感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!



大須裏路地おかまい帖

大須裏路地おかまい帖
あやかし長屋は食べざかり

著者:
神凪唐州

イラスト:
平沢下戸

レーベル:
宝島社文庫


【あらすじ】

名古屋は大須にひっそり佇む小さな神社。そこの駆け出し神主を務める北野諒は、妖怪や神仏といった「あやかし」を見ることができる。そんな諒の副業は、人間にまぎれて暮らすあやかしたちが住む長屋兼居酒屋「なご屋」の雇われ店長。雇い主である鬼の一族、朱音にこき使われながら働く諒の元には、今日も怪異が持ち込まれ……。





感想:★★★★☆




おから入り手羽先が……食べたいです……




タイトル通り、名古屋は大須を舞台にしたご当地作品ですね!

大須に行ったことが無い人には、ここから興味を
大須に行ったことが有る人には、見覚えのある風景と次行く際のポイントを
大須に日常的に行く人には、登場する場所のマニアックさにニヤニヤを


それぞれのポイントで楽しめる作品になっていたんじゃないかなぁ、と思います。
私は1年ほど前に卒業旅行で立ち寄ったのが唯一の大須体験なんですが、そんな私でも207pの「インターナショナルな香り漂うグルメゾーン」や「招き猫の広場」は多分アレだなという記憶があります。


多国籍で雑多で、観光名所だけど生活感もあって、それこそあやかしの1人や2人(単位:人?)が紛れているほうが自然なんじゃないかと思う独特な雰囲気を持っている。
それが大須という地なんでしょう。





ストーリーは、あやかし長屋兼居酒屋の雇われ店長・北野諒が、大須の片隅で迷いあやかしの黒猫・トータを保護するところから始まります。
霊力の枯渇によるのか記憶を失くしていたトータに、あやかしが人間界で生きるために必要な知識やノウハウを教えながら共に生活し、その中であやかしにまつわる騒動に巻き込まれていきます。

トータの成長や失くした記憶にまつわるお話はもちろん、トータと過ごす中で諒や朱音も変化したり過去に縛られたり解き放たれたり。
「親は子供と共に成長する」という言葉がありますが、まさにその通りですね。
あるいは成長というよりは成熟に近いでしょうか?
元々諒の叱り方は要点を突いて最低限に収めていることもありとても上手いんですが、過去のことを冗談めかして念を押したり、ご褒美をわざとらしくなく置いてみたり、トータが不満に思わないような気遣いが増えていたのが印象的でした。




もう1つのポイントたる名古屋めしも、「なごやめし普及促進協議会公認」なだけあって美味しそうでした!
美味しそうというか最早美味しい(強い断定)

特におから入り手羽先ですね……!
奴はいかんよ。いかんよ、やつは。
どう考えてもビールがすすむやつじゃないですか。もう。まったくもう。ビール。


どて煮も食べたいですね……。これは日本酒で。
あと豚の串カツが出てきてましたね……。あれは知多ハイを合わせたい……。
志の田うどん。初耳だったんですがあれは圧倒的〆ですね……。



とりあえずこの感想書き終わったらビール呑むとして。
読書メモです。




読書メモ




5p:北野神社
⇒大須観音の北に位置する実在の神社。
つまりそこから徒歩十秒にあるあやかし長屋兼居酒屋も実在するという雑な名推理はともかく、菅原道真を祀るこちらにも足を運んでみたいものです。



18p:青く染まったドラゴンズブルー


遠い夜空にこだまする
竜の叫びを耳にして
ナゴヤ球場つめかけた
ぼくらをじんとしびれさす
いいぞ頑張れドラゴンズ
燃えよドラゴンズ



(「燃えよドラゴンズ(作詞・作曲:山本正之)」より)


スピードワゴンの「ナゴヤドームに行きましょう」に当てられてる感はある




84p:錦三
⇒「名古屋市中区錦三丁目」の略称で、ここは有名な歓楽街なんですって。



143p:大須の縁日
⇒折角大須行くなら、より多くの人で賑わっている日を狙いたいですよね。
ということで月2回(18日、28日)開かれる骨董市のなかでも縁日として賑わう28日の骨董市に、いつか行ってみてはいかがでしょう……!
丁度今月(2018/4)は土曜日ですし。
私は……ほら……お金が無い。



165p、200p:鬼の過去
⇒多くは語られませんでしたが……諒から見た“先代”に当たる方ですよね……。
このあたりから、どこか浮ついた空気が無くなってピリピリしだしたような感じがありました。
人の死はさすがに重みが違います……



181p:アクアイレブン
⇒カフェ&バーの店として登場した店名ですが、調べた限りでは実在店舗では無いようです。
が、多分この店名の由来は名古屋市を中心に活動するジュニアサッカーチーム「アクアJFC」でしょう。
サッカーは11人競技ですから。
調べなきゃ地元民でないと分からない小ネタですが、ご当地ものはこういうので良いんですよ……!
むしろこういうのが良い……!



280p:大直禰子神社
⇒こちらは北野神社と同じく実在する神社で、調べてみるとトータがここに居たちゃんとした理由がありました。
面白かったのでリンク張っておきます。
是非、本編を読んだ後に。

大直禰子神社:名古屋神社ガイド





まとめ





「大須に行きたい」
そんなシンプルな気持ちが募っていく小説でした!

面白かったし、美味しかったです!



以上!



今日のラノベ!

SAOAGGOⅤ

ソードアート・オンライン オルタナティブ
ガンゲイル・オンラインⅤ
-サード・スクワッド・ジャム
ビトレイヤーズ・チョイス<下>-

著者:
時雨沢恵一

イラスト:
黒星紅白

レーベル:
電撃文庫


【あらすじ】

 “さあ、存分に殺し合え。かつての仲間は、今は敵だ”
 生き残りチームから各一名が選抜され、ビトレイヤー(裏切り者)チームを結成する「特別ルール」が発動した第三回スクワッド・ジャム。優勝候補筆頭と目されていた“LPFM”からは、レンが最も戦いたくないプレイヤー、ピトフーイが選ばれてしまう…。
 激震が走る参加者たちをよそに、刻一刻と海へ沈むフィールド。その中央、濃い霧に隠されていた“UNKNOWN”エリアに鎮座していたのは、一隻の巨大豪華客船だった―。
 裏切りの銃弾が飛び交う、壮絶なバトルの結末とは!?




感想:★★★★★




だっまさっれたー!!







各チームから1人ずつ裏切り者が選抜された4巻の衝撃的なラストの続きな、SAOAGGO第5巻。



大きく分けて2パート。
海面上昇から逃れるためBTRY(ビトレイヤーズ=裏切り者たち)の待ち構える豪華客船に乗り込むまでの前半戦と、乗り込んでから船内での駆け引きが熱い後半戦。






前半はビトレイヤールールを決めた運営(というか銃が出てくる作品ばかり書いている小説家)へのチームごとの態度の差が興味深かったです。
MMTMは激怒から正々堂々の勝負、TOMSは激怒から「利用してやる」、SHINCは激情を呑み込んで互いに激励、ZEMALはマシンガン最強決定戦ヒャッハー!、T-Sは無感動、LPFMは個々人ごと。


激怒した2チームの反応が予想外でした……。
せいぜい怒るにしてもSHINCのように特定の誰かと戦うことを楽しみにしていたとか、そういう方向くらいだと勝手に思っていました。
私が今まで読んで感じてきた以上に、GGOに、スコードロンにかける想いは大きかったようです。


ZEMALのマシンガン愛も……凄まじさすら感じますね(笑)
なんだかんだトップ6に実力で食い込んでいるのに、あくまでも「マシンガン撃ちたい!」から離れないあの視野の狭さは尊敬に値すると本気で思います……。


豪華客船へ乗り込むまでの攻防戦は、1人ずつ欠けながらもそれぞれのチームの特徴が失われることなく発揮されていたのが印象的。
ほぼ全チームリーダー格が裏切り者として選出されているのだから、最悪統率が取れなくなっても不思議ではなかったわけです。
特にMMTMとSHINCはリーダーのカリスマ性が特徴だったので余計凄さを認識することになりました。
ルール的に邪道なところはあるけど、リーダーに頼りすぎないチーム力の向上という意味では一定の効果があったかもしれません。

LPFMなんかはね。
GGOに慣れてないフカ次郎以外誰がリーダーでもおかしくないから、チームとしてあれだけ強いわけですから。(4巻参照)




後半は、全20フロア・全長500メートル・幅90メートルの広大な船内をフィールドにした室内戦!
フロアマップをわざわざ用意してくださっていたのが本当にありがたかったです……。


フカ次郎のグレランが使いづらかったり、エムの巨体が仇となったり、頭脳プレーで一網打尽にしたり。
今までのSJとはひと味もふた味も違う戦闘の連続で新鮮味があって面白かったです!
SHINCとLPFMの出会い頭の瞬間的な反応とか本当に最高です……
左子打っちゃうのもしょうがない。




ここまで緊張と驚きの連続なんですが、一番驚いたのは何といっても……





ネタバレ注意報

























LPFMから選ばれた裏切り者が、


ピトじゃなくてレンだった  


っていう310pのシーンですよ。
レンのアホたれええええ!がとても可愛い。

可愛いはともかく。

・BTRYに混じっていた裏切り者はTOMSのコールだけじゃなかった。
・エルビンとT-Sを倒し、MMTMリーダーのデヴィットを倒したピトの行動は「最初から裏切りっていた」以外の点について何ら責められるものではなかった。
・エヴァはやっぱりレンと戦えない運命にあった。



色々なことが過ぎりましたが、


レンがまたピトに振り回されて激おこ


というのが何より堪らないですね~( ̄∀ ̄)
イカれたレンとピトの戦闘は、何度見ても情け容赦なく奇抜で無遠慮で予想外の動きの連続だから面白い……!


むふぅ……(満足げ)





読書メモ




45p:いいと思います
⇒強そうな女達が恥ずかしそうに顔を赤らめながら容赦なく銃弾を撃ち込んでくる映像はよ



71p:ZEMAL
⇒ついに個々人の名前まで登場した全日本マシンガンラバーズ。
1巻じゃただのかませ犬だったのに……成長したね~……。
ショッピングカート型移動砲台とか、本人達的には「強そうかっこよさそう!」でやってるんだろうけど、それが結果的に戦場の特性に合っているんですから彼らのマシンガン愛はやっぱりバカにできないです。



156p:読まれてるなぁ……
⇒ピトが、元彼の行動を把握している女性みたいに見えてきます……(笑)



189p:ZEMALに栄光あれ!
⇒ここまで来たのに味方同士で撃ち合い、遊んで退場する彼らに呆然とする酒場風景がw
もう本当に最高……むり……とうとい……



264p:やっぱりナーヴギアなのな……
⇒ピト、どうやって政府の回収をくぐり抜けたのか……。



289p:羅生門
⇒渋いネタ放り込むなー……



331p:キリトか……!?
⇒このやけに格好つけたイケメン優男のベータテスターは……キリットさんかな?かな?



363p:蹴りやがった……
⇒奇しくも翌ページの観客と全く同じ言葉を(笑)





まとめ




いい加減SHINCとレンを戦わせてあげて!?



次は誰がレンを“イカれたレン”に変えるのか。
楽しみ。




以上!

↑このページのトップヘ