感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

SAOAGGOⅡ

ソードアート・オンライン オルタナティブ
ガンゲイル・オンラインⅡ
-セカンド・スクワッド・ジャム<上>-

著者:
時雨沢恵一

イラスト:
黒星紅白

レーベル:
電撃文庫


【あらすじ】

突如、全ての“GGO”プレイヤーにアナウンスされた、第二回スクワッド・ジャム。知らせを受けた第一回大会優勝者のレンこと小比類巻香蓮だったが―あまり気が乗らない様子。そんな中、香蓮に忍び寄る、謎のストーカー男が口にしたのは、こんな言葉だった。「第二回スクワッド・ジャムの夜に、人が死にます」敵として出場するピトフーイを“SJ2”内で倒すことでしか、“最悪の事態”を避けられないという男。香蓮は苦悩の末、大会への参加を決意するのだが…。『キノの旅』コンビが贈るもう一つの『SAO』、第二弾が登場!





感想:★★★★★




ピトを救うため、ピトを殺す!




セカンド・スクワッド・ジャムの開催前と大会前半部分のお話。
決着は3巻への持ち越しでした。
2巻と3巻、合わせると900p近いボリュームになります……!



開催前の話ではレンとエムを苦しめた6人のアマゾネスチームの中の人、香蓮の後輩の新体操部6人組が登場!
アニメ1話でもラストにチラッと出てましたね。
ちんまい子たちで可愛いです!

そして……覚えられないです!!(嘆き)

リアルの顔と特徴と名前、アバターの顔と特徴と武器と名前を覚えないといけないわけですが、現実でも二次でも人の顔と名前を覚えるのに苦労するタイプの私としては結構なピンチ。
今3巻を途中まで読んでいるところですが、自信持って解答できるのは未だにボスだけですね……。
あとは金髪っ子が黒髪アバター、短髪は短髪、大和撫子が金髪、まではなんとか。
まぁ追々慣れていくでしょう!



リアル割れしたのはもう一人。
エムさん。
1巻で全裸だったのはエムさんとピトだったのね!

香蓮に壁ドンしながらピトへの愛を叫ぶシーンは最高でしたw



1巻でも一応登場していましたが、香蓮の親友美優が本格参戦!
ALOでのアバター・フカ次郎をGGOにコンバートし、レンのパートナーとしてSJ2に出場します!

そう、今回の目玉は何といってもエムさんがレンのもとに居ないということ。
レンが全て判断し、さらにGGO初心者(アバターは強いですが)のフカ次郎を率いて戦わなければなりません!
レンなりにしっかり準備していますが、やっぱり要所での判断ミスが(結果論かもしれませんが)目立っています。
最終的には機転を利かせアイディアをひねり出し、俊敏さでゴリ押ししているので今のところなんとかなっていますが、本命のピトの前に立った時にはたしてこの実力が通用するのかどうか……



そう思ってしまうほど、ピトの実力は規格外でした……。
エムと同じくバレット・ラインを発生させない狙撃が可能、殺戮には一切の容赦がなく、狙いは的確。
過剰なほどの装備を可能にする筋力値があり、いざとなれば肉弾戦も。
相手の武装まで含めて柔軟に戦術を変えるだけの頭脳も持ち合わせ……

いやー……これは倒せないでしょー?
無理無理、はい解散ー!!
……っていうわけにはいかないですもんね、レンは。
本っ当にこの化物相手にどう挑むんでしょう……!



ではではではでは。
残りは読書メモにて。



読書メモ




55p:ユウキ!
⇒十一連撃オリジナルソードスキルと言えば……ね!
こうしてアスナやキリトとは全く関わりないところからユウキの情報を聞くと、感慨深いものがあります……
彼女の生き様は未だこうして受け継がれているのだと。



61p:こわぁっ
⇒ストーカーの様子を敬語で淡々と描写するの怖い……



71p:しっかりバレてるねぇ!
⇒55pでリアルの住所氏名が割れてない限りは心配すんな!という美優のありがたいお言葉がありましたが、しっかりリアルの住所氏名が割れてるので猛烈に心配



108p:伏線
⇒はたして何故レンがピトを殺すと、ピトが自殺することを思いとどまるのか。
この場面では語られず、唯一の手がかりは188pでレンが使った“約束”という言葉のみ。
んー……
1巻77pのじゃあ、こうしよう!いつか、レンちゃんが私と真っ向勝負をして、勝つことができたらリアルで会おっか!住処が日本中どこであろうと、私から会いに行ってあげる!というピトの言葉くらいですね、ピンとくるのは。
どうやら約束は必ず守る性格なようですし、ピトのことだから嬉しくてエムに話していたとしてもおかしくはないですし。
合ってるといいなぁ!



120p:FBにもいた?
⇒『ファントム・バレット』の時にキリトさんに声をかけた方かな?



145p:ゲームであっても、遊びではない
⇒まさかこの言葉が出てくるとは……



170p:メメント・モリ
ラテン語で「自分がいつか死ぬことを忘れるな」
本気メモ。



181p:猛毒
⇒ピトフーイは鳥で猛毒持ち。
なるほど、確かにピトっぽい。
……鳥が毒持ってるのか!なんかワクワクする設定だな!(実在するから設定ではない)



210p:女は地図が読めない
⇒チラッと調べてみたんですが、『話を聞かない男、地図が読めない女』という書籍がそこそこ世間を賑わせていたようなのでコレが元ネタなんでしょうか?
読める読めないはともかく、こういうところから性差を埋めようとお互いに歩み寄る姿勢は良いと思います。



235p:あ――っ!
⇒レンちゃんそれはだめええええええええ
股間はやめたげてえええええええええ



287p:タマなし
⇒今巻一番笑いましたw
そうだけど!睾丸だけど!w




まとめ





何はともあれ急いで3巻を読まなければっ!!
SJ2の結末とかピトの生死とか気になりすぎて!!
……リアルタイムで追ってなくて良かったー……。



以上!


今日のラノベ!
もといラノベ原作コミック!

回復術士のやり直し コミック


回復術士のやり直し 1

著者:
羽賀ソウケン
原作:
月夜涙

キャラクター原案:
しおこんぶ

レーベル:
角川コミックス・エース


【あらすじ】

前世の知識と【回復】で最強となる復讐劇!!!
【癒】の勇者・ケヤルは、ある日【回復】が傷を癒すだけでなく、あらゆる魔法を超越し最強に至る魔法だと確信する。しかし、その可能性に気付いたときには、すべてを奪われた後だった。世界そのものを【回復】して四年前に戻り、人生をやり直すことを決めたケヤルの復讐譚が始まる―。



感想:★★★★☆



そこで終わっちゃうかー




変態紳士の皆様、こんにちはこんばんはグーテンモルゲン。
deskyzerです。

変態紳士

皆様からの無言の圧力を受け、急遽コミックスも読んでみることにしました(笑)





内容は原作で言うと1巻第十話(136p)までのお話。
1周目の魔王戦から、2周目の世界でケヤルが【薬物耐性】のスキルを獲得し近衛騎士長の顔でフレアの部屋に行くまで。

つまり……本格的な復讐は2巻以降におあずけ!
折ったり、犯ったりは2巻以降!
当然セツナも本編には登場せず…!










ちくしょうッッッッッッ!!!








Hなシーンがフレアのメイドさんのシーンだけだなんて!!
あれはあれでとても良かったけれど!
勇者様……どうぞ抱いてくださいませって言うシーンの表情とか堪らなく好きだけども!!

こういうモブキャラまでイラストで見れるというのはコミックスのメリットですね。
原作だとどうしても挿絵は限られますから。




イラストと言えば、ケヤルが可愛いです。
性的な意味は含まずに。
原作イラストだと悪い顔してるか苦しんでるか歪んでるかなので……(笑)

十四歳、無垢な少年の純朴さと、復讐を始める時の狂気と狂喜が入り混じる表情とのギャップが凄まじく良いです!
【時間遡行】決める前の名乗りの表情はめちゃくちゃカッコよかったですし!!
2巻でセツナを愛おしく思うシーンが出てくると思いますが、その時の表情に注目したいです!
絶対良い顔すると思うの。



1周目の魔王の泣き笑いも良かった……
原作でもそのシーンは挿絵があったけれど、それ以上だったと言って良いでしょう!!
ケヤルじゃなくても恋に落ちる表情!



それを!みんな!
買って!確かめよう!!




そして原作3巻まで確実にコミックスにして、
もっと表情豊かな魔王を!みんなで見よう!






ここまで散々「表情」連呼してるけれども、
コミックスよんで改めてこの作品の感情の振れ幅の大きさに驚きました。


復讐が成され狂ったように喜ぶ勇者がいれば、
復讐されて狂ったようにもがき苦しむ勇者もいる。

諦観から儚い泣き笑いをする魔王がいれば、
大丈夫だと諭し優しく笑いかける勇者もいる。


喜怒哀楽に収まりきらないくらい複雑で強烈な感情が行ったり来たりするのが、この『回復術士のやり直し』なんですよね。
感情が強烈だから読んでいてグワッと引き込まれますし、ゆったりする時間が少ないからそれが映えて尊いように見えます。


Hなシーン抜きにしても本当に面白い作品だと思います。
そしてHなシーンに関して言えばコミックスに分があるのは自明の理。

2巻以降が楽しみです!!



以上!





↑このページのトップヘ