今日のラノベ!

魔術破りのリベンジ・マギア 7


魔術破りのリベンジ・マギア
7.再臨の魔人と魔術破りの逆襲術士

著者:
子子子子子子子

イラスト:
伊吹のつ

レーベル:
HJ文庫


【あらすじ】

 九曜に告げられた「己が何者であるかを知れ」という命題に向き合うべく、晴栄は自身の母親・葉子の足跡を辿っていく。
 幸い、大和へ帰国していたことで調査の足掛かりを掴むが、同行していたティチュを発端に、陰陽寮を揺るがす大事件が発声。その事件の中で、兄・晴雄から語られる真相とは――!?
「この土御門家は、俺が完膚なきまでに終わらせてみせます」
 かつての復讐者と、今もなお憎悪の炎に身を焦がす復讐者。
 二人の邂逅と激突の先に、新たな物語が紡がれる。
 



感想:★★★★★





至極の魔術モノ、堂々完結!










前巻に引き続き舞台は大和、そして完結巻ということでこれまでの伏線を回収したり、展開を汲んだ熱い展開だったりのオンパレード!



そう、例えば1巻のスターホーク事件の儀式による流れで、吸血鬼となり得る要素をティチュが満たしている件とか!(正直忘れかけていた)



直近なら晴栄と九曜の関係だったり、フー・マンチューだったり……


数ページ読んでは既刊を読み返したくなり、耐えては読み進め、読んでは読み返し……





終わっちゃうのかー……(寂しい)






いやいや、しかし。
ラスボスがあの人というのは、実にこの作品らしい終わり方なのかもしれません。

やっぱり主人公が安倍晴明に由来する陰陽師の家系といえば、敵はあの人しかないですよね!

……味方にも家系おるけど。



一方、真の黒幕【邪悪の樹】の第一位は……予想外!
正確には、そういう形で本編に関わっていたのかー、というところで予想外!でした。
果たしてその点について、サブローは気づいているのかいないのか。









見せ場がモリモリだったのでずっとワクワクでしたが、
あえて1つの名シーンを挙げるとするならば……



晴栄がまるで“かつての自分”のような晴雄と対峙するシーンですよねー!



決別ではなく思いやりが生んだ兄弟喧嘩であることはもちろん熱いですし、晴栄がこれまでの学園生活で培ってきた西洋魔術と陰陽術との融合、その総結集な展開であるというのがまた熱い!




あと伝説的シーンを選ぶなら、葉子さんに見せた晴栄スマイル(イラスト込)ですよねー!!
晴栄がこんな可愛くて無垢な笑顔を見せるなんて、1巻開始当初からはとても想像できない……







一人称が可愛すぎる


さすが圧倒的メインヒロイン















感想書くのが久々すぎて全然うまく書けないんですが(ずっとそうでしょ?とか言わない)、胸中は感謝やら何やらでいっぱいです……
圧倒的文献量を誇り、フィクションとノンフィクションを融合させアレンジし、濃い詠唱とスピード感ある魔術バトルで……



魅了されっぱなしでした。

晴栄ちゃんほんと好きだった!




鴨女に芽生えた恋心(?)も、露花の尽きることない対抗心も、フランセスの気高い向上心も、ティチュの笑顔も、狐狼丸と晴栄の名コンビも……みんな好きでした!



個人的にも、コミケで子子子子先生にご挨拶しに行ったり、年賀状という名のファンレターを送ったりと能動的にファンしていました。
更新ツイートに解説入れてくださったりするのもありがたかったです!





終わっちゃったのかー……(寂しい)





またいつか晴栄に会えたらな、って思います。
夢でも走馬灯でもいいから……





ありがとう!
『魔術破りのリベンジ・マギア』!!!







以上!




スポンサードリンク