カテゴリ:その他のレーベル > 美少女文庫

今日のラノベ!

メイドと学ぶ商会経営


メイドと学ぶ商会経営
クールな彼女の愛し方

著者:
肥前文俊

イラスト:
ぴょん吉

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「ご主人様、お情けをくださいませ」
 氷の美貌を蕩けさせ、恋人メイドのノエルがフェラ&おねだり! 経営危機に陥った商会を立て直し、クールメイドをアヘらせたい! ドジ巨乳メイドのターニャもサボりメイド・クロエも応援ご奉仕。ハーレムHに励まされ、クラウドが挑む起死回生の商売とは!




感想:★★★★★





ナイス HI☆TO☆DE!!








事故で亡くなった先代が遺した「三年後に返済する」という特殊な借入。
その存在に返済期限直前になり気づいた主人公・クラウドが、ローランド商会黒字倒産の危機を脱するべく金策を巡らせるお話。




「経営危機って言っても、ぶっちゃけエロパワーでどうにかしちゃうんでしょ?」とか思っていましたが、全然そんなことはありませんでした。
(いや、だって美少女文庫だから……)



しっかり「経営」という地盤のうえで最後の最後まで正々堂々と金策を施し、商会を維持存続させようとするクラウドの姿は、まさしく尊敬するに足る経営者の姿でした!!


だからこそ、それを傍で支えていたメイド・ノエルの心境にリンクできるんです。
リンクできるということはどういうことか?







Hシーンの情動が素晴らしくなるということです(迫真)







特に第四章~終盤の、ノエルとクラウドのかけがえのない関係が描かれているあたりとか、悶絶必至です……!
それまでクールで、無表情で、常に冷静だとずっと評されていたノエルの…………くぅ~~~、思い出すだけでも鳥肌立ちますね!!


逆に、序盤~中盤にかけての H は割とパワープレイだったりします。
ヒトデのような何かとか、媚薬のお香とか。
そういうのが好きな人種は今すぐ買うべきですし、そういうのが好きな私はそれはそれで大満足です!





後半へ続く






続きを読む

あけましておめでとうございます!
デスカイザーです!



感想書いている間に新年を迎えましたので、ここに新年のご挨拶をば。
本年も「デスカイザーのラノベ日誌」をよろしくお願いいたします。




感想書き納めにして書き初めとなりました。


2019年1発目の!

今日のラノベ!


PT追放されましたが、魔女や淫魔と暮らせて幸せです


PT追放されましたが、
魔女や淫魔と暮らせて幸せです

著者:
ちょきんぎょ。

イラスト:
47AgDragon

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「おぬしの命、わしが拾おう」
 仲間に捨てられた冒険者アステルを救ったのは迷宮の魔女セレネ。弟子入り契約の初体験!淫魔姉妹を召喚して3P!可愛い毒舌師匠とおちこぼれ使い魔と暮らす最高のダンジョンハーレム!
いつまでもこの日々が続くよう、命を分け与えてくれた大魔女に恩返しH!




感想:★★★★★




この公式あらすじ卑怯だよ!!!
「いつまでもこの日々が続くよう」卑怯だよ!!!
ずるいよ!!泣くよ!!!!










魔王討伐を目指すパーティーの盾役だった主人公・アステル。
財宝目当てに入った大魔女の迷宮はパーティーの実力に見合っておらず、彼を殿にして撤退……と言えば聞こえは良いものの、実際は死ぬ役を押し付けて敗走。

致命傷を負い死ぬのを待つだけだったアステルは、彼らパーティーの動向を見ていた大魔女・セレネに命を救われ、そのまま魔女の弟子に!





そんなこんなで(雑)、

淫魔呼び出す前に師匠の魔力を慣らす為にHしたり、

淫魔姉妹と契約Hしたり、

師匠とお約束達成ご褒美Hしたり……

師匠を……

師匠を…………(´;ω;`)















1冊の全ての流れが最後に繋がる!


師匠に救われた命!


増幅された性欲!


出てくるのは悪魔と人!


そして半人半魔の大魔女!










シンプルに愛と思いやりに溢れた物語でした!!



今まで盾役としてパーティ内で不遇な立場に居たアステル、限界があると自覚しながらも身体を鍛えて立派に役目を果たしていたのに捨てられた彼へ向けるセレネの愛。

自身は立派な淫魔でありながら、未熟と評される妹・アルマのために一緒に召喚されにきちゃうカルディアの姉妹愛。

自信たちに向けられる思いやりへ報いようと、主を想い、師を想い、肌を重ねてくるアルマとカルディアの愛。



それらがギュッとコンパクトに詰め込まれて、ギュッと、ギュッっと……









どこの感想を書こうとしても、
最後の展開、最後の一文に繋がってくるから涙腺がゾクゾクするんですよね!







表紙とタイトルを拝見したその瞬間から楽しみでしたが、やっぱり期待を越えていきましたね……
優しさに溢れていて、Hで、素晴らしすぎます……
語彙が足りない……


あー



すごく良かったです(捻り出した言葉がこれ)











読んで!!!!!!


そして最後の一文で感動して!!!!














新年も変わらず勢いだけで感想書いていることがバレそうですが。


以上!



今日のラノベ!

おでかけせっくす


おでかけせっくす
妹と初めてのラブホテル

著者:
みかづき紅月

イラスト:
三上ミカ

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「今日は声、我慢しなくてもいい?」
 禁断睡眠姦で結ばれた兄妹の初デート。街に出て二人はラブホへ!大人になっていく妹へ覚える後ろめたさ。だけど今は背徳感が快感に変わって……コンドームを使い切る四時間セックス!
「お兄ちゃん、唯で、イって♥」
 アクアドロップ兄妹純愛漫画を小説化。



感想:★★★★★



同人誌即売会では毎回大盛況!
三上ミカ先生のサークル・アクアドロップのノベライズ第二弾!!





毎年二回、コミケでしっかりセットを購入している三上ミカファンな私、大歓喜です!!
ストーリーは原作で言うと「おはようせっくす」と「おでかけせっくす」の2冊+書き下ろしでした。






「おはよう」は、初潮が来てしまった唯のためHを我慢するお兄ちゃんと、いつも襲ってくれるお兄ちゃんに避けられてしまい悶々とする唯のいつもと逆なせめぎ合いがね!!素晴らしいですよね!!!!
我慢できるかできないかを、お兄ちゃんが買ったゴムが届くまでという時間制限がよりハラハラさせてくれるんですよー!


自分から跨って腰を落としちゃう唯ちゃんとかね!!
漫画でも凄い込み上げてくるものがあるシーンでしたが、今回のノベル版では挿絵がしっかり入ったうえで文章もですよ??
ははぁ、これはえっちだ





で!!!!
そのあとに、表題作品「おでかけせっくす」へと進むわけです。
初潮が来てから、きっと余計に愛おしく思う気持ちが強くなり、でも周囲の目を考えるとこれ以上公にベタベタするのは……
そんな彼らの出した結論が原宿デート!




兄と妹という関係を知っているのは自分たちだけ。
今だけは男と女として過ごしたいと思いつつ、ふとした時に視線が気になってしまい怖々としてしまうお兄ちゃん。
そんなお兄ちゃんを、珍しく強い口調で叱る唯ちゃん。


好きです。
……よーく考えると「このまま帰る⇒ラブホに行かない⇒Hできない」が前提としてあることをふまえると、このすごく真面目な唯ちゃんが途端にね。えっちだね。


ラブホに入ってからはもう、いつもの三上ミカ、いつも以上の三上ミカ!
書き下ろしの漫画が出てくるわ、みかづき紅月先生の描く喘ぎ声がエッチだわ、もう凄かったですね……!
原作以上の魅力があってね!!もう、ね!!!!








好きです……
もう好き以外の語彙が消えました……
さようなら。好き以外……











以上!


どもー!
deskyzerです!



夜勤と夕勤で不規則な生活していたら、何故か4時起きが定着しつつあります。
まぁ、出勤が昼過ぎなので午前中に昼寝はするんですが。
夜中に舟を漕ぎながら書くよりも朝ブログ書いたほうが、トータルの時間も短くて済むので偶然の産物ですが色々捗ります。
……身体にはあまり良くないとは思うんですけどもね。



ということで、今日のラノベ!

吸血鬼メイドは甘やかしたい

吸血鬼メイドさんは甘やかしたい

著者:
ちょきんぎょ。

イラスト:
47AgDragon

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「不束者の吸血鬼ですが……」母からの手紙で訪れた山奥の屋敷にいたのは、銀髪紅瞳巨乳メイドのシルヴァさん。ご主人様として甘やかされて――吸引フェラに、五百年の処女を捧げられる初体験!授乳手コキ&騎乗位奉仕も。呪いで屋敷を出られない君へ――約束する、必ず僕が外の世界へ連れて行く。





感想:★★★★★





美少女ちょきんぎょ。文庫の本気にガチ恋したと言っても過言ではない










来ましたね!これは来ましたね!!
そろそろ美少女文庫さんへの忖度を控えて辛口にしてみようとかは特に思っていませんでしたしそもそも忖度していませんが、これは忖度疑われてもイイから絶賛したいです!




登場キャラは主人公・総士と銀髪吸血鬼メイド・シルヴァさんの2人のみ。
総士の母は手紙だけの登場です。
学び舎を卒業したばかりの総士は優しくしっかりした性格の子で、シルヴァさんは主に仕え忙しく仕事することに喜びを感じる真面目でお世話好きな女性。


シルヴァさんが総士を甘やかすのが基本的な関係……と見せかけて、実は総士がシルヴァさんの甘やかし欲を満たさせてあげている構図であるのが1つポイントだったと思います。
いわば「甘やかさせている」状態。
美少女文庫でたとえるなら『思った以上に透視能力』の巴ちゃんとか、この「甘やかさせている」状態に近いかもしれません。
しかし、あちらと違いこちらはとても優しい世界なのです!(あちらが優しくないというのも違…………くはないか、うん。

「主のために我が身の全てを捧げたい」シルヴァさんと、「シルヴァさんが甘やかしたそうにしているから流れに身を任せよう」な総士の思惑が合致した結果、シルヴァさんにとっては天国のような素晴らしい毎日がそこに!!




このあたり一言に集約するなら、



嬉しそうな女性って、最高に可愛い






といったところでしょう!
もう本当に、総士のお世話をするために吸血鬼の力を全開で使っちゃうシルヴァさんとか、総士の話を聞かずに舞い上がって心臓マッサージしようとするシルヴァさんとか、主のダメ人間化を甘やかし放題と解釈して嬉しそうにしちゃうシルヴァさんとか!!








可愛い!!
とても、可愛い!!!!










そりゃ美少女文庫ですからHシーンに期待してますし例に漏れずとても素晴らしいシーンの数々でしたが(特に初パイ○リシーンとかね!)、今回はそのHシーンの素晴らしさの下地にある「総士を甘やかしたい」というシルヴァの気持ちが何よりも尊くてですね?
Hシーンに至るまでの日常シーンが何よりも素晴らしいと褒めちぎりたくなるんですよ。







手紙のみの登場となった母と、母の残した謎、そしてシルヴァのかけられた呪いに関しての裏ストーリーも、総士とシルヴァとの仲を深めるスパイスになる、シンプルですが良い転換点となるものでとても良かったです!
仮に母の存在が一切無かったとしたら(例えば総士が迷った森の中で洋館に迷い込んだとかだったら)、シルヴァの見方もだいぶ変わっていたと思います。
母とシルヴァが友人だったというワンクッションがあることで、シルヴァの甘やかしの母性属性がやや上がりおっぱいへのバブみptが10%ほどアップし、総士から見た時の背徳的な感じも20%ほどアップしたと思われます(個人の感覚です)






読書メモは「シルヴァさん可愛い」で埋まっていたので省略





まとめ




ちょきんぎょ。先生の甘やかし甘やかされな世界に、47AgDragon先生のピッチリメイド服&柔らかボディなイラストが付いた1冊の本。
125pのイラストとか個展開いてA1くらいで飾るべき至高の1枚です!





一般的に言うところの神作品ですね!


人生で初めて、真面目にメイドさんに甘やかされたい欲が湧いてきています。
それくらい面白かったです!
この本の刊行に関わった全ての人に感謝を。




以上!


どもー!
デスカイザーです!


今月の美少女文庫は今月のうちに!

……読み切ることは何とかできましたが、感想を今月中に投下できるのは1冊のみになりそうです……
珍しく感想待ちが大渋滞を起こしております。



ということで、今日のラノベ!



竜王の汚れ仕事

竜王の汚れ仕事!
女子サキュバスの弟子入り

著者:
葉原鉄

イラスト:
米白粕

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

「私を弟子にしてください!」最強の竜王ヴァスキこと修吉に、女子サキュバス・リリィが弟子入り志願。気づけば発情させられ初体験!修行のご褒美は騎乗位で!人化したモンスターが競う闘技場でJS女子サキュバスはがんばります♥
「豹獣人のヒメナちゃんに勝てたら、せんせぇの花嫁にしてくれますか?」 





感想:★★★★☆




将棋はしない










竜王=今は人の姿に収まっているものの毒竜ヴァスキとしての強力な力も兼ね備えている主人公・修吉のもとにやってきた、JS=女子サキュバスとしての力をコントロールできないリリィ。
力の制御を学ぶためリリィは竜王に弟子入りし、マウストゥマウスで呼吸法を学んだり、ご褒美に先生の毒をお腹にもらったり、闘技場のバトルロイヤルで力を試してみたりするお話。



パロタイトルからよくここまで話を広げるなぁ、と美少女文庫さんには毎回驚かされます。
「汚れ仕事」とありますが、主人公の金策が毒の中和を生かした掃除屋であることと、ロリを性的に伸ばす背徳的な感じのダブルミーニングですね。
ランド博士の開発したJS=似童象形者(Junior Shaper)専用の能力抑制機構・蘭式殻嚢(ランド・シェル)とかもう天才かと。

で、ひとしきりパロネタで遊びきったあとはリリィと、師としてのヴァスキの意識の変化を普通に師弟ものとして描けちゃうわけですよ?
エッチはエッチで、サキュバスだから体格差をものともせず順応して最初から楽しんじゃうでしょ?



は~~~~~  好き





喘ぎ声が濁点混じりだけど苦しそうではない、というのが拘りポイントだったと思います。
ただ、ここまでくると逆に、もう少し切羽詰まった感じもほしかったかなという欲もあったり……
体格差を活かしきるにはあと一歩、いやあと半歩……!
今でも十分最高にシコいです。
だがしかし。
『永遠姫の嫁入り』の葉原先生だからこそ、めちゃくちゃ高いところに要求ラインを置いてみたいのです!
必ず超えてくれると信じているからこそ……!






読書メモ




60p:2000年
⇒童貞としての歴史が違いますよね。歴史が。
2000年越しの精通とかもう逆に神秘的。



196p:パパ
⇒偶発的な事故から僅かに、けれど確かに変化してしまったヒメナの家族関係。
ただの小生意気なガキから、竜王に救われて欲しい子へと印象が一気に変わったシーンでした。
こんなの好きになるなというほうが無理じゃ……



271p:アウト or セーフ
⇒サキュバスの力をコントロールするという当初の目的が完璧に果たされる瞬間であり、「師匠と弟子」という二人の関係が変わる瞬間。
短期間でよくここまで成長したなぁ……と感慨深い気持ちになりました。







まとめ





「せんせぇに王手かけられちゃう~~~」

ってセリフ、絶対あると思っていたんですけど無かったですね(真顔)










以上!



↑このページのトップヘ