感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

どうも、デスカイザーです(定型文だな)
久しぶりに休みらしい休みを満喫しました。
10時くらいに起きて、朝マック食べて、午前中はネットサーフィンしてました。
ニコニコ動画に1ヶ月ぶりくらいに行ったら、kemuの動画増えてて焦り、新しいCDも出てて焦りました。すごく。
急いでアニメイト小田原までチャリで急行!
店員に「これありますか?」って携帯の画面みせて、無事げっと!1365829492340.jpg

わくわくしすぎてまだ開けてないというww
これ書き終わったら勇気を出して外フィルムはがす!


早く聞きたいから頑張る。今日感想書くラノベはコレ!

ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)ソードアート・オンライン (12) アリシゼーション・ライジング (電撃文庫)
(2013/04/10)
川原礫

商品詳細を見る


もう誰もが知ってる超人気ラノベ『ソードアート・オンライン(12)アリシゼーション・ライジング』です。

【あらすじ】
 幼少の頃から追い求めた少女・アリスとついに再開したユージオ。しかし、そのアリスに、昔の―――《ルーリッドの村》
 時代の面影は無かった。禁忌目録を破ったキリトとユージオを捕らえるために来たというアリス。彼女に幼少の記憶は無く、
 そして自信を《整合騎士》と名乗った。
  《公理協会》の象徴《セントラル・カセドラル》の地下牢に繋がれたキリトとユージオだが、キリトの機転でどうにか
 脱出を果たす。キリトが《外部》の人間であることを見抜いた謎の少女《カーディナル》の助けをかり、二人はアリスを
 《本当の姿》に戻すため、塔の頂点を目指す!
  しかし、《シンセサイズの秘儀》により生まれた最強の戦士たちが、キリトとユージオの前に立ちはだかる――――!

【感想】
  ソードアート・オンラインとしては12冊目、《アリシゼーション》編としては4冊目の今巻はタイトル通り
 キリトとユージオが塔をライジング(登っていく)物語です。そして、《正妻》アスナさんの出番0!!!

  前半では、キリトがカーディナルと名乗る少女から公理協会、そして最高司祭アドミニストレータについての真相
 が語られます。アドミニストレータさん、まじパないっす。
  そして後半は、カーディナルからの助言を受けたキリトとユージオが塔を登って行きます。
 もちろん途中には整合騎士との戦闘が何回も待ち受けていて、どの勝負も壮絶でした。
 特にファナティオ・シンセシス・ツーさんとキリトの1対1は、ファナティオさんの戦いへの想いが伝わってきて、
 少しうるっときました。そんなファナティオをギリギリだったとはいえ半殺しにまで追い詰めたキリトさんTUEE

 アリス、そしてアドミニストレータとの戦いは次巻以降です。
 アリシゼーション編は次でラスト……のはず(笑)
 挿絵のアリスが可愛かったんで、キリトとアリスが剣でガキーンってなってる絵がくることを期待して待ってます。

 以上!
  

どうも!
今日は6時半に起きて6時35分に家を出て寒くて気持ち悪くなった俺です!

テンション分からない…


なかなか履修科目が決定しきらないせいで予定が二転三転して迷惑かけてます。
だが、しかし、こんどこそ…!


話は変わるけど、ブログの内容通り俺はライトノベルが大好きです。
そんな俺が見過ごせない『お祭り』が今月から始まりました。
電撃文庫の20th大感謝祭です。電撃文庫の皆さん、今までおつかれさまです。おめでとうございます。
SAOの最新刊の帯で存在を知ったわけですが、公式サイトの商品を見て愕然としました。
『春の特賞 著者直筆サイン入り電撃文庫1年分』

ですって。プロデューサーさん!1年分ですよっ、1年分!
6月までに発売する電撃文庫の新刊全部買うことが決定した瞬間でした。
それは同時に、お昼代その他経費の節約生活の始まりでした。
ってことで、特賞狙いで頑張ってお昼を抜きますww 最低2口、できれば3口応募したいです。

しかもこんだけ豪華な商品で、まだ第1弾ですよ!
最終弾とかどんだけ豪華な商品になるんだよ!怖いよ!電撃さん!


だんだん変なテンションになってきたけど、今日感想書くラノベはコレ!(電撃文庫だよ!ちゃんと)


明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 (電撃文庫)明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。 (電撃文庫)
(2013/02/09)
藤まる

商品詳細を見る


電撃小説大賞〈金賞〉受賞作の『明日、ボクは死ぬ。キミは生き返る。』です。

【あらすじ】
  生まれつきの恐い顔のせいで、学校で浮きまくっている坂本秋月。彼はある夜、ひとりの少女の自己現場に遭遇し、
 謎の人物から究極の選択を迫られる……。
  『お前の寿命の半分で、彼女を救うか?』
  秋月は寿命と引き換えに少女”夢前光”を救った、はずだったのだが……なぜか秋月の体は1日おきに光の人格に
 乗っ取られるというおかしな展開に――――!
  始まってい待った二心同体の交換日記ライフ。イタズラ好きな光の人格は、トンデモな出来事や仲間を次々に引き寄せ、
 秋月の低空飛行人生を一変させていく!
  交換日記の中でしか出会うことのできない「ぼっちな俺」と「残念な彼女」による、人格乗っ取られ型青春ストーリー!

【感想】
 こういうのを読みたかった!!!!!

学園+異世界とか学園+超能力みたいな組み合わせはもう飽き……てはないけど、こういうの好き。

「光が全力でやりたいことをやり、翌日秋月が全力で被害をうけツッこむ」って流れを繰り返してるだけなのに、
光が想像の斜め上のことを次々にやってくれるおかげで、飽きなかった。

後半は、秋月の妹の雪瑚とか風城くんの隠されたヒミツとか色々シリアス調の展開になっていくけど、周りが
真剣になればなるほど光と秋月の名コンビが面白い方向に運んでくれますw

さらに気に入った理由は絵が素晴らしいから!
個人的に1番すきなみやま零さんに並びました!
…だってさ、この本買おうと思ったのさ、表紙の光がかわいかったからだし。
…美少女でいたずら好きとか最高じゃん  だよねっ(チラ

とにかく色々気に入ったのでぜひ続きを…!


以上!

↑このページのトップヘ