新年明けましておめでとうございます!
deskyzerです。


旧年は更新頻度がだいぶ落ちてしまい、生活がズタズタだったのもあり御心配おかけした面が多かったかもしれません…。
本年はもう少し更新頻度を上げられるよう調整していきますので、
deskyzerと「デスカイザーのラノベ日誌」をよろしくお願い致します!

2018年の目標は「やれるだけのことをやってみる!」です。
根が真面目な分オーバーワークして損耗しやすい性格なので、やる気を出すとか力を付けるとかではなく、逆に抑えて健康的に精神的に充実した1年にしたいです。
「やれるだけ」には、そのような意味を込めてみました。




では、新年一発目!

今日のラノベ!

魔術破りのリベンジ・マギア 3


魔術破りのリベンジ・マギア
3.はぐれ陰陽師の越境魔術

著者:
子子子子子子子

イラスト:
伊吹のつ

レーベル:
HJ文庫


【あらすじ】

ドイツから戻る晴栄のもとに、学園長と陰陽寮から共同の依頼が舞い込む。愛蘭の暁星学園で起きた殺人事件の容疑者として陰陽師が捕らえられたので、その真相究明に向かえというのだ。嫌な予感を覚えつつも、囚われた少女と対面する晴栄だったが…「な…なんであんたがここにいるのよ!?土御門、晴栄ァーッ!」そこにいたのは幼少期の晴栄と因縁深い少女、蘆屋露花だった!陰陽術×アブラメリン術式、ハイブリッド魔術を使う幼馴染を救い出せ!ハイエンド魔術バトルアクション第三弾!




感想:★★★★★



読み納めにして読み始め!
戌年ですもの、孤高のロンリーウルフがヒロインのストーリーです!


ただし、狐狼丸では無い




舞台はセイレム、ドイツから更に変わりアイルランド!
そして陰陽術とアブラメリン術式!
……前巻の北欧神話系魔術と違い、アブラメリン術式と言われてもピンと来ませんね。黄金系と言われれば『禁書目録』知識でどうにか付いていけますが。
そのあたりの解説も分かりやすく、実際の術式図まで用いて説明されていたので助かりました。

新ヒロインは表紙の子・蘆屋露花!
苗字から分かる通り蘆屋道満の血筋で、件のアブラメリン術式と陰陽術を組み合わせたハイブリッド魔術の使い手。
そう、孤高のロンリーウルフとは彼女のことである!(命名:変人学園長)



では感想は、そろそろ恒例と言っても良いであろう読書memoに沿って。




読書メモ





4p:愛蘭、暁星学園、黄金
⇒上にも書きましたが舞台はアイルランド、魔術結社【黄金の夜明け団】(ゴールデン・ドーン)の流れを汲む魔術教育機関・暁星学園(ステラ・マテューテイナ)が舞台。
首都ダブリン、国花シャムロック、学園の鐘楼や石造りの校舎など、構成情報や景観に至るまで情報密度高くまとまっています。
この最初の文章の軽めの情報で慣れさせてもらってるから、その後の詠唱とか魔術関連の重めの情報を比較的スムーズに読み込んでいけるのかなぁ、と思います。
詠唱苦手でも読み込めていた理由がここに!



12p:ハルナが可愛い!かわ…あれ?うん、可愛い!
⇒ティチュを送り返す選択肢をナチュラルに無くしていたことを本人に指摘されたハルナのリアクションが可愛い!
結果的にこのハルナの無意識の選択は正解でしたが。



63p:ドーマンセーマンドーマンセーマン
⇒すぐに呼びましょ陰☆陽☆師(レッツゴー

ドーマンは横五本縦四本線の九字紋のこと、セーマンは晴明桔梗と呼ばれる五芒星のことなんですね…。
あぁ、蘆屋道満の「ドー」と、安倍晴明の「セー」でしたか。
あれ、でも大学の民俗学では安倍晴明は、当時の読み方だと「あべのはるあき・はれあき」だったはずという話を聴いたんですよね……。
死後音読みになる理論があるならばセーマンは死後に確立されたとか?伝承の段階で読みが変わった?
……でもよくよく考えたら安倍晴明が「はるあき」なら、蘆屋道満は何て読めば……。

メロスは難しいことは分からぬ

分からぬが、やはり陰陽師もので蘆屋道満ゆかりの人物と安倍晴明ゆかりの人物が戦うことが熱いということは分かる!!




68p:アブラメリン術式
⇒今の今まで「アブラメリアン」だと思ってましたっ!っていうくらいには馴染みの無い魔術形態。
でも、魔方陣と言われればピンと来ますね。
数字の配置と配置された数字そのもの、縦横斜めの数字の和や差あたりがいわゆる「魔術的意味」になるんでしょうか。
詠唱よりもこの魔方陣のほうにそそられるものがあるので、ちょっと文献探してみようかしら……。



69p:マクレガー・メイザース
⇒この前感想あげた『新約 とある魔術の禁書目録 18・19』で新登場、活躍していたミナ・メイザースの夫にあたる人物ですね。
あちらではアレイスターに殺られる愚か者という印象でしたが、こちらでは露花の師匠で、偏屈だけど弟子想いの素晴らしい御仁のよう。
一癖ある者同士、いつかハルナとの対談を読んでみたいです



71p:和洋折衷
⇒この後のストーリーを読んでいても思いましたが、露花は単一魔術よりも我流やオリジナルで組み合わせていく魔術への適性が高いみたいですね。
それぞれの魔術の出力が弱くても、うまく組み合わせて使うことで補っていくような。
ここから更にルーン文字とか使い始めたらもっと凄いことになりそうで、それはある意味どこぞの学園長がセイレムで目指していることそのもののような気が……。
やはりマリーちゃんは只者じゃない。



104p:見てるだけしか
⇒ハルナという同世代の天才があの時身近にいたからこそ、余計強烈に劣等感と無力感を感じることになったんでしょうね……。




135p:まーた面倒なメイドが……
⇒1巻のティチュ、2巻のレーレ&ラーラに続いてのメイド枠、イズールト。
秘書だけどメイドコス。
果たしてメイドと秘書の差とは何なのでしょう…。
踏んでくれるかそうでないか……?(違う



140p:♥
⇒薄い本!!!
薄い本はまだかっっ!!!!



167p:努力
⇒ここのハルナの言葉は是非とも覚えておきたい考え方ですね。

実力が足りていない、と自覚しているのならば努力しろ。学が浅い、と恥じるならば自学しろ。それでも及ばないのならば、努力に頭を使っていない証拠だ。『ただがむしゃらにやればいい。それこそが美徳だ』、などと宣うのは時代錯誤な人間の戯言だからな

やる気に満ちた新年に相応しい言葉ですねー、本当に。
「勉強しろ」ではなく「自学しろ」というあたりが、個人的にツボです。

207pで露花にかけた言葉もこれが根底にありそうです。



187p:ミニハルナちゃんかわゆー!
⇒露花の兄・蘆屋道寿の陰謀。妹さえも利用しハルナの身体を乗っ取ろうと画策するというシーンの暗さをすっ飛ばすハルナちゃんの幼な可愛い凛々しさ!
3巻で一番素晴らしいイラストで賞



223p:エグいメタい
⇒ほんとどうしたっ!?ってくらい狐狼丸のメタ発言がですね(笑)
あまりにも浮いてるんですが、ギリギリ作品に溶け込んでるあたりに彼女の特異性を伺えます。



232p:肉親奪う側
⇒もとは肉親に対する仕打ちに復讐を決意したハルナが、やむを得ずとはいえ露花の肉親を奪うことになっています。
もしかしたらですが、セイレムへやってくるまでにもこうしたことの積み重ねから「復讐」の形に疑問を持っていたのかもないと考えたら、当時の露花への態度と1巻でのティチュへの態度の差にも少し納得です。



237p:魔法名……?
⇒またもや『禁書目録』の話になってしまい申し訳ないのですが、魔法名といえば神裂のねーちんの「Salvare000 救われぬ者に救いの手を」なんですよ。あとは込められた意味は覚えてないですがステイルの「Fortis931」。綴りが怪しい。
魔法名が【黄金】系のものであるならば……イギリス清教所属の彼らに何故魔法名?となってきて。
これ以上の考察は頭の中で留めますが、こういう他作品への派生っていうのも同モチーフが扱われやすいラノベの良いところ。



254p:邪魔だから
⇒凄いですよね。
この巻のまさに核、ハルナがここに来る理由となった生徒の死亡事件。
その動機が「邪魔だったから」ですよ?
この作品、時折残酷なことをひょいっと投げ込んでくるので心臓に悪くて最高です。



264p:共感覚
⇒ティチュの特異性が明らかに。
今後も彼女が狙われるとしたら、これが原因となってくるんでしょう。
ただの共感覚ならそれで良いですが、意味ありげなハルナの考察を見るとそれだけで済む話じゃないかもしれませんね……。
ひとまず覚えておきましょう。



271p:攪乱(こうらん)
⇒あっ、かくらんだけじゃなく、こうらんとも読めるんだっていう雑学メモ。



303p:比翼連理
⇒こういうのに弱いdeskyzerです。



320p:魔法名
⇒ついつい『千と千尋の神隠し』の婆ちゃんと同じような「良い名じゃ」ってリアクションしちゃうやつですこれ!
「我が功績にて彼の偉業を示す」
……泣いちゃうぞ?!



314p:OPの流れるエピローグ

露花が学園を辞める決意を伝えたあたりから前奏が始まり、
イェイツの独白でAメロとBメロ、
魔法名をもらうあたりでサビに差し掛かり、
ハルナに協力を要請されたところでFinish!

テーマソングとか無いはずなのに、読んでる間頭の中をよく分からないメロディーが流れていました。
かっこいい系のLiSAとか原田ひとみとか鈴木このみが歌いそうな奴。
本能的に、1クールのアニメの最終話と同じ熱さを感じたんでしょうね……!

物語全体ではハルナが主人公ですが、今巻に限って言えば間違いなく露花が主人公と言わざるを得ないでしょう!
よくここまで努力し続けた!!





まとめ


メモが多いんじゃ……。
お正月ってことでほぼノーカットで感想書いてみましたが、今後はもう少し調整する必要がありそうです……。



蘆屋と土御門。
陰陽師といえば!な二家が盤面に揃い、最初はバッチバチの関係から始まったのでどうなることかとハラハラしてましたが、終わってみれば強固な絆が生まれていましたねー。
陰陽術を他の魔術と合わせるという発想と技術がハルナにもたらされたわけですが、彼女……(素で間違えた!)……彼はこの技術を使っていくのかな?というところに個人的には注目してます。
相当繊細なコントロールが求められるけれども、ハルナの知識量が合わさったら絶対面白いじゃないですか!
狐狼丸との降神術じゃないですけど、他の魔術師との合体魔術みたいなのの素地ができたというだけでも十分期待が高まります!



…………最後のほうはもう普通に会話していたけど、ハルナはどう報告するつもりなんでしょうね?
黒幕が蘆屋道寿っていう状況で。
セイレムに露花を連れて行くってことは鴨女と会っちゃうっていう状況で。




以上!




スポンサードリンク