カテゴリ: BKブックス

今日のラノベ!


辺境暮らしの大賢者



辺境暮らしの大賢者
魔王を倒したので弟子と共に隠居生活を過ごそうと思う

著者:
戸津秋太

イラスト:
鍋島テツヒロ

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 三年前、人類の脅威であった魔王を倒したロイド・テルフォード。現存するたった三人の大賢者のうちの一人である彼も、いまは世界樹に守られたオルレアン大陸の片隅の村でひっそりと暮らしている。弟子のアイラをやきもきさせながら、あたかも隠居生活のような自堕落な日々にどっぷり浸っているロイド。しかし魔王を失いながらも日に日に激しさを増す魔族の猛威は、辺境の地にまで及び、ロイドに安寧を与えてはくれなかった!





感想:★★★★☆



(昨年中に読み終わっていた感想シリーズ、そろそろ消化していきます)






普段は自堕落、昼起きバンザイな生活を送っている大賢者ロイドと、その弟子でしっかり者のアイラでの二人暮らしが物語のベース。
最前線で戦うことだけが「できること」ではなく、日陰者だと指を指されて笑われても、どれだけ周囲に理解されなくても、自分の信念と誇りを「必要だ/間違っていない」と貫き通すことの尊さを学べる1冊です。




魔族に襲われていたアイラを救うところから始まった物語が、一周まわってそこをキーにした物語へと落ち着くという展開は読んでいてスッキリしました。
伏線は割とハッキリ大きく張られているので、やはりBKブックスの既存作と同じく読書に慣れていない人が読んでもラノベっぽさを楽しめるんじゃないかと思いました。
個人的にはこれにプラスしてもう少し細かい伏線もあると尚良かったかなぁというところです。
ただ、2巻以降へ残された伏線がその役割を担ってくれそうなので、比較的希望に満ちた★4評価です。






アイラなぁ……
読んでいると12~14歳くらいなイメージなんですが、実際はもう少し上で16~18歳くらいの設定なんですよね。
そこのギャップがまた可愛いんですが、魔族に一人で向かっていく時の「危ないよ!!!!!!!」って押しとどめたくなる気持ちが本編と関係なさすぎて困ったりはしました。
いや、実力的には押しとどめるのが正解なので間違ってはないんですけども。

何が言いたいかって、私もアイラに叩き起されたい。







短めですが。


以上!



どもー!
デスカイザーです!






BKブックス1月刊は1/5発売!






さらに首都圏など一部店舗では旧年12/29には店頭に並んでいたところもあるようですし、私も既に購入済みなので「予習 # とは」みたいな状況ですが、予習していきましょう!!







◎『テイマーさんのVRMMO育成日誌』


著:ジャジャ丸  イラスト:はりもじ
ISBN:9784821145010





ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

 美少女テイマーと最弱スライムのゆる~い冒険の始まり!
 自宅がマンションのため大好きな動物を飼うことができずにいた澪は、兄からとあるVRゲームを勧められる。五感の全てを再現し、モンスターをペットにできると聞いた澪は、すぐさまゲーム世界へ飛び込み、モンスターを使役する職業・テイマーとなった。そうそうに一匹のスライムを仲間にする澪だったが、それはゲームのβテスト時に最弱と言われたモンスターだった!?
「この子は私が強くする。だって私、テイマーだもん!」
 これはペットのモンスターと共に、のんびりゲーム世界を楽しむ少女の物語。
 (ぶんか社作品ページより)

五感でスライムを堪能しつくす(希望)VRMMO作品!



著者のジャジャ丸先生は恐らく初書籍化。
イラストのはりもじ先生は、宝島社『俺のチートは神をも軽く凌駕する』でイラストを担当されているようです。
私は多分Twitterで何度かFGOのファンアートをお見かけしたことがあります。全面的に可愛い!



「強くする!」という決意の言葉と、「マイペース」「のんびり」などゆったりした言葉が共存しているあたりがポイントでしょうか。
スキル系でうっかり強くなるのか、それともメリハリをつけた育成になるのか。
まぁでも『育成日誌』ですからね、きっと後者。
何にせよ、そこの下乳を堪能しているスライムは私と場所を変わるべき。







NEXT!




◎『ハイエルフと行く異世界の旅』


著:めたるぞんび イラスト:羽公
ISBN:9784821145027




ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

 休日限定で異世界を旅する新米勇者の冒険譚!!
 かつて異世界で魔王を倒し、平和な世界を築いて「勇者」と呼ばれた祖父を持つ後藤瑛斗。そんな祖父に憧れ、彼は16歳を迎えたその日、ついに異世界へと足を踏み入れた。家の裏山にある異世界に通じるトンネルを抜けると、そこで待っていたのは美少女ハイエルフ。お酒が大好きでツンデレ気味な彼女に連れられ、祖父の功績を巡る休日限定の冒険が開幕!
 祖父の偉業に触れながら旅をする瑛斗の目に映る異世界とは……?
(ぶんか社作品ページより)


理想ヒロインに出会える予感……!


めたるぞんび先生初書籍化!
羽公先生は『聖女になるので二度目の人生は勝手にさせてもらいます』などの作品でイラストを担当されています。
ちょっと神秘的な印象のあるイラストですね。好きです。

異世界で祖父勇者の功績を辿るという、一風変わったストーリー。
冒険と言うからには何かしらの困難も待ち受けていそうですが、「休日限定」の文字があるということはそこまで深刻な話にはならなそうです。
何故か『ライラの冒険』がフラッシュバックしてきましたが、まさかそんなシリアスに引き込まれるだなんてこと…………それはそれで面白そうですね。

お酒好き、ツンデレ、エルフ、美少女とかいう好きになる要素しかないメインヒロインが居るみたいなので、なんかもうこの時点で勝ち確みたいなところありますよね。
ありがたや。

まったりと、お酒片手に読みたいですね!











以上2冊が、BKブックス2019年トップバッターとなります!!

どちらも「読み応え抜群!」というよりは「まったり楽しんでね~」って作品なのかな?

寒くて体調を軽く崩される方もいらっしゃるでしょう。

いつでも安静にできるように、今のうちに書店で購入しておいてはいかがでしょうか!








BKブックス 2019年1月刊は 1月5日発売!!





以上!

どもー!
デスカイザーです!








平成最後の11月も最終日

つまり明日からは平成最後の12月

最後の師走

さらば戌年

戌といえばワフ






ということで、ということでも何でもないですがBKブックス12月刊の予習です!









◎『デッキひとつで異世界探訪 2』

著:棚架ユウ イラスト:りりんら
ISBN:9784821144990





ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

異世界・クレナクレムで新たな人生を送ることになったトール(柳木透)。神様から与えられた《MMM》というTCGを現実で操る能力と、カードデッキの守護聖霊・ワフだけを味方に始まった彼の冒険は、元騎士のゼド、村娘の美少女・エミルという仲間を得て、過酷さと隣り合わせながらも充実を見せ始めた。しかし思いもよらぬ敵の出現によって、トールの新たな人生に暗雲が立ちこめる。その男は、カードから悪魔を召喚するという……。
(ぶんか社作品ページより)



創刊ラインナップの『デッキひとつで異世界探訪』が、超速の2ヶ月連続刊行で登場!

カードから悪魔を召喚……
別属性の使い手の登場……?ということで、1巻の時に少し感じた「予定調和」「コストの呪縛」からどう逃れるのかが、個人的な注目ポイントです!

あと、そろそろエミルに精神的安らぎを与えてほしい(嘆願)










NEXT!






◎『辺境暮らしの大賢者〜魔王を倒したので弟子と共に隠居生活を過ごそうと思う〜』

著:戸津秋太 イラスト:鍋島テツヒロ
ISBN:9784821145003






ぶんか社作品ページはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

三年前、人類の脅威であった魔王を倒したロイド・テルフォード。現存するたった三人の大賢者のうちの一人である彼もいまは、世界樹に守られたオルレアン大陸の片隅の村でひっそりと暮らしている。弟子のアイラをやきもきさせながらも、あたかも隠居生活のようなその暮らしぶりにどっぷり浸っているロイド。しかし魔王を失いながらも日に日に激しさを増す魔族の猛威は、辺境のこの地にまで及び、ロイドに安寧を与えてはくれなかった!
(ぶんか社作品ページより)


\生意気かわいいアイラちゃん!/


こちらは新作!
魔王を倒した後の隠居生活という大枠で見ると、創刊ラインナップの『おしかけ勇者嫁』を彷彿とさせます。
……が、あちらの夢と活力に満ちたキャラ達に比べ、今作のロイドは……やる気なし系?


戸津秋太先生は『戦慄の魔術師と五帝獣』(宝島社)などのシリーズを既に出されていますね!
イラストの鍋島テツヒロ先生は……言うまでもないでしょう!犬ハサ!(狗フラグを拾っていくスタイル)



少しだけ読んでみましたが、
師匠であり世界に3人しかいない大賢者であるロイドの魔法の腕を評価しながらも、普段の生活態度にイライラしちゃうアイラちゃんが可愛いです!

魔王を倒した後でもなくならない魔族の脅威……がこの辺境ダメダメ大賢者にどう関わってくるのか?楽しみです!!












以上2冊です!




どうでもい…………よくはないですけど、
BKブックスさんのHP、そろそろなんとかなりませんかね……!!?


ぶんか社トップページの「BKブックス創刊!」ってバナー、クリックすると予定地に飛ばされるんですよ。

予定地。

いわゆる「お探しのページはみつかりません」です。



つらいとか通り越した感情になります。
それともPC版ページは、スマホから見れないけどPCからはちゃんと見れるとかなんですかねぇ……?
むーん……






気を取り直して。

BKブックス2018年12月刊は12月5日(水)発売!
よろしくお願いします!!





以上!

今日のラノベ!

デッキひとつで異世界探訪 1

デッキひとつで異世界探訪 1

著者:
棚架ユウ

イラスト:
りりんら

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 最新VRゲームに没頭するあまり、命を落としてしまった青年・柳木透。それを見かねた遊戯の神様によって、彼はゲームの力を付与され、異世界・クレナクレムで新たな人生を送ることになった。ところがその与えられたゲームの力というのが、昔に熱中していたTCGだった!武器はひとつのカードデッキ、お供はデッキの守護聖霊である犬耳少女ワフ。それだけを携えて、透はこのクレナクレムで自分の居場所を見つけるため、冒険の旅に出る!




感想:★★★★☆








VRゲームに連続ログイン100時間オーバーに伴う心筋梗塞により死亡した主人公・柳木透が、遊戯の神の手により転生!
かつて遊んでいたTCGを現実戦闘にチューンナップした疑似カードゲームの能力を武器に、異世界を生き延びていく……というお話。









TCGにまつわる能力をザッとあげてみると、






①1日=1ターン

②使ったカードの枚数分、その場で手札を補充(ドロー)

③魔力をコストとして支払いカードを使用できる

④ライフバリア(MAX20)がなくなると死亡

⑤ターンのはじめにコストとライフバリアは全回復

⑥コストは陣地や道具の効果、試練のクリアなどで獲得可能








などなど。


さて、お気づきの方はお気づきだと思いますが、カードゲームとして見るなら欠陥だらけのクソゲーです。
手札管理が多少疎かでも、デッキ構築とコスト管理さえまともであれば余裕で高コストを維持できるでしょう。
ライフは1でも残っていれば次ターンには全回復。
つまり、1ターンで全て削りきらなければ決して勝つことのできないゲーム。
私のような「仮想敵?知るか!自分のやりたいことをやれたら勝ちだ!!」ってタイプのネタデッカーにとっては最高のルールとも言える、逆説的に良くないルール。




しかし、これが異世界での能力として見ると程よいチートくらいに収まるんですよね。
まず一番大きいのが「対戦相手はこのルールが適用されない」という点。
同じルールで戦っていないのだから、手札が尽きないとか知ったこっちゃないですよね。
むしろコスト管理によって勝手に自縄自縛しているようなもの。
でもこのコスト管理も、成長して分母が増えていけば毎ターン使えるカードも増えていき、いずれはチート級の軍団を維持することも可能になっていくと。
しっかり異世界冒険物語を成り立たせるための成長要素が組み込まれているんですよ。





また、ライフバリアと空腹度・疲労度が完全に切り離されていそうなのもポイント。
非戦闘時にはデメリットに、戦闘時にはメリットになるため難易度的には相殺されたうえで物語的に課題を増やしていくという読者には嬉しいギミックだと思います。
「読者には」というか「私が」嬉しい。
困難は地味であればあるほど読むのが楽しいタイプなので。










……と、そこそこに楽しめる設定でありながら★4とはどういうことかと言いますと。
予定調和の魔の手から逃れきれていないのかな、というところです。

ゲームものの中でも、ことカードゲームに特筆して言えるのが「あのカードを引けたら」「あれが発動できれば」という“たられば”論を現実にしなければ逆転することが難しいという弱点。
今作ではデッキの全内容が明らかになっていない代わりに、どのカードを引いてもそれなりに戦えるんです。
逆に言えば、コストさえどうにかなればなんとかなってしまうんです。







今巻の山場では、そのコストの呪縛から逃れた素晴らしい展開があったので、その点に関してはとても面白かったです! そこは間違いなく!!


ただ、やっぱりその後の問題を解決する際にはコストの呪縛にふたたび飲まれてしまい、ややモヤっとする読後感だったかなぁ、という感じです。



あと一歩!
もう一歩抜け出した何かがあれば、コストの呪縛でさえ受け入れてしまえる面白さになりそうで。

そこへの期待を込めての★4とさせていただきました!!





2ヶ月連続刊行ということで気合十分の今作。
来月の評価は上がるか、下がるか。








以上!


今日のラノベ!

エルフの山田さん(自称)


エルフの山田さん(自称)
1DKから始める世界樹育成生活

著者:
長尾隆生

イラスト:
冬空実

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 ある夏の日、ひとり暮らしの高校生・田中くんの部屋に不意の来訪者がやってきた。ビジネススーツに身を包み、隣の部屋に越してきたというその人は、自称エルフの山田さん。手土産に持ってきた盆栽(?)を「ミニ世界樹」だと言い張る彼をうさんくさく感じながらも、その木に「ミユ」と名付けて世話を始めた田中くんだったが……。小さな部屋から始まった田中くんのボタニカルライフは、自称エルフに続いてやってきた自称ドワーフや自称勇者を加えて、やがて世界を巻き込む大騒動へ!?



感想:★★★★★




隣に越してきた山田さんから引越しの挨拶にと貰ったミニ世界樹。
山田さんの会社の製品のモニターとして半ば強制的にミニ世界樹(ミニ・ユグドラシル)=ミユを育てることになった田中くんの、非日常的日常生活!






全体的にテンポよく進むお話だな、というのが第一印象でした。
あらすじに反してまだ世界を巻き込む騒動というほどのものは特に無く(異世界的には大事件連発ですが)、親バカの田中くんと、エルフの山田さん・ドワーフの高橋さんらがミユを愛でて、たまに異世界ネタを放り込んできて。

麦茶を吸収するくだりをはじめミユの成長に関わる発想が面白いのもあって、それだけでも十分面白かったです。







しかししかし!







この小説の真価はそこでは無いのではないかと、そう提唱してみたい……です。





山田さんら異世界勢は確かに謎の存在です。

では、そんな彼らに見出された田中くんは?




田中くんの他にも別の世界に居るというミニ世界樹のモニターはといえば、世界を救った勇者のスズキさんに、最後に出てきた女王のような誰か。

果たして地球だけただの一般人を選ぶのでしょうか?




また、田中くんがしばしば示唆するオカルト。
かつてオカルトが好きだった……というレベルではなく、妄執や偏執に近い域でオカルトに触れていたような気配があります。
そんな彼が「執拗なまでに」山田さんが異世界の存在であることを信じようとしない、その意味とは?




そう、この小説で1番謎の存在とは、田中くんに他ならないのです。




考え始めると、最初の一文

「何も変わらない毎日だった」


でさえ怪しく見えてきます……





以下そのあたり掘り下げているような気がする読書メモ






読書メモ




8p:ヴォイニッチ手稿
⇒なぁにそれぇ!
教えてWikipedia先生!

「ヴォイニッチ手稿とは、1912年にイタリアで発見された古文書。未解読の文字が記され、多数の奇妙な絵が描かれていることが特徴である」
ウィキペディア「ヴォイニッチ手稿」より

さて、これをメモした段階では「そんな冒頭に調べないと分からないようなのを入れて……」と思っていましたが、今思えばここから主人公のオカルト示唆があったわけですね……!
久々に読書メモが仕事した気がします!
(つまりメモ見返すまでは忘れていた)



14p:「俺はもうオカルトを信じない」
⇒読書メモ見返すまでは最初のオカルト示唆だと思っていた文章
意味深すぎる……



78p:遮音結界
⇒つまりやりたい放題……ゲフンゲフン



220p:『調査結果』
⇒調 査 結 果

何!?
え!!なんかあったっけ??えっ!!?

……って。
オカルト示唆にしてはちょっと物騒だし、大家さんも関わっているようだし……
田中 is 何者?



248p:おふくろの味
⇒そうだ……
冒頭すぐに山田さん登場、ミニ世界樹登場で全く気にしていませんでしたけど、主人公の田中さんの生活背景って1巻段階では明かされて……ないですよね……?
高校生の一人暮らし、する気配のないアルバイト。
そのうえで「おふくろの味は記憶も曖昧に」「あの日々を取り戻せるかも」ですよ?

ほっほぅ……??





まとめ



"見える謎"たる山田さんと、"見えない謎"たる田中くん。

この感覚は新しいです……!



いや、ぶっちゃけ中盤までは文章のあまりの読みやすさ、スラングの多様に「安っぽい」と表現するかで悩んでいたんですけれど、全然そんなこと無いですよね。失礼しました。
何重の意味をも持ったカモフラージュ、そういうことなら大歓迎です!






まだまだ育っていくであろうミユの成長記録と同時に、田中くんの今後と前日譚にも期待です!




以上!


↑このページのトップヘ