感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!



ピンポンラバー

ピンポンラバー

著者:
谷山走太

イラスト:
みっつばー

レーベル:
ガガガ文庫


【あらすじ】

かつて天才卓球少年と呼ばれた飛鳥翔星は、怪我のため卓球界から姿を消した。それから数年後、私立卓越学園の入学式に彼の姿があった。そこは日本全国から集まった卓球エリートたちがひしめく最高峰の学園。翔星がこの学園に進学した目的は小学生時代に唯一敗北を喫した名も知らぬ少女を見つけ出し、そして勝利することにあった。だが、入学初日にして彼は本物のエリートによる洗礼を受けることになる…。その身を焦がすほどに卓球を愛し、すべてを捧げた少年の燃えるような青春。第12回小学館ライトノベル大賞・優秀賞受賞作。




感想:★★★★★





卓球のスピード感をよく文章に落とし込んだな!!と感心しきりの300p!!!





どもー。
1000円ラケットで素振りしていたら打つ面が吹っ飛んでいった経験があるデスカイザーです!
私には手元に残った柄を見ながら笑うことしかできなかった。






ということで、
(幽霊部員歴のほうが長い)元卓球部なので読んでいて久々に卓球やりたくなりました!!





相手がサーブをトスしてから打つまでの一瞬の静寂とか、


ボールを見るのではなく腕や動きから予測するとか、


打った瞬間に球の行方を覚えて次の行動を意識するとか、


芯を捉えられなかった時の「ポコッ」とか。




リアルなんですよ。
1プレーあたりの時間で言えば文字を追うスピードのほうが圧倒的に遅いはずなのに、とてもリアルに卓球を見ているような、実際に台の前に立ち相手の動きを観察しているような。





瑠璃の「氷壁の反射」アイスドカウンター、紅亜の「嘲笑の魔球」ラフィングマジックのようなスキルも、確かにスゴ技ではありますが技術と努力の積み重ねと才能があれば非現実的とまでは言えない範囲。
フィクションのようでフィクションでない、その絶妙なラインコントロールが今作のリアリティを損なわないままにライトノベルとして成立させている要因でしょう。



…………。


…………………………。


…………………嘘です!
ゼロバウンドはともかく、ピンポン球のスピンで台が焦げ付くとかラバーが裂けるとかは無理です!!!!


そこはフィクション。
なんだあの魔女。すっげぇぞ。


ドライヴ(上回転=ボールが低くバウンドして前に進む)に見せかけて横回転とか、台の逆サイドに飛び込んで取るとか、我武者羅に卓球やっていた自分のプレイスタイルをもっと遥かな高次元でやってのけてしまうキャラたちに、思わず嫉妬です。
アレができたら本当に楽しいだろうなぁ……






卓球に関する約束に誠実であろうとする少年少女の誠実さは、卓外でもスポーツマンシップを持ち続けていることの証左でもあり、約束の相手=自分が敵わなかった相手への最大限のリスペクトでもあります。

ねー。
そう考えるとラストシーンまで引っ張られた「将星の約束の相手は誰なのか」という命題に対しての回答とそのリアクションがとても愛おしいです。






読書メモ




65p:ダメ!
⇒中学時代プールでトレーニングしていたことも合わせると膝の怪我かな?とほぼ確定したシーン。
怪我をした本人以上に、椿からしたらこの試合はハラハラしていたことでしょう……。
その後明かされた「怪我の原因」をふまえると、余計にそう思います。
思わず叫んでしまう気持ちも痛いほど伝わってきます……



103:惚れ……
⇒あっれぇ……?志乃ちゃん一目惚れですか……?
今回は案内キャラに留まっていましたが、彼女はエスカレーター組。
つまりそれなり以上の実力、あるいは飛び抜けたものを持っている……はず。
2巻以降の彼女のポジションに注目です。



178p:やっぱり瑠璃じゃね!?
⇒約束の相手は紅亜か、それとも瑠璃か。
最後の最後まで確信しきれず、楽しませてもらいました。



197p:骨なしチキンのお客様
⇒唐突なTwitterネタ!!
このネタ、コンビニ行く度に思い出してしまう呪いと化しています……





まとめ




熱いスポーツものでした!
今まで自分が読んでこなかっただけこましれませんが、こういったお色気ゼロのガチスポーツラノベは初めて読んだように思います。
楽しかったです!!


個人的な話ですがここ数冊お色気・ラブコメ続きだったので、正反対の位置にあるこの作品をこのタイミングで読んだ自分にgood jobです。


まだまだ入学してすぐのエキシビションが終わったばかり。
これからの展開が楽しみです!




以上!



どもー!
デスカイザーです。


W杯(ベルギー×チュニジア戦)を見ながら更新しております。
今回のW杯は、強豪国が軒並み苦しんでいる状態で、ほとんど前評判通りの試合がないような状況。
なので一戦一戦がベリー エキサイティングですヽ(・∀・)ノ

普段は日本戦しか見ないですが、今回は他の国の試合もついつい見てしまいます……!
おかげで6月下旬の新刊大攻勢が全然消化できません!!
本当にもう……本当にもう……!!


少しずつ時間を見つけてたくさん読みたいです(≧ο≦)




では、今日のラノベ!

××管理しないで、後輩さん


××管理しないで、後輩アライさん
最強Sデレ少女と恋をしよう

著者:
伊藤ヒロ

イラスト:
sune

レーベル:
美少女文庫


【あらすじ】

 先輩を《射精管理》してあげます!
 後輩、新居薫子は僕専用のいじめっ子。からかわれ、貞操帯を嵌められ、僕の××は完全管理へ。挑発されても自慰禁止。童貞喪失は襲われ騎乗位で!
 狂気の寸止めと究極の搾精快感の果て、僕は彼女のことしか考えられない!
 最強Sデレ・アライさんと恋しよう!





感想:★★★★☆



生まれたてのシマウマみたいに“なよなよ”してる先輩・乾小太郎。
そんな乾先輩専用のいじめっ子として君臨しながら意外と抜けてる猫みたいな後輩・新居さん。
ふたりの、秘密の、射精管理生活。







わたくし個人としてはドM属性は無い……はずなんですが、今作を読んでいる間は新居さん専用のいじめられっ子として没入することに何ら抵抗ありませんでした。
普段は軽い言葉使いなのに急に低い声で脅し、躊躇なく罵声を浴びせてくる新居さんに開発されるような。
悦びと呼ぶにはまだ淡い、でも微かにゾクゾクするような。
破瓜の血を隠しきれていないとか、パンツのシミを隠しきれていないとか、そういう「管理側」として見せるべきではない隙がチラチラあることへの萌え感情とは別の感情が確かにあるんですよね……
困った……少し開発されてしまっている……





ラブコメとして見るならやや狂気寄り
あるいは好きな子につい悪戯しちゃう小学生心理?
乾先輩を前にしたときの捕食者としての顔と、乾先輩が目の前からいなくなった時に魅せる新居後輩の普通に乙女している顔。
そのギャップがとても可愛くて、それはどちらの顔にもプラス補正をかけてくれていましたね!
良いよー!




今ラノベ界隈でもっとも新しくもっともエロいイラストを描くsune先生のイラストも、本文を加速させていきます……!
253pの感情を忘れた表情で涙をこぼす新居さんが特に好きです!
美少女文庫だけでなくエロ系レーベルの挿絵で、こうしたエロじゃない挿絵が来たときの注目度は高いですよねー!
エッチなイラストを押しのけて載せただけの意味があるわけですから!
感情が静かに決壊する新居さんのこの表情と、直後から始まる徹底的な調教シーン。
その感情の流れが素晴らしく好きです……!




ただ、ラストの数プレイの内容に関してはドM属性が覚醒しないまま没入し続けた結果、エラーを起こしてしまった感じですね……。
ドン引きとも言う。
没入していなければ陶酔感に浸っている新居さんに興奮することが出来たのかもしれませんが……、
性癖の未覚醒はしょうがない。
ドMに目覚めたらまた読み直すことにしましょう。
きっとその時ここに広がるは楽園エデンだ。












余談ですが、今回乾くんに微かな好意を寄せ無残に散ったクラスメイトで陸上部の石田花凛さんが大好きなのでスピンオフ待ってます!
傷心に漬け込まれてめちゃくちゃにされちゃう系のサムシング。
この作品に対して男女逆転のドM調教ものですね。
探せば似たような作品はノクターンにありそうですが……
それでも石田さんで読みたいんじゃ……





読書メモはゼロだったので無し。



性癖との誤差が少し痛い結果になりましたが、それでも作品としては十分以上に楽しめました!
プロローグで少しゾクゾクしたあの感覚は忘れたほうがいいのか、覚醒させていくべきなのか判断に迷いますが。


それでは、全国3000万人の美少女文庫ファンの皆様。
また来月の美少女文庫で会いましょう。


以上!



↑このページのトップヘ