感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

どもー。
リンカーネイション歌ってたけどやっぱりサビの高音があと一歩出ないデスカイザーです。


ニコ動の校歌シリーズの六兆年とかカゲロウデイズとか歌って土日の憂さ晴らししてました。
改めてカゲロウデイズは歌詞も曲調も好みなんだけど、なぜかまだ憶えてなかったという。

あと、久々にボカラン見て「一触即発☆禅ガール」って曲気に入りました。
今無限再生中です

8月にはリンカーネイションがDAMに入るといいなあ



んじゃ、今日のラノベ!


無限のドリフター 世界は天使のもの (電撃文庫)無限のドリフター 世界は天使のもの (電撃文庫)
(2013/05/10)
樹常楓

商品詳細を見る


表紙も中身も暗め。『無限のドリフター 世界は天使のもの』です。

【あらすじ】
 遠い遠い未来。地上はすべてが壊れ、灰色に塗りつぶされていた。極少数のエリートは空中都市へと避難したが、取り残された多くの人々は、常に死と隣り合わせの荒れ果てた世界で、細々と生きるしかなかった。
 そうした狂った世界を、一本の斧を頼りに放浪する少年マサキ。邪魔する相手をためらいなく殺すことからついたアダ名は「殺人鬼」。彼は探していたのだ。自分に命を与えてくれた少女――美しく無邪気な天使を。


感想:☆☆☆☆☆

買ったはいいけど、内容が暗そうで読むのをためらってたましたw
あらすじ読んでも世界観がイマイチ把握できなかったのもあり…
8月に早くも2巻が出るということで読んでみました。


…めちゃくちゃ面白かった!

ほんとなんでさっさと読まなかったのか後悔するレベルで。


読み始めは、どんな世界観なのかあやふやな中いきなり天使との出会い。
一回読むのをやめて「これ2巻じゃないよな?」と確認するレベルで話が把握できてなかったけど、読み進めていくとどんどん世界が分かってくるという、今までにないタイプの展開でした。

今ふと考えてたんだけど。
この話の主人公のマサキは、自分を含めて世界について自覚が無かった存在で、天使に出会うことで”自分”を把握し世界について考えはじめるというキャラで。
最初どのような世界で自分はどういう存在なのか説明が無いのは、マサキと読者を重ね合わせる効果を狙ってのことなのかなぁ、という推測。
実際、俺はいつも以上に話しに入り込めたし想像も膨らんだので。

これは期待の新作登場かな?


以上!

どもー。
初勤務を前に緊張しすぎて朝起きた瞬間から体調悪かったデスカイザーです。


ということで、バイト初勤務してきましたー!

夜勤の佐川に比べたら断然楽で、作業もシンプルだったので助かりました。
明日もあるので頑張ってきます。


んじゃ、今日のラノベ!

アイドル≒ヴァンパイア (電撃文庫)アイドル≒ヴァンパイア (電撃文庫)
(2013/07/10)
上月司

商品詳細を見る


れでぃ×ばとの作者さんの新刊『アイドル≒ヴァンパイア 』です。

【あらすじ】
 『さあ、私の下僕になりなさい!』
 突然俺に噛みつこうとした美少女は、北欧にあるフロンクルーグ王国の元・王女にして、吸血姫だった。
 そして日本が誇る国民的スーパーアイドル!……になる予定の女の子。「崇拝される」ことにより自身の『異力』を強め、吸血姫としてランクを上げるため……ということらしいが、その振る舞いを見ていると、ただのアイドル好きなお嬢様にしか思えず……。


感想:☆☆☆☆

金髪ヴァンパイアに銀髪メイド、巫女妹に新体操女子高生などマニアックでもありストレートでもある属性をふんだんに盛り込んだ一冊です。
とにかく登場人物ひとりひとりのキャラが濃すぎて内容は凄いことになってるけど、分かりにくいというわけではなかったのは、れでぃ×ばとの影響か?なんでこんな上から目線で語ってるのだろう?俺は。

本文よりもぶっちゃけイラストアドがすごい!
扉絵なんて、過去にないくらい気に入ってます。
これはイラストレーターさんの追っかけも始めるべきなのか?


これだけ絶賛してて☆マイナス1なのは、挿絵と本文で主人公の読み仮名が違うからです。
さすがに主人公は間違えちゃあかんでしょ…
まぁ、こういう誤字脱字を見つけるのもラノベ初版の楽しみかたのひとつなのかな?


物語的には続きができそうなので、次回に期待!


以上!

↑このページのトップヘ