感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

三角の距離は限りないゼロ 2


三角の距離は限りないゼロ 2

著者:
岬鷺宮

イラスト:
Hiten

レーベル:
電撃文庫


【あらすじ】

 一人の中にいる二人の少女「秋玻」と「春珂」。二重人格の彼女たちと触れ合ううち、僕は秋玻と恋人に、春珂と親友になった。
 そんな幸福にどこか浮かれていたある日、僕らは友人の須藤伊津佳から相談を受ける。告白をされたという相談――その相手は、同じく友人の広尾修司。それを知った僕らは、二人の仲を取り持つために奔走し始め……けれど、そのとき僕は、まだ気づいていなかった。その出来事が僕らの不確かな関係を、秋玻と春珂を大きく、変えることに。
 ――僕と彼女と彼女が紡ぐ、不思議な三角関係恋物語。
 




感想:★★★★★





私には、好きだと叫ぶことしかできない…………ので叫びますけど、






好き!!!!!!!






この作品が!!!

岬鷺宮先生が!!!






好き!!!!!!!








……というところからお送りいたしますは、『三角の距離は限りないゼロ』という名の聖書の第2巻の感想でござい。





今回も岬鷺宮先生の過去作とのリンクが幾つもありました。
そこを拾う感想を書き残したいのでネタバレ注意報を発令させていただきます。



ご注意の程、お願いいたします。












1巻で保留になっていた矢野くんの秋玻への告白、その返事をするところから始まり。
初々しい「恋人」としての関係を楽しむのも束の間、『読者と主人公と二人のこれから』から登場していた須藤と修司の関係がついに進展……するのか?というところが今巻の大きな流れ。



秋玻と矢野が付き合い始めたことに触発されたのも間違いなくあるでしょうけど、修司の須藤を想う気持ちが(高校生にして)熟成されたものであることは当然皆承知。
そのうえで、「恋愛って、恋って感情って何なんだろう」「好きになるって、付き合うって何だろう」っていうことを若者らしく迷い、戸惑いながら考えて、自分なりの答えを出していくんです。

岬鷺宮作品群の原点というか、こと現代・青春系に限るならこの試行錯誤は先生の全ての作品に当てはまると思うんですが、それでも何度読んでも廃れない良さがあります。
納得はしても締め付けられるような苦しさがあって、読者的な最善でなくても、彼ら彼女らにとっての最善はここだったんだなっていう安心もあって。




で、今作の最大の原点回帰は、主人公がその葛藤を見守りサポートする立場にあること。
リターン・オブ・ザ・『失恋探偵ももせ』なんですよ!

過程における立場の差こそあれ、他人の恋を間近に見ながら自分の恋路を見つめていくこの感じ。
あぁ懐かしい……
そして苦しい……



そう。

なので210pで百瀬先生が出てきた時、なんか妙に納得したんですよね。
間違いなくこの本は『三角の距離は限りないゼロ』の2巻であって、須藤と修司を傍で支えていた矢野と秋玻/春珂との関係に決定的な変化を生むお話です。
ですが、それと同時に『失恋探偵ももせ』の4巻として受け取ることもできるのかなって。

「好きな人」に好きになってもらえる幸せ、「好きな人を好きな人」を好きになってしまった葛藤・そこからの踏み出し方、「好きだけど“好き”ではない人」に好きだと言ってもらえた時の葛藤。


登場人物や世界観よりも核心の部分で『ももせ』で、その象徴としての「ももせ」だった。
私はそう捉えようかな、と思います。







そうだ。

今巻もイラストを使った仕掛けが素晴らしかったです!!
特に扉絵と挿絵を使った春珂の「ひと言」がですね……本当にもう……憎いまでに好き……
扉絵の反対側では決定的なワードを「言って」て、片側では「言って」ないとかもう……なんなの……





Hiten先生も大好き……!






そういえば表紙の子って「どっち」なんでしょう。

1巻ではスマホが付いてて(音楽を聴ける状態で)近くにレコードもあったので秋玻、2巻ではスマホが付いてなくて地球儀がある(周りの世界への憧れがある)から春珂、だと予想していますが……


ん?
3巻の表紙はどうなるんでしょう……?










えー、手元に本があると楽しめるであろう読書メモのコーナーです。
珍しく後半にいけばいくほどメモの密度があがります。





読書メモ




10p:10日待って
⇒ついに『僕らが明日に踏み出す方法』とのリンク来ましたね!!!
ずっと変わらず友達で居続けるものだと思っていた男子に告白された女子の図、そして返事まで「10日待ってほしい」という図(見返してみると『ぼくあす』256pにしか書いてないみたい?プロローグでは「あと六日」というだけなので)。

『ぼくあす』の山田も、今作の須藤も、自分の気持ちが友情なのか恋愛なのかで悩む面と、今までの関係を壊さないようにするにはどうしたら良いのかで悩む面が半々で、ほんと良い子たちですよねー……
ループしなくてよかった



60p
⇒好きなセンテンス!


「その一つ一つが大切で愛おしいストーリーで、それを思うと、この世が隠し持っている物語の総ページ数に、そこに含まれる感情の膨大な洪水に、飲み込まれそうな気がした」


来年使う手帳の最初のページに書いておこうと思います。
なんだろう……
ここでは矢野は身の回りの恋模様に思いを馳せているのだけど、恋愛に限らず、普通に生きているだけでは感じ取りきれない感情や物語があるのだということを思い出させてくれる、そんな素敵な言葉だと思います。



74p:細野と時子
⇒『読者と主人公と二人のこれから』の2人が本格参戦!
障害をひとつ乗り越えて恋人としてうまくやっていってる先輩として、修司と須藤をよく知る友人として。
そして、「トキコと時子」「秋玻と春珂」、二面性を持つもの同士として。
良いアクセントで、良い絡みでした!!



165p:頭に針金みたいなの
⇒これでゾクゾクしてる秋玻を無限に眺めたい……





173p:終電(池袋)
⇒どうにかこうにか頑張れないかと検索してみましたが、やっぱり0:37発の山手線渋谷新宿方面行きに乗らないと、近くまで行くのも厳しそうでした……
……ほら、秋玻なら時刻表トリックとか使いかねないから調べとかないとな、って。



188p:だよねー!
⇒知ってたー(涙目)
あああああああああああああ!!!!!!(涙目)




209p
⇒秋玻がね、恋っていう感情の具現者として生々しく存在していてね。

綺麗で尊いものなんかじゃないと宣言する様がかっこよくて、艶かしくて。
好き。



210p:千代田せんせー
⇒おいでなさいました、千代田先生。
このシーンと、270pからのシーン。
2箇所でしか登場していないのに、この存在感。
さすが失恋探偵……



220p
⇒『ぼくかの』のエピローグで打診されていた『十五歳』のアナザーサイドが既に書籍化されている世界……!
柊ところ先生の筆、めっちゃ早い……!



240p:光と闇
⇒「細野がデレた!!」っていう光
「春珂の望む事ってつまりアレ……だよね?」っていう闇

同時に味わえる1ページでした。
お得!!(やけくそ)



243p:ショウ・マスト・ゴー・オン
⇒Show must go on.

「ショーを続けなければならない」、転じて「絶対に後に引けない正念場」という意味ですね。
個人的にはアイマスのOPで知った言葉。
細野サイドの『十五歳』を読み、踏み出すと決めた矢野の決意の章。
良かった……



269p:傷つくこともできない
⇒今巻『三角の距離は限りないゼロ 2』はプロトタイプがカクヨム上にて公開されていて、その更新情報は岬鷺宮先生のTwitterの通知をONにしている私の目にも留まってはいました。
書籍になってから読むと決めていたのでカクヨム版は読んではいませんでしたが。
ただ、その章タイトルは目に入っていて。
この「傷つくこともできない」ってタイトルを目にした時の「(あっ、やばいやつだ)」ってなったのをよく覚えています。
もちろん展開は全く分からず漠然としたものでしたが、読んでみたらやっぱりヤバかったですよね。

千代田先生は把握していそうでしたけど、つまり須藤の本当の気持ちって……そういうことですよね?
だから「傷つくこともできない」っていうことですよね?



つらい



275p:婚 姻 届
⇒この千代田、人妻である


とか冗談挟まないとやってられねぇよ!!(アルコール2本目)って感じなんですけど、心の底から祝福する気持ちが大半を占めていることだけは主張しておきたいです。
本当に、本当におめでとうございます。
九十九と百瀬、二人のこの先の人生に幸多からんことを。

…………野々村百瀬かー(ニヤニヤ






まとめ





秋玻と矢野と春珂。

いよいよ三角の距離が限りないゼロに近づきはじめてきたわけですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は気が気じゃありません。
私にはどうしようもないですがどうしましょう……





みんなで幸せになる結末が訪れないことは分かっていますが、それでも尚願います。
どうか、みんなが後悔しない結末が訪れますように……




以上!






今日のラノベ!

エルフの山田さん(自称)


エルフの山田さん(自称)
1DKから始める世界樹育成生活

著者:
長尾隆生

イラスト:
冬空実

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 ある夏の日、ひとり暮らしの高校生・田中くんの部屋に不意の来訪者がやってきた。ビジネススーツに身を包み、隣の部屋に越してきたというその人は、自称エルフの山田さん。手土産に持ってきた盆栽(?)を「ミニ世界樹」だと言い張る彼をうさんくさく感じながらも、その木に「ミユ」と名付けて世話を始めた田中くんだったが……。小さな部屋から始まった田中くんのボタニカルライフは、自称エルフに続いてやってきた自称ドワーフや自称勇者を加えて、やがて世界を巻き込む大騒動へ!?



感想:★★★★★




隣に越してきた山田さんから引越しの挨拶にと貰ったミニ世界樹。
山田さんの会社の製品のモニターとして半ば強制的にミニ世界樹(ミニ・ユグドラシル)=ミユを育てることになった田中くんの、非日常的日常生活!






全体的にテンポよく進むお話だな、というのが第一印象でした。
あらすじに反してまだ世界を巻き込む騒動というほどのものは特に無く(異世界的には大事件連発ですが)、親バカの田中くんと、エルフの山田さん・ドワーフの高橋さんらがミユを愛でて、たまに異世界ネタを放り込んできて。

麦茶を吸収するくだりをはじめミユの成長に関わる発想が面白いのもあって、それだけでも十分面白かったです。







しかししかし!







この小説の真価はそこでは無いのではないかと、そう提唱してみたい……です。





山田さんら異世界勢は確かに謎の存在です。

では、そんな彼らに見出された田中くんは?




田中くんの他にも別の世界に居るというミニ世界樹のモニターはといえば、世界を救った勇者のスズキさんに、最後に出てきた女王のような誰か。

果たして地球だけただの一般人を選ぶのでしょうか?




また、田中くんがしばしば示唆するオカルト。
かつてオカルトが好きだった……というレベルではなく、妄執や偏執に近い域でオカルトに触れていたような気配があります。
そんな彼が「執拗なまでに」山田さんが異世界の存在であることを信じようとしない、その意味とは?




そう、この小説で1番謎の存在とは、田中くんに他ならないのです。




考え始めると、最初の一文

「何も変わらない毎日だった」


でさえ怪しく見えてきます……





以下そのあたり掘り下げているような気がする読書メモ






読書メモ




8p:ヴォイニッチ手稿
⇒なぁにそれぇ!
教えてWikipedia先生!

「ヴォイニッチ手稿とは、1912年にイタリアで発見された古文書。未解読の文字が記され、多数の奇妙な絵が描かれていることが特徴である」
ウィキペディア「ヴォイニッチ手稿」より

さて、これをメモした段階では「そんな冒頭に調べないと分からないようなのを入れて……」と思っていましたが、今思えばここから主人公のオカルト示唆があったわけですね……!
久々に読書メモが仕事した気がします!
(つまりメモ見返すまでは忘れていた)



14p:「俺はもうオカルトを信じない」
⇒読書メモ見返すまでは最初のオカルト示唆だと思っていた文章
意味深すぎる……



78p:遮音結界
⇒つまりやりたい放題……ゲフンゲフン



220p:『調査結果』
⇒調 査 結 果

何!?
え!!なんかあったっけ??えっ!!?

……って。
オカルト示唆にしてはちょっと物騒だし、大家さんも関わっているようだし……
田中 is 何者?



248p:おふくろの味
⇒そうだ……
冒頭すぐに山田さん登場、ミニ世界樹登場で全く気にしていませんでしたけど、主人公の田中さんの生活背景って1巻段階では明かされて……ないですよね……?
高校生の一人暮らし、する気配のないアルバイト。
そのうえで「おふくろの味は記憶も曖昧に」「あの日々を取り戻せるかも」ですよ?

ほっほぅ……??





まとめ



"見える謎"たる山田さんと、"見えない謎"たる田中くん。

この感覚は新しいです……!



いや、ぶっちゃけ中盤までは文章のあまりの読みやすさ、スラングの多様に「安っぽい」と表現するかで悩んでいたんですけれど、全然そんなこと無いですよね。失礼しました。
何重の意味をも持ったカモフラージュ、そういうことなら大歓迎です!






まだまだ育っていくであろうミユの成長記録と同時に、田中くんの今後と前日譚にも期待です!




以上!


↑このページのトップヘ