感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

はわー!(?)デスカイザーです。


9時くらいに起きて家族と買い物に。なんかずっと鬱妄想してたせいでテンションすごく下がったww
お昼挟んで、父親とキャッチボール。10分で肘の内側と肩と左手親指を痛めて強制終了ww
ちょっと休憩してから床屋へGO!なんか変な髪形になった気がするww
帰ってきてちょっと休憩してから、昨日買ったラノベ25冊分のブックカバーとラノベの整理を計2時間。

NCM_0095.jpg

俺ガイルとか電撃新刊とかいろいろとね。
今回買った分でちょうど今使ってる本棚がいっぱいになっちゃったから近いうちに買いに行かなければw

そんなこんなでいつもよりだいぶ濃い日曜日を過ごしました。めでたしめでたし。



んじゃ、今日のラノベ!

ごはん食べたい! -なんでもしますから?- (GA文庫)ごはん食べたい! -なんでもしますから?- (GA文庫)
(2013/03/16)
天乃 聖樹

商品詳細を見る


タイトルからしてよく分かりすぎてよく分からない『ごはん食べたい!-なんでもしますから?-』です。

【あらすじ】
 「ご、ご飯……ください」
  自らを『運命を司る貧乏神』と称する超ハラペコ少女・小雨と、
 「私は空腹になんかなりませんわ!」
 『妖精女王の末裔』であると主張し、クラスで浮いちゃってる少女・鈴音。
  深刻な空腹に悩む貧乏少年・晴斗は『お腹いっぱいご飯を食べたい』という切実な共通点で結ばれた二人と共
 に、学内で何でも屋のお仕事を始めることに(報酬は食べ物可!)
  そんな彼らの最初の依頼人は、全裸の犬……いや、全裸の美人お姉さん!?「服着ろよ!」「断る!」
  僕と彼女のシャレにならないハラペコ事情!?《GA文庫大賞受賞》のお悩み大解決ラブコメディ登場!!


総合評価:☆☆
前半の4分の3くらいは主人公の逃避っぷりにものすごくイライラした。
晴斗の考え方も分からなくはないんだけど、非現実的なことが起こるたびにその描写が入るとイラッ☆とする。
残りの4分の1は晴斗が現実をやっっっっと受け入れたから、やっと話に集中できた。

鈴音と全裸のお姉さんが好きです。
小雨は、とにかくネガティブで可愛かったけど、鈴音には遠く及ばないかな?個人的には。
2巻が出るなら、きっとイライラ成分が無いから面白いんじゃないかな?と思います。


以上!

やっはろ~ デスカイザーっです。

昨日は16時くらいにチキンクリスプ2つくらい食べたら胃がおかしくなって、
大学から横浜のアニメイト経由して家に着くまでずっと変な汗出して『ご飯たべたい!』読みながら悶絶してましたw
『ご飯たべたい!』をよくあの状況下で読んでたなぁ、といまさらながら(汗)

今日は昨日の影響なのか朝から腹痛くて1限欠席して3限から大学行きました。
んで、講義受けて、横浜のアニメイト寄って、電撃のポイントのために1冊買って帰ってきました。
……うん。そこそこ普通な1日だった。


んじゃ、今日のラノベ!

デート・ア・ライブ2  四糸乃パペット (富士見ファンタジア文庫)デート・ア・ライブ2 四糸乃パペット (富士見ファンタジア文庫)
(2011/08/20)
橘 公司

商品詳細を見る


前回に引き続きデート・ア・ライブで、『デート・ア・ライブ2 四糸乃パペット』です。

【あらすじ】
  高校に転校してきた十香は、クラスメイトの折紙と毎日のように喧嘩をしていた。そのたび二人を止めに入る
 五河士道は、下校中、第2の精霊と出会う。少女は降りしきる雨の中、傘も差さず、左手にウサギ型の人形(パ
 ペット)を付け、道路を楽しそうに飛び跳ね――――盛大にコケた。助け起こそうとした士道に少女は怯えた様子で
 言う。
 「いたく、しないで……ください……」
  世界から否定され、拒絶され、殺意を突きつけられても、なお相手を傷つけないように耐える優しすぎる精霊、
 四糸乃。
 「手伝ってくれ、琴里。……俺は―――あの子を、助けたい……!」
  世界を殺す少女を止めるため、デートして、デレさせろ!?



四糸乃きたああああああああああああああ


って叫びたくなる表紙&挿絵&本文でお送りされています!!
どんなに攻撃されても、
「自分は痛いのが嫌いだから、きっと相手もいたいのは嫌いなのだろう」
と、とっっっっっても優しいのです!健気です!かわいらしい!

このお話のせい(?)で、1巻でそこそこ気に入っていた折紙が少し嫌いに……。
だってさあ、四糸乃を容赦なく攻撃しちゃうんだよ!可哀想だよ!
折紙には折紙の事情があるのは分かるんだよ。
でも、それでも、俺は四糸乃を守るんだあああああああああああああああああああああ!!!


テンション見失ってきた
とりあえず終わり。

↑このページのトップヘ