感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

どもー。
デスカイザーです。


寒いよ!?

こんな急に寒くなるとは思わなかった…。
しかも明日のほうが寒いらしいし。
手袋買わないと。


今日40分の電車待ちの間に『俺のペット生活がハーレムに見えるだと!?』を読んでたんだけど、久々に物語に完全に入り込んだみたいで、自分がどこにいるのかわからなくなって怖かった…。
ああいうことってホントにあるんだなー、と思ったのが今日のハイライト。



んじゃ、今日のラノベ!

失恋探偵ももせ (3) (電撃文庫)失恋探偵ももせ (3) (電撃文庫)
(2013/11/09)
岬鷺宮

商品詳細を見る


とうとう最終巻…。『失恋探偵ももせ 3』です。

【あらすじ】
 「恋はいつか終わります」
 失恋探偵・千代田百瀬は、その身をもって自らの言葉の意味を知る――。
 危機を乗り越え、絆を深めながら恋の終わりの謎に立ち向かってきた百瀬と九十九。しかし二人にとって決定的な「過去」が明らかになった時、破局は訪れる。
 依頼人たちと同じように、それ以上に決定的に失恋してしまった百瀬は、自らの恋の謎の結末に何を見るのか――第19回電撃小説大賞〈電撃文庫MAGAZINE賞〉受賞、叶わぬ恋の謎を解く学園青春"失恋"ミステリ、感動の最終巻!


感想:☆☆☆☆☆


ああ、また好きなシリーズが終わってしまった…。

1巻の頃から九十九が百瀬を支えながらもどこか不安定な関係だった二人。
2巻でようやくお互いの本心にお互いが気づき、「両思い」に。
そして、3巻にして二人は別れへと……。



いつものごとく詳細は伏せるけども、ももせシリーズらしくハッピーエンドすぎないハッピーエンドで終わって安心しました。


どこか決定的な不安定さを持った(そして小柄で物静かで実は意外とスタイルが良くて九十九にラブラブでなんというか可愛さの象徴ともいうべき)百瀬と、とっても普通なミステリ好きでありつつ百瀬とは違ったベクトルの不安定さを垣間見させる九十九が、「終わらない恋もある」ということを証明しつづけてくれることを願って、この作品の感想を終えたいと思います。


岬鷺宮先生、Nardack先生。ありがとうございました。
次回作も期待して待ってます!


以上!

…電撃新作多いお……。

どもどもー。
デスカイザーです。


昨日一日かけて部屋にマジックアイテム「ティー・ヴィー」を設置しました!
NCM_0314.jpg

これで少しずつアニメの消化をしつつ、空いた時間にラノベを読む!

……なんて考えてるけど、どうなるか…w。


んじゃ、今日のラノベ!

IS〈インフィニット・ストラトス〉 1 (オーバーラップ文庫)IS〈インフィニット・ストラトス〉 1 (オーバーラップ文庫)
(2013/04/24)
弓弦 イズル

商品詳細を見る


しののの。『IS〈インフィニット・ストラトス〉1』です。

【あらすじ】
 女性にしか扱えない飛行パワードスーツ「IS<インフィニット・ストラトス>」。その操縦者を育成するための学校、IS学園は、世界各国より集められた代表候補生の少女達が通う女子校である。ところが、男でありながら何故かISを起動出来てしまった織斑一夏は、IS学園に強制入学させられてしまう。幼なじみの箒、セカンド幼なじみの鈴、そして一夏に挑戦状を突きつけるのは専用機「ブルー・ティアーズ」駆るイギリス代表候補生のセシリア。可愛らしくも逞しい女の子たちに囲まれた波乱のスクール・ライフが幕を開ける!ハイスピード学園バトルラブコメ、装いも新たにここに再起動!


感想:☆☆☆☆

アニメ2期の放送が決まったとき、俺は思ったのです。

「どんなストーリーだったか覚えてない」

(まだ見てなかった)アニメ1期を見て大体は思いだしたけど、6巻以降なんてほとんどわからない。
結局8巻も読んでないし、いっそのこと全部読み直すかー。


ってことで、1巻読んでみました。

バイトの休憩でしか読んでなかったから5日もかかりました。



一夏のセルフツッコミが意外と面白かった。

1巻の時点で3人のヒロインと出会い(または再開し)、その全員と戦ってるのね。
この時点でデジャヴりかけたけど、この先はこんなもんじゃないんだよなぁ。

場所と名前が変わるだけで、大体展開が同じなのだけは覚えてるせいで、この先がつらい…。

もしかしたらそこまで酷くないんじゃないかという期待を込めて2巻以降も読みます!
…今月の電撃新刊のあとに。

以上!

↑このページのトップヘ