今日のラノベ!


おしかけ勇者嫁


おしかけ勇者嫁
勇者は放逐されたおっさんを追いかけ、
スローライフを応援する

著者:
日富美信吾

イラスト:
白井鋭利

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 魔王討伐の期待を一身に集める美少女勇者・アルアクルはショックを受けていた。自分の知らない間にパーティーメンバーのひとり・ファクルが追放されていたのだ。たとえそれが平均程度の力しかないCランク冒険者で、おっさんだったとしても……。
 思い立ったアルアクルは魔王退治をサクッと済ませ、ファクルを追いかけ走り出した!愛してやまないファクルの手料理を求めて!美少女元勇者とおっさん元冒険者のおいしい三つ星コメディー登場!!





感想:★★★★★





おっさんの可愛さに
キュンキュンしました(二十代・男性)











BKブックス創刊ラインナップより、ラノベの王女様と共に密かにかつ猛烈に応援している日富美信吾先生の作品!




まずは一言、面白かったです!!!


美少女で自分の気持ちに無自覚な元勇者が、料理が取り柄であとは平凡なおっさん冒険者とイチャイチャするお話。

大小の起伏も付いていて、掘り下げれば考えさせられる点はいくつもあります。
それでも、あえてこう言いたい。










イチャイチャしているだけなのに、何でこんなに面白いの……?
(面白さのあまり放心状態)












その鍵は……視点と見た!





甘くイチャイチャなお話と言えば、ヒロインの可愛さを男主人公目線で描くのが一般的だと思います。
しかしこの作品は逆です!



美少女元勇者のアルアクル視点で描かれるのです!

照れるおっさんの反応が!!!




恥ずかしくて顔を手で覆っちゃったり、部屋の隅で縮こまってお酒を煽ったりするファクルの姿。
彼の一人称だったら、きっと彼の心の葛藤が滲み出すぎてここまで「可愛く」は映っていなかったでしょう。
アルアクルの突拍子もない行動・発言への、ファクルの生き生きとした赤面と錯乱。
これがまぁ読み進めれば読み進めるほどクセになるんです……!


そして、肝心のアルアクルはと言えば、こちらもまた可愛いんです……!


ファクルとは逆に、行動からは読み取れない  感情の一人運動会が可愛いんです!!!




そう、
言ってしまえばこの作品って男性向け・女性向けラブコメそれぞれのキュンキュンくるポイントを押さえたよくばりセット!!!



それ故の優勝候補発言なのでした。

個人的な感覚としては、男性向けの『→ぱすてるぴんく。』、女性向けの『魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!』に続いて、中性的な『おしかけ勇者嫁』が登場して三つ巴の一騎打ち(゚∀゚)って状態です。
……『ぱすぴん』はきゅんきゅんとは違うか(脱落の予感)
となると男性向け代表は『魔王を倒した俺に待っていたのは、世話好きなヨメとのイチャイチャ錬金生活だった』かなぁ。





閑話休題。

読書メモ、と行きたかったのですが。
改めて確認したところ、このメモ「おっさんの可愛かったポイント」しかメモしていなかったんですよね……

せっかくなのでページ数だけ共有しておきますね


・34p
・45p
・59p
・93p(挿絵)
・121p
・158p



厳選してこのくらいにしておきます……






あとアレですね。
おっさんについては、終盤で披露される漢がまたギャップでドギュンドギュンくるので、そこも全力で推していきたいところであります!







まとめ





そんなわけでBKブックス創刊第1作目はとっても楽しい読書となりました!

「ぼくらのきらめきを呼び醒ます!」というレーベルコンセプトの意味を少し理解した気がします。


呼び醒ますんですよ。
見つけ出す/発見するのではなく。
私たちが知っていたはずの楽しい、面白いと思う感情を思い出させてくれるレーベル。
そういう思いが込められているのかなぁ、と。
もっともまだたったの1冊しか読んでいないわけですから、分かりきることができるはずもないんですけどね。




普段ライトノベルをあまり読まないという方にこそ読んでいただけたら嬉しいです!
起伏はあれどなだらかなので、疲れきっている時にも無理なく読めます!
固有名詞も少ないですし。
とあるキャラなんて、アルアクルに名前を覚えてもらえなかった結果「クナントカ」で定着するくらいですからね。





2巻が出るのかどうか……楽しみに待ちたいと思います!
……待つというか、Twitter上での広報活動頑張ります!






以上!



スポンサードリンク