ちょろイン系ラノベブロガーのフリースタイルラノベブログ
ネタバレを含みます ご注意ください

どもー
デスカイザーです


このライトノベルがすごい!2020への投票はしっかりしてきました!
実はこの記事の作品にも……?(示唆)

おかげで少しだけ読書習慣を今の生活にねじ込めたので、(以前までと比べれば少ないですが)このままゼロにならない程度には読んでいければと思います。
もちろんブログもね! 書くよ!





ではでは、今日のラノベ!

処刑少女の生きる道


処刑少女の生きる道
―そして、彼女は甦る―

著者:
佐藤真登

イラスト:
ニリツ

レーベル:
GA文庫


【あらすじ】

 この世界には、異世界の日本から『迷い人』がやってくる。だが、過去に迷い人の暴走が原因で世界的な大災害が起きたため、彼らは見つけ次第『処刑人』が殺す必要があった。
 そんななか、処刑人のメノウは、迷い人の少女アカリと出会う。躊躇なく冷徹に任務を遂行するメノウ。しかし、確実に殺したはずのアカリは、なぜか平然と復活してしまう。途方にくれたメノウは、不死身のアカリを殺しきる方法を探すため、彼女を騙してともに旅立つのだが……
「メノウちゃーん。行こ!」
「……はいはい。わかったわよ」
 妙に懐いてくるアカリを前に、メノウの心は少しずつ揺らぎはじめる。
 ――これは、彼女が彼女を殺す旅。




感想:★★★★★




大賞、納得。









さてさて。
今抱えている「すっごく面白い!」って感覚を、ネタバレ控えめで、かつ分かりやすく書き残すにはどうしたらいいのか悩んでいるわけですが。




何せ、ページを重ねるごとに面白さがも重なっていくというのが、ひとつ感覚としてあるわけです。





「何を当たり前のことを」と後から見返した時に自分で突っ込みそう。

違うんですよ。
主流とは言わずとも、こう、ひとつの大きな流れとして「タイトルを秒で回収するラノベ」があると思うんですけど、例えるならばタクシー乗り場でタクシー待ってたらタクシー来たみたいな感覚なんです。
その後の乗り心地、運転技術、目的地が違うから千差万別の物語になっていくんですが、根本の「タクシーに乗る」という部分は安心感として担保されているんです。



一方、この作品を例えるならばタクシー乗り場でタクシー待ってたらやけに長い車が来て、訝しみながらも乗ったらドリンクやら軽食やらがあるし静かだし……これはもしやリムジン!? みたいな感覚なんです。
タクシー、なれどタクシーに非ず。







(読み返したら自分で何を言っているのか分からないんですが、面白いので残しておきます)



キャラとストーリーの2方向から感想を書いていきたいと思います!




①キャラが良い!




主な登場人物は4人。





表紙で可愛い、主人公で神官、そして処刑人のメノウちゃん。

メノウの補佐を務めているモモ。

迷い人で日本では女子高生のアカリ。

王族でありながら騎士にもなった王女・アーシュナ。






それぞれ見た目からして「好き!」ってなる素晴らしさしてますし、表向きの性格も魅力的。
しかし見た目だけにあらず。
美しさを引き立てる陰がある事こそが、最大の良さなんですよね。


例えばメノウちゃん。

陽炎フレアと呼ばれた伝説的な処刑人の弟子で「清く正しく、そして強い」神官であろうとすることを意識しているよう。

それ自体は何もおかしくないんですが、問題は彼女が「心を漂白」されかけた過去を持つということ。
それ以外の生き方を知らずに……というか処刑人として生きる以外に道が残されていないような状態で処刑人となった彼女が、強く在れていること。
信じて疑わない芯を持てていること。

存在に影が無いことが、逆に陰となって付きまとっているような感覚でした。


作中でもモモが懸念していましたが、もし処刑するべき人間へ強い情を持ってしまい自分の芯との間で板挟みになってしまったら……
それもまた成長のきっかけとなるかもしれないし、もしかしたら壊れちゃうかもしれない。
表紙のイラストからも感じる色気のある危うさが彼女の最大の魅力です。





……と、メノウちゃんに関してはそんな感想を抱きました。
普通の枠組みで見れば圧倒的とも言える能力を持っているのに、安心はできない。
このハラハラ感がメノウちゃんだけじゃなくどのキャラにも共通してあって、読んでいる時の面白さに繋がっているのかなぁと思います。

好きです。






……なんで私、メノウちゃんだけちゃん付けしてるんでしょうね??




あとその延長線上なんですけど、扉絵のキャラ紹介に句点が付いてるのすっごく良いんですよね……!
「処刑人。」みたいな。
簡潔だからこそ逆に闇を感じるやつ……!









②ストーリーが良い!!





いやぁ、まさか開始30pもしないうちに……(不穏







(不穏 から始まる物語って否応なしにその後の期待値も跳ね上がっていくんですが、この作品の場合はそれすらも軽く超えていきましたね!
世界観の解説と、バトル、あとメノウちゃんとアカリによるコント(コメディと言え)がそれぞれすごく良いタイミングで切り替わっていくなと思いました!

飽きないんですよー!
正確には、先が読め始めたところでそれをひっくり返されるような感じ?でしょうか?






メノウちゃん、戦いはじめる
 ↓ ↓
有効打は無いけど時間切れ狙えばOKだと分かる
 ↓ ↓
安心してたらアンラッキーな妨害で難易度跳ね上がる
 ↓ ↓
アカリが来ちゃう(戦闘しながらコントスタート!!)
 ↓ ↓
メノウちゃんよく頑張ったね……(同情)






作中とあるシーンの流れなんですが、特に3・4番目の秀逸さが面白さにブーストかけていると思うんですよね!!
2番目で勝ちの未来が見えたところで、安心して読ませないための工夫。
特にアカリが来ちゃうあたりで戦闘の雰囲気まで変えてくるのが好きですね……!


さらに、こうした一つ一つの戦闘の流れも、巻を通して見ると確かなストーリーの一部となっているところが、経過としてではなくポイントのひとつとして機能しているのが良いんですぅ……!
主にラストバトルで「!!!??」ってなったアカリのギミックのせいなんですけどぉ……!!
そうだよねぇ……“時”だもんねぇ……!







まとめ





この世界観で、
あの掛け合いが書ける……


なんと
素晴らしいことかッッッッ!!!










……という感情すらも上回ってこの作品が好きな一番の理由って、黒幕の動機かもしれないです。

ここまでのことをやって、それ??っていう。
世界征服とか権力の統率みたいな分かりやすい理由以上に分かりやすい。
故に狂気。
故に純粋。
一歩間違えればギャグになりそうなところを、よくシリアスにまとめあげてくださいました!!!と感謝感激感動感涙です!





強いて言うなら魔導を用いた戦闘が1巻からぶっ飛ばしすぎててこの後大丈夫??というくらいですかね、懸念点。
なんかアルテラの宝具みたいなの出してませんでした?黒幕さん。






もう……なんでしょう。
完成度高すぎて、しばらく私これを生きる理由のひとつにしようかなと思うくらいには好きです。


これから先のストーリー、どうなるんだろうなぁ……





以上!




今日のラノベ!

ドMでちっこい先輩とお付き合いすることになりました


ドMでちっこい先輩と
お付き合いすることになりました

著者:
高橋徹

イラスト:
蔓木鋼音

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 イジり好き先輩は、イジり返されるのにとても弱い

 大学に入学した幸太郎は新歓ラッシュの洗礼を受けていた。かろうじて抜け出した先で、背がちっこくて驚異の胸囲、幼い印象だけど凛とした表情、矛盾する要素を奇跡のバランスで体現した美しい先輩・美咲と出会う。美咲の強引なサークル勧誘を受け、もっとお近づきになりたいと思った幸太郎は入会を決意する。その後、新歓飲み会で酔った美咲を介抱しているうちに距離が縮まり、想いを確かめ合ったふたりは交際をすることとなった。見ている方が恥ずかしくなる、ふたりのキャンパスラブコメディ・開幕!

 甘々イチャラブの過剰摂取にご注意を!?




感想:★★★★★













あまあああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!










感想の更新が久々なれば、感想に井戸田さんが召喚されるのも久々。

こんにちはこんばんはおはようございます。
ディバースの狗ことdeskyzerです。





DIVERSE NOVEL 8月の新刊は、新歓の出会いから始まる砂糖固め・砂糖濃い目、砂糖多めの砂糖マシマシラブコメディ!!

レーベル代表作の『トモハメ』とはまた違った方向でノンストレス!





美咲と幸太郎、ふたりの恋に障害は……無し!!




乗り越えなければならない山……無し!!






強いて挙げるなら、砂糖で胸焼けを起こす可能性あるのが弊害ですかね……われわれ側がですけど。






障害が無さすぎるというのは、冷静に考えるとちょっと寂しかったような気もします。
美咲の所属する社会福祉研究会というサークルに幸太郎も入会するわけなので、実際サークルでどんな活動していたのかとか。
大学に入って最初のテストを迎えた幸太郎が美咲とどんなやり取りをしていたのかとか。
大学生ならではの、高校まででは経験できないような人間性を試される壁みたいなものを通したイチャイチャがあったら……私の体は砂糖になっていたでしょう。


まとめると「砂糖になれなくて寂しい」って言っていることになるんですが、私の体は何を目指しているんでしょうね……









美咲先輩の好きなところ第3位!



チョップのち、撫で撫で



軽快にズビシッと入れてくれるんですが、すぐに労わってくれるのが彼女の根の優しさが感じられて良いですね……
そして何より低身長彼女がちょっと頑張って背伸びして撫で撫でしてるビジュアルの破壊力がやばい。





美咲先輩の好きなところ第2位!



自傷ノリツッコミ


低身長でいじられるあまり、自ら話題に出し、自ら墓穴を掘り、自らキレるという情緒不安定芸を会得したフェアリーペンギン先輩だれがフェアリーペンギンだって!!?

普通にツッコミのセンスが良いので面白いし勉強になります。
余程いじられ続けてきたんですね……
ボケに対しての反射速度がすごい。




美咲先輩の好きなところ第1位!



マスコットとして扱われるのには慣れているけれど、女性として扱われることに慣れていないからストレートに褒められた時の狼狽え方


自ら幸太郎をおちょくっておきながら、いざストレートに返されると「ぅぇっ!?」って真っ赤になっちゃう座敷童先輩だれが座敷童だって!?

本編通してず~~~~~っとイチャイチャしてる作品で、褒められた時の反応が可愛いヒロインがオンリーワンで居るっていう強さ。
適材が適所に配置されている感。
だってもう2人で喋ってれば面白いんですもん、勝ちじゃん……










掛け値なしの面白さも、ただ状況を揃えているからというだけではなく。


「感情の空気」みたいなものを表現するのが上手いんですよね、高橋先生。
終盤で同棲に至るきっかけとなる事件が幸太郎の部屋で起きるんですが、そのシーンでの慌てっぷりがそういう意味では特に顕著で好きです。
空気が止まって、動き出して、一気に沸騰して……っていう動きが滑らかに伝わってきて。
文字で読んでいるのに動画を見ているような感覚なんですよね。
ワードセンス、小文字の入れ方、地の文とセリフのバランス。

んー、好き。










まとめ




「角砂糖でぶん殴る」をキャッチフレーズとして掲げていらっしゃる高橋徹先生の真髄を詰め込んだ、まさに珠玉の一冊。

どうでもいいんですけど、珠玉って訓読みしたら「たまたま」ですね。えっちじゃん。
この珠玉を、美咲の驚異の胸囲と捉えるか、幸太郎のコータローと捉えるかは人それぞれですしオチはない。




面白かったです!!!





リリース情報を確認した瞬間から最高に期待していましたが、その期待すら超えていく甘々イチャイチャっぷりでした!

同棲生活のその後も気になりますね……


おや、こんなところにノクターンノベルズへのリンクがあるぞ



今後のご活躍がたのしみです!





以上!





↑このページのトップヘ