今日のラノベ!

幼女さまとゼロ級守護者さま


幼女さまとゼロ級守護者さま

著者:
すかぢ

イラスト:
狗神煌

レーベル:
GA文庫


【あらすじ】

 ネテスハイム公、雨宮透華は「切り札」たる守護者を召喚して告げた。「雨宮羽玖。雨宮の娘を守って欲しい。忌まわしき天球儀ゲームから」
「十三血流れ」――その眷属たちは名だたる能力使いであり、世界史を裏から操ってきた。だが、その近郊を揺るがしかねない存在が羽玖であり、彼女は「不死」にさえなりうる希有な能力《節制》に覚醒する予兆を示していたのだ。
 十三血流がさらなる力を得るべく眷属を送り込む「天球儀の迷宮」。能力者たちが集う閉鎖空間において誰かが羽玖を亡き者にしようと狙い、誰かが羽玖を守護する切り札となる。
 各家の思惑が交錯する中、その趨勢を決する迷宮探索が幕を開けた――。




感想:★★★★★







質問箱で「このライトノベルがすごい!」投票前までに読んで欲しい作品!というテーマで募集した際にオススメいただいた作品です!
ありがとうございます!!



姫を守りながら迷宮を攻略する従者一行のお話







序盤はネテスハイム公をはじめとした十三血流による会議の様子と、ネテスハイム公が切り札へ役割を与えるシーン。
とっっっっても迂遠で重厚で雰囲気に満ち溢れています。

いやー、やっぱりこういう厨二感マシマシな世界観の設定は苦手です。
もう何を言っているのか全く頭に入ってこなくて、同じ文章行ったり来たり。
冒頭二行目、
「巨大時計の動作機構ムーブメントが大きな音を立てて廻る」
だけでもう苦手スイッチオン……


これが続いたら読了までに5回寝るな、と思いつつ1度の寝落ちで1章をなんとか読み切りました……
寝落ちの最速記録を叩き出しましたね……



2章からはそんな重苦しい雰囲気が一度なくなり、皇目線で描かれる学園生活と天球儀ゲームのお話。
世界の行方と自らの命をかけた迷宮攻略にハラハラドキドキ。
無事に元の世界に帰れるのか?
姫の命を狙う不穏分子は誰なのか?






とかいう普通の話だとねー、思ってましたよねー





迷宮の最新部にたどり着いてからの大アルカナ同士の戦いは、それまでの戦闘シーンがあまりにもちっぽけで児戯にも等しいものだったと思い知らされ。
今まで認識していた戦力図が全くの虚像で。
あれほど苦手だった序盤のシーンがカモフラージュと最初の仕掛けだったことに気づいて無性に読み返したくなり。

それら全てのトリックが、絶妙にプライドを守れるくらいの場所で気付けるように構成されている安心設計で。







読後の満足度が今年随一です!

これはオススメしたくなる気持ちがよく分かります……




適度に頭をパンクさせつつ、僅かに働いている思考も「迷宮からみんなで生きて帰るにはどうしたらよいか」というところにうまく誘導されているので、うまくカモフラージュされているんですよね。多分。
木を隠すなら森の中。
謎を隠すなら謎の中。
愚者を隠すなら愚者の中。

……いやこれ本当に迂闊に何も話せない(笑)






ネタバレずにしゃべれる部分もあるんですよ。
アルカナにまつわる設定部とか、十三血流の出自とか。
でも、冒頭にお伝えしたとおりどうしてもこのあたり苦手で、ネタバレ云々関係なく理解が語れるレベルに及んでいないためにしゃべれない……
パラケルススならFGOで名前だけ知ってるぞ!とかくらいですよ……?





まとめ





未読の方に言えることとすれば、

「序章と1章を乗り切って、
 2章以降普通に能力ものとして楽しんで、
 9章以降であたふたしてください」


というところでしょう。
幼女すばらしい。



とりあえず「サクラノ詩」を絶賛していた友人に今度押し付けてきたいと思います!



以上!




スポンサードリンク