昨日健康診断だけで暇だった分、今日は1日中ガイダンスで眠いです。すごく。
履修科目も大体決まってきたから明日にでも登録します。



つーわけで、今日感想書くラノベはこれ!


つきツキ! 10 (MF文庫J)つきツキ! 10 (MF文庫J)
(2013/02/22)
後藤祐迅

商品詳細を見る



マキナ回きたあああああああああ!!

てことで、『つきツキ!10』です。


【あらすじ】
 「――――ねえ忍、もしあたしがいなくなったら、どうする?」生徒会選挙に立候補することになったマキナは、
 オレに別れをにおわす言葉を投げかけてきた。さらに、ブラムのおっさんまで家に現れ、マキナを魔界に帰す
 と言う。マキナと一緒に居たいと願うオレたちは、マキナが生徒会長になれば考えも変わるだろうと動き出す。
 選挙ポスター作成のため、えっちなコスプレ写真を撮ったり、息抜きに催眠術を試してみたりと、なんだかんだで
 いつもどおりの日々を過ごすオレたち。しかし、どうやらマキナは本気で魔界に帰ること望んでいるらしく……!?
  学園ハートフルラブコメ第十弾!!暗い過去に囚われた心。楔を打たれた深い闇の中で、新たな光が今、輝き出す―――――。


【感想】
 ドラマCDに何回もなってるのにアニメ化の兆しがなぜか見受けられない『つきツキ!』シリーズの最新刊。
 オレ一押しのマキナが表紙かざってたからニヤニヤしながらレジに持っていったのは記憶に新しいです。

 いつもよりシリアス成分が多かったからちょっと残念。
 マキナを引きとめようと忍やかおるんたちが頑張ってる分、いつもより軽口に勢いがなかった風に感じました。
 それでも電車のなかでニヤニヤが隠せないくらいには面白かったわけですが(笑)

 唯一気になったのは、ラストの展開が前回と全く同じだったってこと。
 ISが「大会→乱入→討伐」の流れを繰り返してるみたいに、
 つきツキも「ヒロインピンチ→解決に周りが奔走(同時に別のヒロインに元気がない描写)→解決→別ヒロインピンチ」
 って流れが定着しつつあるのが怖いです。
 ……まぁ、つきツキの場合はみんなのボケ&ツッコミがそれをギリギリ隠せてるから大丈夫だとは思うけど、次も同じだときついかなぁ、と。

 俺にとって、初めてアニメイトで自分で選んで読み出したラノベで思い入れがあるので、次巻も期待です!


以上。
追記:色々あったけどスキンはやっぱりこのままにします。

スポンサードリンク