感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

ワキヤくんの主役理論2


ワキヤくんの主役理論 2

著者:
涼暮皐

イラスト:
すし*

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 青春公園での一件の後、俺はこれまで通り、青春を目一杯楽しんでいた。学校で勝司たちと他愛も無い話をしたり、駅前にやたら良い雰囲気のおでん屋台を見つけて、店主の少女・赤垣此香と友人になってみたり。――しかし、日常は唐突に破られた。
「我喜屋先輩は姉が好みではありませんか?」
 突如やってきた、叶の弟・望くん。彼の目的が全く解らないまま、何故か目の前でさなかとデートすることに。しかし、さなかも何か思うことがあるようで……?主役男と脇役女によるおかしな青春勝負、第2弾。今回はさなかが主役……!?



感想:★★★★★




ずっとさなか(と望くん)のターン!




1巻との同時更新でいきますよー!!
お祭り騒ぎだー!!
わっしょーい!!





というわけで第2巻。
青春公園での青春を経て青春同盟を組んだ2人がそれぞれの理想の青春を達成するためおでんと雑炊を食べるお話。




それはともかく、さなかが、可愛い。
1巻の読書メモで「無限に可愛い」と書きましたが、訂正します。
超絶無限に可愛いです(語彙)

え、もう主役理論とか良くない?
さなかとのラブコメで良くない?



とか少なからず思ってしまいますが、主役理論あってこそのこのもどかしさなのでグッと堪えて叫ぶに留めます。


スゥ……















さなかが可愛い!!









某ゆずソフトのサノバ魔女に引っ張られてるのは重々承知してますが、もう絶対CV:小鳥居夕花ですよね!!高森奈津美と言ってもいいイタズラ目してThank you♡
もうあからさまなまでに我喜屋のこと好き好きオーラ出てて勝司や葵にバレバレなのに、やっぱりラブコメメインヒロインらしく我喜屋には1%くらいしか伝わってないのが最高に狂おしく好きです!
自分から偽装カップル&デートを提案しておいて、いざ我喜屋が「好きな人の特徴」として自分の特徴を上げると真っ赤になって俯いちゃうの最高ですし、入学前に見た我喜屋の例の行動を覚えていてある意味そこに惹かれたと言っても過言ではないのに、まさにその点でおいて我喜屋に見劣りするからと話せなくなっちゃうのも真面目な性格が垣間見れて良き良きの良きです!!第二回青春公園青春論争における立ち回りも、投げやりに自己開示しつつこんな自分を認めてくれるのではないかとやっぱり好きな我喜屋への信頼があって、でもそんな投げやりな君も好きー!……って。




落ち着こう。





新キャラのおでん屋店主・此香は、第三の青春理論者ですよね。
名前は付けていませんでしたが。

皆で楽しんでこその青春。
本当に信頼できる友以外を求めない青春。

それに対して……今やれることをやる青春とでも言いましょうか。
名付けず、争わず、ただ黙々と自分の信条に基づいている姿はまさに職人。
……口を開けば年相応というのがまた良いですよね!





あと挿絵登場率の高い望くん。
彼は……何なんでしょうね……
いや、エピローグで予想通り我喜屋が迫ってくれたんですが、想定通りはぐらかされましたからね……

妙に老獪……なのは良いとして《脇役哲学》に関わっ……てはいないでしょうけど何故知っている?
あとどうやって部屋に入った……





叶は今回は存分に《脇役哲学》してましたね!
《主役理論》がまだ不完全なうちにリードを広げてしまおうという魂胆か。
まぁ普通に楽しんでるだけなのだけど。

まさに「我喜屋が主役の物語に脇役として登場する」という前巻の結論を忠実に実行しているといった感じでした!

我喜屋も「主役はこんなことしない」みたいに相変わらず自己否定(向上心?)に邁進していましたが、傍目から見ている分には十分主役してるんですけどねぇ……






読書メモ




79p:ダッ
⇒なかなか無いタイプの誤字ですね!!
会話括弧の先頭がダッ、て。
校正さん……!!



112p:惚れたりしない
⇒そういう確認を入れるから不安になるんだよコンチクショー



212p:そんな女々しいこと
⇒未那くんは叶と一緒に川原ごはんしたかったことくらい、皆知ってるからね!
素直になっちゃえよ、ほら!ほら!!!



293p:秋良
⇒そっかー。
ずっとメガネかけたインテリ男子だと思って読んでましたが、性別についての言及ありませんでしたねー?って名前見て思いました。



まとめ


いやぁ……最後の最後まで、さなか可愛かったなあ……
1巻の感想でも書きましたが「理想のヒロイン像」を詰め込んでますよね。
なのにあざとくない。
見えて天然。
素を捨てきれてないまま可愛く振舞おうとしてるいつものやつとか、もう、1周まわって成功してるじゃないですか。
なんなの??
天使?それとも可愛く擦り寄る猫?
猫といえば前川みく



3巻は出るんですかねぇ……
出てほしいですねえ……

どうやらカクヨム勢によると、4巻くらいまで出ると書籍で胃痛を楽しめるとのことなのです。
時間ができたらカクヨムで読んでも良いんですけどねぇ……
やっぱり紙で読みたいので、カクヨム版を読むかどうかは別として続刊を待ちたいと思います!




ひとまず……


叶と未那がお互いのアイデンティティを潰す、つまりは融和ではなく、お互いを好き合ってしまう展開がしばらく来ないことを祈ります。









以上!



今日のラノベ!

ワキヤくんの主役理論


ワキヤくんの主役理論

著者:
涼暮皐

イラスト:
すし*

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 青春を最大限楽しむためのメソッド《主役理論》を掲げ、夢の一人暮らしを勝ち取った俺・我喜屋未那。隣に住む少女・友利叶も一人暮らしで、クラスメイトで、バイト先も趣味も嗜好も全てが同じ……なのに俺と真逆の《脇役哲学》を掲げる、決して相容れない天敵だった! そんな叶との口喧嘩の果て、同時に部屋の壁を蹴破ってしまい、何故か同棲する羽目に。そして俺たちは、やはり同時に考えた――これは戦争だ、と。
「そのさもしい青春に嫌気が差したら、いつでも言ってくれればいいぜ?」
「そっちこそ、煩わしい人間関係に嫌気が差したら、いつでも頼ってくれていいよ」
 俺の《主役理論》と叶の《脇役哲学》、どちらが正しいのかこの同棲で白黒つけようか!





感想:★★★★★




はい、好き







質問箱で匿名の緋悠梨さんから「このラノまでに読むべきラノベ」としてオススメいただいたので、というか事あるごとにオススメされていたのでいい加減読もうということで読みました。
……ちゃんと発売直後には買ってたんですよ!!










《主役理論》と《脇役哲学》
同じ起源から成立した全く逆の思想を持つ2人が、自分の青春の正しさを証明するための戦争を描く物語。


なんだかんだ243pの一文に至るための物語だよなぁ、というのが素直な感想です。
2つの理論が出てきた時に、真っ先に思った妥協点そのままが結論でした。


でも、それがつまらなかったかと言うと全くそんなことはなく。
むしろ、この物語の真骨頂はこの素直な結論に行き着くまでの過程のめんどくささにあると思います!






そう、めんどくせぇこいつら!!





我喜屋の一人語りというか言葉遊びが多いし、《主役理論》と《脇役哲学》をぶつける2人はなまじ自分の信条に誇りベタベタだから口論がとても具体的!!
お互いをこれ以上なく理解してるから話の展開早いのに、何故か話が進んでないし!

パラパラ見てるとよく分かるんですが、ほんと文字ギッシリなんですよ!この作品!!



そこが!良いのだけど!!!







1歩進んで2歩下がる、そして4歩進んで2歩戻る。
あるいはスタンドを立てたままのママチャリを全力で漕いでいるような。

この凡そ一般的には無駄とされてしまう労力をそれはそれで楽しめてしまうのが我喜屋と友利。
(趣味が本質的に無駄なことだとか、そんな感じのこと本文にありました……よね?)
(2巻でしたっけ?)
何とも言えない羨ましさを感じてしまいます。

いや、んー……

多分彼らの凄いところって、この無駄を楽しむことを理論として組み立てていることですよね。
偶然の無駄を楽しむことなら誰でも出来ますし。

でもその凄さに一定の共感を覚える部分もあって、多分その共感ってオタク特有の凝り性というか、「これに熱を入れる」って決めた時の無駄な行動力に通じるのかなぁ、と。




つまりは、2人は青春オタク

自らの青春を彩るために手を抜かず、妥協せず。
でも根底にあるのは「過去の自分の否定」と「理想の自分への共感」。


だから理想の結末は「相手を自分の中に、自分を相手の中に」入れてしまうことで、この同時に成立しなさそうな2つを同時に達成することこそがこの物語の最終到着地点……と見た!

いや、まぁ見たも何も「融和」って73pに書いてありますけど。
スタート地点に立つまででここまでめんどくさいんですから、この先が思いやられると言うものです。
どんな言い争いが見れるのかワクワクです!


(純粋な目)
(……をどこまで維持できるのか)






以下、まったりと読書メモを消化ー




読書メモ



13p:主役理論
⇒ちょこちょこ「第〇条」と出てくるんですが、一覧とかがあったらもっと楽しめたのかなぁと思います。
《主役理論》をより完璧に近づけるための物語という見方も十分以上に可能ですから。
冒頭だとネタバレもあるでしょうし、巻末とかにね……
一応表紙背景に書いてあるんですが……いや、さすがにこれは読めない(笑)



96p:さなか
⇒ラブコメの予感
いいよいいよ、もっとちょうだいそういうの!!



96p:青春含有率
⇒地の文、素で思っていることだからこそ、ここから我喜屋の油断とか見抜けそうだなぁ、とふと思いました。
浮かれたら落とすの法則。



166p:会話
⇒すごい自然な会話。
でも冷静に想像してみると、今の若者がこのやり取りをしているかというとNOなんじゃないかな……
いや、これはリアリティが欠けるとかではなく、物語の若者理想像と現実の若者理想像の乖離、あるいはラノベ的に進化しすぎたスクールカーストの虚構性についての考察でして……
「青春オタク」ってフレーズか浮かんだのはこのあたり読んでる時でしたね。



167p:敬礼
⇒さなかの敬礼かわいい、無限にかわいい

っていうかさぁ!!
まず間違いなく理想のヒロイン像をふんだんにまぶして出来上がってますよね、さなか!!
こんなの好きになるのというほうが無理じゃないですか!!!

……あぁ、そういうことか!!
(唐突に何かを悟るdeskyzer氏)



181p:そういうとこだろだ
⇒ほんと、そういうとこだぞ!



185p:バカバカバカバカ
⇒さなかの一挙手一投足一言一言が可愛くて仕方ないんですが、どうしましょう。
あ、先に言っておきますね。
2巻ありがとうございます!






まとめ


青春の全てが詰まっている……というにはあまりにもめんどくせぇ彼らですが、でもつまるところこの「迂遠さ」「面倒くささ」こそが青春なのだと思ってしまいます。


思わされたら負けですよ、まったくもう!!

負けました!!




文章がとても好みで読んでて楽しいので、2巻も早く読み…………まぁ言ってしまえばもう読み終わってますが。
同時更新で感想をお届けしているので、そちらもよろしければどうぞ。








以上!





↑このページのトップヘ