どもー!
デスカイザーです!!


本日8/29の更新でDIVERSE NOVELの既刊をコンプリートです!
なんとか公式発売日の8/30に間に合わせることができました。
(追い詰められてからの3日連続更新)
(半分ここじゃねーか)





ということで、今日のラノベ!

復讐の為に鐘は鳴る


復讐の為に鐘は鳴る

著者:
ろく

イラスト:
三品諒

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 クラスメイト全員からイジメられていた少年は、突然異世界にクラス転移してしまう。
 異世界に飛ばされても繰り返されるイジメに耐えかねた少年は一人逃げ出し、この世界で同じく迫害されていた魔女たちに与し、復讐を決意する。現実世界の名前を捨てて『ネロ』と名乗り、同志の魔女を集めながら復讐の機会を窺う。そうして見つけ出した復讐の手段は、魔女に催眠を施し、欲求を揺さぶることで発言する【固有魔術】を利用することだった――




感想:★★★★☆




良くも悪くも導入部、前半戦、プロローグ








転移前にイジメられていた少年が、転移先の世界で迫害されていた魔女と共に復讐を果たそうとする物語。





復讐ものとして見るなら、今巻は物足りなさの嵐

正確に言うならば、
復讐の"導入"としてはとても素晴らしいんです!




・転生前の復讐を果たすため同じく復讐を誓う魔女たちを集める、という大筋のストーリー


・確実に復讐を成し遂げるため、魔女の【固有魔術】を発現させ、練度・精度を引き上げながら信用も獲得


・ネロ本人のことは前半では敢えてぼかして魔女に徹底的に焦点を当てられていたことで、魔女の薄暗く少し複雑なバックボーンは確実に理解できましたし、


・(敢えてこういう言い方にしますが)「魔女でも人間でもない少女」の登場以降、それまで魔女に当たっていた焦点が一気にネロへ振られてからは、復讐の始動を今か今かと楽しみにさせられました






ただ、これから復讐が本格的に始まる!!!!というところで終わってしまったので、




「うがあああああ!!!!せめて委員長をもっと滅茶苦茶にしてから終わって!!




私の魔女たち、やっておしまいなさい(裏声)




…………お願いやってえええええぇぇぇぇ」




みたいな謎人格が表れるまでに荒ぶってます。はい。

ポケモンルビー・サファイアで例えるなら、カナズミジム戦が終わった後、カナシダトンネルでハギ老人のキャモメを助けて「さぁ、ムロタウンに行くぞ!」っていうところで終わる感じです。
段差をピョンピョン下りながらね。







でも、物足りなさを感じるということは、それだけ正しく期待を持てるスペックをこの物語が有しているということですからね。
この先がとても楽しみなのです。
とりあえずそこの森でマユルドとスバメを捕まえておくんだ、私よ。








読書メモは……残ってないんですよね。

前半は魔女一人一人に焦点を当て【固有魔術】を発現させる話が続くんですが、その能力とは「心の奥で本当に望んでいるもの、あるいはその逆のもの」が発現するというしくみ。
自分に自信の無い子が透過する能力だったり、高所恐怖症の子が任意のものを浮かせる能力だったり。

濃いキャラ紹介が続くような感覚だったので、特筆して書き留めるようなことは無か――クレアかわいい――あまり無かったんですね。


後半はネロの狂乱という最高の見どころに食い入るしかなく、要するにメモし忘れてるんですね。反省。





まとめ





……といった感じで、復讐の導入部であり、前半戦であり、プロローグといった感じの今作。
楽しみすぎて「復讐の鐘 クレア」で検索したら酷いネタバレを踏んだ気がしますが、気のせいでしょう。
ははは、まさか、そんな。
(書籍勢は試さないように!)



DIVERSE NOVEL8月刊の発売までに更新する宣言をなんとか達成するために、割と駆け足でしたがなんとか達成。
新作2作も楽しみですが、続刊も早く……


以上!




スポンサードリンク