今日のラノベ!



あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!ムリ!ムリ!大好き!2


あんたなんかと付き合えるわけないじゃん!

ムリ!ムリ!大好き!2

著者:
内堀優一

イラスト:
希望つばめ

レーベル:
HJ文庫


【あらすじ】


ずっとずっと好きだった幼馴染の少女・小春がひた隠しにしていた『告白を受け入れられない理由』を知った上でなお、彼女との恋を貫き通すと心に決めた悟郎。すべてを捨て去るほどの覚悟を見せる悟郎に焦った小春は、せめてこの秘密を共有できる仲間を作ってはどうかと提案!そこで白羽の矢が当たったのは、二人にとって大切な幼馴染である明菜で―『悟郎はあたしとこれからどうしたい?』「ずっと一緒にいたい」一途な二人の“どうしようもない青春ラブコメ”は、止まらない!






感想:★★★★★





一緒に居ることを決意してから、
一緒に居ることを諦めるまでの物語。






もう……なんだろうね……。
どうにか一緒に居ることができるような方法を考えようと、小春と悟郎が冒頭で決めた時からなんとなく結末は読めていたんですよ。

悟郎の精神状態は「小春が見える」という現象を抜きにしてもまともじゃないというのは、バイトに明け暮れ高校を中退しようとしていた事からも明らかで。
何よりも周囲が悟郎を受け止めきれないことは、一番交流のあった比嘉と千夏の1巻での欠席から明らかで。
そうですね……、予想外と言えば予想外だったのは真冬生徒会長が悟郎に協力を申し出なかったことでしょうか。
考えてみれば現実に向き合わせるために小春に関しての真相を気づかせたんですから、今更現実的でない選択肢を認めるわけがないんですが、悟郎を気遣うのなら悟郎の意思を尊重してくれると思い込んでいたんですよね。


1巻では全く予想していなかった結末に驚かされ、心を掴まれましたが。
今巻では想像通りの結末に、心を掴まれました。



だって、もう、なんだ。
そうなるじゃん!?


多分悟郎も小春も、心のどこかで無理だということは分かっているんですよ。
でも、それでも抗った。
好きな人と一緒に居たい、っていう当たり前の幸せを願った。
分かりきった結末から目を逸らしてでも、好きな人と居るために考えて、考えて、考えた。
とりあえず仲間を増やそうと、2人の大切な友人に信じてもらえた。
でも、それ以外の全ての人に理解してもらえなかった。

ただそれだけの話。
だから胸を強く打つ物語。






本当に、今、すごく困ってます。
想像していた球種を想定の3倍くらいのスピードで投げられたキャッチャーくらい困ってます。



次の球をどう構えたらいいか分からない……!
というか逃げたい!でも逃げられない!!
え、変化球とか来たら受け止めきれないよ……?
でも構えてるところから少しズレたら直撃して死ぬよ……?
だったらいっそ暴投してもらって……いやいやもったいない!


何が来てもいいように覚悟しておきますが、、
第三球目にどんなボールが投げ込まれても、
慟哭する自信があります。





以下読書メモでもう少し具体的な話をば。




読書メモ




全体:2巻は小春と悟郎の状況をそれぞれがどう受け止めるかの物語
⇒今作で繰り返し使われる「どうしたらよいか分からない」というニュアンスの言葉。
まさにこれが2巻の核心でしょう。
悟郎とどう接したら、どうやって相談したらいいのか、そもそも誰に相談できるのか。

分からない分からない分からない!!!

だからみんな孤立していく。
あるいは烏合の衆と化し、名も無き一人として異物を排除し秩序を保とうとする。
理解できないものは遠ざけて、攻撃して、自分の正しさを証明する。
あぁ、本当にこの本は人間のことをよく見て書かれた本ですよ……。



35p:時系列
⇒夏休みの最中とか前とか、序盤で結構行ったり来たりしたんですよ。
1巻という前科があるから物凄く警戒して読んでいたのに、何もありませんでした。
何も……無かったですよ…………ね?



108p:生徒会長、195p:明菜
⇒起こっている状況がどういったものか分かっている人は少なからずいるんですよ。
俯瞰することに慣れている人、悪意に慣れている人。
もっと漠然と、ただ流れに乗っている人が大半でしょうが。
でも分かっている人にも、そこからの抗い方、出口までは見通せないというのが“善意”の質の悪さですね……。
だって、流れの本質が“善”なんですもん。
悪意で動いているなら正義を振りかざすことができなくもないですが、善意には何を振りかざせばいいんでしょう?
つまりここにもまた、「どうしたらよいか分からない」が生まれるというわけです。



217p:読みたいけど読みたくない……
⇒かろうじて成り立っていた均衡の終焉。
それ即ち崩壊の始まり。
小春の泣き顔は、もう見とうない……



まとめ





次で完結予定とのことで。
「元に戻る」という選択肢が完全に失われた状態で迎える最終巻が、どんな展開になるのか。
とりあえず僕は外角低めのスライダーだと予想してミットを構えておきます。




以上!



スポンサードリンク