感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください


今日は……簡潔にまとめます。

今日のラノベ

_SX339_BO1,204,203,200_


異世界でちょっとアレな宿屋の経営をはじめたのですが店員さんに好かれすぎちゃって…… あの、今は営業中ですから①

著者:

酒呑童子徒然

イラスト:

かいす

レーベル:

オルギスノベル


【あらすじ】

 祖父からちょっと訳ありな特殊浴場「かすぱぁらんど」を相続した広野健太。表向きの特殊浴場は赤字だったが、おばあちゃんが仕切っていた裏の営業はまずまずだったので、細々とでも食えるのならと引き継いだが、営業所日の落雷で「かすぱぁらんど」ごと異世界に飛ばされてしまう。そこで偶然、店の前で狼に襲われていた女の子を助けるのだが、その子はなんと女勇者に追われている訳あり魔族だった。メルビィと名乗るその貴族は、今はこの森の奥に潜伏していて落ち着く場所を探している、かつての部下と一緒にここで雇ってくれないかと提案するのだが……




感想:★★☆☆☆




面白かったところ!






◎健太の持ち込んだ異世界の空気・常識の元で共に過ごすなかで、魔族側も勇者側も徐々に考えが変わっていく(変わっていこうとする)というのが大きな軸。


それを感じられるポイントが要所要所に散りばめられているのが良かったです。
ハッキリ示されたこと以外にもちょっとしたサンドイッチラリアットからも汲み取れたりして、そいでそういうところってキャラがとても生き生きしているシーンなので胸にジ-ンときます。





◎キャラの造形はややピーキーで慣れるのに時間が必要だったものの、慣れてからはその味に魅せられました。
モンスター文庫の『物理さん〜』や、講談社ラノベ文庫の『がをられ』など、語尾に特徴のある作品は多々ありますが、それらよりもクセが強いです。ノブもびっくり。






イラストは表紙をご覧の通りのハイクオリティ!
私自身、エッチなラノベコーナーに平積みされたこの表紙を見て「これだっ!!」って手に取ったクチなのです。
(表紙買いもあらすじがダメなら買わないので、内容を予想せずに買ったわけではないという注釈を念の為)

特に49pのうつぶせ女勇者が好きですね……!





◎味の染みてる文章がいくつかありましたね。
メモってあるところだと188pの最終行

ホントに、美味しいんです、ガルパスの作った朝ご飯。

とか。
サッと読むにはこの一文は流れを止めるような、唐突な一文なんです。
が、深ーいところで直前の話と繋がっていると理解が出来た瞬間に旨みが広がるようになっています。
説明不足と紙一重ですが、ココは本当に上手いなって思いました。









良かったところはこんな感じです。
気になったところは「続き」で。











スポンサードリンク

続きを読む

今日のラノベ!


辺境暮らしの大賢者



辺境暮らしの大賢者
魔王を倒したので弟子と共に隠居生活を過ごそうと思う

著者:
戸津秋太

イラスト:
鍋島テツヒロ

レーベル:
BKブックス


【あらすじ】

 三年前、人類の脅威であった魔王を倒したロイド・テルフォード。現存するたった三人の大賢者のうちの一人である彼も、いまは世界樹に守られたオルレアン大陸の片隅の村でひっそりと暮らしている。弟子のアイラをやきもきさせながら、あたかも隠居生活のような自堕落な日々にどっぷり浸っているロイド。しかし魔王を失いながらも日に日に激しさを増す魔族の猛威は、辺境の地にまで及び、ロイドに安寧を与えてはくれなかった!





感想:★★★★☆



(昨年中に読み終わっていた感想シリーズ、そろそろ消化していきます)






普段は自堕落、昼起きバンザイな生活を送っている大賢者ロイドと、その弟子でしっかり者のアイラでの二人暮らしが物語のベース。
最前線で戦うことだけが「できること」ではなく、日陰者だと指を指されて笑われても、どれだけ周囲に理解されなくても、自分の信念と誇りを「必要だ/間違っていない」と貫き通すことの尊さを学べる1冊です。




魔族に襲われていたアイラを救うところから始まった物語が、一周まわってそこをキーにした物語へと落ち着くという展開は読んでいてスッキリしました。
伏線は割とハッキリ大きく張られているので、やはりBKブックスの既存作と同じく読書に慣れていない人が読んでもラノベっぽさを楽しめるんじゃないかと思いました。
個人的にはこれにプラスしてもう少し細かい伏線もあると尚良かったかなぁというところです。
ただ、2巻以降へ残された伏線がその役割を担ってくれそうなので、比較的希望に満ちた★4評価です。






アイラなぁ……
読んでいると12~14歳くらいなイメージなんですが、実際はもう少し上で16~18歳くらいの設定なんですよね。
そこのギャップがまた可愛いんですが、魔族に一人で向かっていく時の「危ないよ!!!!!!!」って押しとどめたくなる気持ちが本編と関係なさすぎて困ったりはしました。
いや、実力的には押しとどめるのが正解なので間違ってはないんですけども。

何が言いたいかって、私もアイラに叩き起されたい。







短めですが。


以上!



↑このページのトップヘ