ちょろイン系ラノベブロガーのフリースタイルラノベブログ
ネタバレを含みます ご注意ください

久々更新。
今日のラノベ!


勇者の棺桶、誰が運ぶの?



勇者の棺桶、誰が運ぶの?
ポンコツ勇者は救われ待ち

著者:
スフレ

イラスト:
clear

レーベル:
MF文庫J


【あらすじ】

 死んだ勇者がどうやって復活してるかって?
 俺らが運んでるんだよ。

 治癒魔法が突然世界から消え、五年が経った。人々は気軽に治療ができず。
冒険稼業はピンチを迎えていた。そこで登場したのが、遭難した冒険者などを救出するレスキューギルド。
 隊員の一人であるレスクの今日の任務は「……ばたんきゅ~」えっと、ダンジョンで弱小モンスターにやられた勇者の搬出? 世界を救う勇者だけは特別で、死んでも棺桶に姿を変える。教会で祈りを受けることで復活できるが……肝心の棺桶は誰かに運んでもらう必要があるのだ!
 今週17回目の棺桶になった勇者を何とか救いだしたレスクは、隊員として今日も街の平和を守るために「ばたんきゅ~」……おっと、この話をしている間にもまた勇者が倒れたようだね。



感想:★★★★☆




よく見ると
脇のあたりが
えっちな服着てるね
この勇者!







ちょっと(だいぶ)ポンコツだけど正義感と使命感に燃える勇者……の棺桶を運ぶ救助隊員・レスクにフォーカスを当てた作品。
「勇者は死ぬ前に棺桶になるが、運ばれなければ蘇生できない」というファンタジックかつ現実的な設定をはじめとする、不思議で魅力的な世界観に引き込まれちゃいました。

勇者以外の冒険者は死んだら死ぬしかないので、命の重みを感じるシーンもあります。
けれど、勇者が来ると途端に軽くなるんですよね(笑)
棺桶になった勇者を魔族に取られないように頑張るレスクのシーンも、妙にコミカル。

でも、そんなコミカルなシーンも終盤の緊急事態や、その時に爆発したレスクの怒りを踏まえて見返すと一変して重みのあるものに変わってきます。
教会で起きたティリィに対して、それ以外のシーン以上にテンション高めに話しててレスクくんの優しさよ……
僕こういう優しい子好きよ……





ヒロインは勇者・ティリィと、救助隊員の相棒(バディと読む)・カレンの二人!

……薬師のケイアは別枠でいいですよね?




ティリィは、「勇者だから勇者らしく頑張ろう!」を地で行く正義感モリモリの活発少女。
何の悩みも無さそう。
……という印象を持った時点でスフレ先生の勝ち(敗北宣言)







ほんともー!
前半あんだけ軽々しくページめくってたのに、何で後半は手に汗握って怯えながらページめくらなきゃならんかなー!(喜)
ハラハラしちまいましたよー!!(嬉)







閑話休題。
レスクとは運び運ばれの仲……以上に仲が良さそうだけども、どうやら過去に秘密が……?
そのあたりの1巻での纏まり方がすごい。
3巻分くらい引っ張っても良さそうなところを纏めてくれるの、すごいしありがたい。




もう一人のヒロイン、相棒のカレン
ツンデレが服を着て歩いているというか、ツンが仕事放棄してデレデレが漏れている系女子


かわいい
一生猫を抱いててほしい


救助隊員はそれぞれ固有能力を持っているんだけども、カレンとレスクは共に「触れている相手に共有できる」系の能力。
故にダンジョンとかに救助に行くときには手をつないでいて、よく勘違いされるらしい。


かわいい
髪の毛を犬の尻尾みたくピコピコ振っててほしい


口にはしてないけどレスクのことが好き(確信)
能力を使った後に空腹になっちゃうのもかわいい。


カロリーメイトで餌付けしたい
むしろレスクに餌付けされててほしい









まとめ




某ゲームを彷彿とさせる棺桶を、現実的なファンタジーの視点(改めて言葉にするとよく分からなくなる)から面白くした作品!
そういう意味では、異世界言語問題とか異世界トイレ問題とも近しいのかも……?

序盤はサクサク読めました!
サクサクすぎてちょっと物足りなさを感じる面もありましたが、後半の盛り返しがすごかったので1冊通してみると納得感十分です!


皆がみんな特別な力を持っているわけでもないし、人として模範的な行動を、正しい行動をし続けられるわけではない。
けれど、そうしようと努めることはできるし、それをやめなければ多くの人の力が重なり合って良い方向に物事は転がる!
何故なら人は一人で生きていないから!

そして、誰かの為に動く人のことを、きっとほかの誰かが見てくれているから!






面白かったので続きが出ると信じて待ちます!




以上!






このエントリーをはてなブックマークに追加

どもー
デスカイザーです。


転職5か月目。
ようやく仕事でメンタルHP使い切ることがなくなってきたので、本を読む余裕ができてきました……!
以前ほどの文量で書き残すのは難しくはなりますが、
思ったことをそのまま書き残すフリースタイルな感想は続けたいと思っているので、よろしくお願いします!

もうちょっと要領よく趣味できればなぁ……


型破り傭兵の天空遺跡攻略



今日のラノベ!




型破り傭兵の天空遺跡攻略

著者:
三上こた

イラスト:
坂野太河

レーベル:
角川スニーカー文庫


【あらすじ】

 人智を超えた技術の獲得のため、天空に浮かぶ太古の遺跡を攻略する空挺騎士団。その一つ、“叡智の雫”に、副団長アリアの部下として雇われた“歴戦の傭兵”アインハルト。
 その名に恥じぬ活躍で、遺跡を守護する偽神をねじ伏せ、罠を解き明かしていくアインハルトだったが、超技術の大国すら滅ぼした驚異的な強さの偽神に遭遇し全滅の危機に瀕し……!
「ここは任せな。俺は俺の仕事をこなすだけだ」
 どんな窮地であろうと仲間の命は護り抜く型破りの傭兵が、百戦錬磨の経験と知識を武器に、謎に満ちた空を翔け巡る!
 特別賞受賞のヒロイックファンタジー、ここに開幕!



感想:★★★★★



あらすじのアインハルトさん、最大限に美化されてて笑う(人柄は褒めてる)












スニーカー大賞、史上初の2作品同時受賞者の1作品目!


傭兵・アインハルト(作中呼称:ハルト)と副団長・アリアのW主人公といった印象のヒロイックファンタジー!



ハルトさん、傭兵としての仕事ぶりは評価されているものの私生活のだらしなさや任務中の単独行動の噂などにより、腕は立つが扱いづらいとして有名です。
こういうのを悪名高いと言う。

そんな傭兵が、ちょっと真面目がすぎるくらいの新進気鋭な副団長の下に雇われるところから物語はスタートしていきます。

この雇い入れは団長・ギルベルトの判断で行われたものなんですが……
何故こんな最初から分かり切っている水と油みたいな二人を組ませたのかが分かってくると……この団長やり手だな!!!ってなりますね。

団長、意図してのもの。



つまり、
このお話は副団長・アリアの成長譚!



冒険のため皆の命を預かる立場だからこそ知っていなければならない「喪うこと」を知るためのお話。

私は仕事が接客系なので、「接客業はボランティアではない」に通じるものを感じました。
仕事である以上必ずしも要望に応えられるとは限らないというジレンマ……に比べたら人の生死がかかってるんで、そりゃアリアのほうが重圧のかかるところではありますが。


その名の通り独唱になるのではなく全体を見る指揮者としての能力、また騎士団全体の効用を最大化するためのやむを得ない犠牲をとる判断。
完璧主義の脆さから抜け出した真面目ちゃんは強ぇぞ~~!!




……と、まぁこれだけであれば、従来の教官ものに近い感想をもったのかもしれませんが。
この作品の場合、傭兵・ハルトの成長譚でもあるというのが新しく、そして面白い所だったと思います。

「できるからやってる、できないならしょうがない」くらいに考えていそうなハルトの危うい死生観がどうして生まれたのか。
前半の露骨なまでのダメ男っぷりが、いっそかっこよく見えてくるまであるのですごい。




アリアのものと合わせれば本来3巻くらいかけてやりそうな内容を、まったく駆け足でないのに1巻で収めちゃってるマジックがすごい!

THE・満足感!!




まとめると。

すっごく面白かったです!!










良い意味70%、悪い意味30%で肩の力が抜けたアリアが、今後どんな考えでどんな判断をくだしていくのか。
また、ハルトの今後の立ち回りも気になります。



続きがあるなら、読みたいです!




以上!


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ