感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!


この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる

この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる

著者:
土日月

イラスト:
とよた瑣織

レーベル:
カドカワBOOKS


【あらすじ】

超ハードモードな世界の救済を担当することになった駄女神リスタ。チート級ステータスを持つ勇者・聖哉の召喚に成功したが、彼はありえないほど慎重で…?「鎧を三つ貰おう。着る用。スペア。そしてスペアが無くなった時のスペアだ」異常なストック確保だけに留まらず、レベルMAXになるまで自主トレし、スライム相手に全力で挑むほど用心深かった!そんな勇者と彼に振り回されまくる女神の冒険譚、開幕!





感想:★★☆☆☆



だいぶ前にタイトルと帯に書かれていた下のセリフに惹かれて購入した作品。


鎧を三つ貰おう。着る用。スペア用。
そしてスペアが無くなった時のスペアだ。



冒頭28pで登場するセリフだったんですが、個人的に面白かったのはまさにここまで。
後はもう……正直苦痛でした。




この勇者、慎重に慎重を重ねる性格……なのはタイトルからも分かる通り。
鎧三つに留まらず、松明を500本買おうとしたり、聖水を1000個買おうとしたり。
モンスター相手の地道なレベリングはせず、時間が1/100のスピードで進んでいる神界で筋トレ、筋トレに限界が来たら神様直々に訓練をつけてもらい強制レベリング。

ここまでは、まだ想定内。


想定外だったのは、彼が異様に他人に高圧的なこと。
それと、他人の気持ちを踏みにじること。



結果的に彼の独善的な行動が良い方向に転がっているというのが、余計にキツいです。
結果ありきで物語が作られているというか、帳尻合わせ感がバリバリというか。



終盤なんて、
エルルを犠牲にする選択をしても鬼畜、
エルルの犠牲を許さないのならセルセウス様をフルボッコにした件がブーメラン、とどちらを選んでも酷い結末しか待ってなくて。
最終的に選ばれたのが「エルルは荷物持ちだから死ぬのは許さない(本音)」っていう、第三の酷い選択肢だったという。




そもそも本当に「慎重に」行くのだとしたら、あとがきの土日月先生のように他人からの批判や恨み言を恐れて極度な低姿勢になるはずなんですよね……。
仮にそれで「裏切り者」や「スパイ」があぶりだせたとしても、そこに至るまでにばら蒔かれた不快感による火種はメリットを上回るものになっているでしょう。


一応あとがき情報で、彼があのような態度を取っているのに理由があるという情報があったので、2巻を読んでみて……いや、カクヨムで読むかな……。
ちょっとこれの続刊に1200円出す気は……起きないかな……。





えー、

ダッシュエックス文庫の『骨の髄まで異世界をしゃぶるのが鈴木なのよー!!』が好きな方にはオススメです!
多分同じ系統。

逆に、ぽにきゃんBOOKSの『ああ勇者、君の苦しむ顔が見たいんだ』のような作品を求めている人には向かないと思います。






読書メモは無しです。
語り尽くしたので。




以上!



今回は、極力ネタバレを抑えているので未読の方もご安心ください!
……最終的なところは自己責任でお願いします(汗)


今日のラノベ!



SAOAGGO1


ソードアート・オンライン オルタナティブ
ガンゲイル・オンラインⅠ
-スクワッド・ジャム-

著者:
時雨沢恵一

イラスト:
黒星紅白

レーベル:
電撃文庫


【あらすじ】

身長183cmの女子大生・小比類巻香蓮。長身コンプレックスが災いし“現実世界”では人付き合いが苦手な彼女を変えたのはVRMMO“GGO”だった―。身長150cmにも満たない理想の“チビ”アバターを手にした香蓮は、全身ピンクの戦闘服を身に纏い、プレイヤー“レン”となってGGO世界を駆け回る!そんなレンの前に現れた美人プレイヤー“ピトフーイ”。GGO内ではレアな女性同士、意気投合するのだが―ある日レンは、最強ガンナー決定戦“BoB”のチームバトルロイヤル版“スクワッド・ジャム”への参戦をピトフーイから打診され…。時雨沢恵一&黒星紅白による、もう一つの『ソードアート・オンライン』が登場!




感想:★★★★★



TVアニメ放送中のSAOAGGO!






熱いスクワッド・ジャムだった!!






って感想で終わらせてもいいかな?ってくらいには熱かったです、スクワッド・ジャム。


あらすじにもある通り、本家SAOでキリトとシノンが出場したソロ最強決定戦“BoB”のチーム戦ver.がスクワッドジャム(SJ)。
ベテランからエンジョイ勢まで入り乱れての戦い……とはいえ、決してマグレだけで勝ち残ることはできません。
それなりの戦術眼とそれに伴うスキル、チーム内の統率、そしてそこにリアルラックが積み重なってようやく相手を倒すことができるというのがGGOの、そしてSJの特徴。

それを描くは『キノの旅』の著者にして、銃器大好き時雨沢先生っ!!
読む前から決め付けるのはあまり良くないかもしれませんが、この場合は例外でしょう!

こんなの面白い決まってるじゃん……!!
事実面白かったですし!!





さすがに「面白かった!」連呼するのもアレなので。

バトルの展開とかはなるべく書かずに、
もう少し踏み込んだ感想書いてみますね?



えー、SAOファンにはお馴染みのGGO世界が舞台です。
お馴染みでない方に向けて簡単に説明すると、荒廃した未来の地球を舞台にしたガンアクションVRゲーム!

そんな殺伐とした雰囲気がプンプン漂う世界で暴れるのが、我らが主人公・小比類巻香蓮(=アバターネーム・レン)
表紙のちっこいピンクっ子です!

現実世界での長身コンプレックスから逃げるかのように、チビアバターを引くまで各種ゲームをコンバートし続けるという執念の結果たどり着いたのがGGOの世界。
当然、ただの女子大学生ですから銃器に関する知識もゼロからのスタートです。




ここで既に2つの「ギャップ」が発生していますね。
身長と、銃への関わり方。


この作品は、意図してか偶然かは分かりませんが、こうしたギャップ、あるいは「リアルとゲームの二面性」とも言うべきものが1つのテーマになっているように思いました。



とあるキャラが中盤で見せた「リアル」があまりにもそれまでのキャラと違うものだったり。
女性六人組のアバターとリアルから受ける印象があまりにも違っていたり。
レンから見たピトフーイと、エムから見たピトフーイの印象が全く異なっていたり。



恐らく登場キャラほぼ全員が、自分というキャラをロールプレイしているような状態でした。
今後の展開の予想ですが、少しずつゲームとリアルのすり合わせていく中で葛藤と戦ったり、表面上逆でありながらも本質的に変わらない想いをお互いにぶつけ合うようなものになっていくのでしょう。
主にレンとピトフーイの間で。






同じGGOでも、シノンやキリトはどちらかというとリアルの影響を強く受けつつ、それを殺さずに強さに転換するというタイプでした。
外見も大きく違うということはなく、ロールプレイもせず。
対峙したPoHに対して、彼らだからこそ言えた言葉もあるでしょう。
そして、同じような展開となった時にレンが同じ言葉を口にできないことも明白。

リアルの死が目の前に提示されたら?
ゲームで「殺す」ことと、リアルで「殺す」ことの違いは?



1巻では、なんとか「ゲームであって遊びでもある」の範疇に収まってくれましたが、2巻以降でどんな展開になるのか。
……本家SAOへの影響を考えるとリアル死人が出ることは想像しづらいですが、アサダサンアサダサン事件のようにゲームを利用したストーカー殺人というパターンも無くはないですからね。
……オフ会提案されてましたしぃ?







読書メモを挟みます



読書メモ




※※p:地の文敬語、珍しい……
⇒レンの丁寧な性格が出ていて、珍しかったけど特に抵抗感もなく。
しかも三人称になります……よね?これ。
一人称の敬語なら『あなわた』のような例もありますが。
めっずらしい……おもしろい……



90p:ユメセカイ
⇒唐突なアニメEDにより原作ファンの墓標が乱立することになるのがココ。

真面目な話、
不吉の前触れ(=本家GGOと同じくリアルデス・ゲーム開始フラグ)と取るか、本質的なテーマ(リアルとゲームの狭間、それぞれのメリット・デメリット)を共有していることの示唆なのか。
どちらかというよりは……両方なのかしら?



94p:ピトフーイ=エルザ
⇒あまりにもタイミング良くて邪推しましたが……多分違いますね!
えぇ、多分!違う!



97p:背が高くて……
⇒後輩ちゃんが香蓮を見て漏らした言葉ですが、恐らく続くのは「素敵」だったのでしょう。
しかし、香蓮はコンプレックスを抱いているせいで、そうは受け取らず……。
うつ病の初期症状のひとつ「過剰反応」に近いことからも、彼女が今まで相当思い悩んできたことが伺えます。



149p:アニメ1話、スタート!
⇒ここから242pまでがアニメ1話の内容になります。
2話タイトルが「GGO」だったので、恐らく149p以前の内容を1話で振り返り3話以降に繋げていくのでしょう。
となると、1クールなら3巻の「セカンド・スクワッド・ジャム」までになりそうですね!
2クールならオリジナルを挟みつつ5巻「サード・スクワッド・ジャム」まででしょう。



326p:SAOの始まりだー!
⇒第11章タイトル「デスゲーム」

これ以上なくSAOを暗喩してますね……。
この後338pのSAOサバイバー示唆も含めて考えると……殺伐とした展開を想像せざるを得ません……



372p:ヴィントレス
⇒おっそろしい銃ですね……!
中距離狙撃、サプレッサー標準装備、弾速を亜音速に抑えて衝撃波なし。
はっはぁ……。
もう感嘆しか出てこないです……(笑)
いや、うん、現実的に最強じゃないのかい?これ。




まとめ



450p近いプロローグと言われても違和感は無いかもしれません。
「何かが起きそうで起こっていない」という感覚があって、これが感想を書きづらくしてる要因な気がします。

ガンアクションものとして見れば、やはり質は高いのだと思います。
銃は状況を考慮しつつも有名なものからマニアックなものまで多種多様に登場し、1巻の中で森、市街地、住宅地、湖畔、荒野といくつもの戦場を移動。
1ターン10分という区切りの中で繰り返される濃密な戦いは、1つも同じものがなく、常に新たな戦術にワクワクしながら読めました。


では「SAO」として見たらどうか?となると、まだまだ未知数です。
そのキーは間違いなくピトフーイにありますが、彼女がどう出てくるのか想像ができませんから……。





面白かったです!
そして、予想のできない2巻以降が楽しみです!



何の躊躇いもなく「SAO」を「ミステリ」や「アクション」と同列に物語ジャンルとして捉えていた自分にびっくりしつつ……



以上!









↑このページのトップヘ