ちょろイン系ラノベブロガーのフリースタイルラノベブログ
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

シンデレラは探さない。




シンデレラは探さない。

著者:
天道源

イラスト:
佐伯ソラ

レーベル:
講談社ラノベ文庫


【あらすじ】

 先月できたばかりの、五十階建てのタワーマンション。高校生の俺こと荒木陣は、買い物帰りに、妹の舞と一緒にそれを見上げる。
 おとぎ話に憧れる舞は、そのマンションを、お城みたいと表現した。お城ならお姫様がいるはず。お姫様に会いたい……そうつぶやく舞。でも俺は知っている。お姫様なんて、俺たちには関係のない存在だ。そう思っていた俺だが、世の中は俺が願うほど、単純ではなかった。お城の住人の一人である真堂礼と、俺はふとしたきっかけで出会う。そして俺は知った。俺の前にいる礼は、お姫様ではなく、学園のアイドルでもなく。ただの、可愛い女の子なんだと――。webで人気の青春ストーリー、書下ろしエピソードも加えて待望の書籍化!



感想:★★★★★





人を想う日常とは、おとぎ話のように不思議で色鮮やかなものである
しかしそれはおとぎ話ではなく、たしかな日常でもある







今考えた名言です。

みなさんこんにちは!

第23回スニーカー大賞特別賞受賞作『顔が可愛ければそれで勝ちっ!!』(受賞時タイトル『ググれんあい。』)の斎藤ニコ先生が新作を出されたということで馳せ参じました、デスカイザーです!





今作『シンデレラは探さない。』は、web名義の天道源というPNでカクヨムにて連載されていた同名作品の書籍化になります。(web版リンクはこちら

例によって例の如くwebで作品はほぼ読まない私なので改稿については分かりませんが、書き下ろし部は多いです!
80p!!
それも後日譚というか、映画で言うとEDテーマが流れながら描かれるその後の日常みたいなパートが80pですよ!

綺麗にまとまった物語でありながら、半永久的な「その後」を想像する余地を貰えたのがとてもうれしかったです!!
家族って……いいね……









逆順で感想書いちゃってごめんなさい。
本編の感想書きます。





主人公・荒木陣くんが、熱で寝込んでる妹・舞ちゃんの看病のために学校を休んでいた時のこと。
学校から至急のプリントが配られ、それを家が近かった“シンデレラ” 礼ちゃんが届けに来たところから物語は動き始めます。


第一印象は無表情で気難しい子

でもその翌日に些細な理由を付けて再び荒木家を訪れたあたりから、要するに割とすぐにその印象は崩れていきます。
あえて「変わっていく」とは言わないです。
「崩れていく」です(笑)



まるで好きな人を前にしたかのような可愛い反応をちょこちょこ見せるレイちゃん。
かわいい。
とてもかわいい……!







でもそんな好きになるようなシーン無かったし、チョロインってわけでも無いだろうし……

いや待てよ、そういえば陣くんはやけに忘れっぽいだとかの描写が多い……

どことなく不穏な空気も漂っているし……





そうか、これは陣くんの記憶が飛んでるパターンなんだな(名推理)








と、無駄に覚悟を決めて読んでいましたが、結論から申し上げれば違ったので恥ずかしい……









そんな勘違いをぶっ放したちょっと前のシーンの感想にはなりますが。
「あ、斎藤ニコ先生の面白さが健在だ!」となったのが、63p。
レイちゃんからの謝罪のお礼をするため、陣くんがレイちゃんに話しかけるシーン。



「皆、ごめんなさい。わたし、陣くんと出かけてくるわ」
『よろこんでー!』
なんだよその掛け声……。
本文63pより




このワードセンス、やっぱりすごくないですか??



まず、パッと読んで面白い!

次にじっくり考えてみると、「いってらっしゃい!」ではない所からレイちゃんが陣くんについていくことをレイちゃん以上に喜んでる状況が見えてきます。

それが野次馬的なものなのか友情的なものなのかは分かりませんが、無表情という印象がまだ残っていたレイちゃんのキャラも、ここで更に緩んできます。
少なくともイジられることを許容できる距離感、もしかしたら恋バナもしているのでは?というところまで考えると最早最初の印象はどこへやら。

また、レイちゃんが舞ちゃんのお見舞いに来るという所から始まり荒木家での今後のシーンを想像していたところに、「学校パートも面白いキャラがいそうだぞ??」というイメージを置いていくというおまけもあります。

そして最後に、ツッコミまで込みでやっぱり端的で面白い!









作者買いして良かった!!!










シンデレラ




タイトルにも入っているこの物語のキーワード。
舞踏会の後、ガラスの靴を頼りに王子様がヒロインを迎えに来るというところから、タイトルの「シンデレラは探さない」という状況も見えてきます。

名前の語感だったりその美貌だったりで、シンデレラと称されるレイちゃんの存在はまさしくキーワードそのままではあるんですが……仕込みはそれだけじゃありませんでした!
これのおかげで面白さが一段階上がってるんじゃないかなぁ、と思うくらいには巧妙。
是非読んで「そういうことね!」と唸ってほしい……!



落とされたガラスの靴とは、王子様とは……そゆことなんですよ~~!
んふふ~~~~









まとめ





「シンデレラ」以外にも、この物語の根幹を形成する仕込みとしてラノベの常道的なことも1つありまして。
しっかり読書メモには残していたんですが、ばっちり天道先生があとがきで解説されていたので私からの説明は自粛いたします(笑)
気になる人は……本編を読んだうえであとがきをチェックだ!!!





ということで『シンデレラは探さない。』の感想でした!



掛け合いでのワードセンス、キーワードの出し方、会話で逸るテンポを地の文で落ち着けるタクト捌き、ストーリーのアップダウン……


どれを取っても好きです!!

そしてレイちゃんの可愛さが上乗せされてさらに好き!!




絶対2巻も読みたいです……!



以上!



このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のラノベ!



何故かの 5



何故か学校一の美少女が休み時間の度に、
ぼっちの俺に話しかけてくるんだが? 5

著者:
出井愛

イラスト:
西沢5㍉

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 朝倉さんと『友達以上恋人未満』の関係になった安藤くん。体育祭の準備もあり、これをきっかけに二人の恋路がもっと前進――かと思いきや、桃井さんが体育祭実行委員の相方に安藤くんを指名……!? さらには、委員長と二人三脚で一緒に走ることに……!!これに焦った朝倉さんは、安藤くんの浮気を防止するために『浮気防止条例』(全108項目)を突きつけて迫る――! その甲斐あってか、確実に一歩ずつ二人の距離が縮まっていくのだが、何やら安藤くんを巡る“噂”が流れはじめ……。
 Webで悶死報告多数! すれ違いが絡まり合う新世代の学園ラブコメ第5弾! ついに、朝倉さんが安藤くんにその“想い”を告げる!?



感想:★★★★☆






雑巾になりた~~~~い











今回は最初からネタバレ有り、且つ私見多めなので注意です













体育祭編であり、姉ヶ崎妹回でもありって感じの何故かの5巻!




面白かった!!


ドキドキしたし、うるっとしかけた!





けれども、

どちらかといえば私は消化不良……



多分その原因はラストあのタイミングでの朝倉さんにあって、そう思ってしまう要因は地の文が無い『何故かの』だからこそであって、モヤっている今も逆説的には楽しんでいるということで……


というようなことをこれから書いていきます。







勢いつけての落とし穴 スカーン




物語後半は姉ヶ崎妹が躍動するお話でした。


前の巻での選挙で安藤くんに絡みだした後輩ちゃんが、姉に対してどういう思いでいたのか、それがどうして安藤くんにちょっかいを出すことに繋がったのか、そして体育祭を通してどう変わっていくのか!


正直、そこまで他の子たちが強すぎてそこまで惹かれてなかったんですが、たった1エピソードで推しメン化するとは思いませんでした……!

姉への劣等感を抱きながらも自分なりに方法を見出して戦っていた彼女を、私は大きな拍手でもって労ってあげたい!!

涙を拭う綺麗な雑巾役はしょうがないから安藤くんに譲ってあげます。




また、そんな後輩ちゃんを見て自らを重ね合わせ、変わらなくちゃいけないと決意した安藤くん!!
今だけはハッキリ言える!

少年、かっこいいぞ!!!




からの、朝倉さんの叫び。
いや、こう、流れ的にそう返すだろうなっていうのはむしろ読む前から薄々感じ取ってはいましたけれども……(メタ読みダメゼッタイ)

一度安藤くんがやった事ですし、むしろこれでおあいこ位言う権利は朝倉さんにあるかもしれないですけど。








めんどくさぁぁぁ~~~~~







って唸ってしまいました。
メインヒロイン相手に。

三段跳びやってて、完璧なホップステップからの最後のジャンプで落とし穴に落ちたような感覚です。

そんな経験は無いですけども。









ここまで思ってしまったのは、地の文が無い=キャラの感情が常にダイレクトに入ってくる、というところが要因になっていると考えます。

まぁ、端的に言ってしまえばここまでの話を読んでいると、どうにもこういう構図に見えてしまうんです。


アクションを起こして
安藤くんの気を引こうとするモモ達

VS

ただただ待つ朝倉さん








モモや委員長、すっごく頑張ってるんですよね。
安藤くんを好きだという気持ちを認めて、朝倉さんに譲りたくないという気持ちを確かめたうえで、すっごい頑張ってる!
安藤くんの気持ちを全部知った上で、それでもアタックしてしまう恋心、エモい!!


だから、相対的になのかもしれないけれども朝倉さんが何もしてないように見えてしまって

「なんで自分だけ見てくれないの!」と言われたら、当然じゃない……?という反応がどうしても先に出てきてしまう。

たとえ色仕掛けであろうとも、不意をついての作戦であろうとも、止められない好きという気持ちで突き進む委員長たちに感情移入してしまうから。


朝倉さんのシーンの後、安藤くんに契約を持ちかけた委員長なんてまさにそれが具現化されていて……







でも、メインヒロインに対してここまでめんどくせ~~~~って思える程他ヒロインに感情移入できる作品って、そうそう無いと思うんですよね。

それぞれのヒロインを余すことなく愛せているからこそ、今こうして面白さとモヤモヤの間に挟まっているわけで。

そういう意味じゃ、やっぱりこの作品って面白い!ってところに落ち着くのかなぁと思います。






打ち切りと存続の瀬戸際のようですが、
出来れば6巻も読みたいところであります。
……じゃないと私の中での朝倉さんの評価がうなぎ上りならぬ鯉のぼり!どころか急流下りのままに!!









最後にこれだけは言わせて欲しい。






姉ヶ崎妹が
表紙じゃないのは何故かのぅ!!







以上!




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ