感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

ども!デスカイザーです。

今日のサークルの昼会はヴァイスやってました。
ビビッド初めて使ったけど、割と想定通りの動きをしてくれて勝てました。
パック出たら、4色デッキに挑戦してみたいと思います。

…maimaiのマスターは鬼畜


そんなこんなで、今日感想書くラノベはコレ!

うちの猫の手は借りたくない (一迅社文庫)うちの猫の手は借りたくない (一迅社文庫)
(2013/02/20)
水無瀬 さんご

商品詳細を見る


スパッツいいよね。「うちの猫の手は借りたくない」です。

【あらすじ】
 俺――――九十九良介が道端で一匹の捨て猫と出会う。
 ずぶ濡れの猫になつかれてしまった俺は面倒をみてやることに。

 だが、家には猫の余分な食料はない。
 そんな俺の目の前に怪しげな「宇宙牛乳」を売る自販機が――――。

 自宅に帰った俺は先程買ったその牛乳を猫に与え、台所を出た。
 そして、俺がリビングで寝転がっていると台所から大きな音が。
 ふすまに手をかけると――――開けられたのは、向こう側からだった。
 立っていたのは見知らぬ全裸の女の子――――!?
 猫の恩返しドタバタコメディ!?

【感想】
 主要登場人物は、全部で4人。
 ①九十九良介
  よくいる普通な男子高校生。実家は神社。両親は別の神社のサポートに行っているため、
  3匹の猫と一緒に生活している。深夜アニメは割と見るタイプらしい。

 ②凛
  宇宙牛乳を飲んで猫から人にメタモルフォーゼした。
  深夜アニメが好きで、野球が好きで、ピザが好きな猫が人間に。
  深夜アニメを見て、野球を見て、ピザを勝手に注文するのもしょうがないよね?
 
 ③榊野理香
  九十九良介の幼なじみ。良介いわく「貧乳ではなくスレンダー」
  辛いものが好きすぎて味音痴。料理研究部所属。オカルト系の話に弱い。
  俺イチオシ

 ④泉涼子
  オカルト研部長。地元では有名なお金持ちの娘。
  どちらかというと変人。
  「自分でみたものしか信じない」ので、いろんなオカルトスポットにあちこち行っている。

 この4人を中心に、凛を人間にした宇宙牛乳の正体をさぐりつつ、ドタバタしていく感じの話。
 スパッツっていいよね!

 実験して、海行って、温泉行って、花火大会。
 水着、裸、浴衣ってことです。
 2巻以降出るかは微妙だけど、とりあえず出たら買う。


 以上!
 
  
  

どうも。デスカイザーです。

今日は講義無かったけど、サークルの昼会でるために大学行ってきました。
そのまま、流れでサークル仲間と横浜くりだしてラブライブ!のヴァイスを探しに。
ストラクチャーはいくつか売ってるところはありました。
ただ、スリーブがどこにも売ってないというw
正確には、希だけなら何箇所か見つけたけど………ねぇ(;・∀・)
あまりに不憫でちょっと希を応援したくなりました。
とりあえず、明日小田原のアニメイト行く用事があるからそのついでに探してきます。

帰り際にmai maiやったけど、Sランク取れなかった(´・ω・`)


今日感想書くラノベはこれ!

優等生以上、フリョー未満な俺ら。 (GA文庫)優等生以上、フリョー未満な俺ら。 (GA文庫)
(2011/10/17)
初美 陽一

商品詳細を見る


あらすじが面白そうだから買った「優等生以上、フリョー未満な俺ら。」です。

【あらすじ】
 「荒鞍くん……あたしさっきの授業、ノート取りそびれちゃったんだけど」
 「ボーッとしてっからだろ!仕方ねーからコレ写せや!今日中に返せよコラァ!」
 「あっ、ありがとう」
  荒鞍悠馬は日夜不良を目指している高校生である。だが真面目な性格なせいで周りから「いい人」「優等生」
 と思われているのが悩みのタネ。
  幼馴染の真理亜は、お仕置きと称して彼を追い回し、舎弟ならぬ舎妹を自称する姫子は明らかに不良がなんな
 のかわかってない。おまけに学級委員の東雲朱里まで彼の不良仲間になると言い出して!?
  第3回GA文庫大賞奨励賞を受賞した勘違いフリョー系ラブコメディ!!

【感想】
 笑った。すげぇ笑った。

 発言とか行動は超がつく優等生なのに、不良(っぽい)言い回しおかげでものすごいアンバランス感が…(良い意味で)
 ただ悪いことがしたいから不良をめざしてるのでは無く、本当の友情の形を追い求めている悠馬が終始かっこいい。
 久しぶりに主人公に共感できるラノベを読んだ気がする。悠馬、まじかっけぇっす。


 ヒロインは、
  金髪天然幼なじみ
  おっとり系舎妹
  メガネ委員長
  不良美少女
 と、様々揃っていますが、やっぱり金髪天然幼なじみの真理亜が一番気に入っております。(口調がw)
 なんか、3巻まで出てるっぽいんでいずれ続編買うと思います。

以上!  

↑このページのトップヘ