけど、
BKブックスさんのHP、そろそろなんとかなりませんかね……!!?


ぶんか社トップページの「BKブックス創刊!」ってバナー、クリックすると予定地に飛ばされるんですよ。

予定地。

いわゆる「お探しのページはみつかりません」です。



つらいとか通り越した感情になります。
それともPC版ページは、スマホから見れないけどPCからはちゃんと見れるとかなんですかねぇ……?
むーん……






気を取り直して。

BKブックス2018年12月刊は12月5日(水)発売!
よろしくお願いします!!





以上!

↑このページのトップヘ