どもー!
デスカイザーです!








平成最後の11月も最終日

つまり明日からは平成最後の12月

最後の師走

さらば戌年

戌といえばワフ






ということで、ということでも何でもないですがBKブックス12月刊の予習です!









◎『デッキひとつで異世界探訪 2』

著:棚架ユウ イラスト:りりんら
ISBN:9784821144990





ぶんか社HPはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

異世界・クレナクレムで新たな人生を送ることになったトール(柳木透)。神様から与えられた《MMM》というTCGを現実で操る能力と、カードデッキの守護聖霊・ワフだけを味方に始まった彼の冒険は、元騎士のゼド、村娘の美少女・エミルという仲間を得て、過酷さと隣り合わせながらも充実を見せ始めた。しかし思いもよらぬ敵の出現によって、トールの新たな人生に暗雲が立ちこめる。その男は、カードから悪魔を召喚するという……。



創刊ラインナップの『デッキひとつで異世界探訪』が、超速の2ヶ月連続刊行で登場!

カードから悪魔を召喚……
別属性の使い手の登場……?ということで、1巻の時に少し感じた「予定調和」「コストの呪縛」からどう逃れるのかが、個人的な注目ポイントです!

あと、そろそろエミルに精神的安らぎを与えてほしい(嘆願)










NEXT!






◎『辺境暮らしの大賢者〜魔王を倒したので弟子と共に隠居生活を過ごそうと思う〜』

著:戸津秋太 イラスト:鍋島テツヒロ
ISBN:9784821145003






ぶんか社作品ページはこちら
小説家になろう作品ページはこちら


【あらすじ】

三年前、人類の脅威であった魔王を倒したロイド・テルフォード。現存するたった三人の大賢者のうちの一人である彼もいまは、世界樹に守られたオルレアン大陸の片隅の村でひっそりと暮らしている。弟子のアイラをやきもきさせながらも、あたかも隠居生活のようなその暮らしぶりにどっぷり浸っているロイド。しかし魔王を失いながらも日に日に激しさを増す魔族の猛威は、辺境のこの地にまで及び、ロイドに安寧を与えてはくれなかった!


\生意気かわいいアイラちゃん!/


こちらは新作!
魔王を倒した後の隠居生活という大枠で見ると、創刊ラインナップの『おしかけ勇者嫁』を彷彿とさせます。
……が、あちらの夢と活力に満ちたキャラ達に比べ、今作のロイドは……やる気なし系?


戸津秋太先生は『戦慄の魔術師と五帝獣』(宝島社)などのシリーズを既に出されていますね!
イラストの鍋島テツヒロ先生は……言うまでもないでしょう!犬ハサ!(狗フラグを拾っていくスタイル)



少しだけ読んでみましたが、
師匠であり世界に3人しかいない大賢者であるロイドの魔法の腕を評価しながらも、普段の生活態度にイライラしちゃうアイラちゃんが可愛いです!

魔王を倒した後でもなくならない魔族の脅威……がこの辺境ダメダメ大賢者にどう関わってくるのか?楽しみです!!












以上2冊です!




どうでもい…………よくはないですけど、
BKブックスさんのHP、そろそろなんとかなりませんかね……!!?


ぶんか社トップページの「BKブックス創刊!」ってバナー、クリックすると予定地に飛ばされるんですよ。

予定地。

いわゆる「お探しのページはみつかりません」です。



つらいとか通り越した感情になります。
それともPC版ページは、スマホから見れないけどPCからはちゃんと見れるとかなんですかねぇ……?
むーん……






気を取り直して。

BKブックス2018年12月刊は12月5日(水)発売!
よろしくお願いします!!





以上!

スポンサードリンク