感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!



51t9uzlsT0L

出戻り勇者と美女魔王

強制送還されたら世界はゾンビであふれていた

著者:

長月すとーぶ

イラスト:

烏丸やよい

レーベル:

DIVERSE NOVEL


【あらすじ】
 
 やりたいことをヤりたいだけ、
 この変わり果てた世界を自由に楽しもう!

 苦労の末、異世界アークの魔王を倒した勇者・冬馬。凱旋後に隠れて連れ帰った美女魔王・テュールを匿って好き放題ヤりまくっていると、全てが露見し、厄介払いと言わんばかりに魔王と共に元の世界へ強制送還されてしまった!
 不本意ながらも十年ぶりに帰還した日本はなぜか荒れ果て、ゾンビが街にあふれていて!? やさぐれ元勇者とエロすぎ元魔王の、セイシをかけたサバイバルが始まる!!




感想:★★★★★




すべてはカップ麺のために










日本から異世界召喚された勇者が、元魔王とか王女とかとヤりまくりすぎたせいでまさかの強制送還!
10年ぶりの日本だけど……なぜゾンビ!? なところから始まる世紀末のほほんびより。



 

聖剣バアルが召喚できない代わりに、耐久力の高いバールが無限召喚できたり、


世界そのものに干渉する攻撃魔法などが使えないものの、自らに干渉する強化魔法は使えたり、


異世界で発揮していたほどの強さは無いものの、現代日本基準で言えば十分以上の戦力。
元魔王のテュールも強化魔法が使えるところは同じなので、過剰戦力も良いところです。

最初の戦闘以降は特に苦戦することもなく、ストレスフリー。

 

なので、パニックホラー的な要素はゼロ…………と思いきや、普通に人間視点でのエピソードがあるので、そこで楽しめます!!

田島ちゃん可愛いぞ!!!






・人間の生き残りはそこそこいる

・ゾンビ発生からの経過時間

・電力等ライフラインの状況



など、現状についての情報はそこそこ出ているものの、まだ「何故ゾンビが日本に?」というところには踏み込まずに終わりました。


まぁ……知ったところで何か変わるわけでもないですし、それよりも環境改善ですよね。

いかに元勇者/元魔王といえど、食料は必須

テュールは吸血で補給することができるけれど、吸血対象の人=冬馬が倒れたら共倒れですから。



そういう意味では堅実な物語だったというか、現実的な問題を切り捨てず目の前の問題にしっかり向き合い、無理して物語ろうとしていなかったのが好感です。




つまり、行動のほぼ全てがカップ麺を確保する方向に向かっていたような気がするのも、何も間違ってはいないということです!!






TV等のメディアが死んでるのに電気ガスが生きているという不思議な状態だったり、ある程度経過しているのにスーパーに食品が残っていたり、気になるところが無いといえば嘘になります。

が、状況を俯瞰できていない状態なので、また気になる止まりですね。
これらに説明が付くような展開があるならば全く問題無いわけですので、ひとまず保留ということで。













はい、じゃあそろそろ本題
皆様お待ちかねのHな方向の話です









濁点がエロいですよね!!






DIVERSE NOVELの中ではだいぶ回数の多い作品でしたが、ダレるようなこともなく。
新キャラ旧キャラのバランスを取りながら、プレイの幅も広げすぎず狭めすぎず。
1シーン1シーンに対して込められた愛を感じました!!


元魔王、人間、ゾンビと3種と交わるわけですが、そのどれもが違った趣を感じさせる良いシーンでした!

特に好きなのはゾンビの槍万ちゃんとの初めてのシーンですね!
「ゾンビと致すの!?大丈夫!?」みたいなハラハラ感とか、服装への拘りから感じさせられる性春とか、ゾンビ的濁点から連想されるレ〇プ目感とか、とてもよくできていると思います。




読書メモ



54p:穴があったら入りたい
⇒全てを察する章タイトル
定番だけど好き




91p:負けず嫌いかよ
⇒ここで前章の伏線をヌルッと回収していく流れが、良かった〜〜!ってなりました。
1章あたりが比較的短い章構成で本にするならこういった章またぎの伏線回収って必須だと思っているので、そこをクリアしてくれたのが感想上とてもありがたかったです。



136p:生徒手帳への書き込み
⇒そ、そんな青春示唆を出してくるなんてっ……!
読むのがちょっと辛くなるじゃないかっ……!



209p:かつてない
⇒いやー……この扱いはかつてない。
流しに落とした焼きそばを洗って器に盛って何も言わずに食べさせる扱いはかつてない。
冬馬の鬼畜ぶりに、軽くドン引きです。
冷めきった夫婦の日常より酷い……





まとめ




力があり、ゾンビという存在に慣れている2人。
故にゾンビが溢れている割に緊迫感は薄く、やや淡白。

しかし、それを埋めるのがHシーンであり、田島ちゃんのゾンビ体験談であり、カップ麺に感動するテュールなのである。


個人的にはこれはこれで好きな塩梅なので、是非とも続刊が出てほしいところです!




以上!



今日のラノベ!



お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。 2


お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。 2

著者:
凪木エコ

イラスト:
あゆま紗由

レーベル:
富士見ファンタジア文庫


【あらすじ】

 席替えで美少女に囲まれてもラジオを聴いて無関心、完璧ヒロインからの休日のお誘いは華麗にスルーでカフェで一人読書。相変わらずのおひとり様至上主義な高校生・姫宮春一だったが、彼の望む平穏なおひとり様ライフは確実に邪魔されて――。
「学校でバイトのこと誰にも言わないでよ?」クラスのギャル・洞ヶ瀬夢乃とは知りたくもない秘密の共有。「というわけだから姫宮、わたしの彼氏になって」ムードメーカー・倉敷瑠璃には理想の彼氏作りに付き合わされる。――そんな状況をやっぱり春一は許さない!「ボッチ=暇? 充実しまくってるよバカヤロウ!!」ひねくれボッチートな青春ラブコメ、無双乱舞!




感想:★★★★★






「自分らしく生きる」ことの難しさを考える第2巻






羽鳥&美咲の猛攻はそのまま……いや、1巻ラストで好感度ダダ上がりして行動も読まれ始めている分、攻撃の手は益々強まるばかり!


さらに!1巻では「+1」止まりだった倉敷が本領発揮の「彼氏ほしー」タイム!!
読書メモ先走るけど、159pの倉敷の反応とかまぢやばい。
5ptがリアル。


そして、メイン格としてはニューフェイスとなるクラスメイトの洞ヶ瀬
クラスでの表の顔はカースト最上位ギャル、でも実は彼氏がいると嘘をつき保育園でバイトをしている子供好き!
っくぁー!!公式公認ギャップ萌え!!






はい、そんな多方面からの攻勢に苦しめられる姫宮くんのお話です。









今回も面白かったです!!


一向に1人になれない姫宮

群がるヒロインず

徐々に薄くなるヒロインの服

あふれてこぼれる妹の知性



そしてそのどれに対しても冷静に切れ味するどいコメントを残していく姫宮。



ほんと彼のコメント好き……
73pのパンツを評した一言とか、134pの2ツッコミとか。

真面目方向だと114~116pにかけて、洞ヶ瀬との対話シーンとか。
あのシーンは洞ヶ瀬の株もグングン上がりましたし、2巻の内容が凝縮されているようで好きです。



それらの一言一言を読むためにこの本を買っていると言っても過言ではないくらいの期待度でもって読み始めて、その高~いハードルをすらも超えていく密度と質。






ははぁー、さては神作だな?(名推理)






Q:「お前ら、おひとり様の俺のこと好きすぎだろ。」
A: うん、大好き


 ↑ これって実は大事なことなのかな?って思ったり。

「主人公のことをヒロインが好き」
ここまでは普通。
でも同時に、こう思う時もあるじゃないですか。
「なんでこのヒロインは主人公のことが好きになったんだろう」って。

それがこの作品は明確。




羽鳥が好きだ。
美咲も好きだ。
倉敷も洞ヶ瀬も好きだ。

でもそれは、彼女たちが気に入っている姫宮のことが好きだからなのではないか。





……いや、もう自分でも何言ってるかよくわからなくなってきてますけど。
何てまとめれば良いんでしょう。

いわゆる普通のライトノベル、男性向け・中高生向けライトノベルを読んでいる時のヒロイン可愛ムーヴと、ビーズログとか女性向けライトノベルを読んでいる時の男性にキュンキュンくるムーヴを高次元で兼ね備えている作品だと思います。
深く考えずに読んでも面白いし、深く考えて読んでも面白い!






読書メモ




27p:1人エレクトリカルパレード
⇒この言葉にピンときたら書店へGO
電子でも良いぞ!



82p:ゴミクズボッチ野郎
⇒この言葉にピn(ry

3行連続のゴミクズボッチ野郎は卑怯だし、意味段落挟んでの一人称とかもうズルいwww
何度読んでも笑っちゃいますw



105p:主張
⇒言葉を変えて幾度も繰り返される姫宮の主張。
それだけ「考えて」時間の使い方を選んでいるということで、尊敬しちゃいます。
私は……ほら、本能に従っちゃうので。



119p:はいおちたー!
⇒その一言でdeskyzerおちたー!
その言葉を内心に秘めている時の姫宮の表情を想像しておちたー!!



153p
⇒ただただ、その発想が好き。



230p:懐かしい……
⇒きたああああああああああ!!!!!




1巻冒頭に登場して以来のあの子が!!!


ついに!!!本編に!!!!!






きt







まとめ









きたのに2巻終わりじゃねぇかあああああああああ!!!!!!!






3巻まで待つの!?

待てるの!?!?

待つよ!!!














好きです!『おひとり様』!!

……ということで、読了からだいぶ時間が空いてしまったことを反省しつつの感想でした。
熟成しすぎて素材の旨みが強く出すぎてしまった感。






リア充はリア充
ソロ充はソロ充
みんな違ってみんな良い。


……だからほっといて!?何で増えるの!? そんな第2巻でした。






以上!



↑このページのトップヘ