感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

おっすおっすー!
デスカイザーです。


なんかねー。
最近小説書いてみたいなーとか思うんですよ。

ただ、アイデアとか何も出てこないから思うだけなんだよねー。

やってみたいなー…



それはさておき。
今日のラノベ!

魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈2〉入学編(下) (電撃文庫)
(2011/08/10)
佐島 勤

商品詳細を見る


この兄妹うらやましい。『魔法科高校の劣等生 2 入学編(下)』です。

【あらすじ】
 どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを抱える優等生の妹。一組の血の繋がった兄妹が、魔法科高校に入学した。
 成績優秀・才色兼備な妹・深雪が、主席入学生の慣例として魔法科高校の生徒会にスカウトされた。そして、兄・達也も、とあるトラブルを払いのけた事件をきっかけに、違反行為を取り締まる風紀委員にスカウトされる。
 劣等生(ウィード)にもかかわらず、風紀委員メンバーとなった達也。その活動中に、この学校を人知れずに侵食する、謎の組織の存在を感じ取る。


感想:☆☆☆☆☆

相変わらず視点がころころ変わってくけど、慣れてきたおかげでがっつりはまりました。

魔法に関する用語がまだ覚えきれてないけど…。


花冠(ブルーム)と雑草(ウィード)との学内での格差と、
魔法師か否かというこの社会全体での格差。
今回…というかこのシリーズ通してのテーマとなってそうな格差問題。
現実でもここまで顕著ではないにしろ、できるできないでの区別とか似たような場面は多々あると思います。
上に立つ側も下に立つ側も、その区別をどう受け止め、そしてそれをどう人生に生かしていくのか。
また、マイナス思考な自分に励みとなる一冊が増えた気がします。


そんな深いことを考えなくても、普通にキャラかわいいよね!
ここまでで一番気に入ってるのは、七草生徒会長!
次点で壬生先輩!
三番目に深雪とエリカ!


さて、いつ続編買おう?



以上!

おっすおっすー!
5食連続でラーメンだったデスカイザーです。

今日は平和に講義受けてました。
まぁ、3つ受けたうち2つはまともに聞いてないけど。
そして明日もどうせだめなんだろーなー。

やっぱ友達と一緒に受けると話しちゃうんだよね。
別に友達のせいにするわけじゃないけど。
やろうと思えば離れて座ることもできるわけだし。
……最低限復習くらいはやっとこう。


んじゃ、今日のラノベ!

魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生〈1〉入学編(上) (電撃文庫)
(2011/07/08)
佐島 勤

商品詳細を見る


アニメ化も決まったことで。『魔法科高校の劣等生1 入学編(上)』です。

【あらすじ】
 魔法。
 それが伝説や御伽噺の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
 そして、春。今年も新入生の季節が訪れた。
 国立魔法大学付属第一高校----通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠(ブルーム)』、『雑草(ウィード)』と呼ばれていた。そんな魔法科高校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
 兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
 妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
 どこか達観sたような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
 累計3000万PVオーバー、話題のWEB小説が電撃文庫に登場!


感想:☆☆☆☆
ストーリーはだいたいあらすじどおり。(当たり前か)
魔法が存在する世界での学園もの。

兄の達也は劣等生ではあるものの、基本的に無敵です。
妹は優等生で、基本的に無敵です。
要するに基本無双状態です。
戦闘でも日常でも。

世界観の都合上魔法に関する細かい設定だったり専門用語が多いため、若干の読みづらさあるかも。
俺としてはこのくらいのほうが重量感があってちょうどよかったけど。

あと、なんというか文章が独特です。
会話の中での改行が頻繁にあったり(WEB小説ならでは?)、同じパート内での視点の変化が多いので注意して読まないと女子だと思ってたら男子がしゃべってた!みたいなことに…。
だた、注意して読むぶんいつもより深く読めた気がします。


今のところ手元にあるのは2巻まで。
というか現段階で2巻が読み終わってたりします。
さて、続きを買うべきか買わざるべきか。
予想以上に面白かったし引き込まれたので迷います。

以上!

↑このページのトップヘ