カテゴリ:新書・単行本レーベル > DIVERSE NOVEL

今日のラノベ!

トモハメ3



トモハメ
修羅と呼ばれた喧嘩無敗のお嬢様を友情で躾ける方法

著者:
懺悔

イラスト:
ポチョムキン

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 雌雄を決するタイマンの瞬間 一撃絶頂 戦友ックス!

 義勇の為に拳を振るっていた俺は、ある日絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
 そこに現れたのは俺と同じく正義感を持つ白雪百合だった。
 可憐な見た目からは想像も出来ない強さで不良を蹴散らし、俺と共に窮地を脱する。それから俺達はコンビを組み、街からゴロツキを駆逐していった。それは荒っぽくも痛快な日々だった。
 しかし青春はいつか終わってしまう。
 お嬢様である百合には許嫁がいた。百合はその許嫁を無自覚には好ましく思いつつも、まだ俺との青春を謳歌していたいと言うように、彼を突き放す態度を取る。
 いつまでも子供のままではいられない。そんな戦友の背中を押す為に俺が取った手段とは――。

 どの巻から読んでも大丈夫!『トモハメ』シリーズ書き下ろしの第3弾!!




感想:★★★★★



予習記事はこちら












共に背中を預け合い義勇の拳を振るってきた百合と京介。
そんな2人のただただ楽しい青春も、街の平穏が近づくと共に終わりを意識するように……
特にお嬢様でもある百合は、親に心配を掛けていることも気にしていて……


許嫁・遊馬(あすま)への態度を決めかねている百合へ、遊馬の友でもある京介が送るのは二人への最高のエール!



それ即ち戦友ックス!!

言わばグレープフルーツ味の殴り合い!





今回も良かったです!!
いや、「も」ではぬるいですね。
3人の関係性は過去最高に良かったです!!!






自分が相手にとってかけがえのない、永遠の、そして最高の相棒で親友であるからこそ、共に歩めない道がある。
お互いに正しくそれを理解しているから、作中でも何度も繰り返されていたように「背中を合わせて戦ってきた二人が、雌雄を決するため向かい合う」という大筋が生まれて、読者である私も戦友ックスをタイマンとして捉える彼らと同じ認識でいられたのかな、と。






エッチだよ?(そこはしっかり保証)





だけどそれとはまた別に担保された安心感として、「楽しむ」でも「満たす」でもなく「戦って白黒つける」ことを主目的とし、その目的の先にお互いの未来を慮っているのだということが何より好きなポイントです!


でも今回は今までで一番怪しかったですね……
トモハメという行為の共通認識がお互いに成されているのは当然ですが、こう、それ以上の部分でも元々触れ合っているというか。
命預けあっちゃってますからね、ハメる前から。
ある意味、魂レベルで一心同体のようだったコンビが二心異体となるための儀式だったとも捉えられるかもしれません。今回のトモハメ。








特に印象的だったシーンのコーナー!!



百合と遊馬がデート中不良に絡まれるシーンのある174p~。
遊馬がかっこいいの!!!

そう、今回のトモハメ、今まで以上に「三人目」の存在感がとても大きいです。



なまじ百合と京介が魂で理解し合う関係だからこそ、百合に釣り合う男として描かれる彼の役割は半端なものでは通じなかったでしょう。
もちろん京介と同じベクトルでは、京介に恋心を抱かないことへの違和感が生まれてしまうのであまり良くないわけです。


そんな微妙な役割をストーリー的に求められてしまう遊馬という人間の、「弱いけど強い」という在り方が私は大好きです!!
ともすれば呆気なく散ってしまいがちな儚い強さですが、義勇の拳で青春を彩ってきた二人との相性は抜群!
マーベラス!!
末永くお幸せに!!!







好きなイラストのコーナー!!










口絵!!











デスカイザー的「このシーンのイラスト欲しいけど、まぁ普通のラノベだったらここは入れないだろうな……」イラスト部門、ダントツの1位だった京介と百合の出会いのシーン!!

まだ本文読む前なのに「ありがとうございます……ッ!」ってなりましたよね。
さすが、読者のツボ分かってますね……!
本来えっちな小説的に入れたほうが良いシーンがあるであろうカラーを2枚も使ってくださったこと、本当に感謝致します……!










まとめ





表紙が発表された瞬間に「勝ったッ!」ってなったりしてましたが(百合のビジュアルが好きという話⇒予習記事参照)、実際ここまで勝てるとは思っていませんでした。




えっちだから好き、というのももちろんですが魂レベルで友情を語る百合と京介の熱さに痺れ、そんな二人に憧れ、別ベクトルから追いつこうとする遊馬も眩しくて……








『トモハメ』を好きで良かった!

ありがとう!!












心の底から感謝が湧き上がってくるような作品でした!






以上!




どもー!
デスカイザーです!



更新出来る時に更新しておかないと、また仕事に忙殺されたり体調崩したら……
ということで、3ヶ月に一度のお祭りです!!





DIVERSE NOVEL
2019年5月刊は
5月30日(木)発売!







作品詳細!!



◎『 修羅と呼ばれた喧嘩無敗お嬢様友情躾ける方法


著:懺悔 イラスト:ポチョムキン
ISBN:9784815565121





レーベル公式ページはこちら
ノクターンノベルズ作品ページはこちら
(ノクターン掲載は1巻分のみ、2巻以降書き下ろし)


【あらすじ】

 雌雄を決するタイマンの瞬間
 一撃絶頂 戦友ックス!!

 義勇の為に拳を振るっていた俺は、ある日絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
 そこに現れたのは俺と同じく正義感を持つ白雪百合だった。
 可憐な見た目からは想像も出来ない強さで不良を蹴散らし、俺と共に窮地を脱する。
 それから俺達はコンビを組み、街からゴロツキを駆逐していった。それは荒っぽくも痛快な日々だった。しかし青春はいつか終わってしまう。
 お嬢様である百合には許嫁がいた。
 百合はその許嫁を無自覚には好ましく思いつつも、まだ俺との青春を謳歌していたいと言うように、彼を突き放す態度を取る。
 いつまでも子供のままではいられない。
 そんな戦友の背中を押す為に俺が取った手段とは――。

 どの巻から読んでも大丈夫!『トモハメ』シリーズ書き下ろし第3弾!!


トモハメ史上もっとも攻撃的なトモハメが始まるッ!!




表紙の百合が好みすぎる話はあとでしますね!!




2回連続での刊行となる『トモハメ』。
友達ックス、親友ックスときて今度は戦友ックス!



戦友との青春がいつまでも続けられるものではないと悟った二人が、拳で殴り合う代わりに雌雄を決する舞台としたのが戦友ックス。
背中を預け合い喧嘩に明け暮れた二人が挑む真っ向勝負!



我慢できずに試し読みを一気読みしてきましたが、今回のトモハメは凄いですね!
熱い戦いであると同時に、青春を終わらせる為の儀式であるかのよう。
あと、最初の試し読みの段階でベロチュー済ませてるのが衝撃的です。
トモハメは、トモハメの数だけトモハメの形があるのだとここだけでも認識できますね……!





試し読みはこちら










百合の話!




表紙を一目見た瞬間に「好きッッッ!!」ってなりましたよね……
黒髪赤瞳セミロングの不良少女が膝立て座りで飴片手、左手ヒラリの胸潰れ、そこに惜しげもなく晒される太ももと踝隠しを合わせてハイ一目惚れ!!って感じです。



お巡りさん、破壊力の権化はこちらです。
あ、お巡りさんも好きですか?私も大好きです。
  
(・∀・)人(・∀・)ナカーマ




「こういう挿絵あったら嬉しいな」っていう案がいくつもあるので、そのうち1つでもあったら……嬉しいな!!(語彙)
親友ックスの時の挿絵は結構攻めた構図が多かったように思うので、今回も死角からの一撃がもらえるんじゃないかとワクワクします!
ワクワクして朝にならないと眠れないです!(ただの夜型)







最後に改めて。




DIVERSE NOVEL
2019年5月刊は
5月30日(木)発売!!




どの巻から手にしても大丈夫な単巻完結なので、表紙にビビッと来たら既刊を気にせずレジへGO!
あるいはネット予約、電話予約でもよいですぞ!





以上、“DIVERSEの狗”ことデスカイザーでした!!

今日のラノベ!


トモハメ2


トモハメ
友情音痴でぼっちな僕が、
クラスで一番人気な彼女に懐かれたワケ

著者:
懺悔

イラスト:
ポチョムキン

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 土屋巧(つちや たくみ)は空気でぼっちの無愛想な一生徒。
 そんな彼にも「ツッチー」と気さくに笑顔で話し掛けてくるちょいギャル美少女・鈴音真理(すずね まり)。二人は些細なきっかけから親友同士になった。幼少時のほろ苦い記憶から他人に興味が持てずにいた土屋だが、ただ一人だけ心を動かされる人がいる。それは行きつけの書店で働く『三つ葉ちゃん』。
 本名も知らない彼女に何も出来ない状況を鈴音に相談すると、ハイスペックな彼氏持ちの恋愛強者な彼女から告白の練習を勧められる。しかし練習するも中々自信が付かない土屋。そこで鈴音は『恋人になった後』のイメージを持たせて奮起させようと、より親密な特訓を提案する――。
 話題の著者・懺悔による『トモハメ』ワールド新作完全書き下ろし!



感想:★★★★★


おまけがおまけしてないんですよっ!!!

(前のめりでむっちゃ目ぇ輝かせながら)







 



大人気! 爽やか友達ックス小説第2弾!


あとがきで懺悔先生が述べられていたのがとても分かりやすいです。
『トモハメ』1巻がサイダーのような爽快感だとしたら、2巻はホットミルクティーのような安らぎの作品。





メイン登場人物は2人。

「友情音痴でぼっちな僕」こと主人公・ツッチーと、「クラスで一番人気な彼女」ことヒロインの鈴。


鈴は完璧なスペックの彼氏と完全無欠の幸せラブラブ生活の経験も加味しながら、ツッチーの恋を応援していきます。
お相手は、行きつけの本屋さんのカウンターにいつも居る女の子。エプロンに付いた刺繍から通称・三つ葉ちゃん。
連絡先どころかちょっとした会話すらできないほど純真なツッチーの恋、もう拗らせていると言っても良いでしょう……!(笑)



でもそんな彼を、鈴は笑いません。



それは自分の経験があったからかもしれないですし、「好き」の形が様々だとツッチーとの関係から学んでいるからかもしれません。
いずれにせよ、全く相容れないように見える2人は深く深く繋がりあい「友達」として進化していきながら、「好き」の表現の仕方を一緒に考えていくんです。

鈴の、そんな友達に対する親愛の表現方法が素晴らしい!!ということです。はい。



でも一方で、(これは本編では深くは描かれていない部分ですが)鈴もまたツッチーに励まされている面があると思うんです
年上の彼とは既に付き合い始めて長い為に最初の頃のような緊張は薄れてきているものの、未だ同年代でないことから生まれる微妙な壁があるんだと思います。
壁というか、「好きの示し方」に関する感性の違いみたいな。


そこをツッチーと確かめ合うことで、「これで良いんだ」と自信を持つこと、「これは友達、これは恋人」と明確な区別を付けることができるようになってるんじゃないかな、って。



品行方正で頭脳明晰とはいえ、どこまで行っても高校生ですから。不安に思うことの1つや2つあるでしょう。
かといってカーストや仲間内でのキャラ付けを踏まえれば、何でもかんでもクラスメイトに相談するようなことはできないでしょう。


だから、鈴にとってもツッチーは貴重な存在なんです。
もちろん本文中で描かれていた「異性としてではなく人として見てくれる」みたいな点も含めて。







そう、つまり今巻は、






それぞれの恋路を励まし合うための友達ックス






っていうことです。










だがしかし、ちょっと待ってくれ。






実用性は実用性で凄いんです!




というか、これだけ心にスポット当てた話を濃密にやってるのにほぼずっとヤってるの、紙幅の偽装工作疑惑がありますからね??(※偽装は無いです)


身体で繋がり心も繋がり、そして男は強さを得る……
痺れます……ッ


ある意味ここらは前作を超えていると言っても過言では無いでしょう……
あとパイ〇リ好きは無条件で読むべき
カラー口絵で1度タヒに、本文で2度タヒぬ。




そして、ね。
前作では(私には)ついぞ得ることのできなかった「友達ックスからの性的興奮の別離の感覚」が、今巻ラストのおまけパートで得られたんです……!!

ここまで前のめりに書きなぐってる燃料、ほぼここから湧いてきてます(笑)



本編で経てきたツッチーと鈴の会話、練習、そして励ましックスが決集したかのような。
否、決集したあのHシーンには涙ですし、その後の鈴の僅かだけど大きな心境の変化にはちょっとした苦味も感じ……。


そこまでやや実用性に傾いていたバランスを、一気に「書を読む」の方向に傾け直してくれるような。
胸がおっぱい、もとい、いっぱいになります……
なるほどミルクティー。



なんで「早く寝なきゃ……」って急いでるのに下ネタぶちかましてるんでしょうね。私は。(発売日当日/午前4時前)











同じ題材でここまで読後感が変わるとは思いませんでした。

ただ正直に言えば、中盤くらいまでは読んでいる間のちょっとした表現にはややマンネリを感じた部分があります。
キスの境界線だったり、「今の「好き」はもちろん恋人としての好きではなく友達としての……」って注釈だったり。


キスに関してはふふふはふははははははは(壊)って感じで、通しで見るとしっかり前作との違いは出ているんですが序盤はですね、しょうがないんですけどね。

注釈も性質上しょうがないというか、友達ックス慣れしてるせいで流したくなってしまうのかもしれません。

そんな慣れはいらないんだよなぁ!!








予習記事で触れていた「指輪」というキーは、前作以上のラブラブっぷりの示唆……というところでしょうか。
本文にも指輪に触れる描写がありまして、そかの背徳感はふふふはは(壊)
シーン的には、この表紙はラブホにツッチーを引っ張っていくところかな??










昨日2月27日には『トモハメ3』の発売が2019年5月に控えていることも発表され、ますます勢いにのる『トモハメ』ワールド!


勢いしかない感想になりましたが、ここまでお付き合いいただいた諸兄・諸姉方には是非とも今作品を手に取っていただきたいです……!

1巻を読んでいると「ふふふ」ってなるシーンが少しだけありますが、あとがきで補足があったので2巻から読んでもノープロブレムです!!
むしろその「ふふふ」を読んでから1巻行くのも面白いかもしれない……





最高でした!!!









以上!





どもー!
deskyzerです!!



感想の更新が滞っておりますが、安心してください!
今月まだ2冊しか読了してないので。

読んだけど感想読めてないパターンより尚悪いとか言わないで……



パズドラ7周年がいけない……(転嫁)




今回は、恒例となりつつある予習記事。
まずはでっかく発売日から。





DIVERSE NOVEL

2019年2月刊は

2月28日発売!!









では、


ここから本編。











◎『トモハメ 友情音痴でぼっちな僕が、クラスで一番人気な彼女に懐かれたワケ』

著:懺悔 イラスト:ポチョムキン
ISBN:9784815565114





DIVERSE NOVEL作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら

【あらすじ】

 土屋巧(つちや たくみ)は空気でぼっちの無愛想な一生徒。
 そんな彼にも「ツッチー」と気さくに笑顔で話し掛けてくるちょいギャル美少女・鈴音真理(すずね まり)。二人は些細なきっかけから親友同士になった。幼少時のほろ苦い記憶から他人に興味が持てずにいた土屋だが、ただ一人だけ心を動かされる人がいる。それは行きつけの書店で働く『三つ葉ちゃん』。
 本名も知らない彼女に何も出来ない状況を鈴音に相談すると、ハイスペックな彼氏持ちの恋愛強者な彼女から告白の練習を勧められる。しかし練習するも中々自信が付かない土屋。そこで鈴音は『恋人になった後』のイメージを持たせて奮起させようと、より親密な特訓を提案する――。
 話題の著者・懺悔による『トモハメ』ワールド新作完全書き下ろし!


ついに出た! トモハメ第2弾!!


「爽やか系NTR」
「トモハメはいいぞ!」


そんな声が多数寄せられての新刊!!
この続刊は我々の勝利の証である!!

感想はどんどん呟こう!




閑話休題。




全編書き下ろし!!

そして、「2」が公式タイトルに入らないこと及びあらすじから、前作『トモハメ』とは全く違う人物達の織り成す友達ックスであることは確定的に明らかと言えるでしょう。

つまり、まだ誰も見たことのないトモハメを、誰も予想ができないトモハメを手に取れる時がすぐそこまで迫っている……
我々はこの身に有り余る期待と歓喜を胸に、あと何度布団を温めれば良いのであろうか。

5回くらいかな……




真理ちゃんねー、
ギャル可愛いですし髪の色がすこなのでもう期待しか無いんですけれど、先日DIVERSEさんにお会いした際に教えていただいたポイントがありましてですね……




「指輪」




あれれー?



左手の薬指に指輪があるぞー?




あれれー?




どういうことなのかは、私もまだ読んでないので分かりませんが!!
もしかしたら只の匂わせかもしれないですが!!


あれれー? 感を忘れず読みたいところです







そんなわけで、DIVERSE NOVEL 今月の新刊は『トモハメ』1冊のみとなります!

せ、精鋭だから……(震え)






DIVERSE NOVEL
2019年2月刊は
2月28日(木)発売!






以上!

今日のラノベ!



51t9uzlsT0L

出戻り勇者と美女魔王

強制送還されたら世界はゾンビであふれていた

著者:

長月すとーぶ

イラスト:

烏丸やよい

レーベル:

DIVERSE NOVEL


【あらすじ】
 
 やりたいことをヤりたいだけ、
 この変わり果てた世界を自由に楽しもう!

 苦労の末、異世界アークの魔王を倒した勇者・冬馬。凱旋後に隠れて連れ帰った美女魔王・テュールを匿って好き放題ヤりまくっていると、全てが露見し、厄介払いと言わんばかりに魔王と共に元の世界へ強制送還されてしまった!
 不本意ながらも十年ぶりに帰還した日本はなぜか荒れ果て、ゾンビが街にあふれていて!? やさぐれ元勇者とエロすぎ元魔王の、セイシをかけたサバイバルが始まる!!




感想:★★★★★




すべてはカップ麺のために










日本から異世界召喚された勇者が、元魔王とか王女とかとヤりまくりすぎたせいでまさかの強制送還!
10年ぶりの日本だけど……なぜゾンビ!? なところから始まる世紀末のほほんびより。



 

聖剣バアルが召喚できない代わりに、耐久力の高いバールが無限召喚できたり、


世界そのものに干渉する攻撃魔法などが使えないものの、自らに干渉する強化魔法は使えたり、


異世界で発揮していたほどの強さは無いものの、現代日本基準で言えば十分以上の戦力。
元魔王のテュールも強化魔法が使えるところは同じなので、過剰戦力も良いところです。

最初の戦闘以降は特に苦戦することもなく、ストレスフリー。

 

なので、パニックホラー的な要素はゼロ…………と思いきや、普通に人間視点でのエピソードがあるので、そこで楽しめます!!

田島ちゃん可愛いぞ!!!






・人間の生き残りはそこそこいる

・ゾンビ発生からの経過時間

・電力等ライフラインの状況



など、現状についての情報はそこそこ出ているものの、まだ「何故ゾンビが日本に?」というところには踏み込まずに終わりました。


まぁ……知ったところで何か変わるわけでもないですし、それよりも環境改善ですよね。

いかに元勇者/元魔王といえど、食料は必須

テュールは吸血で補給することができるけれど、吸血対象の人=冬馬が倒れたら共倒れですから。



そういう意味では堅実な物語だったというか、現実的な問題を切り捨てず目の前の問題にしっかり向き合い、無理して物語ろうとしていなかったのが好感です。




つまり、行動のほぼ全てがカップ麺を確保する方向に向かっていたような気がするのも、何も間違ってはいないということです!!






TV等のメディアが死んでるのに電気ガスが生きているという不思議な状態だったり、ある程度経過しているのにスーパーに食品が残っていたり、気になるところが無いといえば嘘になります。

が、状況を俯瞰できていない状態なので、また気になる止まりですね。
これらに説明が付くような展開があるならば全く問題無いわけですので、ひとまず保留ということで。













はい、じゃあそろそろ本題
皆様お待ちかねのHな方向の話です









濁点がエロいですよね!!






DIVERSE NOVELの中ではだいぶ回数の多い作品でしたが、ダレるようなこともなく。
新キャラ旧キャラのバランスを取りながら、プレイの幅も広げすぎず狭めすぎず。
1シーン1シーンに対して込められた愛を感じました!!


元魔王、人間、ゾンビと3種と交わるわけですが、そのどれもが違った趣を感じさせる良いシーンでした!

特に好きなのはゾンビの槍万ちゃんとの初めてのシーンですね!
「ゾンビと致すの!?大丈夫!?」みたいなハラハラ感とか、服装への拘りから感じさせられる性春とか、ゾンビ的濁点から連想されるレ〇プ目感とか、とてもよくできていると思います。




読書メモ



54p:穴があったら入りたい
⇒全てを察する章タイトル
定番だけど好き




91p:負けず嫌いかよ
⇒ここで前章の伏線をヌルッと回収していく流れが、良かった〜〜!ってなりました。
1章あたりが比較的短い章構成で本にするならこういった章またぎの伏線回収って必須だと思っているので、そこをクリアしてくれたのが感想上とてもありがたかったです。



136p:生徒手帳への書き込み
⇒そ、そんな青春示唆を出してくるなんてっ……!
読むのがちょっと辛くなるじゃないかっ……!



209p:かつてない
⇒いやー……この扱いはかつてない。
流しに落とした焼きそばを洗って器に盛って何も言わずに食べさせる扱いはかつてない。
冬馬の鬼畜ぶりに、軽くドン引きです。
冷めきった夫婦の日常より酷い……





まとめ




力があり、ゾンビという存在に慣れている2人。
故にゾンビが溢れている割に緊迫感は薄く、やや淡白。

しかし、それを埋めるのがHシーンであり、田島ちゃんのゾンビ体験談であり、カップ麺に感動するテュールなのである。


個人的にはこれはこれで好きな塩梅なので、是非とも続刊が出てほしいところです!




以上!



↑このページのトップヘ