どもー。
デスカイザーです。


今回は感想記事ではなく、山の翁以来の調べ物です。
調べようと思ったきっかけは仕事中のふとした疑問。





「あれ……?ロゥリィに付ける敬称って聖下だっけ?猊下だっけ?」
「そもそもこの2つの区別ってなんだ?」
「っていうか○下シリーズの使い分けって……?」




というわけで!

ラノベでも頻出の「○下」シリーズの敬称について、
ザッとまとめてみたいと思います!








さて。
そもそも「○下」シリーズの敬称というのは、高貴な人の名前を直接呼ぶのが失礼というところから、その高貴な方がいる一定の場所の傍に控える取次の人に間接的に呼びかけることで敬意を表するための敬称とのこと。
つまり「○下」という言葉の意味は、「○○という場所の下に居る人」ということになります!

また「○下」シリーズは言葉単独で用いるのが正しい使い方なようで、例えば「皇帝陛下」のような使い方は誤り、あるいはあまり推奨されないとのこと。
皇帝を直接呼ばないために「陛下」と呼んでいるのに、そこに「皇帝」を付けたら「陛下」の意味が無くなりますからこれは納得。

もうここまでだけで「なーるーほーどー!!」と叫んでいる自分がいます(笑)
このあたりを覚えておくだけで、万が一「○下」シリーズの単語の意味を忘れても「○」に入る漢字の意味から推測できますね!



ではそれぞれの意味をば。


◎陛下:階段の下

「きざはし」とも読む「陛」は、宮殿の階段の意で、天皇、皇帝、王の敬称です。
ここで言う階段は……多分、中国なら古典ドラマでよく見る宮殿の入口にある長い階段、欧米なら玉座がある少し高くなってるあの短い階段と、場所や文化によって違うんでしょう。
高いところに上るのは、馬鹿と煙だけじゃないってことです。



◎殿下:宮殿の下、殿堂の下

ざっくり言うと王族・皇族など「陛下」の身内、あとは皇帝に臣従する国王などの敬称。
なので、陛下>殿下、ですね。
また、「妃殿下」という呼称は王族等の配偶者に用いられる呼称ですが、「皇太子妃+殿下」という成り立ちなことに注意(身位+敬称)。



◎閣下:高殿の下

高殿とは……高くつくった建物のこと。
さぁ、段々曖昧になってきたぞぅ!!
馬鹿と煙と偉い人は高い所に行きたがるが適用されて、貴族や大統領などの高位の官職や軍の高官に対して用いる敬称です。
また、この敬称は他の「○下シリーズ」とは異なり、例外的に「役職名+敬称」(ex.大統領閣下)のような使い方が正しい使い方のようです。



◎聖下:※※※

ほかの「○下シリーズ」を真似て作られた造語という、この企画の根幹を揺るがす事態。区別も何もあったもんじゃない……。
キリスト教における最高位の聖職者に対する敬称です。
ラノベ的に言い変えるならば、その世界の最大宗教における最高位の聖職者、というところでしょうか?



◎猊下:猊座の下

「猊」は獅子の別表記なんだそうです。
けものへんに顔……うん、なんか納得。
そして仏陀の説法のことを「師子吼(獅子吼)」、説法の座のことを「師子座(獅子座)」と言うそう。
これらが転じて獅子座のことを「猊座」とも言い、つまり猊座は何なんだ?という非仏教徒の悲しみ。
説法の座……?
ダライ・ラマ法王や宗教上の権力者に対して用いる、というニッチと見せかけて使用範囲が広い敬称なのが個人的にはツボですw



◎座下:座席の下

正教会における、総主教以外の主教(大主教など)に対する敬称……だそうです。
多分ですが、仏教でいうところの「法座」=説法をする人の着く座席のことでしょう、この「座席」っていうのは。
お葬式の時等で、お坊さんが木魚叩く時にお座りになっている席のこと……ですよね、法座。
他宗教においても、大体そんな感じの場があるのでしょう!!(放り投げ)



◎台下:高楼の下

高位の聖職者などに用いる敬称。
仏教ならば教主や門主などに。
日本政府がローマ教皇に対してこの敬称を用いているので、座下の下の敬称というわけではなく、ざっくり「宗教で偉い人」くらいの意味で良さそうです。
高楼?高い建物だよ(てきとう)






以上の7つですー!
政治・権力由来の敬称はイメージ付くものが大半でしたが、宗教由来の敬称は……難しいですね~。
なんとなーくは掴めましたが、現実世界でふんわりした理解のものを異世界に当てはめて考えようとか無茶にも程があります!!


一応ロゥリィに当てはめて考えてみると…………どれでも間違いでは無い気が!!
たしか本文中では、慕われているのを表す場面では「聖下」を使い、それ以外の場面では「猊下」もちょくちょく使われていたかと思います。



詳しく調べれば敬称のもっと詳細な違いが分かるとは思うんですが……軽い気持ちで足を踏み入れるには深すぎます……。
三大宗教の成り立ちとか宗教観が絡んできそうなので、多分一敬称に付き1記事書けるレベルなんですよ……。
はい!
なんかそのあたりの違いとか、現実世界と作品内宗教との関連性・相違性について調べたい方は自己責任でお願いします!!僕はギブアップです!!




また何か疑問に思うことがあったら、こんな感じの記事作りたいと思いますー


以上!