今日のラノベ!

トモハメ3



トモハメ
修羅と呼ばれた喧嘩無敗のお嬢様を友情で躾ける方法

著者:
懺悔

イラスト:
ポチョムキン

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 雌雄を決するタイマンの瞬間 一撃絶頂 戦友ックス!

 義勇の為に拳を振るっていた俺は、ある日絶体絶命のピンチに陥ってしまう。
 そこに現れたのは俺と同じく正義感を持つ白雪百合だった。
 可憐な見た目からは想像も出来ない強さで不良を蹴散らし、俺と共に窮地を脱する。それから俺達はコンビを組み、街からゴロツキを駆逐していった。それは荒っぽくも痛快な日々だった。
 しかし青春はいつか終わってしまう。
 お嬢様である百合には許嫁がいた。百合はその許嫁を無自覚には好ましく思いつつも、まだ俺との青春を謳歌していたいと言うように、彼を突き放す態度を取る。
 いつまでも子供のままではいられない。そんな戦友の背中を押す為に俺が取った手段とは――。

 どの巻から読んでも大丈夫!『トモハメ』シリーズ書き下ろしの第3弾!!




感想:★★★★★



予習記事はこちら












共に背中を預け合い義勇の拳を振るってきた百合と京介。
そんな2人のただただ楽しい青春も、街の平穏が近づくと共に終わりを意識するように……
特にお嬢様でもある百合は、親に心配を掛けていることも気にしていて……


許嫁・遊馬(あすま)への態度を決めかねている百合へ、遊馬の友でもある京介が送るのは二人への最高のエール!



それ即ち戦友ックス!!

言わばグレープフルーツ味の殴り合い!





今回も良かったです!!
いや、「も」ではぬるいですね。
3人の関係性は過去最高に良かったです!!!






自分が相手にとってかけがえのない、永遠の、そして最高の相棒で親友であるからこそ、共に歩めない道がある。
お互いに正しくそれを理解しているから、作中でも何度も繰り返されていたように「背中を合わせて戦ってきた二人が、雌雄を決するため向かい合う」という大筋が生まれて、読者である私も戦友ックスをタイマンとして捉える彼らと同じ認識でいられたのかな、と。






エッチだよ?(そこはしっかり保証)





だけどそれとはまた別に担保された安心感として、「楽しむ」でも「満たす」でもなく「戦って白黒つける」ことを主目的とし、その目的の先にお互いの未来を慮っているのだということが何より好きなポイントです!


でも今回は今までで一番怪しかったですね……
トモハメという行為の共通認識がお互いに成されているのは当然ですが、こう、それ以上の部分でも元々触れ合っているというか。
命預けあっちゃってますからね、ハメる前から。
ある意味、魂レベルで一心同体のようだったコンビが二心異体となるための儀式だったとも捉えられるかもしれません。今回のトモハメ。








特に印象的だったシーンのコーナー!!



百合と遊馬がデート中不良に絡まれるシーンのある174p~。
遊馬がかっこいいの!!!

そう、今回のトモハメ、今まで以上に「三人目」の存在感がとても大きいです。



なまじ百合と京介が魂で理解し合う関係だからこそ、百合に釣り合う男として描かれる彼の役割は半端なものでは通じなかったでしょう。
もちろん京介と同じベクトルでは、京介に恋心を抱かないことへの違和感が生まれてしまうのであまり良くないわけです。


そんな微妙な役割をストーリー的に求められてしまう遊馬という人間の、「弱いけど強い」という在り方が私は大好きです!!
ともすれば呆気なく散ってしまいがちな儚い強さですが、義勇の拳で青春を彩ってきた二人との相性は抜群!
マーベラス!!
末永くお幸せに!!!







好きなイラストのコーナー!!










口絵!!











デスカイザー的「このシーンのイラスト欲しいけど、まぁ普通のラノベだったらここは入れないだろうな……」イラスト部門、ダントツの1位だった京介と百合の出会いのシーン!!

まだ本文読む前なのに「ありがとうございます……ッ!」ってなりましたよね。
さすが、読者のツボ分かってますね……!
本来えっちな小説的に入れたほうが良いシーンがあるであろうカラーを2枚も使ってくださったこと、本当に感謝致します……!










まとめ





表紙が発表された瞬間に「勝ったッ!」ってなったりしてましたが(百合のビジュアルが好きという話⇒予習記事参照)、実際ここまで勝てるとは思っていませんでした。




えっちだから好き、というのももちろんですが魂レベルで友情を語る百合と京介の熱さに痺れ、そんな二人に憧れ、別ベクトルから追いつこうとする遊馬も眩しくて……








『トモハメ』を好きで良かった!

ありがとう!!












心の底から感謝が湧き上がってくるような作品でした!






以上!





スポンサードリンク