感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

魔術破りのリベンジ・マギア 6


魔術破りのリベンジ・マギア
6.九尾の権能と鬼哭の獣

著者:
子子子子子子子

イラスト:
伊吹のつ

レーベル:
HJ文庫


【あらすじ】

 留年の危機に陥ったティチュと鴨女を連れ、補講代わりのレポートを完成させるべく大和へ帰国した晴栄。陰陽寮へ帰還したことで改めて自身の成長を実感するが、その変化は狐狼丸との“契約”に歪みを生じさせていた。
 そして、歪みをきっかけに己の在り様を問う狐狼丸に声がかかる。
「久しぶりよな――いいや、はじめましてと言うべきかのぅ?」
 彼女こそは【邪悪の樹】序列第七位、『色欲』を司る妖婦・九曜。《白面金毛九尾の狐》として知られる、最後の神獣だった――




感想:★★★★★






一人と一匹の絆は新たなステージへ!!







まずは狐のほうの話。コーン


復讐によって繋がっていた晴栄と狐狼丸。
歪にもシンクロした主従として描かれていた二人の関係も、晴栄が復讐とは違う道――改革を選択しようとしていることによって、歪みが表出。

そこに現れる九曜。白面金毛九尾の狐。
人の伝承により悪しき存在へと塗り替えられ人への憎悪に燃える伝説の大妖怪と、両親を殺された憎しみでもって陰陽師を憎み復讐を誓った狐狼丸。
根本的な存在のあり方としてはもちろん血縁として両者が繋がっているのは自然なことで、故にこそ狐狼丸が晴栄の元を去る決断の最後のひと押しになり得たのでしょう……


しかし、しかしですよ。
「復讐の道を違えれば“共犯者”の権利として殺す」と宣言している狐狼丸と、「お前にはその権利がある」と認めていた晴栄が、実際に道を違えた時にああいう戦いをしてそういう着地点になるところが、やっぱり二人の芯の優しさを反映しているな、とニマニマさせてもらいました!










復讐を決意するということは!


それだけの情を捧げる誰かが居て!


それだけの情を持つ人であるということ!!








この点は晴栄というキャラを読み解くにあたって、やっぱり外せないですね!








……では、人への憎悪に燃える九曜は???ということですよ。えぇ。

人の情に助けられ、人の愛を一身に受け、それを返そうとしているだけなのに周囲に悪と断じられ国を傾けることとなってしまう彼女。
狐狼丸へ手を差し伸べたのも自らの血を分ける者と過ごすとか、権能の回収とかの主目的以外にも、狐狼丸に自分と同じ思いを味合わせない為っていうのもあるので、やっぱり憎めない存在です。
いや、物語的にもそういう方向性ではありますが。
それ以前のキャラ造詣、神格形成の段階でそう感じるのが今巻の敵さんであるところの九曜さんでした!









……で、主従の話はめでたしめでたしだったので忘れそうになってますが前半戦の情報量がな!!!!??








……っていう話は一応ネタバレパートですることにしましょう。







『リベンジ・マギア』のリベンジの意味が明確に変わる第6巻!







男装しているハルナちゃんも可愛かったぞ!!

(性別の概念がゆらぐ!)







というところで……



一旦、以上!















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


スポンサードリンク

続きを読む

どもー!
デスカイザーです!



5月こそは体調整えて、アプリを一段落させて読書したいな!と思って3日で体調崩してます。

_(;3 _/∠)ゞ


読書が進まない分、感想積んじゃってる作品を崩していきたいですね!
……じゃなくて、体調管理気をつけます、はい。本当に。






では!!
今月もレジェンドノベルスの新刊予習から!!

画像にアマゾンリンク仕込んでるので、気になったら即ポチできます!







レジェンドノベルス
2019年5月刊は
5月7日(火)発売!!











◎『レベル1の異世界転移者 2 俺だけレベルが上がらない』


著:二上たいら イラスト:宮井晴輝
ISBN:9784065148938





レーベル内作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 天球教会から追われる身となったワンたち一行は、兎人の少女ユーリアを連れてアルゼキア王国の脱出を図る。目指すのは遥か西、山脈の向こう側にあるユーリアの生まれ故郷、オーテルロー公国。
 道中、法外な関税によって足止めを食った一行は路銀を稼ぐために冒険者ギルドへと登録する。魔界を人界えと作り変える事業に参加した一行を待ち受けていたのは、冒険者ギルドでも予測していなかった強大な魔物の存在だった。
 命を賭けた戦いはひとりの少女を戦士へと目覚めさせる。ワンに全権を預けたことによって、ステータスを望みのままに成長させられるようになったメイドの少女シャーリエが望んだ力とは……。
 様々なトラブルを乗り越え、兎人の国であるオーテルロー公国で彼らを待ち受けていたのは、さらに過酷なトラブルだった。
 最強のスキルセットを求めてレベル1から始まった異世界冒険譚。待望の第2巻がここに登場!


U・S・A・G・I・! 

レジェンドノベルス既刊未読の中だとトップ2くらいに読みたい作品(deskyzer調べ)、堂々の第2巻登場です!
内容について話せることが多くは無いんですが、「なろう」の1話を読んだだけでも契約、レベル、スキルについての設定が面白いので試し読み感覚で覗いてみるのもオススメです!
サブタイトルと1話の契約内容を照らし合わせると「あっ(察し)」ってなれますし、そこから連想すると……うん、はやく読もう本当。







NEXT!





◎『 Abyss 1 賞金2700億円のVRMMO』


著:七切聖虎 イラスト:海凪コウ
ISBN:9784065148952





レーベル内作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 病気の妹を救うため、青春も自由な時間も捨てて身を粉にして働いている小鳥遊夕人は、妹の完治のためには高額な費用がかかる手術が必要であると知り、絶望する。しかし、賞金総額2700億円というあまりにも破格な額で世間に衝撃を与えたVRMMOゲーム『Abyss』の存在を知り、手術代を稼ぐために挑むことを決意する。
 ゲーム開始当初は、敗北したプレーヤーを「隷属」させるというシビアなゲームシステムに戸惑う夕人だったが、妹のために手段を選ばず勝利を目指すことを決意するのだった。
 しかし、破格の賞金を目指すのはもちろん夕人だけではない。一攫千金を狙う手練れのプレーヤーが夕人の前に次々と現れる。<魅了>のスキルを持った不思議系美少女の菜弓、15歳にして賞金型VRMMOで大金を稼いでいる朱音と行動を共にしている運動部系の青年・陸。そして、<グリフィン>の異名を持つ上級プレーヤーのアリサ……。彼らを仲間にし、そして戦いながら、夕人は勝利をつかむため、ひたすらまい進する。
 ゲームとしてはあまりに過酷。しかし、夕人は勝たねばならない。運命と救済の戦い、開幕。

妹の治療費を稼ぐため、賞金求めてVRMMO!


「妹を救う」という動機の優しさと、「手段を選ばず勝利を目指す」シビアさが同居しているのが良い、というのがあらすじと「なろう」1話を読んだ感想です。
その狭間で苦しんだり、目的と手段が入れ替わったり、私としてはどうにもハッピーエンド以外の結末を想像してしまいがちです……
ハッピーエンド目指して、夕人プレイヤーにはダンジョン経営をしっかり頑張ってほしいところです。

これはどこ目線の予習になるんでしょう……(?)


七切先生は初書籍化、海凪コウ先生も初ラノベイラストと初コンビですね!
多分。
海凪コウ先生に関しては、今月オーバーラップノベルスから刊行される『スキル『市場』で異世界から繋がったのは地球のブラックマーケットでした 1』の挿絵も担当されるみたいなので、イラストが気になる方はこちらも要チェック!










NEXT!




◎『すべてのチートを過去にする異世界超科学 2』


著:epina イラスト:ox
ISBN:9784065151037





レーベル内作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 異世界アースフィアに召喚され、聖剣を託された勇者・明彦。一見、平和で清浄に見えるこの星は、途方もない悪意も内包したうえで、絶妙なバランスで成り立っていた。
 人の不幸を見て見ぬふりのできない性格の明彦は、この世界の住人にとって余計なお世話であると知りつつも、恒久的な平和を築くため自らが有す「超科学テクノロジー」でアクションを起こす。まずは政情不安定なカドニア王国から……と思い立つも、救済は想像を遥かに超える艱難辛苦な道のりであることを悟る。

(目次中略)

 彼と超科学技術は、窮状に陥ったカドニアの民を救えるか――!?
「魔を極めし王女」リオミをはじめ、「剣聖アラム」として名を馳せたシーリア、「魔王に支配され暴虐の限りを尽くした竜の少女」ディーラ……明彦に寄り添うキャラクターのそれぞれが、自身に濃い“物語”を刻んでいる。
 異世界超科学はもちろんのこと、明彦と仲間の絆が鍵となる人気シリーズ第二弾!


異世界で超科学!
しかし真に描かれたるは、”他者に慮られることの少ない者たち”の胸の奥!
愛と勇気とロマンの詰まった話題作第二弾!!



国を救う、世界を救う。
それが一朝一夕のことでは無いのは自明。
1巻冒頭の宇宙からのズドンだって、その場は解決していてもその名残があって……、という話でしたし。
大きな力を適切な方向で使うこと、そして人の心に寄り添うこと。
どちらもが為された時に初めて物語が明るい方向へと進み出すのでしょう。

そしてそれを描いてくれるという信頼があるから、この作品は好きです!!
期待!







NEXT!



◎『迷宮のスマートライフ 1 鈴木健一郎のダンジョン攻略メソッド』


著:飼育員B イラスト:鈴木康士
ISBN:9784065151310





レーベル内作品ページはこちら
「小説家になろう」作品ページはこちら


【あらすじ】

 迷宮から得られるアイテムを求めて多くの探索者たちが迷宮に潜り、そのうち3割から4割は潜ったまま帰ってこなくなる。主人公のケンはそんな世界に流れついて早5年。安全マージンを十分とって慎重に慎重を重ねる彼なりの探索スタイルを確立し、堅実な探索者生活を送っていた。
 だがやはり現在よりも収入は増やしたい。迷宮内での移動に費やす時間を短くすれば、狩れる獲物も多くなり必然的に年収も上がる。<転移>門を使えばワープで大幅な時間短縮ができるのだが、ケンにとって門番のロック・ゴーレムの存在がネックとなっていた。
 そんなある日、幸運にも貴重なアイテムが入った宝箱を発見する。ケンは考える。
「宝箱の中から出てきた物をどう利用してやろうか――」。
 迷宮産の貴重なアイテムを前にして、彼がとった選択は、たしかに筋は通っているものの、ちょっと驚くようなものだった。
 その選択のきっかけとして、長い間ずっと代わり映えのしなかったケンの周囲を取り巻く状況がゆるやかに、だが確実に変化を始める。

(目次中略)

 身の丈に合った能力で最大限のリターンを確保する冒険者ケンの生きざまは、貴方の心にきっと響くはず!」



ブクマ1万件近いとはいえ3年以上更新されていない作品をよく発掘してきたなと、レジェンドノベルスのスコッパーさんへの敬愛がまた一段と深まりました。
そういうとこだぞ(いいぞ)



あらすじを読む限り、盛り上がりそうなのは「ケンの考える他人とちょっと違った、けれど別段無理のない範囲での画期的な迷宮攻略法」というポイントですよね。
そこがハマれば面白そうですが、逆にハマらなかった時が……とか一応考えてはみますが、レジェンドから刊行されるってことはつまりハマるってことなんでしょうね!!


ケンが冒険者としてどんなアクションを起こすのか、楽しみです!









~~~~~~~~~~~~~~~




……ということで、令和最初のレジェンドノベルスも新作2冊、続刊2冊の計4冊!
今月も表紙力が高いですが、特に『Abyss』と『すべてのチートを過去にする~』が並んだ時の破壊力が強そうに見えます!
相乗効果!!




では最後に改めて。


レジェンドノベルス
2019年5月刊は
5月7日(火)発売!!






以上!

↑このページのトップヘ