感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

何故かの 1



何故か学校一の美少女が休み時間の度に、
ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?

著者:
出井愛

イラスト:西沢5㍉

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 この小説はラノベ好きをこじらせた“ぼっち”の安藤くんと“学校一の美少女”の朝倉さんが交流する物語である。ザ・委員長ちゃんや爆乳元気っ娘、安藤くんの妹ちゃんが登場することもあるけれど、99パーセント(編集部調べ)安藤くんと朝倉さんがイチャイチャしている(クラスメート視点)だけの悶絶必死の甘々ラブコメなのだ。そんな甘酸っぱい日々がずっと続く――と彼らも思っていた……けれど?「私、安藤くんが大好きなの!」突如として飛び出した朝倉さんの告白が、彼らの関係をちょっと勧めたり、やっぱり進まなかったり……?Webで悶死報告多数!すれ違いが絡まり合う新世代の学園ラブコメディ、待望の書籍化!




感想:★★★★☆




ラノベ好きをこじらせた安藤くんと、ラノベ好きを隠している学校一の美少女・朝倉さんとの、食べラー並に進みそうで進まないちょっと進むラブコメ。









「悶絶必死の甘々ラブコメ」だったと評していいのかどうか、ちょっと躊躇ってしまいます。
いや、ほんと微妙なラインなんです。





安藤くんに関わることになると途端にポンコツと化す朝倉さんの可愛さは疑いようもなく、そこに疑問を挟む余地はありません。






特に告白からのお家訪問の流れとか最っっっっ高!!!





当事者含め誰もどうしてそうなったのか理解できていないあたり、本気でテンパっているのが伝わってくるのが良いんですよ。
テンパってるのにめっちゃ冷静な行動とるヒロインとか、たまに居ますからね!!
それはそれで表情とかに動揺が出ているタイプだったりすると可愛いんですが!!






そう、これだけ朝倉さんを評価できるということは、つまり躊躇わせているのは安藤くん……なのかなぁ(書きながら考えをまとめています)





妙なところで鋭くて変なところで鈍感……なうえに妙にぎこちない。
もう直感レベルの話で、理屈に沿ったことが言えないのが申し訳ないんですが、こう、あと一歩ハマらないというか……ハーフパイプみたいに淵から淵に右往左往していて中央で「ハマって」いることが少なかったような感覚です。




……っていうのも、半分くらいまでなんですけどね。





後半は彼を使いこなせている感じがします。
というか、朝倉さんが安藤くんへの気持ちを認めはじめたあたりから、すんなり読めるようになったような気がします。


……お?
つまり、安藤くんをポンコツたらしめていたのは朝倉さんなのでは……?











「好きなものをバカにされたらどう思うか」




1巻の軸はここで……うん、とても良かったです!
シンプルだけど忘れたくない気持ち、そして忘れてはいけない自戒としてのメッセージ性もあります。

サクッと読めるのは確かですが、しっかり得るものもあるという意味で良い小説だと思います。









会話だけのライトノベル、というのはあまり気にならなかったですね。
地の文ではないにしても、心の声がドンドン入ってくるので読んでる感覚は会話が多いライトノベルというくらいでした。
革新的というには読者としてはパンチが弱く感じるけれども、恐らく構造をもうちょっとしっかり紐解いていけば(つまりは作者サイドから見るならば)得るものがありそうだとは思います。

何故なら「地の文の存在理由」を逆説的に知ることができるはずだから。











あとラノベのタイトルパロディや、イラストでの表紙パロディが面白かったです!
特に83pの『老女戦記』
これは必見の価値がありますよ……!







まとめ







サクッと読めるのは確か。
新感覚かどうかは……あなた次第!!

ということで是非読んでみて欲しい1冊です。







個人的には「あと一歩」がまだ残されているような感覚です。
2巻で更なる面白さが見れるという意味で、その「あと一歩」は大歓迎。
これだけ球種が豊富で、色々な角度から攻めることのできる読書体験はなかなか無いので、どんどん読みたいです。お待ちしております。




ところで割とどうでもいいんですけど、あらすじの「悶絶必死」は正しくは「悶絶必至」ではないのか、それとも必至でも必死でもどちらでも良いのか、はたまたワザと必死にしているのかが気になります……
「キュン死」にかけてるのかなぁ……








以上!


どもー!
デスカイザーです!






「このラノ」記事、すっかり忘れていたなぁと思いつつ書く時間が取れないまま今日に至っています。
まぁでも流行りに少し遅れるくらいが私らしいですよね……

もしかしたら、私の更新ツイートを機に再び「このラノ」がTLで話題になるかもしれないですし!






雑談はそんなところで。






今日のラノベ!



ダンジョン・スクールデスゲーム 1




ダンジョン・スクールデスゲーム 1

著者:
スフレ

装画:
米山舞

レーベル:
レジェンドノベルス


【あらすじ】

 人間嫌いの少年、宮真大翔みやまやまと。彼は高校入学初日、クマの着ぐるみ姿の不気味な担任教師から「ダンジョン攻略をしてもらいま~す!」と一方的に告げられる。強制的に転送された先で待っていたのは、モンスターが出没する広大で危険なダンジョン。そこで大翔が出会ったのは、かつてのヒーローである幼馴染……のはずだったんだけど!? やがて始まるクラス同士が鎬を削るダンジョン攻略デスマッチ。勝ち残るのは、生き残るのはどのクラスか。そして最後に笑うのは誰か。




感想:★★★★☆











高校入学と同時にダンジョン攻略を強いられる状況に陥った主人公・大翔やまとが、嫌いになれない人たちのために強さを求めていくお話










満足感もあり、不完全燃焼感もあり……

でも不満は無いです!

すごく面白かったです!!










何はともあれ、満足感のほうから。




ツイートで言及している「スルスル~っと読めちゃう」という部分ですが、淡々と事実を受け入れている大翔のおかげで、読んでいる間は理解に時間がかかったりすることが無かったんですよね。



特に冒頭~50pくらいまで。
幼馴染との再会(?)だったり担任(クマ)の登場だったり、それなりに感情が動いてもおかしくないような状況が続くんですが、あくまでも感情の動きは必要最低限。
全く無いわけではありません。
表に出さないようにしているだけです。
それも、過去に起因し今なお引きずる自分の弱さへの羞恥心とかいう、飼いならすのが難しいであろう感情。


それが僅かなページ数、文字数で伝わっちゃうんですよね……
装飾を可能な限り排して必要な部分だけを残した「良い意味でシステマチックな文章」とでも言いましょうか。
こういう文章を見ていると、要約力というか、限られた文字数で伝えきる能力って凄いなぁと思います。
※ただしこの感想記事は短くまとまらないようです


感情と同じように起こる現象も冷静に分析しているからか、何が出来て何が出来ないのかしっかり把握しながらも、考え込んだりせずに読み進められたように思います。





で、ですよ。
ちょっとだけ話が戻りますが、大翔の輪郭形成において最も重要であろう感情を、あれだけ凝縮させた上で読者に刻み込んでくるんですから「じゃあもっと長く描いたら読者はどうなっちゃうの?」ってことですよ。







で、それを見事に実現させてくれたのがダンジョン内で大翔と合流することになる三枝勇希。
合流以降1巻丸々使って劣等感、自信の無さ、諦観、発起……そして喜び。









もうね~~、彼女の物語と言っても過言ではないと思うんですよ!!








システム上、次の階層へ続く扉の前で大翔たちとは別れることになるんですが、その時の彼女の表情とか想像してご覧なさい???
自分を少なからず肯定してくれた大翔と離れることになる寂しさ、自分のクラスに戻る=いじめられる空間に戻る事への恐怖、でも大翔のように変わってみたいという少しの決意。
なんかそういうのが入り混じった複雑な表情をしているでしょう????




もうね~~~~~~~~~~~~!!!!(悶)














あと、大翔のクラスメイトとして半分過ぎたくらいから登場する此花彩花ちゃんが最高 of 最高です!!!!!



大翔に似て、起こっていることを事実として受け入れ、その為にどんな行動を取れば自分の生存率を上げることができるのか、それをしっかり考えて行動できるタイプの人間。
そのうえで、なるべく誰に対しても目立たないように行動する大翔とは真逆に、徹底的に大翔に粘着していくという“一手”を選択した子。




惚れた腫れたではないんじゃないかなぁ!
打算100%だよなぁ!!



……っていう強かさを見せているのは計算の内か否か。



そういうことを考える余裕が無いくらいには、彼女の出るシーンはどれも魅力的で目が離せなくて、つまりやっぱり今後が一番怖いキャラです。

生き残るためなら、彩花ちゃん、何でもするでしょ?
deskyzer、知ってる。








ここまで満足感の話。

ここからは不完全燃焼感の話。







1巻では「デスゲーム」してないっていう、ただその一点だけです。



良いんですよ?
死んでほしいわけではないんです。
みんな生きてる is HAPPY !!

それは間違いないです。





でも、タイトルで既に身構えているので、1ジャブくらいは欲しかったかなぁっていうところがやっぱり正直なところです。



その身構えている部分を、最後の担任とのシビアなやり取りで八割方くらい埋めてくれてはいるんですけどね。
逆に言えばあのやり取りが無ければもうちょっと低評価だったかもしれません。

最後のシーン、それまでの余裕感漂うダンジョン攻略から、ギュンッと一気にギア入った感じがして好きなんですよね!!








でもやっぱり最後の最後なー……

どのくらい身構えていたかというと(講談社繋がりでタイトル出しちゃいますが)『バビロン』くらい身構えていたんですよ。
常に最悪を想定しての立ち回りだったんです。

読んだ人にだけ伝われば良いんですけど、ぶっちゃけ最後の最後で肉塊転移くらいのことは覚悟してました。




我ながら重すぎるわい。
どうしてお前はそんなに追い詰められたがるのか。









まとめ







さて、そんな感想での2巻での期待度ですが、最高に期待しております!


エピローグが……期待を煽ってくれているんですよね~~♪
ふふふ。

誰が死ぬのかしら。

五組かな?五組かな??




以上!



↑このページのトップヘ