感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

ジェノサイド・オンライン


ジェノサイド・オンライン

著者:
たけのこ

イラスト:
久坂んむり

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 その可憐な少女“殺人鬼”につき要注意――
 名家に生まれながら、父に疎まれ、子供のころから無自覚に悪意を孕み続けてきた一条玲奈。唯一の防波堤となってくれていた最愛の母の死をきっかけに、やがて自分の異常性が暴れ出すことを予見した彼女は、VRMMOゲームの世界で悪役に徹することで抑えつけていた自身を解放していく。己の意がままに繰り広げる虐殺あそびは、すべて心の安寧のため。無垢な心のジェノサイダー・レーナが、仮想の楽園に恐慌をもたらし、地獄絵図へと塗り変える!




感想:★★★★★







                          
私たち読者が意識しなければいけないことはただひとつ 
                          
                          
                          
それは「玲奈自身を見てあげること」         
                          










(読書途中ツイート)







ついに現れてしまいました。
私の求めていたレベルで一切容赦の無い殺戮VRMMOものが……!!








開幕14pでチュートリアルNPCの首を刎ねるという展開の速さ……!







プレイヤースキルの差でもって周囲の誰も彼もを置き去りにし、始まりの街の広場を血の海にする行動力!







NPCの子供を盾にし、目くらましに投げ、思わず抱きとめたところを子供ごと刺し貫く容赦の無さ









終始こんな感じなので受け付けない人には絶対受け付けられないと思うんですが、現実と虚構の区別が付いていて(ここ重要)上述の展開に少しでもビビッと来る何かを感じ取ったのなら絶対ハマります。
間違いないです。


私はハマった。







「ちぎっては投げ」をここまでキレイに実行されると、もう爽快感しか無いですよね!!
無双シリーズをプレイしている時の無双感が近いかもしれません。
あちらと違うのは……近接戦では局地的に見ればしっかり 1 VS 1 しているところとかですかね……
ひと振りで5人バッサリとかはまだやってないので(まだって何だ)。
死体に爆弾詰め込んで投擲とかはやってますけど。



大量虐殺はしているけれど(※している)、こう……無駄な殺しはしていないような(無駄な #とは)印象もあります。
殺す、バラすことが目的であるからこそ一応どういう手順でどんな死に方をしたのかはある程度見届けているような。
自己満足が第一であるという点にレーナ=玲奈自身の人格の異常性を感じて薄ら寒さも感じますが、ほら、ゲームの中ですからね。まだ大丈夫。



やられている側もタダでやられているワケではなく、捨て台詞のひとつを残してみたりだとか、スレで実況してみたりだとか。
レーナの殺戮劇を非公式イベント的な位置づけでゲームとして楽しんでいるのがよくわかります。
(某攻略組の方々には心からの哀悼の意を示します……笑)


レーナも他のプレイヤーも、レベルを上げてスキルを取得して……と言ったゲームものではお約束の育成もしっかりやっていますし。
いやまぁ……レーナの場合は大量虐殺⇒大量経験値⇒大幅強化の流れが強すぎるんですけども。
50ページくらいの気楽な「さてステータス確認してみましょう」からのステータス2ページ半は笑いましたw
そりゃ強いわけだw






さて。


レーナの存在・所業の数々はゲームの中だから――「カルマ・ストーリー・オンライン」の中だからギリギリ成り立っているわけです。
要人の殺害によって企画イベントが潰されている運営さんがブチギレない限りは成り立ち続けるわけです。




故にこそ、時折挿入される幕間=玲奈が過去にやってしまった事が映えていてとても好きです……

“他人に対して”やって良いこと悪いことの区別があまりにも付かなすぎる玲奈が、アリの巣穴に水を入れてその反応を楽しむ子供故の酷な遊びと出会ったら……

あのエピソード読んでから純真無垢に殺戮劇を楽しむことができなくなりましたが、この作品はそれで良いのだと思います。


人にあるまじき所業を繰り返し、人に近づく令嬢の物語だとするならば。
あるいはただの人にはなれない天使の物語ならば。












ただ、しっかり考えてみると玲奈に欠けているリミッター的な何かを明確に言語化するのって難しいような気もします。


「他人にやってはいけないと考える能力」であるならばいじめ問題との区別が付かなくなります。
いじめる人たちが誰も彼もレーナのような思考をしているわけではなく、レーナもいじめているわけではないので。

「自分がやられて嫌なこと」は理解しているようです。

なので「自分がやられて嫌なことを他人にしない」の前後を繋げて考えることが出来ていないようなんですが、それはつまり……?となると難しいんです。





今作では玲奈=何かがおかしい(もっと端的に言えば異常な)存在として描かれていますが、そう判断し私たちが当たり前のようにそう感じていることなんて、意外と脆い牙城の上なのかなぁとしみじみ思いました。
現実では許されなくてもゲームでは許されてしまうように。
「なんで?」を突き詰めると命の価値ですら呆気なく引っ繰り返り得るのだなぁと。
そう思うところであります。


(そう思っちゃったかー)










は~~~~……
好きです!







好きだけど、良い子は(良い子じゃなくても)真似しちゃいけません。
そこは大事。


続刊希望!






以上!


今日のラノベ!

異世界再建計画


異世界再建計画 1
転生勇者の後始末

著者:
南野雪花

イラスト:
Kotakan

レーベル:
レジェンドノベルス


【あらすじ】

 ごくありふれた人生をおくってきたエイジ。公務員として役所に勤務する日々を送り、30歳を迎えて結婚を控えたある日突然、異世界へ転移する。その世界は転生してきた勇者によって平和を取り戻していた後だった。ところが、勇者が転生してきたことによって、世界は別の形で新たな脅威にさらされつつあった。平凡な公務員だった男に与えられた新たな「仕事」。それは、勇者によって崩壊しつつある異世界の「再建」だった。




感想:★★★★★








これまた素晴らしい作品がレジェンドノベルスから出てまいりました……

私だってそろそろ「レーベル褒めちぎりすぎかな?」って思わなくはないんですし、今作途中まではそこまで褒めちぎるつもりは無かったんですけど(その辺りは後ほど)、読了してみると「これは傑作!」って躊躇いなく判を押せてしまうんですよ。
もう信頼しかない!







何はともあれまず装丁の美しさ!!



書き込みが本当に細かいので、5分10分普通に眺めていられます……
エイジとティアの相棒っぽい距離感、遠くに見える街と天使の梯子……
でっかいポスターとかあったら映えそうですよね……
これは絵画ですよ絵画……!
美術館とかに飾ってあるレベルの!
しかもそれがメインではなく小説がメインで1200円なんぼとか安すぎます……









ここから本編の話。



この1冊を端的に纏めるなら、





ラストで何かが待っている!
脚気に立ち向かう“転移”公務員!











……といったところでしょうか。


転生し異世界を救った勇者様とは異なり、主人公のエイジが直面するのは女神的高次存在からの依頼による転移。
しかも異世界で命を落とせば転移する前の時間に戻る、という条件付き。

つまりはエイジにとってはほぼノーリスク。
平凡に幸せな人生の軌道からちょっと外れ、人生の有給休暇を貰うような好条件。
(死んで転生、あるいは転生する為に死ねと言われるよりは……)



なので、なりふり構わず真剣に異世界での暮らしをしているわけではなく、いわゆる「異世界転生/転移のお約束」を批評するくらいにはゆとりある視点で異世界を満喫する様子が伺えます。
相棒たるティアマト=ティアとのウィットに富んだ会話も相まって、作品全体がリラックスしているようなイメージです。



ただ一方で、異世界が直面している問題自体は「白米文化の異常発展と主菜副菜の不足による栄養の偏りが引き起こす国民生活病としての脚気」という、極めて深刻なものなので文章の柔らかさとうまくバランスは取れていたと思います。

緩みすぎず、引き締まりすぎず
いや、だって現代史の授業で脚気についてまともにやり出したら……興味ない人は寝るでしょう?
少なくともこの1冊を読めば、江戸患いと呼ばれた頃から明治大正にピークを迎えるまでに何が起き、どう改善されたのかがよく分かるようになっています。
「読まされる」感覚とはまた違い……「気がついたら読んでいた」くらい自然に小難しい話を理解できていたので、その点がすごく良かったと思います!
やはりティアにインストールされた雑談に有用な無駄知識は、我々の読書埋没度を高めるためには必須だった……!!





ただ、ですよ。


それがレジェンドらしい傑作感を呼んでいるとまで言えるかというと、まだ物足りなさを感じてはいました。
オーケイ、確かに素晴らしい。
でもまだやれるだろう?
という「あと一歩」への期待。

読んでいる間は脚気以外の問題にも着手し、知識的な厚みを持たせることでその一歩を埋めてくるのかなぁ、と予想していました。
勇者様の持ち込んでしまった問題は脚気だけには留まらない(ex.森林破壊)というのは本文中でも幾度も触れられていたので。







違いましたねー!!




いや、多分今後その辺りも触れていくことにはなるんでしょうが、

この巻の「あと一歩」はそれどころじゃありませんでしたねー!!



ラストに明かされる仕掛けが……もう……っ!!





実際、踏み出されたのは欲しかった「あと一歩」なんですけど、その一歩で全てが変わりました。
何が変わったかは…………続きのネタバレパートで語ります!


未読の方は書店へGO!
あるいは下のリンクからポチってくれても構わないぞ!
Kindle版も配信中!
家から出たくない、でもすぐに読みたいという貴方はスマホひとつではい異世界!!


学習にもなって、面白い!

なので……よろしくお願いします!!!
ファンとして、切実に読んで欲しい。






以上!




















~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサードリンク

続きを読む

↑このページのトップヘ