カテゴリ:その他のレーベル > DIVERSE NOVEL

今日のラノベ!



51t9uzlsT0L

出戻り勇者と美女魔王

強制送還されたら世界はゾンビであふれていた

著者:

長月すとーぶ

イラスト:

烏丸やよい

レーベル:

DIVERSE NOVEL


【あらすじ】
 
 やりたいことをヤりたいだけ、
 この変わり果てた世界を自由に楽しもう!

 苦労の末、異世界アークの魔王を倒した勇者・冬馬。凱旋後に隠れて連れ帰った美女魔王・テュールを匿って好き放題ヤりまくっていると、全てが露見し、厄介払いと言わんばかりに魔王と共に元の世界へ強制送還されてしまった!
 不本意ながらも十年ぶりに帰還した日本はなぜか荒れ果て、ゾンビが街にあふれていて!? やさぐれ元勇者とエロすぎ元魔王の、セイシをかけたサバイバルが始まる!!




感想:★★★★★




すべてはカップ麺のために










日本から異世界召喚された勇者が、元魔王とか王女とかとヤりまくりすぎたせいでまさかの強制送還!
10年ぶりの日本だけど……なぜゾンビ!? なところから始まる世紀末のほほんびより。



 

聖剣バアルが召喚できない代わりに、耐久力の高いバールが無限召喚できたり、


世界そのものに干渉する攻撃魔法などが使えないものの、自らに干渉する強化魔法は使えたり、


異世界で発揮していたほどの強さは無いものの、現代日本基準で言えば十分以上の戦力。
元魔王のテュールも強化魔法が使えるところは同じなので、過剰戦力も良いところです。

最初の戦闘以降は特に苦戦することもなく、ストレスフリー。

 

なので、パニックホラー的な要素はゼロ…………と思いきや、普通に人間視点でのエピソードがあるので、そこで楽しめます!!

田島ちゃん可愛いぞ!!!






・人間の生き残りはそこそこいる

・ゾンビ発生からの経過時間

・電力等ライフラインの状況



など、現状についての情報はそこそこ出ているものの、まだ「何故ゾンビが日本に?」というところには踏み込まずに終わりました。


まぁ……知ったところで何か変わるわけでもないですし、それよりも環境改善ですよね。

いかに元勇者/元魔王といえど、食料は必須

テュールは吸血で補給することができるけれど、吸血対象の人=冬馬が倒れたら共倒れですから。



そういう意味では堅実な物語だったというか、現実的な問題を切り捨てず目の前の問題にしっかり向き合い、無理して物語ろうとしていなかったのが好感です。




つまり、行動のほぼ全てがカップ麺を確保する方向に向かっていたような気がするのも、何も間違ってはいないということです!!






TV等のメディアが死んでるのに電気ガスが生きているという不思議な状態だったり、ある程度経過しているのにスーパーに食品が残っていたり、気になるところが無いといえば嘘になります。

が、状況を俯瞰できていない状態なので、また気になる止まりですね。
これらに説明が付くような展開があるならば全く問題無いわけですので、ひとまず保留ということで。













はい、じゃあそろそろ本題
皆様お待ちかねのHな方向の話です









濁点がエロいですよね!!






DIVERSE NOVELの中ではだいぶ回数の多い作品でしたが、ダレるようなこともなく。
新キャラ旧キャラのバランスを取りながら、プレイの幅も広げすぎず狭めすぎず。
1シーン1シーンに対して込められた愛を感じました!!


元魔王、人間、ゾンビと3種と交わるわけですが、そのどれもが違った趣を感じさせる良いシーンでした!

特に好きなのはゾンビの槍万ちゃんとの初めてのシーンですね!
「ゾンビと致すの!?大丈夫!?」みたいなハラハラ感とか、服装への拘りから感じさせられる性春とか、ゾンビ的濁点から連想されるレ〇プ目感とか、とてもよくできていると思います。




読書メモ



54p:穴があったら入りたい
⇒全てを察する章タイトル
定番だけど好き




91p:負けず嫌いかよ
⇒ここで前章の伏線をヌルッと回収していく流れが、良かった〜〜!ってなりました。
1章あたりが比較的短い章構成で本にするならこういった章またぎの伏線回収って必須だと思っているので、そこをクリアしてくれたのが感想上とてもありがたかったです。



136p:生徒手帳への書き込み
⇒そ、そんな青春示唆を出してくるなんてっ……!
読むのがちょっと辛くなるじゃないかっ……!



209p:かつてない
⇒いやー……この扱いはかつてない。
流しに落とした焼きそばを洗って器に盛って何も言わずに食べさせる扱いはかつてない。
冬馬の鬼畜ぶりに、軽くドン引きです。
冷めきった夫婦の日常より酷い……





まとめ




力があり、ゾンビという存在に慣れている2人。
故にゾンビが溢れている割に緊迫感は薄く、やや淡白。

しかし、それを埋めるのがHシーンであり、田島ちゃんのゾンビ体験談であり、カップ麺に感動するテュールなのである。


個人的にはこれはこれで好きな塩梅なので、是非とも続刊が出てほしいところです!




以上!



今日のラノベ!



奴隷少女に激甘に接してたら、完全に別人になってしまった件


奴隷少女に激甘に接してたら、
完全に別人になってしまった件

著者:
中名加奈

イラスト:
まうめん

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 街の中央にそびえ立つ、巨大樹であり迷宮のユグドラシルで冒険者生活を送るリヒトは、わずかな稼ぎを握りしめて宿屋に帰る日々を送っていた。ある日、街の通りで奴隷商の檻を覗くと埃にまみれた少女と目が合い、衝動的に購入してしまう。彼女の傷を癒すために激甘に接している内に心が通じ合い、奴隷契約を破棄して一夜を共にする。しかしそれ以降、少女の様子が一変し、完全に主従関係が逆転してしまい――?




感想:★★★★★








主従関係から男女関係へと進んだ時から明確に変わってしまった元奴隷少女・アウラの性格。
リヒトがその原因を探ろうとするところから動き出し、徐々にネットリ薄暗い雰囲気が絡み漂いはじめる物語。







読んでいて特徴的だなと思ったのが、ひとつのシーンをいくつかの視点で重複して描いていることそのシーンの幅が広いことですね。

たまによくあるとは思うんです。
主人公視点でストーリーA~Bまで見て、その一部(例えば主人公が大怪我を負う場面とか)のヒロイン視点があって、キャラと物語の厚みを増していくみたいな。

ただしこの本はそれを長めに、回数も多めに取っていて。
且つそれがあることで、アウラの状況がいかに深刻であるかをまざまざと見せつけるという効果をしっかり発揮しています。





もうねー。
特に後半がねー。
具体的にはエレナとのHシーンの後からが本領発揮!!って感じで「あーその行動の真意が知りたいいいいいいと思ったらそういうことか怖ああああああ!!!???」みたいな感じでしてねー。


アウラ視点が本当に素晴らしいんですよ……!
ここまで狂気を感じさせない狂気のクオリティは初めて読みました!
分かりみが深いんですよね!!!!!(やめておけ






読み始め、この多重視点スタイルに慣れていなかったタイミングでは若干のくどさを感じたものの、しっかりとそのクセを味わえるようになると……途端にバケはじめますからね……
なんか焼酎みたいな本ですね。















作品を表すキーワードには、「依存」「解放」あたりをピックアップしたいです。



今回は奴隷という身分にあったアウラの奴隷特有の精神的ストレスが原因となっていますが、別にこれって奴隷に限る話ではないと思うんですよ。
仕事のストレスから酒やタバコ、ギャンブルに依存していく人は現代社会でもたくさん居ると思います。
というか、私がその一人だった(あるいは現在進行形な)ので。



依存という状態自体は精神面の防衛反応としては間違ってないと思うんです。
その依存がどこに向いているのか、他人に危害を加えないかなどの要因があるために問題として扱われるわけですので。
「健全な依存」の形を探っていくしかないんですよね……




劇的な改善方法があるわけではなく、当人以外が干渉するには非常に難度の高い問題。
そして当人は自分の状態に気づいていることのほうが稀であるわけでして、アウラも……いや、アウラは半分くらい自覚してやっていそうですが。
いずれにせよ、どんな着地点へと向かっていくのか先が読めないので楽しみです!












あとは……




エレナかわいい!






127pの挿絵はマジで素晴らしかった!!
肩出し!!!


アウラの問題が浮上してからは、エレナがメインヒロインしていると言っても過言ではないのかもしれません……!
そのくらい重要なポジションに居ますし、それくらいアウラが危ない精神状態にあるんです。

いやー……エレナいなかったら読了が3日くらいズレこんでいたかもな?ってくらい好きです!
損なポジションに居続けていますが、それもまた彼女の魅力(#お前に良心はないのか)










あとどうでも良いところですけど、主人公の名前がリヒトってところで1回躓きました……

いや、ね。
「リヒトラブ」って文具メーカーがありまして……。
 LIHIT LAB.


仕事の後に読むには仕事を思い出させすぎる名前だったという。









読書メモは無いのでスキップ。



Hシーンの実用度も満足のいく水準に達していますし、とっても良い1冊だったと思います!
狗的にオススメです。

問題は2巻が出るかどうかですね……
出るならまた発売日近くで更新できるように頑張りたいです!
出なかったら……ノクターンで読むことといたしましょう!




ではでは。






以上!





どもー!
「ディヴァースの狗」こと、デスカイザーです!








「妄想を、形に。
新たな世界にダイブしよう――!」



DIVERSE NOVELディヴァースノベル










……ということで、
めでたく1周年を迎えることとなったDIVERSE NOVELの11月刊を予習していきましょう!











『出戻り勇者と美女魔王 強制送還されたら世界はゾンビであふれていた』


著:長月すとーぶ イラスト:烏丸やよい
ISBN:978-4-8155-6509-1





公式HP作品ページはこちら
ノクターンノベルズ作品ページはこちら


【あらすじ】

苦労の末、異世界アークの魔王を倒した勇者・冬馬。
凱旋後に隠れて連れ帰った美女魔王を匿って好き放題ヤりまくっていると、全てが露見し、厄介払いと言わんばかりに魔王と共に元の世界へ強制送還されてしまった!
不本意ながらも十年ぶりに帰還した日本はなぜか荒れ果て、ゾンビが街にあふれていて!?
やさぐれ勇者とエロすぎ魔王の、セイシをかけたサバイバルが始まる!!


聖剣バール。

『ゾンビなんて怖くありません。だって……』として連載されていた作品が改題して登場!
長月すとーぶ先生の初書籍化作品です!というか投稿1作目!!
イラストの烏丸やよい先生は、オシリス文庫でいくつかイラストを担当されていますね。

冒頭ほんの少しだけ読んできましたが、異世界的には最強の2人が力を地味に制限されているような状況でどんな立ち回りをしていくのか、ゾンビは何処から?あたりが面白そうなポイントかと!
喘ぎ声の濁点が書籍化に伴い進化しているのかどうかも注目です。
コレほんと重要。





Next !








『奴隷少女に激甘に接してたら、完全に別人になってしまった件』


著:中名加奈 イラスト:まうめん
ISBN:978-4-8155-6510-7





公式HP作品ページはこちら
ノクターンノベルズ作品ページはこちら


【あらすじ】

街の中央にそびえ立つ巨大樹であり迷宮のユグドラシルで、冒険者生活を送るリヒト。
わずかな稼ぎを握り締めて宿屋に帰る日々を送っていた。
ある日、街の通りで奴隷商の檻を覗くと埃にまみれた少女と目が合い、衝動的に購入してしまう。
彼女の傷を癒す為に激甘に接している内に心が通じ合い、奴隷契約を破棄して一夜を共にする。
しかしそれ以降、少女の様子が一変し、完全に主従関係が逆転してしまい――?


だがちょっと待って欲しい、反抗期かもしれない(純粋)

美少女奴隷を買ったけど主従逆転しちゃってるよ?あれ?っていう物語。
上に続いてこちらの中名加奈先生も初投稿作にして書籍化です!
イラストのまうめん先生はコミックバベルやコミックアンリアル(どちらも成人向けだゾ☆)などでご活躍中、単行本も発売していらっしゃいますね!
なお、私は快楽天勢なので拝読したことは無い模様……

冒頭読んだ感じだと、だいぶライトな語り口で読みやすそうです。
とはいえ奴隷になった経緯や豹変の理由など、シリアスの重みも既にチラチラ見えているんですよね……
どのくらいのM度を求められるのかによって、感想の変態度が変わりそうです。
あ、ベッドの上で主従再逆転♥とかちょっと期待しています。
……快楽天のね!みちきんぐ先生のね!!メイドと主従逆転するやつが(ここから先は自主規制)
(怒られたら消します)

















といった感じで、以上2冊がDIVERSE NOVELの11月刊となります!
う~む……どちらも楽しみなだけに、どっちから読むか悩みますね……





発売日の11月30日 までには決めます……!






以上!

どもー
デスカイザーです!



このラノのための読書期間が終わって数日、本日から通常更新に戻りますー。
9月の新作ほぼ読まなかったのでそれを取り崩しながら、
10月の月初新作を読みながら、
秋クールアニメの原作小説を読みながら……


ひとまずは、それらを片手間にできるくらいシンプルな3ターン周回パを編成するところからですね(ギル祭り #FGO )




ではでは、
今日のラノベ!

ステータスマイスター


ステータスマイスター

著者:
なめこ汁

イラスト:
武藤まと

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 ある日、通販で買い物をしていると面白い商品が出品されていた。その名は『異世界生活権』。興味を持ち、軽い気持ちで購入すると、ジョブとステータスで全ての能力が決まってしまうゲームのような異世界に入り込んでいた!
 購入時に付けたオプションでジョブを自由に設定できるチート能力を使ってお金を稼ぎつつ、かわいい奴隷少女たちとハーレムスローライフを始める!
 書籍化に伴い大改稿!大ボリュームの書き下ろし2編も収録!




感想:★★★★★















異世界での生活権を自発的に購入するという目新しい転生方法で向かった先は、ステータスの存在する世界。
ジョブとかランクとかは手の甲から出し入れできるカードによって可視化されている一方、サブジョブや肝心の詳細ステータスは一般的には可視化されておらず、確認できるのは現状主人公・タカシのみ。
(上位の神官とかで確認できる人が出てきてもおかしくは無さそうですが)


そんなタカシが、ジョブを変えるとステータスも変わることをうまく利用しながら、モンスターを狩ったりミリアとファラを育てたりするお話。





とにかく声を大にして言いたいのは、

とにかくミリアが可愛い!!ということ












ギルドの手伝いで受付をしていたミリアは、哀れにも初手でタカシにロックオンされてしまい、宿=自分の家を紹介しただけで彼女認定を受けてしまいます。
実は奴隷なミリアですが、彼女を奴隷としてではなく子供として育ててくれていた親代わりで主のミーアさんも何故かノリノリでタカシへ援護射撃。
顔が利くミーアさんが皆に言いふらし、タカシが堂々と認めるものだから、ミリアの話は誰も聞かず……


真っ赤になってぷんすか否定して、でもタカシからのストレートに好意的な言葉には思わず別の意味で真っ赤になっちゃう。



そんなミリアちゃんが、私は愛おしい……!




普段は見た目のロリロリしさとは裏腹なしっかりした物腰なのに、絶体絶命のピンチを乗り越えた後に号泣しちゃったり、ステーキをめっちゃ美味しそうに食べたり。
魔術が使えるようになった時の反応だったり。



時折見せる年齢相応の姿が可愛い……!







日常パートが読んでいてとても楽しかったです!
……なので、(冒頭のツイートにも書いてありますが)逆に言うとミリアのHシーンが邪魔に感じてしまう部分もあったりしました。
魔力切れ or 恥ずかしすぎて気絶している時に睡眠姦の要領でサクッと弄ったり後ろに入れたりするんですが、「え、起きてなかったら反応無いじゃない」という睡眠姦の魅力を全否定する感情しか浮かばず……

処女をいただくと親バレするという奴隷の特性もありますが、おそらくはギャップにギャップを重ねようとした結果がこの睡眠姦だったのかなと邪推しています。
つまり「見た目とは不釣り合いな物腰」と「年齢相応の反応」という年齢にまつわるギャップに、「眠っている幼女」と「性的な行為」という同じく年齢を意識したギャップ。

そんな構造が見え隠れしていたからか、睡眠姦それ自体はすんなり受け入れられているんです。
ストーリーを選ぶ難しいシチュエーションですが、特に本編との段差も感じずスムーズに。
ただ、うーん……やっぱりミリアの反応が見たかったという感情が湧いてきます。
しょうがないにゃ。


睡眠姦シーンが割と淡白に描かれていたのも、日常パートの輝きに届かなかった1つの理由かもしれませんが。
そこは背徳感とのバランスよなー……











では実用度はと言いますと、後半登場した新キャラ・ファラとの1st SEXが全て補ってくれているのです!!!



ヤバい。
むちゃくちゃエロい。
本当に幼女かよ、ってくらいメスの顔してる挿絵もあります……!


やはり回復魔術とエロの相性は最高……!!!!!


ストライクゾーンは割と広いdeskyzerですが、その中でも割と真ん中に放り込まれた感です!
幼女のイキ狂いは素晴らしすぎるとしか言いようがない。






以下、細かいツッコミを読書メモにて。



読書メモ




36p:魔法と魔術
⇒「絶対の服従」が魔術に分類されることに、納得したような納得できないような……
主から離れすぎると死ぬとか、逆らうと激痛が走るとかの罰則効果が超常現象なのでそういう印象になってしまいます。
でも、離れすぎると死ぬ=餓死・追手による始末の再現、激痛=鞭打ちなど罰則の再現と捉えれば人の為せることなので魔術に分類されるのでしょうか……
しかしそれらを「自然に存在する現象」と捉えるには人の業が深すぎる……

↑ここまで考えて「まぁいいや」の一言で済ませました。
この本に限らず、魔術・魔法系の設定を理解せず進むのはいつものこと。



71p:彼氏じゃないです
⇒彼氏じゃないですが、と決まり文句で否定していくミリアちゃんの必死に淡々とする様が好きです。
もう少し後に出てくるバグミリアも可愛い……



87p~88p
⇒まるで乙女ゲームのように頬→額→口へとキスの雨を降らしていくとてもロマンチックなシーンかと思いきや……
ゲスさに笑いました



90p:今度
⇒今洗えすぐ洗え



113p:パニック
⇒多分ここが一番可愛い。
ベスト・オブ・ミリア!



124p:はじめての……
⇒だから直前までの良いシーンからの落差は何なんですか!?
流れもムードも何も無いな!?
それが面白いんだけどさ!!?



256p:トイレ
⇒「あやまってトイレに落ちる」という表現があるということは、ぼっとん便所方式ですね。
某王女さまのせいで妙に気になってしまう異世界トイレ事情。






まとめ





これで、DIVERSE NOVELは8月刊まで全て読んだことになります。

読後補正がかかっているのでまだ参考順位にはなりますが、今作はトップ3に入るくらいには好きかもしれません……!
ファラが居なかったら危なかった!
あのシーンが本編じゃなく番外編扱いとかだったらもっと危なかった!


でもファラも万能ではなく、ミリアと対照的に日常パートでの魅力がまだイマイチなのかなぁと。
ミリアの好感度初速に比べるとスロースタート気味でやや懸念かも。
そのあたり2人の性格が反映されているみたいで、それはそれで面白いです。





2巻が出るのなら、「ステータスマイスター」というタイトルが映えるようなストーリーが1つ2つ読みたいかなーと。
今巻でもジョブを変えることでステータスも連動して変わっていますが、もっとそこをフィーチャーした話というか……
ステータスを変えないといけない状況、っていう逼迫感が欲しいです。


でもそれはそれとして、そういうクエスト要素よりも日常パートを読み続けたい気持ちもあります。



つまり、2巻が出るなら無条件で嬉しいのでよろしくお願いします







以上!



今日のラノベ!

メモリーリライト


メモリーリライト
記憶改竄術で価値観操作

著者:
マルチロック

イラスト:
水平 線

レーベル:
DIVERSENOVEL


【あらすじ】

 芽森総太は登校途中で猫の死体を見つける。気まぐれに弔ったその後、夢の中で猫にそっくりな性愛の神・イシュタルに出会い、恩返しとして『記憶改竄術』を受け取る。これで情欲を発散せよと告げられた総太は、半信半疑で憧れの同級生に『ノート』を見せてと頼む。すると突如、相手の思考が文字になって目の前に浮かび上がった。試しに『ノート』を『下着』に書き変えると、彼女は服を脱ぎ始め――。




感想:★★★★☆





気に入りすぎて読み方を間違えるという致命的なミス








結論から申し上げますと、


「如月ちゃんと痴漢妹が好きすぎるあまり他のキャラへの興味が微塵も無くなる」


という状況に陥りました。









具体的には如月明衣との絡みが始まった第六話から歯車が狂いだしたんですよ。

陸上部らしい健康的でスラッとした肉付き、程よい日焼けというビジュアルはもちろん、思い込みの激しい性格、才能に恵まれている篠宮鈴羽への深い嫉妬心、気を許した相手への豹変ぶりといった内面まで含めて如月ちゃんが好きすぎてですね……




丁度この前後のエピソードが両方とも総太の姉・柚香なんですが、まぁ如月ちゃんを読む前後での色あせ方の凄いこと。
元々姉属性への興味が薄いというのもありますが、それにしても全く食指が動かない。
それどころかウザさすら感じ始める始末。


幸いその次の話で総太に痴漢されていた中学生らしき女の子のエピソードは性癖にハマってくれたのですが、それが多分トドメにもなりました。
同じエピソードに出てきた近所の奥さん(笹部さん)への興味がまたもや皆無だったのも良い対比だったんでしょう。




以後、性癖にクるかどうか、もっと言ってしまえば抜刀できるか否かで物語の色付きが決まってしまい、物語そのものは完全にそっちのけで読んでしまいました。
というか読めなくなっちゃったんですよね。
Hシーンに入るまではまだしも、入ってからはパラパラ飛ばして次の話へ……というような読み方。


姉は言わずもがな。
篠宮は如月ちゃん出てくるまで一番好きだったのに、如月ちゃんのライバルだからか全く興味が無くなってしまい。
高原さんは痴漢妹の存在があってギリギリ踏みとどまったというか、再登場するであろう痴漢妹を最大限楽しむために仕方なく。






一応読み切りはしたものの「これ感想書けないぞ?」という状態になったわけですね……



しょうがないので、そんな心境をそのまま書き残すことにしました。
一応読み飛ばしてしまった部分を読み直そうとはしたんですが……ダメでした。
興味なさすぎて苦痛でしかなく、気が付けば如月ちゃんの登場シーンまでスキップしてしまいます……












気を取り直して。

この作品の素晴らしいところは、「記憶」を操作することで「価値観」を変えていくことに主観を置いていること。
二次的、三次的に波及していく改竄の連鎖が面白いんですよね。




例えば痴漢の話。
記憶をいじる話では定番のシチュエーションです。
そして、概ね「恐怖」あるいは「羞恥」という感情を、「情動」や「喜び」へと変えてしまうことで擬似的に合意を得てプレイに及ぶという流れになるのが一般的かと思います。
私はそういう話が大好きです。



しかしこの作品では、「初めて痴漢されている」を「またいつものように痴漢されている」と変えることで痴漢を成功させています。

痴漢は犯罪です。絶対に現実でやってはいけません。

今まで何回もやられているなら、また今回も我慢していれば……という方向へ。
記憶の改竄によって思考を誘導しているわけです。
そして、その思考の誘導ルートが読めないために、想定以上の効果を持ってキャラの魅力が伝わってしまうことがある……のかもしれません。



如月ちゃんの可愛さはこうして生まれたのである







まとめ





姉妹丼が次巻へ持ち越しになってしまった悲しみ。




それはともかくとして、本当に読み方を間違えたのが致命的……
いや、うーん……抜き一辺倒なノベルとして読むのなら間違ってはいないですし、後半の物量から見るとそういう捉え方をしても良いんですが……
改竄術の使い方とかヒロインの配置とかを鑑みると、やっぱり抜きだけじゃないノベルという位置づけになるんですよね……







如月ちゃんが魅力的すぎるのが全部悪いんだ……





彼女が引き起こす修羅場が見たいです!!!!!






以上!




↑このページのトップヘ