感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

IMG_20190324_180348

何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが? 2

著者:

出井愛

イラスト:

西沢5㍉

レーベル:

MF文庫J


【あらすじ】

 クラスメイトを前にした大胆な告白の末に、晴れて『友達』となった“学校一の美少女”こと朝倉さんと、“ぼっち”の安藤くん。これ、付き合う流れじゃないの? というクラスメイトの気持ちをよそに、連絡先交換やカラオケ、クラスの演劇で距離を大きく(当事者視点)縮めていく二人。そんな交流(どう見てもイチャイチャ)を続けていた、ある日――「あたしが安藤くんの彼女になってあげるよ♪」まさかの恋敵登場で朝倉さんがピンチ――!? 怒濤の展開に今度こそ二人の関係は大きく進展する……はず? Webで悶死報告多数! すれ違いが絡まり合う新世代の学園ラブコメディ第2弾、まさかの結末に刮目せよ!!





感想:★★★★★





1巻の感想で、"「あと一歩」が残されているような感覚"と書きましたが、なるほどその一歩とはつまりLOVE BATTLEだった……!
サクッとカチッと隙間を埋めてもらった感覚です。


ほら、天井がゆっくり落ちてくる間に地面の隙間に逃げ込むゲームあるじゃないですか。
1巻は委員長が的確とはいえ肝心の朝倉さんがアレなので難易度ノーマルくらい――安藤くんも余裕の避難だったところが、2巻では桃井さん・妹ちゃんも攻勢に加わり次第に逃げ場を失って…………そんなイメージでした。


いいじゃん!!

桃井さんと朝倉さんのおっぱいに挟まれてるんだから、天井と地面の間にも挟まれちまえよ!ほら!!!


(作中店員さん並みの荒れ方)

(ここまで前書き)










ということで『何故かの』2巻!



クラスでの演劇「ぼっちとジュリエット」を成功させるべく、

まさかの主役・安藤くんと当然のヒロイン・朝倉さんが四苦八苦し、

委員長役の委員長が委員長し、

ナレーターの桃井さんが……裏方として奔走し、

妹ちゃんがふわふわり、ふわふわる。


そして皆で、








山田ァアアアアアアアアアアア!!!!







……と叫ぶ物語。

彼の鶏のようなぶっ飛び方好きです……w









今回の見どころは、もうなんと言っても「演劇と現実のリンク」でしょう!!



朝倉さんたちが今回演じた演劇「ぼっちとジュリエット」は、クラスでシナリオを公募した中で安藤くん自ら書き上げたもの。
まさに安藤くんと朝倉さんそのもののような役回りに、「これは流石に安易すぎでは……」と思っていた時期が私にもありました(白状)




違ったんですよ……
「そのもの」であることに意味があったんですよ……!


そういう見せ方してくるか!!と気付いて唸るタイプの仕掛けでした。
素晴らしかったです!!
(この点、詳細はネタバレパートで













「あと一歩とはLOVE BATTLEだった」と前書きで記しましたが、これは幾つかの意味を込めてになります。



1つは朝倉さんと安藤くんが自身の心へ向き合うという意味。

お互いにお互いの立場を慮り、そして安藤くんは加えて自己評価の低さも加わり中々気持ちに素直になることができない――それが『何故かの』の根底にあるトゲだと思います。
そのトゲを抜くこと……だけでなく、「その先」までしっかり考えているからこそ2人は自分の気持ちと戦っているのかなと。




もう1つはズバリそのもの安藤くんを巡っての女性陣のやり取りという意味で。

……とはいえ2巻の段階では本格的な戦いは起きていn……胸囲の格差社会是正運動くらいしか起きてないですが。スカ-ン
これから起こるかも?を察せるだけの反応が見れただけでも、一歩を埋めるには十分です。

2巻の段階では家族愛との間で揺れる妹ちゃんが、何気に一番戦ってたのかもしれません。









妹ちゃんの挿絵可愛かったですね!!


(・ω<) テヘペロシスタ-
  













1話が短く、パロも面白く、軽快で読みやすい。
そしてそこに1冊通してのストーリー、シリーズ通しての物語性もハッキリ見えてきました!
1巻よりも確実に面白くなっていたと思います!


色んな意味で楽しい読書でした!
夏発売予定の水着回3巻も楽しみです!



ひとまず以上!










〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





スポンサードリンク

続きを読む

今日のラノベ!

516pypftnJL



世界を救うまで俺は種族を変えても甦る 1

トライ・リ・トライ

著者:

原雷火

イラスト:

田中健一

レーベル:

レジェンドノベルス


【あらすじ】

 自分が何者かわからない主人公。しかも身体は半透明でスライム状だ。気が付けば薄暗い洞窟の中にいた。そこに現れた青い猫のような不思議な小動物・ナビは、彼にゼロという名を与えダンジョンの冒険を促す。冒険を始める前にステータスを割り振り、ゼロが最初に姿を変えたのは、怪力とタフネスさを有す種族「オーク」だった。ゼロは不思議な力で、志半ばで息絶えても何度でも蘇り、地下迷宮の奥深くにある「真理に通じる門」を目指すことになる――時には別種族に転生してでも……。




感想:★★★★★



これが本当の虚無感……









タイトルから分かる通りループもの、いわゆる死に戻り
記憶を引き継ぎ前回までの反省を生かしながら、「真理の門を見つける」という第一最終目標、「世界を救う」という第二最終目標の達成を目指し迷宮を攻略していく、という流れですね。



ナビと出会う場所(=死に戻りのスタート地点)が迷宮の10階層、「最果ての街」のある20階層がひとまずの最深部・拠点で、その間の各層は気候・地形・出現する魔物の種類まで千差万別
序盤はゼロがそれぞれの階層に苦戦しながらも攻略していく様子が描かれるんですが、この時点で既に面白かったです!


迷宮全体で見るとパーティー、あるいはオールラウンダー型での攻略が必須に見えるところを、"力"を頼りにソロで攻略していくオークの図。
そして、ボスモンスターの存在や隠し通路など、これから触れられていくかもしれないダンジョンギミックの顔見せ。


……1冊丸々読み切った後だと、このあたりの楽しみ方が純粋すぎて。
「もうあの頃には戻れない……」って悲しみに襲われますね……









「最果ての街」に着いてからは、本質は変わりませんが内容はガラッと変わっていきます。



そう、ドワーフで鍛冶屋のガーネットとの出会いです!
ラブです!コメです!




彼女と行動を共にし、知識をアップデートし、装備を整え、情を育んでいくお話へと転換していきます。
……死に戻り作品なのに。





……死に戻り作品なのに。
(大事なことなので2回言う)









死に戻る男の主人公が、
特定の女性と仲良くなり、
読者がタダで済むわけが無い





この確定的な予感を抱き、戦々恐々としながら読み進める物語の……なんと美しいことか…………!!





己を知らなかったゼロは他者を慈しむことを知り、


夢を諦め店を畳もうとしていたガーネットは夢を叶えてくれるかもしれない最高の相棒を得て、


楽しく陽気に……グスッ


お気に入りの店でビールを傾け……


ゼロに背負われ帰るガーネット……グスッ

…………

姿かたちは違えども、


通じ合う心は本物で……グズッ……








今ここで記すべきはゼロとガーネット、2人の同棲生活を読むのが本当に楽しかったこと、そして最高の結末を迎えたということですね


君に幸あれ、ガーネット






ラスト50pくらいの感想はネタバレパートにて。




2巻はきっとまた新しい迷宮の顔を見ることになるのでしょう。
新たな顔ぶれと共に。

楽しみです!





ひとまず以上!






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

スポンサードリンク

続きを読む

↑このページのトップヘ