今日のラノベ!

321811001098


賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求

〜愛弟子サヨナのわくわく冒険ランド〜

著者:

有象利路

イラスト:

かれい

レーベル:

電撃文庫


【あらすじ】

 「ところでコレ、ホントに出版するの?」
 編集長の鋭い眼光とその言葉に、担当編集の命は風前の灯火であった。
 本作は『賢者にして勇者である最強の称号《賢勇者》を持つ男が、弟子(おっとり巨乳美少女)とともに社会の裏に隠れた悪を断罪する』という“ザ・今時のライトノベル作品”としてスタートした。
 だが作家からあがってきた原稿は、全裸のイケメン(賢勇者)をはじめ、筆舌に尽くしがたい変態仲間たちが織りなすナンセンスギャグギガ盛りの――いわば「なぜか堂々としている社会悪」的な何かであったのだ(ついでにヒロインの胸も削られていた)。
「だ、出版(だ)します! 面白いですから!」
 超言い訳っぽい担当の言葉は真実か!?
 ――その答えは、君の目で確かめろ!




感想:★★★★★







いやぁ、酷かったです……(褒めてる)






何故これが天下の電撃文庫から発刊されたのか、読み終わった今とにかく不思議でしょうがない(褒めてる)





まず、読了後……というか表紙捲って扉絵見た瞬間からずっと頭の中をグルグルするワードを紹介しますね。






「ヤバい」
「酷い」
「よく商業に乗ったな」





いやだってさぁ!!!






これだもんなぁ……!!!




仮にそこを切り抜けたとしてですよ??



その先に待ち受けているのは本文始まって6p、掴みの挿絵で繰り広げられる…………蛮行!

まさに悪逆非道!!






何なんですか??!!
巻通して、何でこの作品の肌色比率の9割を男が占めているんですか???







罵倒(褒めてる)してると不安になってくるので何度でも繰り返しますが、クッッソ面白かったです!!




「クッッソ面白かった」の「クッッソ」にアクセント記号8つくらい付いてますけど。






本当にコレを成立させているバランス感覚、凄いです。


アウトかセーフかで言えば余裕でアウトなパロディと、汚い絵面を面白おかしく描き切る文章画力、最終的に1本の筋のある作品として纏めあげる展開とそれを踏まえた空気感の作り方。


そして、これらの真面目な考察をハチ公前でしてる自分に、つい「俺、何やってるんだろう」って思ってしまうくらいヤバくて酷くて馬鹿みたいなネタの奔流。





想定の3倍くらい酷かったです!
最高に面白かった!!!





読書メモなど、ネタバレ込の感想は後日追加致します!



以上!




















〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜










以下ネタバレ有りです!











〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜











8割くらい「このネタ好き!!」に終始してる読書メモをご覧下さい。
途中でオタクらしく語ります。









◎読書メモ






表紙など
「THAT WAS THEORIGIN OF ALL TRAGEDY.」(それは全ての悲劇のはじまりだった)って文言が表紙はじめ色んなところにあるんですが、これの真意はいかに。



17p:幻想はとうにぶち殺されている
⇒げんころ。
このげんころのせいで、変態騎士ハマジャックの容姿に元騎士現傭兵アックアの姿が度々ダブるようになる深刻なエラーがあったとか無かったとか。あったよ。




62p:キノコの里
⇒宗 教 戦 争 の 集 結
 侵 略 の キ ノ コ
 捕 虜 に な っ た タ ケ ノ コ



70p:前作もそれやらかして怒られた
⇒自らネタにしていくスタイル……



116p:


Screenshot_20190612-003643_Y! MAP


ファンレターの送付先、こと今作のマスコットキャラの〒102-8584 東京都千代田区富士見1-8-19 電撃文庫編集部「ここに色々入る係」ちゃんの今後の活躍に注目です!



133p:一行で二箇所に喧嘩
⇒怒られてしまえ(大笑い)



151p:
⇒快楽天2017年8月号、扉絵と挿絵で合計2回登場してますし、〒102-8584 東京都千代田区富士見1-8-19 電撃文庫編集部「長いですね係」ちゃんに次ぐマスコットキャラになれるスペックありますよね。
人気投票とかやったら19位くらいに入りそう。




207p:ミラーフォース
⇒やった!遊戯王ネタだ!!
地味に「聖なるバリア―ミラーフォース―」の後の「おお怖い怖い」も闇マリクネタなのが抜け目ない。



212p:鳩の豆鉄砲みたいな乳首
⇒すっごいしょうもないところで申し訳なさすら感じるんですけど、今作1番笑ったのコレですねw
「どうしましたサヨナくん」からの落差と字面がヤバいですw



228p:ゴールドフィンガーの鷹
⇒ここの畳み掛けの物量が想定の3倍くらいあるの、普通に卑怯だと思いますw

で、ここのシーンでサヨナが疎外感を覚えているのがこの後のひとつの伏線とも言えるような気がします。
それまでの「サヨナを含めた掛け合い」から「サヨナを含めない掛け合い」になった瞬間、自分の抱えているものに嘘がつけずに零れてしまった感情なのかなぁ、って。




251p:今より始まるのは……
⇒ただギャグ一辺倒だったら、もしかしたらここまで絶賛していなかったかもしれません。
この1ページが、ここから先があったから「シコルスキ良いぞ!!!」って薦めたくなるんですよね!!!
 

この時点での残りページ数も絶妙で、訓練されたラノベ読みが「あれ、このままだとgdgdで終わらない……?」って左手の残りページ数でギリギリまだ邪推しないくらいの場所だと思うんですよ。
こういうところで、あとがきの「計算と試行」の一端を感じちゃいますね。実際どうなのかは分かりませんが。


確実に言えるのは35pの「身を隠すには丁度良い」が伏線だということですね。ひぎぃ。




284p:どこの藤崎だ
⇒ときメモの藤崎だった




284p:最近のラノベの表紙
⇒(記念写真したいだけの人達かもしれないラノベの表紙を貼ろうとしましたが、さすがにアレなので自重致します。ご了承くださいませ)



291p:禁呪詠唱
⇒絶対手を出したらアカンところに手を出しましたよねこれ!
……からの別レーベルへの進撃で耐えられませんでしたw



294p:だから彼を連れてきました
⇒鳥肌……鳥肌……ッ!!!
そういうとこだぞ……ッ!!






扉絵
⇒「幸せ? ハッ、そんなの全部嘘さ!」って文章だけ、他に比べて少し浮いてるなと思ってたんですよ……
サヨナに少し被せるようにさ……



伏線じゃねぇか…………!


サヨナが過ごしてきた最終章までの話が、幸せであり、真実では無いという。

「群れでやってくる」「最後のページを」に関しても、これ踏まえると伏線に見えてきますね……
本編で変態が群れでやってきたのは処刑間際に駆けつけるあのシーンだけで、清い身体のまま=生きたままに飛躍解釈させると……





◎まとめ





目次の下のマークがスク水で、「OSAGARI」って書いているのを見つけて吹きましたなう







計算された汚点って、芸術なんですよ。




だからこの作品も芸術作品です。
間違いない。




ギャグを浴びても良し、考察深めても良し。
そうそう、こういう楽しみできるのがライトノベルですよ。
そういう意味では、この作品が天下の電撃文庫から刊行されたこと、納得かもしれません。





2巻出しても……良いんですよ…………?





以上!

スポンサードリンク