どもー。
デスカイザーです。


日曜の朝食は魚にすると決めてから3週間。
今日はぶりの塩焼きが美味しかったです。
普段はギリギリまで寝てるので、パンを焼いてる間にササッとガパオライスの上に乗ってる目玉焼きを作ってオンザトーストするんですが……。
時間があるときくらいまともに栄養を摂ろうという試みです。
健全な精神は健全な肉体に宿る!かもしれない!



今日のラノベ!

死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録

死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録

著者:
古宮九時

イラスト:
浅見なつ

レーベル:
メディアワークス文庫


【あらすじ】

平凡な僕が唯一他の人と違うこと。それは人の死を予告する幻影を見る力があることだ。僕が幻影――【彼ら】について知っていることは3つ。
1、【彼ら】はやがて訪れる自らの死の瞬間を、何度も繰り返し続けている。
2、【彼ら】の姿が濃くなるほど、死の瞬間は近い。
3、【彼ら】は死の運命から絶対に逃れられない。
――これは全てを諦めていた『僕』が、死の未来を背負う『君』と出会い、運命に抗うため奔走する物語だ。




感想:★★★★★


んにゃー!引っかかったっ!!
綿密に推理を重ねて読み進めたうえで綺麗に引っかかったのでとても気分が良い!!



それでは、推理の過程も含んだ読書メモと共に感想をお送りいたします。


~memo~

72p:自分の行動を含む
⇒誰かの死の訪れが分かるのに、そこに介入することすら死の運命に含まれているとはなんと残酷な……。鈴さんは「僕」の言うことを理解してくれるというだけでなく、あの突拍子もない行動原理まで含めて「僕」と出会う最適な人材だったわけですね。


85p:会計金額
⇒「覚えておいてあとで払う」っていうから、終盤で死の運命覆したあたりの会話の伏線にでもなると思ったらならなかったパート1。


※p:最初から泣きそう(酒効果)
⇒覆したいのに覆せないというジレンマ。鈴さんという理解者の登場で1人の命を救えた安堵。過去に理解者だった「彼」がおそらく死んでいる。そして「僕」にとってそれはトラウマで記憶に蓋がされている。
疲れた身体に染み入るお酒の力もあっただろうけど、そんな「僕」の境遇が切なくて、プロローグから泣きそうで、100pにも達してないのについメモしてしまうくらい泣きそうでした。


96p:中央線w
⇒人身といえば中央線。84pで「僕」が駅ビルを見ただけで鈴さんが人身だと察するシーンも含めて、なんかもう本当にさすが中央線。
いや、何も笑い事ではないですねこれ……。失礼致しました。


100p:面白い人、でも……死んじゃうんだよな……
⇒プロローグをとても素直に受け取ったピュアなdeskyzerの姿が観測できます。
鈴さんは「僕」が言うようにできれば離れたところから見ていたいタイプ。でも慣れたら近づいて積極的に巻き込まれていくのも面白そう。


106p:不登校児が来ても多分バレないし気づかれない
⇒私の通っていた大学はクラス別の英語ですら講義にあまり来ない人が来ても何もなかったですし。高校までとは違って仲良しこよしでも無ければ誰が来て誰が来ないかなんて気にしない。さては「僕」は本当にほとんど大学に行ってないな…?


106p:鈴さんは主人公の何を知っているのだろう……
⇒「僕」が大学に行かないことに安堵した鈴さんのリアクションがとても謎でしたね……。何か「僕」が大学に行ったらまずいようなことが起きている?……陰口タイプのいじめって大学でもあるらしいからねぇ…。上で否定したばっかりだけど、皆実は気にしているのかもしれないですね、大学来ない子を。


114p:つまようじコーンの頻度、何かある……?
⇒やけにつまようじコーンが出てくるから、もしかしたらつまようじが終盤で鈴さんの命を救うことになるのかと思ったらならなかったパート2。


125p:僕わかる、おばあさん!
⇒純真かっ!しかも間違えてるし!その隣の中年の女性だよっ!!


148p:待ち合わせ前の徘徊、とても分かる!
⇒鈴さんと意気投合できそうだと初めて感じた瞬間。理由は鈴さんと同じものもあるし、ただ単に電車の遅延で遅刻したくないっていうのもあるし、家の最寄り路線が1時間に1本だというのもある。
でも、こういう徘徊が5年後くらいに役立つ時が来るので案外バカにできなかったりします。


155p:親子丼を知っているのは伏線かどうか
⇒大学のくだりから「僕」と鈴さんが過去に会っている説を有力視していたので、その時に好物を聞いていたとかそういう感じの伏線だと思ったらそんなことはなかったパート3。
むしろその隣の行のネギ丼こそが終盤の伏線だった。


173p:初めて会った気がしない、か。過去に救われた?「彼」と兄妹?
⇒あー、惜しい!実に惜しい!
初めて会った気がしないというセリフのおかげで、過去に会っている説は無くなりました。28pで親子丼説が覆されていますね……。


195p:凡て真なるもの
⇒「僕」が視ているのは未来の死の幻視でありながら、幻ではなく実である。
この物語は仕掛けがあるが、それは夢幻の類ではなく意味のある現実である。
……とか、そんな感じのメッセージなのかなぁ、と。


218p&188p:あー…、ここで連れ去られてるのか?
⇒そういうことっぽいですね、ちょい違いますが。


232p:伏線ばらし、イージーモード?
⇒部屋の様子とか、鈴さんのぬいぐるみとか、ここまででメモってなかった伏線をこの終盤で提示してくれるなんて、このミステリー簡単だなHAHAHA


245p:…………はぁ!?えー……。あー。はぁ!?
⇒何がイージーモードだっっ!!!!


~memo~




はい、ということで245pでバラされるまで全く見抜くことができませんでした!
プロローグで大学出てきたじゃん!って言い訳しようとプロローグ見返したら、5pの後ろから3行目にしっかり答えが書いてあったことに気がついて……。
その後の2行を踏まえて精神的な面での話だと思ったんですよ。
こんなの間違いなく狙って書いてあるじゃないですか…。

「このプロローグがすごい!」とかあったら間違いなく1位ですよ?




完全に想定外だったこともあって、「そういえばあのシーンでは…」という振り返りが脳内でうまく組み上がらないんですよね。
普段ならこういう「2周読みたくなる!」系の本は読後に振り返ることで大体補完できるんですが、この作品は(上の読書中memoの幾つかの項目を除けば)せいぜい1箇所か2箇所くらいしか心当たりが無いので、素直に「もう1回読もう」と思えています。
それこそプロローグの例もそうですが、とても巧妙に隠されているんですよ、きっと。

ということで、ちょっと2周目読んできます!ノシ


~~~~~~~~~


読んできました!
思っていた以上に色々手がかりありましたねー。
張り込みさせないとか、戸籍謄本とか、自然と手を繋いでいるとか。
すべてを羅列するにはあまりにも多かったのでこのくらいに留めますが、1周目でこれだけのヒントを並べられて気がつかないというのは、やはりそれだけ巧みに隠されていた事の証左でしょう。
あるいは読解力不足という可能性。



隠れていた手がかり以上の収穫もありました。

1つは245pで騙されるまでに、2回ほど「僕」が自分の姿を見る機会があったのに、気付かなかったこと。
それだけ深く、強固に記憶に蓋をしているということですよね……。
想像していた以上に「僕」の在り方が危ういものだったんですね……。

もう1つは決定的な認識は245pだけど、その前から兆候があったのではということ。
途中から不登校をやめて「学校」に通うと言っていたり、鈴さんと並んで映るショーウィンドウを見て「ちぐはぐ」と感じたり。11pで窓に映る自分の顔を見たときとは少し違う反応だったかな?と。
後半に行くにつれて手がかりが増えているように感じたのですが、それもまた認識の齟齬の表出なのかなぁ?と思ってみたり。





読んでいる間も、読んだ後も、二度読みしても楽しめました。
実はここまで決定的な「僕」にまつわる秘密の答えを意図的に書かずにいるので、答えが気になる方は是非読んでみてください。
答えを察した明晰な方も、ぜひ隠された手がかりを見つけ出すために読んでいただきたいです。




鈴さんと「僕」のキャンパスライフが、良きものでありますよう。




以上!


死を見る僕と、明日死ぬ君の事件録 (メディアワークス文庫)
古宮 九時
KADOKAWA (2017-11-25)
売り上げランキング: 13,907

スポンサードリンク