感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

おっすおっすー。
デスカイザーです。

昨日は「電撃文庫 秋の祭典」楽しんできましたー!
拍手しすぎて手が痛い…。

ということで、長くなること覚悟で色々まとめてみよー!


【会場まで】
3時半起床

4時出発

6時アキバ着
待機列へ。
ちょうど列形成開始のタイミングで、60人目くらい。

4時間待機
設営してるスタッフ見てテンション上がったり、
電撃文庫 FIGHTING CLIMAXの画面見てテンション上がったり。
ここまで電車内も含めて、2冊読み終わった。

そして、
10時会場!

【物販】
デスカイザーの購入情報。
NCM_0268.jpg
NCM_0269.jpg

・20周年記念福袋(上画像)
  ・『狼と香辛料』ポストカード付きフィギュア
  ・『シーキューブ』ブックカバー(右上青いやつ)
  ・『天使の3P』クリアファイル
  ・『9S』ドラマCD
  ・『キノの旅』キーホルダー
  ・『SAO』リップクリーム(!?)
  ・『さくら荘のペットな彼女』ボールペン 
  ・『アクセルワールド』メモ付箋
  ・15th記念ムービーディスク
  ・名言Tシャツ(キノの旅)
・公式海賊本「20de20!」
・クリアカード×15(ランダム封入・全15種類)
・クリアカードホルダー

福袋にはシャナの定期入れもあったんだけど、電撃くじでたまたま前に並んでた人がシャナファンだったらしく、売ってくれませんか?とのことだったので売りましたー。
やっぱ、好きなひとのところにあるほうがいいもんね。
…by3期は6話までしか見てないデスカイザー。

ちなみにクリアカードは大分かぶりました。
ロウきゅーぶ×3、ゴールデンタイム×3、禁書×2。
本命がびみょーに当たってないのも悔しいですー

NCM_0271.jpg

こちらは先行販売されてた電撃くじの景品!
・B賞(ブランケットだったかな?)
・C賞×3(ストレージボックス)
・D賞×3(キーホルダーみたいなやつ)
・E賞(ちっちゃいフィギュア?)
・F賞(F-2とF-4、A5クリアファイル)

B賞で当たったシャナのブランケット?はくじで前に並んでた人に(ry
やっぱ、好きな人のとこr(ry

目標がF-3(アリスリローデッド入り)だったのでしょぼーん。
金銭感覚が麻痺ってきてるけど、当たるまで引きたい気もする。

【展示】
物販の2階でやってたのでそのまま直行!
作家さんのデスク周りの写真とか、フィギュアとか色々とあって面白かったです。
サイン色紙は公式サイトか電撃MOBILEかなんかで写真出てたよー!
…俺、茜屋まつり先生と岬鷺宮先生見たら満足しちゃって他の先生のみてないからあとでじっくり見てくる。

あとは、これ!
NCM_0260.jpg

電撃キャラ大集合!
これかな?
黒星紅白さんの集合イラストってのは。
左下に案内看板あったのにスルーしちゃったから分からない…
いや、だって、テンションあがっちゃったんだもん!
細部の確認はダウンロード&拡大をどうぞ。
中央左のキリトさんかっけえ!

【SAOステージ】
さてさて、長くて正直俺自身めんどくさくなってきたぞー。

だが、続ける!


デスカイザー初のSAOイベント!
やっぱつぐつぐ(キリト)と彼をいじる周りの面々が面白かった!
そして、最新情報も!

まずはextra editionの放送情報!
放送日時は12月31日22時から!
TOKYO MX、BS11、ニコニコ動画で放送の予定らしいです。
内容のほうは、公式サイトでチェックだ!
水着が期待できるとだけ伝えておこう!

そしてゲーム化第2弾!!
アインクラッドでキリトさんが、また誰かと出会って何かを起こすみたいです。
発売は来年。機種はVitaらしいです。
俺もとうとうVitaを買うのか…。

【ロウきゅーぶ】
どんどんいくよー。
立ち見が多すぎて入れるかどうか危なかったロウきゅーぶステージ。
やっぱ唯ちゃんかあいいよー!
もちろんりなちゃんも!

【はたらく魔王さま】
超電磁砲と迷った結果こっちにしました。

下野+日笠+おのゆー+その他の乗っかり
…で、とってもカオスで愉快で笑いすぎてお腹痛かったw
奈央ちゃんの赤ちゃん演技が可愛かった。
萌え死ぬって意外と身近なんだね。

【ストライクザブラッド】
正直このあとのスペシャルステージの場所取りの意味合いが強かったりする。
でも、ストブラに興味を持つには十分すぎた。

なんというか、もう少し重い感じだと思ってたんだけど、
意外とそうでもなさそうで楽しみです。
うわー。それ以上思い出せない…。

【スペシャルステージ】
このために来たと言っても過言では無いね!
場所取りのおかげもあって前から3列目くらいを確保!
間近で声優さんをたくさん見れた!

内容のほうは…。
最初に『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の最新情報!
『デュラララ』の静雄と『アクセルワールド』の黒雪姫の参戦決定!
そして今週の金曜から新宿と秋葉原で試遊台が置かれるそうです!行かないけど!
さらに、ステージ直前に決まったらしいんですが、家庭用ゲーム化決定!
…俺としては、今日来るまでゲーセン用だとは思ってなかったんだけどな!
朝試遊台見て「ゲーセンで格ゲーはなぁ」と考えていただけに朗報でした。
音ゲーはできるけど、格ゲーはなんか敷居が高い気がするんだよね。

次にメディアミックス情報!
①『ブラックブレッド』アニメ化決定!
正直、会場での知名度はあんまり高くなかったのか盛り上がってはいたけど……って反応でした。
まぁ、そんな雰囲気は主演声優登場で吹き飛びました。

主人公:梶くん 
ヒロイン:日高里奈ちゃん

そりゃ「うぉー!」ってなるよ。
まさかの『ロウきゅーぶ』コンビだし。
司会の三澤紗千香ちゃんも「ヒロインの10歳幼女は梶さん的にはどうですか?」とか聞いちゃうし。
屋外ステージにも限らず
「やっぱり小学生は最高だぜ!」
って梶くん叫んじゃうし…。
それに対して俺含めた観客は「うおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!」だからね。
大丈夫かな?治安的に。
生で「最高だぜ!」聞けて良かったです。
……ブラックブレッドについてはwiki参照で。

②『魔法科高校の劣等生』アニメ化!
こっちはブラックブレッドの5倍くらい盛り上がってたw
ネームヴァリュー恐ろしい。
こちらも主演声優登場。

主人公:中村悠一
ヒロイン:早見沙織

「あやせ、好きだ結婚してくれ!」
「お兄さんの変態!ぶち殺しますよ!」
の二人です。
電撃文庫は意地でも人気声優を逃がす気はないようです。

なんというか「やっと」アニメ化したなぁ、という感じです。
なんだかんだで人気作だからね。
制作もマッドハウスだから楽しみ。(信奈がたしかここ制作だった)


最後にじゃんけん大会。
4回やって全部初戦敗退でした。
じゃんけん弱いの。俺。


以上で電撃文庫 秋の祭典の感想終わり!
ここまで書ききるのに1時間かかりました。文作るの下手なんです。

2月からラノベを買いまくって、MF文庫につづいて2回目のラノベイベントでした。
アニメで見てたり、読んだことのある作品だけじゃなく、
キノの旅とかシャナとか狼と香辛料みたいな昔の大ヒット作品に新たに触れることができたおかげで(せいで?)、また買いたいラノベが増えましたw

ほんとに疲れきったけど、参加できてよかったです!
冬の大電撃文庫展の先行チケットも買ったので今から楽しみです!

以上!
ラノベ更新もしようと思ってたけど、時間かかりすぎたので明日にしまーす

  

どもー。
デスカイザーです。


やっとプリズマイリヤ見終わりましたー!

なんというか作画が神がかってるギャグってすごい…。
もちろんfateらしい臨場感あるバトルも楽しかった。

今から2期が楽しみなり


あとはねー。
自分で髪切った!
床屋行くのがめんどくさかったですw
…といっても、いつも通りだから特に失敗したとかは無いです。
面白くなくてごめんなさい(笑)


んじゃ、今日のラノベ!

鮎原夜波はよく濡れる (電撃文庫)鮎原夜波はよく濡れる (電撃文庫)
(2013/09/10)
水瀬葉月

商品詳細を見る


タイトルあうと!『鮎原夜波はよく濡れる』です。

【あらすじ】
 真夜中のプールで溺れた少年・渚野陽平は、気が付けば辺り一面が海に沈んだ学校の屋上に――。
 その世界で出会ったのは、どこかふわふわぼんやりした、海を漂うクラゲのような雰囲気の少女・鮎原夜波。
 彼女は、水に濡れれば濡れるほど強大な力を得ることができる戦闘魔法装束《クローク》を纏い、怪物たちと戦いを繰り広げる「ウンディーネの戦士」だった……。
『C3−シーキューブ−』の水瀬葉月が贈る“濡れ透けアクション”開幕!


感想:☆☆☆☆☆

あらすじにある通り、『シーキューブ』の水瀬葉月さんの最新作です。
C3部じゃないほうです。


登場人物~。

・渚野陽平……主人公。高校入学前の春休みに色々あって平行世界へ行き、戦いについて知る。妹を水難事故で亡くした過去を持つ。

・鮎原夜波……水の性質に変化を及ぼし世界の平和を乱す「ヴォジャノーイ」と戦う少女。ふわふわただようクラゲのような印象(陽平談)

・ミト……夜波と一緒に戦う女の子。「おっす」が口癖。

・ガラテア……平行世界で夜波たちをサポートするウンディーネ。見た目は完全な幼女だが、実は天才的な水魔法の科学者。甘いものに目が無い。


夜波がふわふわ可愛い。


シーキューブに比べて、直接的なグロが減ったかんじ。
そのぶん濡れ透けの描写がふんだんに盛り込んであります。
いえーい!

安定感のあるエロとテンポのいいギャグでした!
いいかんじに謎が残った終わりなので、2巻でどうなるのか楽しみです。


以上!

↑このページのトップヘ