どもー。
デスカイザーです。

英語の授業が30分ちかく早く終わった喜びを胸に読書して帰るという、幸せな時間を過ごせました。
…このまま英語なんて滅べばいいのに。

……かっこいいルビとか無くなるからやっぱ滅ばないで!



それじゃ、今日のラノベ!

精霊使いの剣舞 (剣と学院と火猫少女)(MF文庫J)精霊使いの剣舞 (剣と学院と火猫少女)(MF文庫J)
(2010/12/21)
志瑞 祐

商品詳細を見る



やっと読めた!(某艦娘風)
『精霊使いの剣舞 剣と学院と火猫少女』です。


【あらすじ】

清らかな乙女にのみ許された特権―精霊契約。ここアレイシア精霊学院では、精霊使いとして訓練を積んできた貴族の令嬢たちが集められ、エリート教育を受けていた。少年カミトは、ふとした事故から学院生の少女・クレアの水浴びを覗き、さらに彼女が求めていた精霊と代わりに契約してしまう。そう、カミトはこの世界ではありえない、男の精霊使いだったのだ!「あ、あんた…あたしの精霊、奪った責任とりなさいよね!」「は?」「あんたがあたしの契約精霊になりなさいっ!」箱入りお嬢様たちの学園に放り込まれたカミトの運命は!?刻印輝くエレメンタル・ファンタジー。


感想:★★★★☆

こういう分かりやすい王道は、割と好きです。


森の中を迷っていた主人公の少年・カミト。
目の前にいたのは……水浴び中の女の子・クレア。
普段は赤い髪をツーテールにまとめていて、スレンダーな体と相まって猫っぽい印象の子。

精霊と契約できるのは「清らかな乙女」のみ。
より強い力を求めていたクレアは、とある聖剣に宿る精霊と契約するための最後の仕上げの禊を覗かれてしまったのであった…。


クレアに怒られつつも道案内ついでに聖剣のある祠にやってきたカミト。
クレアは聖剣を呼び覚ますことに成功するが、精霊は暴走してしまう。
すでに使役していた炎精霊・スカーレットと共に挑むが苦戦。

このままでは……
というときに力を発揮するのは、もちろん主人公のカミト。
乙女としか契約できないはずの精霊と契約できる男として、聖剣に宿る精霊と契約してしまう!

命を助けられたとはいえ、裸を見られたうえに精霊まで横取りされたクレアはカミトにこう告げる!

「あんたがアタシの契約精霊になりなさいっ!」


精霊使いを育てることを目的としたアレイシア精霊学院を舞台に、クレアをはじめとした貴族の娘に囲まれつつ、目的を果たすためカミトは奮闘する!!
……主に騒動を起こすクレアを中心に!!


ほんっとにTHE・王道って感じのハーレムもの。
乙女の園に男が一人。
裸見ちゃったり、部屋でパンツを拾っちゃたり、ふとした表紙に押し倒しちゃったり…。

ぶっちゃけて言っちゃえば。
『インフィニットストラトス』のメインが機械じゃなくて精霊で、文章がうまくまとまってる感じです!!

……いろんな方面から怒られそう。

『ゼロの使い魔』に空気感似てるという感想もいろんなところで目にするけど、俺は読んだことないのでなんとも…。


アニメの注目ポイントとしては、エロ方面もそうだけど、"剣舞”がどう表現されるかですかね~。
特にカミト。
キリトさんのスターバーストストリームばりにかっこいい演出だと嬉しいなぁ…。


ふぅ。
楽しみ。



以上!

スポンサードリンク