今日のラノベ!



奴隷少女に激甘に接してたら、完全に別人になってしまった件


奴隷少女に激甘に接してたら、
完全に別人になってしまった件

著者:
中名加奈

イラスト:
まうめん

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 街の中央にそびえ立つ、巨大樹であり迷宮のユグドラシルで冒険者生活を送るリヒトは、わずかな稼ぎを握りしめて宿屋に帰る日々を送っていた。ある日、街の通りで奴隷商の檻を覗くと埃にまみれた少女と目が合い、衝動的に購入してしまう。彼女の傷を癒すために激甘に接している内に心が通じ合い、奴隷契約を破棄して一夜を共にする。しかしそれ以降、少女の様子が一変し、完全に主従関係が逆転してしまい――?




感想:★★★★★








主従関係から男女関係へと進んだ時から明確に変わってしまった元奴隷少女・アウラの性格。
リヒトがその原因を探ろうとするところから動き出し、徐々にネットリ薄暗い雰囲気が絡み漂いはじめる物語。







読んでいて特徴的だなと思ったのが、ひとつのシーンをいくつかの視点で重複して描いていることそのシーンの幅が広いことですね。

たまによくあるとは思うんです。
主人公視点でストーリーA~Bまで見て、その一部(例えば主人公が大怪我を負う場面とか)のヒロイン視点があって、キャラと物語の厚みを増していくみたいな。

ただしこの本はそれを長めに、回数も多めに取っていて。
且つそれがあることで、アウラの状況がいかに深刻であるかをまざまざと見せつけるという効果をしっかり発揮しています。





もうねー。
特に後半がねー。
具体的にはエレナとのHシーンの後からが本領発揮!!って感じで「あーその行動の真意が知りたいいいいいいと思ったらそういうことか怖ああああああ!!!???」みたいな感じでしてねー。


アウラ視点が本当に素晴らしいんですよ……!
ここまで狂気を感じさせない狂気のクオリティは初めて読みました!
分かりみが深いんですよね!!!!!(やめておけ






読み始め、この多重視点スタイルに慣れていなかったタイミングでは若干のくどさを感じたものの、しっかりとそのクセを味わえるようになると……途端にバケはじめますからね……
なんか焼酎みたいな本ですね。















作品を表すキーワードには、「依存」「解放」あたりをピックアップしたいです。



今回は奴隷という身分にあったアウラの奴隷特有の精神的ストレスが原因となっていますが、別にこれって奴隷に限る話ではないと思うんですよ。
仕事のストレスから酒やタバコ、ギャンブルに依存していく人は現代社会でもたくさん居ると思います。
というか、私がその一人だった(あるいは現在進行形な)ので。



依存という状態自体は精神面の防衛反応としては間違ってないと思うんです。
その依存がどこに向いているのか、他人に危害を加えないかなどの要因があるために問題として扱われるわけですので。
「健全な依存」の形を探っていくしかないんですよね……




劇的な改善方法があるわけではなく、当人以外が干渉するには非常に難度の高い問題。
そして当人は自分の状態に気づいていることのほうが稀であるわけでして、アウラも……いや、アウラは半分くらい自覚してやっていそうですが。
いずれにせよ、どんな着地点へと向かっていくのか先が読めないので楽しみです!












あとは……




エレナかわいい!






127pの挿絵はマジで素晴らしかった!!
肩出し!!!


アウラの問題が浮上してからは、エレナがメインヒロインしていると言っても過言ではないのかもしれません……!
そのくらい重要なポジションに居ますし、それくらいアウラが危ない精神状態にあるんです。

いやー……エレナいなかったら読了が3日くらいズレこんでいたかもな?ってくらい好きです!
損なポジションに居続けていますが、それもまた彼女の魅力(#お前に良心はないのか)










あとどうでも良いところですけど、主人公の名前がリヒトってところで1回躓きました……

いや、ね。
「リヒトラブ」って文具メーカーがありまして……。
 LIHIT LAB.


仕事の後に読むには仕事を思い出させすぎる名前だったという。









読書メモは無いのでスキップ。



Hシーンの実用度も満足のいく水準に達していますし、とっても良い1冊だったと思います!
狗的にオススメです。

問題は2巻が出るかどうかですね……
出るならまた発売日近くで更新できるように頑張りたいです!
出なかったら……ノクターンで読むことといたしましょう!




ではでは。






以上!






スポンサードリンク