カテゴリ:その他のレーベル > メディアワークス文庫

どもー。
デスカイザーです。

FGOネタでハサンについて調べた記事のアクセス数が急に伸びててびっくりしてます…(笑)
6章で色んなハサン出てきたから?

みんな、ハサンと一緒に戦おうぜ!



んじゃ、今日のラノベ!

踊り場姫コンチェルト

踊り場姫コンチェルト

著者:
岬鷺宮

イラスト:
mocha

レーベル:
メディアワークス文庫


【あらすじ】

その日、踊り場でひとり佇む君と出逢った――
彼女と僕が奏でる、青春吹奏楽ストーリー。
全国大会を目指すべく、県立伊佐美高校吹奏楽部に入部した梶浦康規。
真面目で正確な演奏しか取りえがない康規が命じられたのは、天才的な音楽の才能を持ちながら、破滅的な指揮を振りつづける問題児「踊り場姫」藤野楡を、まともな指揮者に生まれ変わらせることだった。
周囲に関心がなく自分の思う指揮を振る楡には取りつく島もなく、演奏は空回りを続けるばかり。
どうすれば、彼女と周囲の歯車とを噛み合わせることができるのか。コンチェルトを奏でることができるのか……。
青春の踊り場にいる彼女と僕の、吹奏楽ストーリー。




感想:★★★★★

元吹奏楽部員の岬鷺宮先生の描く物語。

表紙の美しさに目を奪われ、さらにそれに負けないくらい美しい内容に心奪われました。



表紙に小さく書いてある「The revolving star & A watch maker」(廻る星と時計師)という一文が、楡(にれ)先輩と康規の関係を綺麗に表していることに本編を読んだ後に気づいて感動しました。

音楽にしか自分を見いだせない楡先輩は一切の妥協をすることなく”自分”を曲や指揮に乗せて表現し周りがコントロールできないような様が、まさしく暗闇の中で誰にも邪魔されることなく輝く星であり。

楡先輩をコントロールするのではなく、そんな彼女と周囲とをつなぐ歯車となり、また全体を俯瞰して組み立てていく康規はまさしく時計師。
「動く歯車を一番最初に見る存在」という意味でも、音楽に対しての楡先輩の想いを最初に知ることになる康規にぴったりかもしれません。



また、表紙と口絵の意味も、読後に考えるとすごく…良いです。

表紙が「夕焼け+康規と楡先輩」という構図なのに対して、口絵は「夜空+楡先輩ひとり」という構図。

きっと口絵のほうは康規は「踊り場姫」こと楡先輩と偶然初めて見た際の光景であり、楡先輩が目を閉じていることが「周囲を見ずに自分を全力で表現する」という最初のスタンスを表現しているんだと思います。

それに対して表紙のほうは、本文中にそのままのシーンがあるわけでは無いですが240p前後で楡先輩と康規が本当の意味で歩み寄った後の練習風景なんじゃないかと思います。
そして、楡先輩が目を開け、康規の様子を伺いながら踊っているというところが楡先輩の成長の表れなんです!


自らを表現するだけでなく、相手に(康規に)伝えたい。


もしかしたら音楽をする人からしたら当然の感覚かもしれないけど、楡先輩が今までどうしても気付けなかった感覚で。
楡先輩の最初の指揮の良さを殺すことなく、かといって自分本位に終始するのでもなく。
確かに生まれた楡先輩と康規との繋がりの形が、この表紙なんだと私は思います。






今作の見所のひとつとしてやっぱり楡先輩の成長あるいは発展が挙げられると思うんですが、それに関してどうしても「素晴らしい!」と言いたいことがあります。

それは、楡先輩の感情表現の成長に対して康規が強く言及していないこと。


最初は無表情キャラだった楡先輩ですが、ラストシーンでは確かな笑みを浮かべて会話するまでになります。
そこに至るまでにはいくつかきっかけや転機があったんですが、(おそらく)一番最初の変化以外、康規が楡先輩が確かな感情表現をしたことに驚くような描写(「あれ?今……笑った?」みたいなやつです)が無いんです。

そのおかげでストーリーがぶつ切りにならずひとつの連続したものとして自然に認識できたというのと、楡先輩の変化を当然のものとして受け入れている康規の人としての優しさというかなんというか…暖かさ?が感じられたのがすごい良かったです!




自分の生きる意味に迷いかけたらこの本を読み返したいですね。


あ、最後に。
本文12pで康規が夜空を見上げた際に頭に浮かんでいた「The seventh of July」、通称「たなばた」という曲の動画がYoutubeにあったので貼っておきます。
これを聞きながら読むと、作品の世界観がより広がっていくような気がします。





以上!

踊り場姫コンチェルト (メディアワークス文庫)
岬鷺宮
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-07-23)
売り上げランキング: 73,442

どもー。
デスカイザーです。


合宿から帰宅した後、結局絶妙に厳しいラインの宿題が出てしまい…。
今日ようやく一段落しました…。
ってことで、まだ『織田信奈の野望 全国版』に手を出せていない状況です。


マジでおあずけくらいすぎて死んじゃう。



ってことでパパッと丁寧に感想書いていきましょー!

今日のラノベ!


君の色に耳をすまして (メディアワークス文庫)
小川晴央
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-08-25


メディアワークス文庫より
『君の色に耳をすまして』です。


【あらすじ】

芸大に通う杉野誠一は“声の色”で見たくもない人の感情や嘘が見えてしまうことに悩まされていた。そんな彼がキャンパスで出会ったのは声を失った透明な女の子。『川澄真冬』と書かれたメモ帳で自己紹介をした彼女は、誠一の映像制作を手伝いたいと申し出た。不審がる誠一に、彼女は手伝う条件として、テープに録音された姉の歌を映像に入れて欲しいという。彼女に惹かれ、生まれて初めて心の色を知りたいと願う誠一。だけど、彼女の透明な色には秘密があって―。


感想:★★★★★

ほらやっぱり予想の斜め上!!

前作『僕が七不思議になったわけ』は読んだ年のなかでもトップ3には入る面白さだったんだけど、今作もそのクオリティは健在。
前作の感想はこちらからどうぞ!


顔と声を直に聞く・見ることで相手の素の感情を色で感じ取ってしまい、それにより人間関係に苦しんでいた誠一。
彼が出会ったのは過去のショックから失声症になってしまった川澄真冬。

声を聞かないでコミュニケーションするため誠一が嫌う「声の色」を感じないで済む相手、ということもあり誠一は段々真冬に惹かれていきます。
彼自身も自覚しきれていないんだろうなぁ、という初々しさを遺憾無く発揮しながら真冬との撮影にのぞむ誠一。


ちなみに彼の手に取っていた「パッケージ」は時間をとめて女の子にいたずらする系のもの!
(作品全体としてはどうでもいい情報なのになぜかはっきり覚えてる…)


真冬と過ごす時間が増えていくと同時に、天真爛漫な彼女が不意に影を見せることが増え…。




ただの大学生の恋愛にはとどまりません。
勘のいい人は「失声症」「展開の意外性」ってだけでひとつの展開を予想できると思います。
自分もその展開を予想していました。
そして、半分…いや三分の一くらいは正解でした。
残りの三分の二は「おお~~!!」と言いたくなる巧妙な伏線。


そういう意味では前回の100%意外性というものには引けを取るかもしれません。
が!
ファンタジー要素の無い現実に即した内容、その上での三分の二というのはやはりすごい。



怒涛の真相ラッシュのあとに残るのは、心が洗われた綺麗なあなた。





次回作にも期待です。
以上!

どもー。
デスカイザーです。


『オーバーロード』揃えましたぜ…!
9巻買いそびれたけども…!
えーっと……1巻読んでから3年か4年経つのかな?
それだけ経つのに、未だにところどころのシーンを鮮明に覚えてるんだから、当時としては相当面白いと思っていたんだろうね。
逆に言うと、「ところどころ」しか覚えてないとも言う、ので1巻からしっかり読み直しますよ!

夏アニメのラノベ枠が俺を殺しにかかってきている……!
主に物量的な意味で。



それじゃ、今日のラノベ!

放送中です! にしおぎ街角ラジオ (メディアワークス文庫)
岬鷺宮
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-05-23



メディアワークス文庫より
『放送中です!にしおぎ街角ラジオ』です。


【あらすじ】

西荻窪。東京23区内にあるのに、どこかゆるりとした時間の流れるレトロな街。そんな街の片隅に、いまどきちょっと懐かしいラジオ局があった。放送範囲は西荻窪駅から半径数百メートル。担当するのは、夢破れてしまった大学生三人組。それぞれに夢を抱えつつも足踏みしている三人が、何かの拍子に放送を耳にしたリスナーのご相談を解決したりしなかったり、たまには夢を叶えたり。今日もにぎやかに放送中の街角ラジオ、あなたも聴いてみてください。


感想:★★★★★

ナレーター志望の宇佐美香奈。
プロデューサー志望の松任谷佑。
作曲家志望の奈須野純。

夢やぶれた3人の大学生が、西荻窪の地で「ミニFM」の放送を通じて再び夢へと歩みだす物語です。


ミニFMの存在はなんとなくは知っていたけど実際はこういうものなんだなぁ、と。
意識して考えてみると、自分にはできないような趣味かな。
ローカルなところにしか届かないからこその恥ずかしさが…!

「誰かの笑顔を作りたい」というのが原動力な3人には、「誰かに聞いてもらっている」という嬉しさが次第に照れや緊張を跳ね除けていくんだけど、やっぱりこういうのは読んでて眩しいね。
若い者はこうでなくっちゃ!(※3人とほぼ同年代)



ストーリーは4章構成。

〈Part1〉はラジオを始めないかと誘われ、実際にやってみたところ、
……失敗に次ぐ失敗。
それでもリスナーの声を聞いたことで「もっとやってみよう!」となるのは、彼女ら3人がいい加減な気持ちで夢を追いかけていないのを感じました。

〈Part2〉はラジオに届いたメールが巻き起こす波乱。
ラノベ的な面白さはこの章に一番強く感じました。
気持ちのぶつかり合いの熱さもそうだけど、オチが見事すぎる…!

〈Part3〉はラジオ初の取材回。
ラジオ的な面白さはこの章が一番だったかな。
オムライスが食べたくなること間違いなし!
……食べたい

〈Part4〉は非情な決断の章。
今までそれぞれの「夢」への気持ちとか憧れが溢れてたわけだけども、宇佐美へのあるお誘いをきっかけに今まで以上に強く溢れ出てくる気持ちたち。
青春じゃ…。


そろそろ就活が始まる時期なので、こういう夢を追いかけそれを実現させようと必死になる姿は良い刺激になりました。
……俺、何になりたいんだろう…。


岬鷺宮先生の人心の描き方は本当に大好き。
良いところも悪いところも素直に伝わってきて、
彼らがなぜそう思うのかに疑問を抱くことが無いから、ひとりひとりに感情移入できる。
そして、どこかほっこりさせる包容力がある。



からの、、、


オムライス食べたい。



次回作も楽しみです!


以上!

どもー。
デスカイザーです。


新年初読書は何にしようか考え中です。
候補は
・織田信奈の野望
・彼女はつっこまれるのが好き
・新妹魔王の契約者
のいずれも第1巻。
……。
…………。
初笑いも兼ねて『彼女はつっこまれるのが好き』にしようかな!



んじゃ、今日のラノベ(3冊目)!

失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~ (メディアワークス文庫)
(2014/12/25)
岬鷺宮

商品詳細を見る


メディアワークス文庫より
『失恋探偵の調査ノート ~放課後の探偵と迷える見習い助手~』です。


【あらすじ】

この道立宇田路中央高校にまことしやかに伝えられる、「不思議な噂」がある。
失恋探偵。それは、正しく終われなかった恋を終わらせてくれる探偵なのだという。
幼馴染への失恋をきっかけに「恋する気持ち」をなくしてしまった少女・零は、失恋探偵を名乗る優しい少年と出会う。
彼の見習い助手となった零は、いくつかの恋の終わりに立ち会い、そして……。
「……どんな気持ちも、いつかは消えてしまうの?」
「恋は、終わり際が肝心なんですよ」
青春のいたみを優しく、しかしあざやかに描き出す、青春"失恋"物語。


感想:★★★★★

久しぶりのメディアワークス文庫だったけど、やっぱり文字の大きさにびっくりした。


今度の失恋探偵は、依頼主視点からスタート。
主人公の零(れい)は、幼なじみの秋人に告白し振られてしまうが、その瞬間からそれまで抱いていた恋心が嘘だったかのようにいつもどおり振る舞えてしまう。
そんな不安を抱えた零は、掲示板にあった失恋探偵という文字を目にする。

(なんやかんや)

失恋経験をもっと目にできれば自分も成長できるのでは、という思いから失恋探偵の助手に志願する零。
現失恋探偵の那由他は一度は断るものの、顧問の千代田先生に説得され、見習いというかたちで採用することに。
……。
百瀬っ!?
喋り方が先生っぽすぎて、一瞬別人かと思ったよ…。ほんとに。
このあと頭くしゃっとするいつもの癖が出てきてようやく確信したけども。


んで、このあとは探偵那由他とその助手零というかたちで何件かの探偵業務をこなし、少しずつ信頼関係が生まれていく感じでした。
初々しいふたりながらも、百瀬を彷彿させる鮮やかな推理。
面白かったです。

無理のない範囲でぜひ続いてほしいシリーズ。



以上!

どもー。
デスカイザーです。


注文してた月火ちゃんのスリーブが届いたので、このあと遊戯王いじる予定。
白金ディスコ無限ループが止まらない!



それでは、今日のラノベ!

博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)博多豚骨ラーメンズ (メディアワークス文庫)
(2014/02/25)
木崎ちあき

商品詳細を見る


ご当地ものに入るのかな?
『博多豚骨ラーメンズ』です。


【あらすじ】

 福岡は一見平和な町だが、裏では犯罪が蔓延っている。今や殺し屋業の激戦区で、殺し屋専門の殺し屋がいるという都市伝説まであった。福岡市長のお抱え殺し屋、崖っぷちの新人社員、博多を愛する私立探偵、天才ハッカーの情報屋、美しすぎる復讐屋、闇組織に囚われた殺し屋。そんなアクの強い彼らが巻き込まれ、縺れ合い紡がれていく市長選。その背後に潜む政治的な対立と黒い陰謀が蠢く事件の真相とは―。そして悪行が過ぎた時、『殺し屋殺し』は現れる―。第20回電撃小説大賞大賞受賞作。



感想:★★★★★

電撃小説大賞〈大賞〉受賞作です。

こんなにも「この物語はフィクションです。実際の地名・人名・建物などには一切関係ございません」が必要なラノベを初めて読んだ!

……って書こうと思ったけど『デスニードラウンド』があったわw


人口の3%が殺し屋といわれる九州・博多(フィクションです)。
とある「殺し屋派遣会社」に勤める斉藤がそんな博多に転勤になるところから物語はスタート。

はっきりとした主人公がいない群像劇的な作品で、博多で生きる殺し屋の運命が絡まることで予測不可能な展開が次々に起こります。

この「主人公がいない」というのが、高評価のポイントです。
例えば主人公が斉藤さんで全て斉藤さんの主観で物事を進めていくと、斉藤さんがピンチになってもなんだかんだで死なないことがなんとなく分かるじゃないですか。
(主人公のなかまが死ぬことはよくあるけど)
しかも、殺し屋っていう生死が深く関わる作品だからそれが割と致命的。

しかーし!
それがこの作品のように主観がどんどん切り替わっていくことで、実際に描かれるまで誰が誰に殺されるのか分からない。
ようは、安全圏にいる登場人物が1人もいない状態だからスリリングな展開が楽しめるのです。
ついでに、登場人物が多くてもそれぞれに主観があるとどういう関係性なのかがわかりやすくなる効果もあると思います。

ほんと素晴らしい表現技法だと思いました。

人の数だけ物語があるとはよく言ったものだ…。



これで新人なんだから、この先がほんとに楽しみです。




以上!

↑このページのトップヘ