感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

どもー!
デスカイザーです!





暑い!!!




C94、2日目東待機列にゃうです!!!
台風でだいぶヒヤヒヤしましたが、始まってみればいつもどおり太陽に焼かれ汗が止まらぬ待機列!!


寝不足極まってるので、体調には気をつけます。
コミケに来てる皆様もそうでない皆様も、熱中症にはお気をつけください。





今日のラノベ!


_SL1500_

飼い猫になって百合カップルの

イチャラブ生活を見守る話

著者:

みかみてれん

イラスト:

ゆぞうに

レーベル:

みかみてれん文庫


【あらすじ】

社畜ОLたま子はある日不慮の死を遂げる。だが気がついた時、彼女はもふもふの仔猫になっていた! 小学生から大人になるまで、大好きなご主人様の成長を見守り、恋を応援する! 女子三人+飼い猫(百合厨)の、甘くてちょっぴりほろ苦い百合ラブストーリー!




感想:★★★★★





「愛してる」の力








みかみてれん文庫、コミケ当日更新第2弾!
次はせめて前日に更新しようと思います……





本日8/11、西2ホール「あ01b」にて今回も百合小説が頒布されるらしいですよ?














『観葉植物百合』に続いて、転生百合観察のお話。
今回は足のある猫なので、視点がゴリゴリ動きます。
カラスと戦ったり、守衛さんと血で血を洗う戦いが繰り広げられています。


それはともかく、霧吹き・剪定が良いとこだった前回との一番の違いは、3人の関係に猫(タマ)がダイレクトに関わってくることでしょう!

「百合は見守るもの」という鉄の掟を遵守しながらも、3人のコミュニケーションに関わり続けるタマ。
ちゅー友という絆で結ばれていた3人ですが、たまの存在もまた絆の要素として必要不可欠なんです。
でも、舞台に居ながらも傍観者、立役者。
さながら観客からは見えないピットで演奏するオペラの奏者のよう。






これは3人の百合に非ず
これは3人と1匹の百合である







無邪気に過ごす小学生編。
少しずつ未来を考え始める中学生編。
それぞれ一歩を踏み出す高校生編。 

それぞれ違う年齢、違う思惑にある3人ですが、お互いのために成長しようとする尊さは共通していたかなぁ、と思います。
それぞれのアーキタイプというか素の性格たる小学生編を読後に読み返すと、変わっていないようで雰囲気の違う3人を感じられて、その変化は163pでタマが言っていたような居場所を見つけるためであって、その居場所を見つける理由とは隣に居たいからで隣にいて欲しいからで。




はぁ〜、尊い(諦めの語彙)





読書メモ



3p:死に方!
⇒過去最高にドジ……
でもこの死に方と猫転生後の雨に打たれる描写がその後の展開に大きく関わってきたり、そんな内心との立ち向かい方でタマと深優を比べたり(いわゆる内面百合だ!)。
結構こだわっているので、決して雑な死に方ではないんです。
ただただ最高にドジ。



46p:ベンジャミン・バロック
⇒同じ世界線\(^O^)/
観葉植物×猫という新たな可能性も微レ存
……というか同じ学校なのか、そうか……



189p:25歳
⇒サラっと流しかけましたが、エピローグの深優たちの年齢ってたま子の享年と同じですよね。
ブラック企業に務め1人百合に逃避していたたま子と、紆余曲折を経ながらも3人の共同生活を手に入れた深優たちが良い対比です。
猫生14年目とおばあちゃん猫になりつつあるたま子が、ベンジャミン・バロックでいつまで百合を見守れるのか。
接ぎ木ができないが故にその限界が迫るラストの状況が、完全勝利!ハッピーエンド!でありながら物悲しさも感じさせました。




まとめ



さぁ、みかみてれん文庫を手に取るのです……


 

ウブな子がエッチに開発されていくのほんと好き……
好き……
尊い…………




好きなカプはみゆひな
デスカイザーでしたー


以上!



どもー!
デスカイザーです。



今日からコミケですね!!!
コミケ休みを貰って万全の体制なdeskyzerですが、例年ほどの高揚はまだ無く……
ろくに調べていないからというのと、最近グッズや同人誌を少しずつ整理しているので、どうせ手放すのなら……と物欲がだいぶ収まってしまっています。

明日……というか寝て起きての後に、私は有明にちゃんと向かっているのでしょうか?



p.s.水着牛若丸7万円の悪夢はメイヴで繰り返されてしまうのか?





ではでは。
今日のラノベ!

姻神之島



姻神之島
~ゆったり島暮らしでハーレムを~

著者:
月夜野だんご

イラスト:
ももこ

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 父の代理として、亡くなった母の故郷の島へと十数年ぶりに訪れた大学生、神堂悠護。幼い頃に訪れたことはあるものの、物心がつく前であったため当時の記憶がおぼろげな悠護。
 そんな悠護にとってはほとんど初対面なのに、出会う島民全員が自分のことを覚えていてくれた。
 島での生活の中で、思いもよらぬ自分の家系を知って驚いたり、久しぶりに会った幼馴染たちと遊んだり、なぜか必要以上に好意的に迫ってくる女性たちに困惑したり。
 しかし、ほのぼのとした日常はやがて島の女性たちによって官能的に彩られていく――。





感想:★★★★★





読まされた……悔しい……










故郷の島に戻った主人公・悠護が、いやに美人・美少女率の高い島でドギマギしたり懐かしんだりする物語。




もうね!
悠護が島に戻って最初に出会った守島母娘からしてね!
身体を密着させてくるわ、目があったらめっちゃにっこり笑ってくるわ、まるで取り合うかのように母娘で言い合うわでね!!
タイトルも相まって「お?これはドスケベ島に違いない!」と期待に胸が弾む思いでスタートダッシュを決めたわけですよ。







ふと気づいた時には半分くらいまで読んでてたのに、まだ新しい女性キャラが登場してきてですね。








気がついたら本編終わってました。












Σ(゚д゚lll)うぇぇっ!?!?




(確認)















Σ(゚д゚lll)うぇえっ!?!!?











え、いや、え?待って。
表紙の女の子たちとどころか、本編での本番は一切ナシ……だと……?




なのに、何なんでしょうこの気持ちは。
普通だったら「てめぇ散々期待させておいて挿入もナシとはどういう了見じゃいいくらでもブチ込むタイミングあったじゃろうがい!」くらい思いそうなものですが、今、とても穏やかな気持ちです。
なぜか?






そう、例えば井戸水
「何故、甘みを感じていたのか」




例えば水筒の間接キス
「何故毎回争うかのように間接キスさせるのか」




例えば静さん。
「何故悠護の童貞は奪わなかったのか」




例えば村長さん。
「(娘の)秋緒の方もよろしくお願いします」




そしてタイトル『姻神之島』
「舞台となる2つの島は神堂家のもの」






つまり、そういうことじゃないかなぁ、と思うわけですよ。
祭りは本編終了の翌日、金曜日から。
1冊まるまる、壮大なプロローグ。


もちろんただグダグダ~っとしていたわけではなく、幼馴染たちと改めて距離を縮め夏を満喫している姿はこの時期にピッタリでしたし、そんな牧歌的な穏やかさの合間でお姉さん達に性的にからかわれてしまうのも最高でしたし。
悠護は二十歳を超えていますが、それでもどこか十歳前後の少年の夏休みの風景を見ているようで。
でもふとした時に「この子たちは思春期の最後、あるいはそれを通り過ぎた所にいるんだなぁ」と感じて、それがまた言いようのない郷愁を漂わせます。








あと、静さんがとってもエロい(迫真)

読むためのエンジンをかけたのが守島母娘だとするならば、そこに燃料を注ぎ続けたのは静さんでした。
妖精のような儚さと淫魔のような淫靡さを兼ね備えた不思議な方でした。






読書メモは……1つだけなのでこのまま。

本土から計28時間ほどの船旅でたどり着く島。
父島までの片道がざっくり24時間程なので、そこより遠い場所ということになりますね。
沖縄、奄美となると地理的・文化的な特徴がもっと出てくるはずですし、何より「本土から」わざわざ船で行かなければならない理由も無いでしょう。
ということで、なんとなく小笠原諸島の南の果てあたりをイメージして読んでいました。
硫黄島の東側とか、南鳥島の西側とかですね、きっと。





まとめ






2巻、はよ!!!!







ですよね、何はともあれ。
宴はこれから。
二十歳を過ぎながら純真に純朴に反応し、淫らに飲み込まれていく悠護の姿が楽しみでなりません!!!



いや祭りが淫らなものとは誰も言っていないですけど。
もしかしたら滅茶苦茶洗練された阿波踊りが見れるかもしれませんが。







以上!



↑このページのトップヘ