感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!


ナイトメア・ゲーム

ナイトメア・ゲーム

著者:
真坂マサル

イラスト:
あきのそら

レーベル:
電撃文庫


【あらすじ】

 目覚めた時、街は【悪夢】に覆われていた……。
 悪夢が人々を食い破り、襲い始めたある地方都市。その存在に捕われたら最後、発芽した悪夢は暴走し、その人間が死ぬまで、止まらない。
 失われた記憶、閉鎖された街、幼馴染の涙、異様な予言を信奉するカルト宗教――謎だらけの状況に翻弄されながら、俺は手にした剣だけを頼りにギリギリで生き延びていく。
 いくつもの死を踏み越えて、傷だらけで進んだ先に待っている、残酷な「真実」とは――。
 この悪夢ナイトメアに、終わりは、あるのか?





感想:★★★★★






読了ツイートはこんな感じ。
困ってますねー。
これから2日経ってますが、概ね同じような心境のままなので本当に消化できていないです……




『水木しげ子さんと結ばれました』で第20回電撃小説大賞《20回記念特別賞》を受賞された真坂マサル先生の最新作!
もう本当に大好きな作品で、このブログでも3巻の感想とかは初期としては珍しくまともな感想を書いていたりします。
懐かしい。
思えばあの作品も、最後まで消化するのにとても時間かかったような……






さて。


まず、何よりもしっかり強調してお伝えしたのは





「面白かったです!!!!!」





という至極シンプルなことです。
その上でなお消化不良な面もあるということで……それもやっぱり不快なものではないんですよね。
油もので胃がもたれているのではなく、食物繊維を摂取しすぎて詰まってるみたいな。
……いや、この例えだと不快だな(おかしいな)










では、なぜここまで読み解き切るのに時間がかかっているのか




1つは謎の密度でしょう。
主人公・慧吾の記憶障害の理由、舞台である山奥の集落に拠点をもつ<キョウシン教会>の存在理由、謎の呪文、次々と現れる異形の怪物、幼馴染・儚の涙のワケ、【悪夢】とは一体何なのか?、etc……。
場所が変わり、登場キャラが増え、展開が進むほどに謎はどんどん増え、深くなっていきます……。



もう1つ理由を挙げるとすれば、整理する時間を与えてくれないというところです。
目覚めて状況を把握してから最初の怪物とエンカウントするまで、逃走してから一触即発の空気になるまで、仲間が増えてから次なる異形と対峙するまで。
いずれも短いストロークによって繰り出されるため、本を開いている間は考えを広げる余裕があまりありませんでした。
まさに「息つく暇もないほど」という表現を使いたくなる展開でしたね!




そんなわけで謎を積み重ねろくに整理もしなかった結果、終盤で事実が明らかになるほどに積み重なったものたちが音を立てて崩れていったような。
せめて整理だけでもしていたら良かったんですが……
おかげで読み終わった頃には謎を積み重ねていた頭の中のテーブルの上は大惨事!
天板が見えないほど物語のパーツがしっちゃかめっちゃかにぶちまけられています……

だがそれが良い!






中身の具体的なシーンの感想は……読書メモにて!





読書メモ




94p:未来ちゃん!!!
⇒二次リョナラーとしては、雑巾絞りで殺されてしまった未来ちゃんを最高の事切れ方だったと大絶賛したいです。
読者感情に配慮してなのか、女性のネームドキャラで凄惨な死に方したのは彼女だけなので余計に彼女への評価が高まります。
……いや、こう、何といいますか…………一切参考にならない立場からの評価で恐縮です。




183p:松果体
⇒オカルト方面に明るくないので初耳でしたが、調べてみると本当にありましたね。松果体の活性化による第三の目の開眼というオカルトな話題が……!
ただそれとは別に、松果体の石灰化とアルツハイマー病・認知症の相関性という記事も見つかったので、決してオカルトだけではないみたいですよ?
今度しっかり調べてみましょうかしら……?








まとめ




読書メモでなら掘り下げた感想もできるだろうと高をくくっていましたが、やってみたら全然ダメですね……






引き的に2巻が出ても出なくても納得はできるんですよね……
特にキョウシン教会側から見た一連の流れは宗教っぽい狂気が詰まっているので、むしろあのまま狂気を一手に引き受けて崇め崇められでいてほしかったり。
ただ、あの結末を迎えてからの慧吾の心境や考察をじっくり読んでみたい気もしますし……


全力の期待と消化不良の音とともに、読み込みながら待っていたいと思いますー







以上!



どもー
デスカイザーです!




教訓:人は、十分な睡眠を取らないと、ポンコツになる
事例:商品個数をカウントしていたら21と22の間で記憶が飛びいくつあったか分からなくなる
  (同様の事例多数)
よろしくお願いします




今日のラノベ!


魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!

魔王と勇者に溺愛されて、お手上げです!

著者:
ぷにちゃん

イラスト:
SUZ

レーベル:
ビーズログ文庫


【あらすじ】

 オレ様魔王・ノアの秘書官として働くクレアは、彼の大のお気に入り。しかし突然魔法陣に吸い込まれて――気がつくと宿敵である勇者イルヴェルトの下に召喚されていた。しかも『聖女』として!魔王城へ帰るべく、しぶしぶ魔王封印の旅へついていくことにしたけどこの勇者……聖女のことが好きすぎる!?二方向から溺愛されまくりの激甘ラブコメ!!





感想:★★★★★





キュンキュンしたくて買いました!!






魔王のお気に入り秘書官・クレアが勇者の下に召喚されてしまってさぁ大変!な溺愛される系ラブコメ。

同じ「溺愛」というジャンルでも、その愛情の注ぎ方が違うのです。
その描き分けが良かったです……!





魔王・ノアのクレアに対する愛情は、大事なものを手元で慈しむようなもの
ツンデレ気味ですけどね。
例えるならば、家庭菜園で育てる野菜に向ける愛情を昇華させたものに近いのではないかなぁ……
決して過剰に触れすぎず、しかし存在が視界から消えることは片時もなく、収穫を控えると食べ方を考えるような。
特に後半、勇者に対抗して「好き」という気持ちをクレアに告白してからのノア様が最高でした!!!
ぅぁ~~~キスマークぅぅ~~~



勇者・イルヴェルドのクレアに対する愛情は、与えられるかぎりの愛情を注ぐもの
ヤンデレ気味ですけどね。
例えるならば、ペット可のマンションに引っ越してようやく飼えるようになったアビシニアンへの愛情、とかでしょうか。
なかなか自分の向ける好意に振り向いてくれないけれど、一緒の空間にいてくれるだけでも嬉しいがために、万難を排してでもその状況を維持しようとするかのよう。
(勘違いだったとはいえ)女性側からの夜這い未遂に寝起きで対応できるあたり、イケメンは違うなって思いましたまる








そんなこんなで、クレアの反応の可愛さと勇者&魔王のイケメンっぷりがWパンチで効くので、とても感情が忙しいです。
最後のほうは、





はぁあぁぁぁぁぁぁ………????





ってキレ気味で浸ってました☆
キスマークの刺さり方がハンパじゃなかったです。

……いやだって普段読んでるラノベってキスマーク付ける描写、ほとんど出てこないんですもん!!
耐性のつき方が違うんです!!!
何ならヒロインのパンチラとか、キスしたとかよりもキスマークのほうが耐性無い分心臓にクるものがあると思うんですよね!!!








本編、魔王と勇者それぞれのクレアへのアプローチももちろん最高ですが。
クレアが勇者に召喚されている間のノアとルカリオのやり取り、幕間のような一コマがとてもツボです!
スキあらば勇者のところに殴り込みに行きそうなノア様の隠れ溺愛っぷりがキュンキュンで、それを把握しつつしっかり手綱を握っているルカリオさんの「気持ちは分かってますよ」感が最良なんですよ……!
いや、ほんとルカリオさんの存在が大きいです。
彼居なかったら魔王城での仕事が完全に止まっていましたし、どう考えてもカチコミに行く流れしかありえませんでしたよね!!ノア様の性格的に!!
(……ルカ×ノアの可能性については言及を控えることにします。好きです)







読書メモは好きなシーンの羅列にしかならず、というか「後半ほぼ全部」というメモになってないメモだったので省略。
省略した分の愛情は既に上述の通りです。






まとめ





どう考えても魔王ルートになるであろうことが明白でありながらも、イルヴェルドの『聖女』に対する偏執的な愛情が何かとんでもない国策と共にクレアへの愛情表現として打ち出されそうで。
とても楽しみでありつつ、ノア様のことを思うと気が気でない。
そんな夜を幾度か過ごしての感想でした。



もちろん女性読者はクレア視点でむふふふ~とできること請け合いですが、男性読者はどの視点で楽しむ派閥が大勢でしょうか?
ノア視点?イルヴェルド視点?
私はルカリオ視点。


今後は舞台を魔王城へ移しての激甘ラブコメ。
魔王様のメンタルが試されそうな展開がありそうですが、イルヴェルドなんかに負けず好意をしっかり伝えてほしいです。





……と、ルカリオ視点で思うところであります。





以上!



↑このページのトップヘ