どもー
デスカイザーです!




教訓:人は、十分な睡眠を取らないと、ポンコツになる
事例:商品個数をカウントしていたら21と22の間で記憶が飛びいくつあったか分からなくなる
  (同様の事例多数)
よろしくお願いします




今日のラノベ!


魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!

魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!

著者:
ぷにちゃん

イラスト:
SUZ

レーベル:
ビーズログ文庫


【あらすじ】

 オレ様魔王・ノアの秘書官として働くクレアは、彼の大のお気に入り。しかし突然魔法陣に吸い込まれて――気がつくと宿敵である勇者イルヴェルトの下に召喚されていた。しかも『聖女』として!魔王城へ帰るべく、しぶしぶ魔王封印の旅へついていくことにしたけどこの勇者……聖女のことが好きすぎる!?二方向から溺愛されまくりの激甘ラブコメ!!





感想:★★★★★





キュンキュンしたくて買いました!!






魔王のお気に入り秘書官・クレアが勇者の下に召喚されてしまってさぁ大変!な溺愛される系ラブコメ。

同じ「溺愛」というジャンルでも、その愛情の注ぎ方が違うのです。
その描き分けが良かったです……!





魔王・ノアのクレアに対する愛情は、大事なものを手元で慈しむようなもの
ツンデレ気味ですけどね。
例えるならば、家庭菜園で育てる野菜に向ける愛情を昇華させたものに近いのではないかなぁ……
決して過剰に触れすぎず、しかし存在が視界から消えることは片時もなく、収穫を控えると食べ方を考えるような。
特に後半、勇者に対抗して「好き」という気持ちをクレアに告白してからのノア様が最高でした!!!
ぅぁ~~~キスマークぅぅ~~~



勇者・イルヴェルドのクレアに対する愛情は、与えられるかぎりの愛情を注ぐもの
ヤンデレ気味ですけどね。
例えるならば、ペット可のマンションに引っ越してようやく飼えるようになったアビシニアンへの愛情、とかでしょうか。
なかなか自分の向ける好意に振り向いてくれないけれど、一緒の空間にいてくれるだけでも嬉しいがために、万難を排してでもその状況を維持しようとするかのよう。
(勘違いだったとはいえ)女性側からの夜這い未遂に寝起きで対応できるあたり、イケメンは違うなって思いましたまる








そんなこんなで、クレアの反応の可愛さと勇者&魔王のイケメンっぷりがWパンチで効くので、とても感情が忙しいです。
最後のほうは、





はぁあぁぁぁぁぁぁ………????





ってキレ気味で浸ってました☆
キスマークの刺さり方がハンパじゃなかったです。

……いやだって普段読んでるラノベってキスマーク付ける描写、ほとんど出てこないんですもん!!
耐性のつき方が違うんです!!!
何ならヒロインのパンチラとか、キスしたとかよりもキスマークのほうが耐性無い分心臓にクるものがあると思うんですよね!!!








本編、魔王と勇者それぞれのクレアへのアプローチももちろん最高ですが。
クレアが勇者に召喚されている間のノアとルカリオのやり取り、幕間のような一コマがとてもツボです!
スキあらば勇者のところに殴り込みに行きそうなノア様の隠れ溺愛っぷりがキュンキュンで、それを把握しつつしっかり手綱を握っているルカリオさんの「気持ちは分かってますよ」感が最良なんですよ……!
いや、ほんとルカリオさんの存在が大きいです。
彼居なかったら魔王城での仕事が完全に止まっていましたし、どう考えてもカチコミに行く流れしかありえませんでしたよね!!ノア様の性格的に!!
(……ルカ×ノアの可能性については言及を控えることにします。好きです)







読書メモは好きなシーンの羅列にしかならず、というか「後半ほぼ全部」というメモになってないメモだったので省略。
省略した分の愛情は既に上述の通りです。






まとめ





どう考えても魔王ルートになるであろうことが明白でありながらも、イルヴェルドの『聖女』に対する偏執的な愛情が何かとんでもない国策と共にクレアへの愛情表現として打ち出されそうで。
とても楽しみでありつつ、ノア様のことを思うと気が気でない。
そんな夜を幾度か過ごしての感想でした。



もちろん女性読者はクレア視点でむふふふ~とできること請け合いですが、男性読者はどの視点で楽しむ派閥が大勢でしょうか?
ノア視点?イルヴェルド視点?
私はルカリオ視点。


今後は舞台を魔王城へ移しての激甘ラブコメ。
魔王様のメンタルが試されそうな展開がありそうですが、イルヴェルドなんかに負けず好意をしっかり伝えてほしいです。





……と、ルカリオ視点で思うところであります。





以上!




スポンサードリンク