感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

はぁ……。デスカイザーです。鬱です。

現在所持金278円。
明後日の午後にはお金入るはずだけど、明日と明後日の飲み物代でほぼ無くなるっていうww
まぁ、なんとかなるでしょ。きっと。たぶん。maybe


とりあえずそんなとこ。今日のラノベはこれー

螺旋のエンペロイダー Spin1. (電撃文庫)螺旋のエンペロイダー Spin1. (電撃文庫)
(2013/04/10)
上遠野浩平

商品詳細を見る


表紙からして禍々しい『螺旋のエンペロイダー spin1』です。

【あらすじ】
  私は自分がそこまで凄い存在だとは思ってなかった。ほんのちょっと常人とは違う特殊な能力があるってだけで。
 仲間たち皆で競い合って才能を磨いていこうって。でも、あいつだけは違うのかも。控えめな癖に、妙に強気で
 頑固で根拠不明の奇妙な男子、才牙虚宇介だけは……。世界から少しだけ逸脱した少年少女たちが集うNPスクール。
 統和機構の監視下のもと自ら置かれた危険な立場を知らずに無邪気な遊戯を続ける彼らに紛れ込む謎―――エンペロイダー。
 それは虚空の王にして螺旋の支配者。世界の未来も過去も、希望も絶望も、勝利も敗北も、すべてを制覇するという
 存在が影を落とすとき、子供たちに迫るのは輝ける将来か、崩壊の足音か……?



ひさしぶりに最初から最後までシリアスな本読んだ気がする。
いつもより主要な登場人物が多かったからいちいち挿絵に戻ってどんなキャラか確認するのがめんどくさかったw
記憶力の悪さがこんなところできいてくるなんて……!

俺の記憶力はともかくとして、
この作者の別の作品と世界観がリンクしてるらしいのでそっちも確認するつもりです。みつかれば。
それだけ物語が面白かったということで。
ていうか、この本読んだだけだと謎が増えてくだけで何も解決してないしね。
ちなみにお気に入りの女の子は序盤に死んでしまったのだよ……(泣)


以上!
 

だるいわー。デスカイザーっす。

昨日の夜から原因不明のみぞおちの痛みに襲われてるせいで精神的にギブアップしたいです…
明日乗り切れば3連休なんだけど、明日乗り越えられるか微妙です。

放課後友達とヴァイスやりました。
ラブライブとビビッドを使ってみたけど、ビビッドはホントに安定してめちゃくちゃ強かった。
ラブライブはギミックがほとんどない分、初心者には使い勝手がよさそうな感じです。弱いわけではない。
ビビッドはもう1デッキ買って改造してみるつもりです。
……ていうか、ブースター出たら4色デッキをガチで組まなければww
雑談終了


ピャーーー!今日紹介するラノベはこれじゃ!

氷の国のアマリリス (電撃文庫)氷の国のアマリリス (電撃文庫)
(2013/04/10)
松山 剛

商品詳細を見る


4月の電撃文庫の新刊「氷の国のアマリリス」です。

【あらすじ】
  氷河期が訪れ、全ては氷の下に閉ざされた世界。人類は『白雪姫(スノウホワイト)』という冷凍睡眠施設で
 眠り続け、そして、それを守るロボットたちが小さな村を形成し、細々と地下での生活を続けていた。
  副村長の少女ロボット・アマリリスは崩落事故による『白雪姫』の損傷や、年々パーツが劣化する村人たちの
 ケアに心を砕く日々を送っていた。全ては――――再び”人間(ごしゅじんさま)”と共に歩む未来のために。
  しかしあるとき、村長の発した言葉に、アマリリスと仲間たちは戦慄する。
  「――――人類は滅亡すべきだと思う」
  果たしてアマリリスたちが下す決断とは――――!?機械たちの『生き方』を描く感動の物語。


表紙のアマリリスと氷上三輪(スノウモービル)の絵が気に入ったでござる。
ロボット同士の和気あいあいな感じで物語が進んでいくと思ってたけど、
読み進めれば読み進めるほど、展開がシリアスになっていった。

細かいことは気にしない。
「アマリリスが可愛い」
それでいいじゃないか。



以上!

↑このページのトップヘ