今日のラノベ!

516pypftnJL



世界を救うまで俺は種族を変えても甦る 1

トライ・リ・トライ

著者:

原雷火

イラスト:

田中健一

レーベル:

レジェンドノベルス


【あらすじ】

 自分が何者かわからない主人公。しかも身体は半透明でスライム状だ。気が付けば薄暗い洞窟の中にいた。そこに現れた青い猫のような不思議な小動物・ナビは、彼にゼロという名を与えダンジョンの冒険を促す。冒険を始める前にステータスを割り振り、ゼロが最初に姿を変えたのは、怪力とタフネスさを有す種族「オーク」だった。ゼロは不思議な力で、志半ばで息絶えても何度でも蘇り、地下迷宮の奥深くにある「真理に通じる門」を目指すことになる――時には別種族に転生してでも……。




感想:★★★★★



これが本当の虚無感……









タイトルから分かる通りループもの、いわゆる死に戻り
記憶を引き継ぎ前回までの反省を生かしながら、「真理の門を見つける」という第一最終目標、「世界を救う」という第二最終目標の達成を目指し迷宮を攻略していく、という流れですね。



ナビと出会う場所(=死に戻りのスタート地点)が迷宮の10階層、「最果ての街」のある20階層がひとまずの最深部・拠点で、その間の各層は気候・地形・出現する魔物の種類まで千差万別
序盤はゼロがそれぞれの階層に苦戦しながらも攻略していく様子が描かれるんですが、この時点で既に面白かったです!


迷宮全体で見るとパーティー、あるいはオールラウンダー型での攻略が必須に見えるところを、"力"を頼りにソロで攻略していくオークの図。
そして、ボスモンスターの存在や隠し通路など、これから触れられていくかもしれないダンジョンギミックの顔見せ。


……1冊丸々読み切った後だと、このあたりの楽しみ方が純粋すぎて。
「もうあの頃には戻れない……」って悲しみに襲われますね……









「最果ての街」に着いてからは、本質は変わりませんが内容はガラッと変わっていきます。



そう、ドワーフで鍛冶屋のガーネットとの出会いです!
ラブです!コメです!




彼女と行動を共にし、知識をアップデートし、装備を整え、情を育んでいくお話へと転換していきます。
……死に戻り作品なのに。





……死に戻り作品なのに。
(大事なことなので2回言う)









死に戻る男の主人公が、
特定の女性と仲良くなり、
読者がタダで済むわけが無い





この確定的な予感を抱き、戦々恐々としながら読み進める物語の……なんと美しいことか…………!!





己を知らなかったゼロは他者を慈しむことを知り、


夢を諦め店を畳もうとしていたガーネットは夢を叶えてくれるかもしれない最高の相棒を得て、


楽しく陽気に……グスッ


お気に入りの店でビールを傾け……


ゼロに背負われ帰るガーネット……グスッ

…………

姿かたちは違えども、


通じ合う心は本物で……グズッ……








今ここで記すべきはゼロとガーネット、2人の同棲生活を読むのが本当に楽しかったこと、そして最高の結末を迎えたということですね


君に幸あれ、ガーネット






ラスト50pくらいの感想はネタバレパートにて。




2巻はきっとまた新しい迷宮の顔を見ることになるのでしょう。
新たな顔ぶれと共に。

楽しみです!





ひとまず以上!






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




ここから先ネタバレパート




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜















いきます














ほらだからあああああああぁぁぁぁぁぁ!!!!!










知ってましたよ!
私、死に戻りしてなくたって知ってましたよ!


というか家族ENDと冒険ENDどちらかだろうと思ってましたが、両方の芽を摘んできましたね……

倍痛い……こころ……倍痛い
BKB……ヒ-ェッ

心の中のバイク川崎バイクも元気が無い……






ガーネットとの仲は、出来事をなぞっていけば再びたどり着けるということも証明されましたが、やっぱり最初とそれ以降とでは違うんですよ……
ほんの少しの会話しか描かれてなくても、それが如実に現れていて……
きっとこの先も重要人物として出てくるんでしょうが、もう最初の頃のような生々しい愛のやり取りが見れないのかもしれないと思うと……泣けてきます……





ということで読了ツイートにあった「見えていた絶望」とは即ちガーネットとの死別。



そして「死角から奪われた希望」とは、死に戻りしていることを打ち明けたナビの反応。



ぇー……
何何どうしちゃったの猫さん……
気まぐれ……ってことは無いでしょうけど、ほら、貴女が自分ですがりついた最後の希望を自分で滅してどうするんですのぇー……

あっという間の出来事でしたが、割とそこに賭けていたところがあったので、どうしようって……
ナビだけは信じれると、そう思っていたんです……(猫に甘い)










これまでの"力"全振りオーク人生を一度捨て、エルフとして試行錯誤していくことを決めたところで完。



最果ての街へたどり着くまでの選択ルートや、戦闘スタイルが変わる……だけでは当然終わらないでしょう。


なんてったって、ドワーフとエルフが最悪なまでに相性悪いみたいですからね……!

エルフ選択の時点でガーネットルートがほぼ消滅です……
スキルなどの補正が果たしてどこまで効くのか……
効いて……
せめて日常会話くらいできるくらいには効いて……お願い……





ほぼ全てが覆されたのでdeskyzerさんは虚無虚無してますが、「特殊能力」によってこの美しく理不尽な世界をゼロが救ってくれると信じて2巻を待ちます。






以上!






ガ-ネットォォォォ…………

スポンサードリンク