感想テーマは 「思ったことを、そのままに!」
ネタバレを含みます ご注意ください

今日のラノベ!

幼馴染で悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

幼馴染で悪魔な騎士は、私のことが大嫌い

著者:
編乃肌

イラスト:
おの秋人

レーベル:
ビーズログ文庫


【あらすじ】

『精霊姫』に選ばれた庶民のスーリア。だけど護衛騎士が昔喧嘩別れした幼馴染みのレイスだなんて!?「お前の護衛なんて不本意だ」「こっちだて願い下げよ!」「スーに近づくなー!(怒)」精霊ウォルもお怒りの中、向かった王都では『精霊使い』の行方不明事件が頻発!しかもこの事件がレイスの素顔に迫る鍵になっていて……!?




感想:★★★★★




待ってたよ、デレイス……





『余命六ヶ月延長してもらったから、ここからは私の時間です』の編乃肌先生の新作!
8月の新刊ですね。






(ビーズログの新刊台が見つからない僕)
「すみません、ビーズログの新刊って……」

(品出し中の店員さん)
「あ、お盆なのでもうちょっと後です」

(その本屋の文具担当僕)
「あっ、そうですよね」






そんなやり取りもあったとか無かったとか。






本題。




帯文句の「こじらせ喧嘩ップルの精霊ファンタジー!」ってのが、攻め攻めのスレスレでよく内容を表していてすごく良いと思います!




面倒見が良かった主人公・スーリアは、近くの孤児院に皆のお姉さんとして幼い時から慕われていて、レイスもその孤児院にいた一人。
仲のよかった2人なのに、ある時レイスがスーリアのことを「大嫌いだ」と評している場面に本人が出くわしてしまい、思わず腹パン。
以降仲直りすることなく、レイスは騎士として、スーリアは領主様の屋敷で使用人見習いとして働く日々を過ごしていた……というところから物語はスタート。



……いたなー、領主様とかいうキャラ濃い人(遠い目)






精霊姫=三年に一度、精霊たちを統べる精霊女王のもとに赴き儀式を行う役割を担う精霊使いのこと。
本年の精霊姫に選ばれたスーリアはそれだけでもあたふたなのに、その護衛騎士がかつて喧嘩別れしたレイスだと知り愕然。
めっちゃ格好良くなってるのに、案の定つっけんどんな態度だし。

それでも名誉なことだと私情を割り切り、王都へ向かい精霊姫としての準備を進めていくなかで徐々に見えてくる「悪魔」という存在。
そしてレイスの「あの時」の態度の真相も徐々に明らかになっていき……?








やっぱり序盤のレイスは、ツンデレイスもといツンドラレイス
スーリアに大嫌いだと言う過去シーンが一番グサッと来ます……
護衛騎士としてスーリアの前に現れたシーンも……ぅぉぁー……
事情が分かった今見返しても破壊力(乙女特攻)が凄まじいです。


王都に向かい出してからは言葉の端々から事情あるオーラを滲み出させていたので、面と向かって言われていたスーリアほどのダメージは受けずに読めるのかなー?と。
このあたりからどちらの意味でも取れる言葉が出始めてくるんですよね。

……お前は変わらず、年下に甘いな
   本文55pより


とか!
世話役であるロア君(可愛い)(少年)へのスーリアの態度を見たレイスの発言で、表面上は皮肉ですが言外に「俺はお前を昔から知っているぞ」ってヤキモチにも見えてはあああああ~~~~っっ!?尊っっっってなるやつ。

ツンデレイスの爆誕である。



そんなこんなで、ここから先も悪魔にまつわる事件が発生したり、ツンデレイスが猛威を奮ったりしながらレイスの態度の謎に迫っていき……





最後には世界の真理、女性特攻、全ての女性に愛され一人の女性のみを愛する、完全無欠の騎士様・デレイスとスーリアが結ばれ幸せになるというTHE HAPPY END !!!!









何が良かったかと問われれば、脊髄反射で「全部」と答えたくなるんですが、レイス以外だと個性的な脇役たちが素晴らしかったと思います。
精霊大好き!領主様とか冒頭のみの登場なのに強烈に印象に残ってます。
(美少女攻略ゲーによくいるキャラの濃いおっさんに似た印象。天神平パパ……)

スーリアの親友・リンスもまた登場自体は僅かな時間ながらも、スーリアを大事に思っていることが伝わる良いキャラでした。
孤児院の院長さんと共に名前だけはよく出てくるとはいえ、なんかずっとスーリアの傍にいたんじゃないかと思うくらい親しみが湧いています。
姐御肌というか、普段からめっちゃノブレス・オブリージュしてそうというか……
リンスがデレイスを見たらどんな反応するんでしょう……w


精霊たちも外せないですよね!
特にウォルはスーリアとずっと共にいながらも、実はスーリアの命の危機には傍にいることが出来ておらず……
危機が去って再会した時の可愛さとかもう……可愛い……!!
ウォル視点の短編とか読んでみたいですね!
あるかな……

・・・検索中・・・

あった……!!
WEB発だったらもしやと思って調べてみたらありました!!
勝った!!!




まとめ





約束された勝利のデレイス




やっぱり編乃肌先生の描く強気女子(時々乙女)は良いなぁ、と改めて思いました。
大嫌いって言われたら腹パンしたって良いじゃない!!


お幸せに!!!!!




以上!



今日のラノベ!

幼女さまとゼロ級守護者さま 2


幼女さまとゼロ級守護者さま 2

著者:
すかぢ

イラスト:
狗神煌

レーベル:
GA文庫


【あらすじ】

「お願いします!!」
 校門で待ち構えていた咲乃は、目を潤ませながらノートを差し出した。名門・ケセド女学院の女生徒による告白イベントに周囲は色めき立つ。なにしろここは七F高――ネテスハイムでも最底辺の学校なのだから。咲乃は決めたのだ。もっと強くなると。だから“ゼロ級守護者”への弟子入りを決意したのだ。
 そして再び天球儀が動き始める。不自然なほど低いランクの青銅ダンジョン。しかし、そこに集結したのは対抗勢力の大アルカナ、そして謎に包まれた最強最悪のJoker of Death ――かつてない強敵が羽玖を狙う。様々な思惑が複雑に交錯する天球儀ゲームの行方や、いかに!?




感想:★★★★★




絶対にネタバレしない、という鋼の決意を感じる公式あらすじに敬礼

そしてそれに倣い、1巻に引き続きネタバレは……頑張ってしないように…………







1巻と連続で読んで大正解でした!

その理由はずばり、チェーホフの銃



1巻315pで羽玖が説明しているシーンもある言葉で、序盤に出てきた小道具が後々重要な小道具へと変わっていくことを表します。
で、まさにコレが2巻のテーマで、面白かったポイントでした!



皇、止水のクラスメイトとして登場したものの1巻ではあまり出番のなかった歌乃が今巻最大のキーパーソン。
ほかにもあれやこれやそれや……
1巻で放られた何気ない言葉、2巻序盤で出てくる何気ない世界設定。
それらが後に進むにつれて、1つのうねりとなってザバーッと押し寄せてくるのは快感でもあり恐怖でもあり。
だって、銃に気づけなければこの1冊の楽しみを1つ失ってしまうということなんですもん。

記憶と照らし合わせつつ記憶に刻みこむかのように読み、あっという間に読み切ってしまいました……!
こんなに前向きに集中して読んだのはいつ以来か、というくらい集中しました。






お約束要因・咲乃の204p以降のお約束じみたやり取りは、ある意味この作品のこれからを象徴しているのではないかと思いました。
最初に叙述トリックという爆弾を仕込んだ以上、残るは局所的な殲滅戦。
1つ1つ進めていきながらも、その過程は単純かつ迂遠で果てないものになるというか……
伝わるといいな……(努力の放棄)






あと今回、羽玖の「幼女さま」って感じのシーンがマシマシで最高でした!
ナイス平手打ち!!
多分1巻ではやりたくてもやれなかったんでしょうね、諸々の都合上。
ネテスハイム公・透華との繋がりも感じさせる威厳と聡明さで、でもたまに許容範囲を超える出来事があると取り乱す姿もあったり。
良いですねぇ……!





まとめ




この感想は、前後左右を地雷とひよこに囲まれたうえでお届けしております。

踏み込んじゃいけないところと、踏み込みたくても踏み込めないところしかない……





果たしてJoker of Death と“ゼロ級守護者”とのバトルはどんな結末を迎えるのか。
今回の戦闘もだいぶメンタル持っていかれた感じありますが、次はもっと大変そうですよね……
覚悟は持っておいたほうが良さそう。




まだ登場していない「銃」はあったかしら……?




以上!


↑このページのトップヘ