感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!


トモハメ2


トモハメ
友情音痴でぼっちな僕が、
クラスで一番人気な彼女に懐かれたワケ

著者:
懺悔

イラスト:
ポチョムキン

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 土屋巧(つちや たくみ)は空気でぼっちの無愛想な一生徒。
 そんな彼にも「ツッチー」と気さくに笑顔で話し掛けてくるちょいギャル美少女・鈴音真理(すずね まり)。二人は些細なきっかけから親友同士になった。幼少時のほろ苦い記憶から他人に興味が持てずにいた土屋だが、ただ一人だけ心を動かされる人がいる。それは行きつけの書店で働く『三つ葉ちゃん』。
 本名も知らない彼女に何も出来ない状況を鈴音に相談すると、ハイスペックな彼氏持ちの恋愛強者な彼女から告白の練習を勧められる。しかし練習するも中々自信が付かない土屋。そこで鈴音は『恋人になった後』のイメージを持たせて奮起させようと、より親密な特訓を提案する――。
 話題の著者・懺悔による『トモハメ』ワールド新作完全書き下ろし!



感想:★★★★★


おまけがおまけしてないんですよっ!!!

(前のめりでむっちゃ目ぇ輝かせながら)







 



大人気! 爽やか友達ックス小説第2弾!


あとがきで懺悔先生が述べられていたのがとても分かりやすいです。
『トモハメ』1巻がサイダーのような爽快感だとしたら、2巻はホットミルクティーのような安らぎの作品。





メイン登場人物は2人。

「友情音痴でぼっちな僕」こと主人公・ツッチーと、「クラスで一番人気な彼女」ことヒロインの鈴。


鈴は完璧なスペックの彼氏と完全無欠の幸せラブラブ生活の経験も加味しながら、ツッチーの恋を応援していきます。
お相手は、行きつけの本屋さんのカウンターにいつも居る女の子。エプロンに付いた刺繍から通称・三つ葉ちゃん。
連絡先どころかちょっとした会話すらできないほど純真なツッチーの恋、もう拗らせていると言っても良いでしょう……!(笑)



でもそんな彼を、鈴は笑いません。



それは自分の経験があったからかもしれないですし、「好き」の形が様々だとツッチーとの関係から学んでいるからかもしれません。
いずれにせよ、全く相容れないように見える2人は深く深く繋がりあい「友達」として進化していきながら、「好き」の表現の仕方を一緒に考えていくんです。

鈴の、そんな友達に対する親愛の表現方法が素晴らしい!!ということです。はい。



でも一方で、(これは本編では深くは描かれていない部分ですが)鈴もまたツッチーに励まされている面があると思うんです
年上の彼とは既に付き合い始めて長い為に最初の頃のような緊張は薄れてきているものの、未だ同年代でないことから生まれる微妙な壁があるんだと思います。
壁というか、「好きの示し方」に関する感性の違いみたいな。


そこをツッチーと確かめ合うことで、「これで良いんだ」と自信を持つこと、「これは友達、これは恋人」と明確な区別を付けることができるようになってるんじゃないかな、って。



品行方正で頭脳明晰とはいえ、どこまで行っても高校生ですから。不安に思うことの1つや2つあるでしょう。
かといってカーストや仲間内でのキャラ付けを踏まえれば、何でもかんでもクラスメイトに相談するようなことはできないでしょう。


だから、鈴にとってもツッチーは貴重な存在なんです。
もちろん本文中で描かれていた「異性としてではなく人として見てくれる」みたいな点も含めて。







そう、つまり今巻は、






それぞれの恋路を励まし合うための友達ックス






っていうことです。










だがしかし、ちょっと待ってくれ。






実用性は実用性で凄いんです!




というか、これだけ心にスポット当てた話を濃密にやってるのにほぼずっとヤってるの、紙幅の偽装工作疑惑がありますからね??(※偽装は無いです)


身体で繋がり心も繋がり、そして男は強さを得る……
痺れます……ッ


ある意味ここらは前作を超えていると言っても過言では無いでしょう……
あとパイ〇リ好きは無条件で読むべき
カラー口絵で1度タヒに、本文で2度タヒぬ。




そして、ね。
前作では(私には)ついぞ得ることのできなかった「友達ックスからの性的興奮の別離の感覚」が、今巻ラストのおまけパートで得られたんです……!!

ここまで前のめりに書きなぐってる燃料、ほぼここから湧いてきてます(笑)



本編で経てきたツッチーと鈴の会話、練習、そして励ましックスが決集したかのような。
否、決集したあのHシーンには涙ですし、その後の鈴の僅かだけど大きな心境の変化にはちょっとした苦味も感じ……。


そこまでやや実用性に傾いていたバランスを、一気に「書を読む」の方向に傾け直してくれるような。
胸がおっぱい、もとい、いっぱいになります……
なるほどミルクティー。



なんで「早く寝なきゃ……」って急いでるのに下ネタぶちかましてるんでしょうね。私は。(発売日当日/午前4時前)











同じ題材でここまで読後感が変わるとは思いませんでした。

ただ正直に言えば、中盤くらいまでは読んでいる間のちょっとした表現にはややマンネリを感じた部分があります。
キスの境界線だったり、「今の「好き」はもちろん恋人としての好きではなく友達としての……」って注釈だったり。


キスに関してはふふふはふははははははは(壊)って感じで、通しで見るとしっかり前作との違いは出ているんですが序盤はですね、しょうがないんですけどね。

注釈も性質上しょうがないというか、友達ックス慣れしてるせいで流したくなってしまうのかもしれません。

そんな慣れはいらないんだよなぁ!!








予習記事で触れていた「指輪」というキーは、前作以上のラブラブっぷりの示唆……というところでしょうか。
本文にも指輪に触れる描写がありまして、そかの背徳感はふふふはは(壊)
シーン的には、この表紙はラブホにツッチーを引っ張っていくところかな??










昨日2月27日には『トモハメ3』の発売が2019年5月に控えていることも発表され、ますます勢いにのる『トモハメ』ワールド!


勢いしかない感想になりましたが、ここまでお付き合いいただいた諸兄・諸姉方には是非とも今作品を手に取っていただきたいです……!

1巻を読んでいると「ふふふ」ってなるシーンが少しだけありますが、あとがきで補足があったので2巻から読んでもノープロブレムです!!
むしろその「ふふふ」を読んでから1巻行くのも面白いかもしれない……





最高でした!!!









以上!





どもー
デスカイザーです。




感想を書くの、実に21日ぶりです。
ちょろーっとメンタルやられ気味だったので一旦距離を置いていましたが、持ち直してきたので今日からしっかり更新していきたいと思います!





今日のラノベ!

極振り拒否して手探りスタート!


極振り拒否して手探りスタート!
特化しないヒーラー、仲間と別れて旅に出る

著者:
刻一

イラスト:
MIYA*KI

レーベル:
ドラゴンノベルス


【あらすじ】

 気がつくとMMORPG仲間達と白い空間にいた僕。そこには神がいて異世界行きを皆に言い渡してきた。しかもリミットまでに転移後のステータスを振り分けろと言う。仲間との連携を考えてゲームと同じヒーラーを目指しつつも、安全を考えてバランスの良い万能型構成にした僕だったが――。
 回復能力に特化しないヒーラーの異世界のんびり旅はじまります。



感想:★★★★☆




「同じ境遇に放り込まれた仲間達と共に、異世界生活を乗り切ってください」という神から無言で提示された流れに抗い、ただ一人冒険者として生き抜くことを決めた主人公・ルーク。
何も分からないところから、そして何か大きな力に流されそうなところから始まる異世界冒険者生活!!




面白かったです!!



自分に何が出来て、何を目指すのか。
そうした異世界で生きる上での根源的なところから描いていくストーリーにワクワクしました。

何というか……ポケモンで例えるなら最初のライバル戦が終わって「さぁジムをまわるぞ!」つてなるまでのお話がこの第1巻なんです。

この地域にはどんなモンスター(魔物)が出るのか。
貨幣価値はどのくらいか。
世界がどういう風に広がっているのか。

そうした本当に初期の初期なところを、堅実に自力で探っていくのが好きですね!



そう。
なので、世界はまだまだこれから広がるんです。

ゲームのパーティー達との出会いはあるのか?
ルークはどんな成長を遂げていくのか?
ルークの扱う魔法の正体と、妖精の役割とは?

まだまだ楽しむ要素が無限に広がっているからこそ、今のうちに下地を固めると言う意味でも読んで欲しい1冊かもしれません。






以下、細かいところを読書メモにて。




読書メモ



※p:枠線ありがたい
⇒能力説明を本文と完全に切り離してくれて、視覚的に見易く助かりました。
「剣撃 5」とかの数値にもスペース入れてくれたり、結構大胆に空間を使ってくれていた構成。



62p:初誤植
⇒2行目「銅貨10だけ枚」が、記念すべき私のドラゴンノベルス初誤植!
大丈夫、ここ以外は誤字誤植見つからなかったので気にしてない!!




87p:えぇ〜っ!
⇒空間歪んでポトってアイテムが落ちてくるシーン。
「ゲームのように能力値が設定できるけれど、あくまでも現実だからゲームのようにはいかない」っていうここまでの流れをぶった斬るかのような不思議現象で、一気にこの先が分からなくなったんですよね。良い意味で。
正確にはその前のゴブリンの体が消える現象からでしたが。

当然これらの現象にも一定の理屈があるはずで、それは魔法や魔物が存在する世界においては当たり前のことかもしれないんですが。
こういうちょっとした「元の世界との違い」みたいなものを細々と明かしていくのが、私にとってはこの作品最大の楽しみだったので、えぇと、うん、これからも読めたら良いなぁと思います。まる。



192p:理屈が分からない
⇒そう、だからここの「浄化魔法は何を基準に垢と皮膚を区別しているのか」みたいな気づきをしてくれるルークくんが大好きなのです



204p:おい172pの商人
⇒割と普通に商売になってるじゃねーか名役者め



206p:ゴ
⇒黒くてテカテカと光る素早い虫の羽ねぇ…………






まとめ




言ってしまえばテンプレからまだ抜け出せてないかもしれません。
何せ序盤の序盤。
ただ、抜け出す片鱗は既にいくつも見せて貰っています。

ヒロインの非固定化だったり、一般的には全く認知されていない力を主人公が振るうことだったり。


だから、面白い!!
「世界は無限に広がっている!!」っていうのを、これだけ清々しく描いてくれているのは本当に良いですね!!



2巻も楽しみです!



以上!






↑このページのトップヘ