カテゴリ:その他のレーベル > 美少女文庫

今日のラノベ!


永遠姫の嫁入り

永遠姫の嫁入り

著者:
葉原鉄

イラスト:
みやま零

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

 「この年で生娘だなんてみっともないねぇ」
 異形の鬼。千年生きつづける桃姫。可憐な童女にして鬼女。そして、俺の初恋のひとで今夜からは俺の妻……。
 「俺もはじめてで……というか俺、トワさまとはじめて会ったときから大好きで……」
 あふれ出す気持ちと一緒に、初夜だというのに腰が加速する。つなぎあった粘膜をこすればこするほど想いが伝わるような気がして。
 「そんなまっすぐ言われると、照れるねぇ」
 トワが、にへぇとだらしない笑顔で応える。
 俺しか知らないトワの笑顔。俺しか知らない、最高に可愛い俺のお嫁さん。
 「ああ、もう!鬼っていうか小悪魔だろ!可愛い、ああ可愛いッ、超エロいッ!ああ、くそッ!俺、トワさまが好きすぎる!」
 何度も妻の名を呼び、彼女の内面を掘り起こす。いとしくていとしくて仕方がない。



感想:★★★★★



ぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁぁぁぁっぁああぁぁぁっぁっぁあ




最初から最後まで身悶えることになるのは想定通りでしたが、少しくらいは期待を裏切ってくれても良かったと思います。
じゃないと骨抜きになってしまって生活に支障が。鬼だけに。






大学一年の香坂幹春と、齢千年の鬼・トワの新婚生活の一部始終。

不器用ながらも誠実にトワにふさわしい夫になろうとする幹春の姿はトワ目線に見るととても微笑ましく、無性にナデナデしたくなるというか、ぎゅーってしてあげたくなるというか。
「入魂王子」という過去が影響したのかどうなのか、折角持っている自分の意思を胸に留めてしまうために周囲との関係を一歩引いてしまうところが可愛いです。
そのくせ夜になり、トワを体を重ねる段になると途端に自らの欲望に素直にトワを求めるようになってキャー


逆に年甲斐もなく照れりんこしちゃうトワさまは誰が見ても「何だこの可愛い生き物は」になりますし、照れりんこさせてる幹春本人からしたら「何だこの可愛い嫁は」になるのも当たり前。
もう一度だけ言わせてください。
何だこの可愛い鬼幼妻は。




「口に出さなきゃ分からない」
という教訓を得ることもできますが、何はともあれトワの照れりんこを愛でるために読むことをオススメします!

(難しいことを考えることができないほど脳髄を蕩けさせた挙句の結論)
(難しいことを考えないほうが良い)





荒れ狂う感情の発露 
と書いて読書メモと読む。

読書メモ


18p:ご婚約
⇒もう既に胸いっぱいでハッピーなんじゃが?
え、あと300pもあるの?
いいの?そんなにいいの?やったー!!

……というメモが残されていたのでそのまま掲載。
いや、でも本当にこの通りで、まるでアニメ最終回のような涙と感動に包まれる告白シーンでした。
扉絵の「封印された右腕」とか序盤でご婚約とか、普通に考えれば後々大喧嘩して大変な騒ぎになるフラグです。
が、この告白シーンを見たらそんな不安は杞憂に過ぎないと言うしかなくなりますね(笑)
何があってもこの二人なら大丈夫。
そもそも喧嘩が起きるにしても、それはお互いを想うが故のものだろうことが明らかですもん。

そういうわけで、18pにして深く考えることを辞めました。
トワを愛でることに集中することこそが、この本を初見で最も楽しく読む方法です!



27p:つよいブラック
⇒気になってメモしておいたけれど読み終えて振り返ったらそういうことですか戦隊ものねそういうことですか!!!!!(早口)

え?むり。とうとい。



75p:あぁ!年上幼妻呼び捨てぇ!!ぁぁぁぁ!!
⇒ここまで「トワさま」だったのが、新婚初夜もフィニッシュ間近のこのタイミングで勢いあまって呼び捨てキタ━(゚∀゚)━!キタ━(゚∀゚)━!キタ━(゚∀゚)━!

幹春が自制してトワに接しているのは傍から見て明らかで、その彼がうっかりで距離を詰めているこのシーンの尊さについてはトワさまと語り合いたい……。
それで、たまに幹春をイジって遊びたい……



126p:あー
⇒このシーンのトワの可愛さを伝える言葉。
私には「あー」しか思いつきませんでした。

あー



154p:ギャップこそトワそのもの
⇒幹春くん良い事言う……
すごい……
部外者の私はこの段になっても「あー」しか言い表せないのに、彼はこんなにも的確にトワのことを形容してしまうのだから……
すごい……



209p
⇒最早「あー」すら無くなってますね
幹春の男らしさが光るシーンでもあり、それを見て好きだという気持ちを再確認しているトワさまの可愛さに悶えるシーンでもあり。
どちらか一方でも劇薬なのに、それを混ぜるんですから……ね?
洗剤を混ぜたら危ないのと同じくらい危ない。



271p:美しい
⇒物語が、文章が素晴らしいのは言わずもがなですが、その素晴らしさに拍車をかけているのがみやま零先生の透明感ある美麗なイラストであることは表紙でご理解いただけると思います。
そしてもちろん挿絵についても同様に素晴らしく、もう素晴らしいしか形容詞を持ち合わせていないことが腹立たしくなるほど素晴らしいのですが、その中でも一番素晴らしいのが271pのイラスト。
トワが返り血を浴びて振り返る構図の一枚。
彼女が鬼であることを否応なく意識させ、且つこれまで感じてきた色気や美麗さも損ねることなく混在していて。
猛毒的に蠱惑的。


まとめ



そういえばここまであまり触れていませんでしたが、夫婦の営みはそれはもう激しくエッチでした!
これだけ深く想い合って愛し合っているんですから当然と言えば当然ですが!



もっと二人の生活の良い所を語りたいような気もするんですが、如何せん語彙が足りません。
むしろ言語としての様相を成してないとも言います。

しかし、愛とはそういうものなのかもしれません。
遥か古から星の数ほど語り継がれてきた愛の物語も、その恋の当事者の気持ちを語り尽くすことができたものなど存在しないのです。
そして読者の気持ちもまた同様に千差万別でありながら唯一無二。

語り尽くせないからこそ言葉を重ねるのです。




そういうわけで。






ぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁんんんんんnぁぁぁぁぁぁあぁぁぁあぁっぁぁあぁぁ




以上!



どもー。
デスカイザーです。


今まで美少女文庫の作品で感想書いたの、『My 妹魔女の林檎』だけだったのが何故か考えてたんですが、どうやら買った作品に対して読みきった作品の少なさが原因のようです。
大体中盤かラストのHシーンの直前くらいに栞挟まってました(笑)
……もっとも読みきった作品の感想を書いていない謎が残りますが。

これからは忘れず感想書いていこう、と気持ちを新たにしたデスカイザーでした。
読了済の作品はいずれ感想書きます。





ということで今日のラノベ!

オカされ上手の河合さん

オカされ上手の河合さん

著者:
ほんじょう山羊

イラスト:
ひなたもも

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「ねぇ、フェラって―興味ある?」隣の席、河合春香さんが仕掛ける甘いからかい。「東方くん、ヘタレ、なんだね?」ブチッ!とキレて気付けば春香を押さえつけてイラマチオ射精!「私の下着姿、どう思う?」けれど!何度ヤラれても挑発は止まらない。破瓜、お尻…オカされ上手なM系女子。




感想:★★★★★



(あらすじ、伏字にしなくて大丈夫かなぁ……)




パロタイトルに定評のある美少女文庫さん。
からかうのが上手なTさんがメインヒロインの某漫画のパロですね。

正直ですね、あの作品を見た時に思ったんですよ。
「どうせHなことはしないんでしょ?」、と。
「その嗜虐心あふれる表情が歪むことは無いんでしょう?」、と。

そんなドス黒い欲望を見事に叶えてくれたこの作品に、私は最大限の敬意をもって拍手と賞賛を送ります!
素晴らしい作品をありがとうございます!!




さて、内容は至ってシンプル。
河合さんが東方くんにHなからかいをしかけ、東方くんは一度我慢し、河合さんが上乗せでからかったところで東方くんがブチッとキレて襲いかかる。
エピローグ込の全10プレイ、大体全部このパターンです。

一般的に考えればこれほど繰り返すのは愚策。
だが、今作ではそれで良いのだ。
それは何故か?
それは、この作品が河合さんの「からかい」と「オカされ」のギャップを楽しむための物語だからである!!




本能的にオカされることを望む河合さんが、どうすれば「自分の思い通りに無理矢理オカしてもらえるか」を考え計画的にからかうという淫靡さ
オカしてもらえて嬉しいのに、「無理矢理」という状況を壊さないために本心を言葉に出さないという設定の徹底ぶり
そのくせ、後半では東方くんを本気で好きになってしまったところでは、ついつい「……しゅき♥」(267p)と漏らしてしまう乙女っぷり

あぁ、全てが素晴らしい!!



Hシーンの描写も良かったです。
喘ぎ声においての小文字や三点リーダの使い方がとても上手く、「♥」も要所にのみ使用することで蕩け具合を最大限伝えてくれています!
また、挿入前及び挿入後すぐまでは東方くん目線なので、からかわれた時の昂ぶりや戸惑い、ブチッと切れた後の言い訳のような感情の変化が楽しめます。河合さんがわざとやっていることを知らないので、あたかも河合さんが本気で戸惑っているかのように見せてくれているのもポイント!
逆に挿入後少ししてからは河合さん目線なので、精神的・肉体的快楽を貪るかのような感情の奔流が感じられます。控えめに言って最高です。
男性より女性のほうが快楽を感じるというのならば、望む快楽を描くのならば女性目線のほうがよりHな文章になるのは確定的に明らかであり、それを重ねて証明してくれているような気がします。
シチュ的背徳感とかは男性目線のほうが良いのかもしれないですね。レとか特に。





以下読書メモー



読書メモ




8p:黒髪
⇒カラーイラストが黒髪じゃない現象
『暗殺拳はチートに含まれますか?』の読書メモでも書きましたし他作品でも度々思いますが、本文中に髪色の言及があるのならばできるだけイラストもその色にして欲しいです……。
特に今作における「明るい色の髪」と「黒髪」の差は、性癖の差にダイレクトアタックしてくるので黒髪教のdeskyzerとしては看過できない深刻なポイントなのです。
逆に言えば文章中に髪色の言及が無いのなら、派手すぎないギャル好きのdeskyzerとしては何の問題もないのです。
文章とイラストの不一致、ここが問題なのです。
榎宮先生みたいな特殊な色合いの塗り方ならまだ分かるんですけどね……。



95p:襲ってしまいかねない
⇒自制心薄弱な東方くんにキュンキュンします



171p:優と共に
⇒自分の性欲を満たすためではなく、単純に一緒に学校にいたいと。
絶頂前の何気ない一文ですが、切羽詰まったシーンだったからこそまだ自覚していない本心が素直に表れたのかなぁ、とほっこりしました。
このシーンから先は恋愛小説を読んでいるかのような気分も味わえて、より旨味が増しましたね!!



243p:ここ好きだなぁ……
⇒明らかに今まで感じていたであろう快楽とは別物の感情が溢れているっていうのが、
嬉しい。嬉しい。嬉しい。
っていう一文から汲み取れて、その単純でハッキリした感情がとても可愛くてキュンキュンしました。
ヒロインと主人公、両方にキュンキュンしてます。
Wキュンキュンだキュン



295p:尊い……
⇒あの東方くんが、焦らしプレイからの挿入を条件にした告白。
東方くんの緊張と、言われた瞬間の河合さんの思考の空白がとても青春!って感じで素晴らしくて。
これこそが尊さの極地……!(かもしれなくもなくもない)



302p:写真に撮れてよかった
⇒最初から東方くんをマークして弱みを探していたのか。
たまたま本屋で少しHな本を買っている東方くんを見かけて咄嗟に思いついたのか。
いずれにせよ、自分の性癖を満たすために始まった東方くんとの関係が性癖だけじゃなく男女関係としてもハッピーエンドを迎える結果となり、安堵と幸福と快楽を同時に感じているであろうこの一文、大好きです。
最高に堕落しきった感じが最高!




まとめ




お幸せにっ!!




以上!



どもー。
デスカイザーです。


今年もあと2ヶ月しか無いんですね……。
2016年の抱負で「1日1冊読む」みたいなことを言った気がするんですけど、達成された様子が無いように思えるのは気のせいですかね…。

気のせいですね(現実は見ない)



今日のラノベ!

My妹魔女の林檎

My妹魔女の林檎

著者:
わかつきひかる

イラスト:
みやま零

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「お兄さま、私の中にもっと注いで」
金髪オッドアイ、可愛い妹メイベルは、実は魔女。抱くたびに魔力を取り戻す禁断の果実。僕の力を吸い尽くしたらキミはいなくなっちゃう?白雪姫が転生した兄と、王妃から生まれた魔女。妹に恋した雪生は知らない……メイベルが生きるには彼の命が必要なことを。




感想:★★★☆☆


雪生:白雪姫の転生体
メイベル:王妃(=魔女)の転生体
カッツェ:王妃の使い魔



「今日語られている『白雪姫』のお話は、真実では無かった」というところから展開していくストーリーに魅入られました。


愛情を注いで育ててきた白雪姫に殺された王妃。
しかし再会した転生体から命を奪うという選択をすることをせず、時を超えお互いに魂の器が変わった両者が今度は愛情を認め合う。



構図としてはシンプルだけど、そこに「相手の命が無ければ生きられない」という設定があることで全体的に引き締まった物語になっていたと思います。
美少女文庫ってことでエッチなシーンもバンバンあるわけだけど、雪生にとっては「メイベルの命を助ける行為」であって、メイベルにとっては「雪生の命を奪う行為」だと認識しているので、どちらの立場にたって読んでもどこか倒錯的な魅力を感じるシーンになっていました。



ラストシーンはある意味衝撃的でしたね…。
主要人物3人(2人と1体)が全員死んでますからね。
読んでる最中は思わず「コントかよ!?」と思ってしまいましたが、後から考えると雪生が「自分の命を差し出せるほどの勇気を出せないからメイベルを救うことができない」と考えていたことそれ自体が、どこか転生前の王妃殺しの白雪姫を彷彿とさせる構図になっていたんですね。


そう考えると、カッツェが言いがかりに近い理由(Hの時のスパンキング)で怒りを覚え雪生を殺しメイベルを救おうとしたという行動に納得がいきました。


ただ、やっぱりその後「雪生を生き返らせるために自分の命で贖う」と自殺したメイベル、そんなメイベルの命を吹き返させるためにこれまた自害したカッツェ、という流れにどうしても「コントかよ!?」と突っ込みたくなってしまうのは止められませんでした…。
ていうかそんな簡単に命の受け渡しが可能なのか…。
万全の状態のメイベルならまだしも、使い魔にすぎないカッツェも使えるとかどうなのよ…。



さて、皆さんお待ちかね(?)のエッチなシーンの感想ですが…!
何といってもこれに尽きるでしょう!





子宮頚管粘液というパワーワード




本番があるエッチなシーンが4箇所あるんですが、それぞれのシーンでの子宮頚管粘液という言葉の登場数が以下の通りです。


1箇所目:6
2箇所目:3
3箇所目:4
4箇所目:1



特に1箇所目なんて1つ目が出てきてから5ページ連続で出てきますからね!?
「なかなか凝ったワードを使うな」という関心はその時点でどこかに吹き飛びましたよ、ええ。

3箇所目では最早単語が出てくる度に笑ってましたし、4箇所目は逆にここまで来て全然出てこないから「あれ…?子宮頚管粘液はどこ…?」と傍から見るまでもなく異常な読み方になっていました。



子宮頚管粘液以外にも文章単位で同じような描写をしているのが目立っていたように思いました。
ストーリー設定がすごく良かっただけに、ここまでHシーンが壊滅的だとすごくもったいなく感じますね……。


以上!


My妹 魔女の林檎 (美少女文庫)
わかつき ひかる
フランス書院

↑このページのトップヘ