どもー。
デスカイザーです。

『信奈』の著者・春日みかげ先生の新作『ユリシーズ』(ダッシュエックス文庫)を読みたくてうずうずしながらバイトの昼休憩入ったら、本を家に忘れていたというね。
最近出かけるときのラノベ忘れる率が高いので気をつけたいです。

気をつけないと、死にます。




それでは、今日のラノベ!


ゼロから始める魔法の書 (4) ―黒竜島の魔姫― (電撃文庫)
虎走かける
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2015-08-08


電撃文庫より
『ゼロから始める魔法の書(4)-黒竜島の魔姫-』です。


【あらすじ】

世界を破滅へ導く“ゼロの書の写本”を作り出し、世界へとばら撤いた謎の組織“不完全なる数字”。稀代の天才魔女ゼロと獣の傭兵は、その組織の情報を得るためゼロの故郷である“弓月の森”へと向かうのだが…その途中、2人が乗る貨物船は大海原の嵐にのまれてしまう。―命からがら辿り着いた地。そこは、神聖な竜が住まうと伝えられる“黒竜島”という名の火山島だった。“ゼロの書の写本”の回収を急ぐ中、思わぬ足止めをくらう2人だが、その島にはなぜか“魔法”が普及した国家が存在していて…。話題の傑作ファンタジー、第4弾!


感想:★★★★★

ねぇ傭兵さん。
その構図だと頬に美しいゼロの太ももがいい感じにすりすりするんじゃないですか?
ねぇ。
ねぇ!
ちょっとそこ変わr



アクディオス編は、ゼロの魔法が意図的に悪事に、それも考えうるかぎり最悪のかたちで使われていたお話でした。
4巻となる今回は、使われ方だけはゼロの思い描いたとおりのもので、ゼロにとってもそこは嬉しかった様子。
ただし問題となるのはその広まり方。
1つの島にあった2つの国。
その片方に〈狩猟の章〉、もう片方に〈収穫の章〉。
巻き起こるは、魔法戦争。

ゼロたちが見た「平和な姿」は、ゼロの最も嫌う「魔法による犠牲」の上に成り立ったもの。
今までのようなストレートな悪ではなく、歪な正義。

良い対比ですね~…!



新キャラ紹介!

アムニル……黒竜島現在唯一の国家ノーディスの第一王位継承者である王女。魔法の才能が半端じゃなく、ゼロとの模擬戦で引き分けるほど。無詠唱を見ただけで真似るとか、他者より遥かに強力な魔法行使できるとか。
とにかく魔法への適応力が高い。口癖は「最善」

ゴーダ……さきの魔法戦争の敗北国の生き残りで、今はノーディスの魔法兵団の兵長。だが魔法は使えない。全く。一切。アムニルと正反対で魔法への適応力が皆無。

ラウル……馬の獣堕ち。上半身人。下半身馬。紛う事なきケンタウロス的な。幼い頃にアムニルに拾われ(救われ)て以来アムニルのペットというか奴隷というか…形式はどうあれ、アムニルはラウルを大事に扱い、ラウルはアムニルに絶対的な忠誠を誓っている。


アムニルがなぁ…(;_;)
死にはしないけどな…(;_;)
最後の最後で登場したサナレ(浮遊体)に乗っ取られてしまってな…(;_;)

そしたら今まで「感情がどういうものなのか分からない」と言っていたゼロがブチギレてな(;_;)
挿絵効果も相まって、ゾワッとしました。
しかもその上で表紙絵見返すと、超然とした絶対神オーラ放ってるように見えてもうお兄さん歓喜!
傭兵がゼロに順応してきたのも微笑ましいけど、ゼロが傭兵と共にいることで人間らしさを得ているのは皮肉ながら面白いと思います。
「傭兵は人間なのか?」という問いへのひとつの解答になるのかもしれません。



アクディオス編から何かとゼロたち(主に傭兵)を苦しめてきた教会の裁定官さん。
なんか今回もがっつり登場です。
しかもゼロが魔法を使う場面を目の前で見てしまったがために「ゼロのことを見て見ぬふりし続ける」ことができなくなってしまい……なんか同行するっぽいですよ?
なんかつまりゼロと傭兵の二人旅じゃなくなるみたいです。
なんか残念です。
とても残念です。


章の数的には登場してないのはあと1章だけど、ストーリー的には謎と伏線が増えるばかりで何も解決してないからねこれ。
ほんと続きが楽しみ。
アルバスちゃんが暴走しなければいいけど…



以上!

スポンサードリンク