ちょろイン系ラノベブロガーのフリースタイルラノベブログ
ネタバレを含みます ご注意ください


どもー!
デスカイザーです!


新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で世間がざわつく中、転職したての私も研修がオンラインになったりシフトがころころ変わったりで順応に苦労しています……
でも、夜勤の時より圧倒的に時間が取れるようになったので、少しずつ読書時間を延ばしていきたいとおもいまーす!
パズドラの時間も少し減らすます……




では、
今日のラノベ!


IMG_20200328_150651



神城リーリャは
白百合の香りに恋焦がれる

著者:
ちょきんぎょまる

イラスト:
つるこんにゃく

レーベル:
DIVERSE NOVEL


【あらすじ】

 なんでもするなんて言われて……
 我慢、できなくなりました……

 匂いフェチの神城リーリャは、白百合の香りを纏う百合園明日葉に惹かれていた。ある時リーリャは、とある事情により明日葉が退学寸前だということを知り、学園出資者の父に頼み込み彼女を退学から救う。明日葉の、感謝から発せられた「なんでもする」という言葉。それは明日葉に対する密かに抱き続けて焦がれすぎたリーリャの恋慕をこじらせ、愛欲へ変えさせる魔性の言葉であった――。


 香りで繋がるガールズラブコメ!




感想:★★★★★







謎の先輩、皆原花梨の秘密とは――!!!










ラブの詰まった百合でした!

好き!!











出てくる女の子を紹介しよう!!!!!






お嬢様学校の特待生として通う、ごく一般家庭出身の明日葉!(黒髪)

陸上の成績を買われての進学とはいえ成績も常にトップクラスを維持し続ける努力家さん。
背が高く女の子らしくないことを本人的には少し気にしているけれど、小物を猫ちゃんで揃えたりする可愛さがギャップでマジ尊い



ボクっ子。←重要







そして、THE・完璧お嬢様のリーリャ!(煌びやかな金髪)
常に優秀な成績を収める明日葉の更に上を行く全教科満点を平然と取る模範生。
事業家の父、大女優の母との間に生まれた生まれながらのお嬢様にして、周りからの期待に応えられるよう常に成長し続ける努力家さん。

匂いフェチであることを自覚しながらも、その片鱗を一切表に出さずにこれまで過ごしてきた。
そう考えると実は我慢づよいのかもしれない。
……我慢づよ「かった」のかもしれない。






以上2名による百合、時々先輩です。







二人になった時の空気感がだんだん醸造されていくのが凄く良かったです!!


二人はクラスメイトだし人気者だしでお互いを認知はしていてもちゃんと話したことは無かった、ってくらいの距離感から始まります。
言ってみれば少なからず「外面」同士なところがあるわけです。


そんな二人が友達という関係をすっ飛ばし、同居、そして恋人へと発展していきます。
匂いフェチという爆弾のおかげでぶっ飛んでるやり取りに見えますが、ある意味これ以上なく分かりやすい「プライベート」なんですよね。

完璧を地で行くリーリャはもちろん、明日葉だって人には見せない苦悩や努力があって。
それをお互い分かち合っていくため、お互いを知っていく・さらけ出していく過程というのがとても良い!
良いんです!!







で!!!!

エッチの時に口調の変わるお嬢様!!!!!













その前からちょいちょい、リラックスした文章というか形作られてない本音がそのまま出てるセリフがいくつもあって、その度にハートを射抜かれていたんですが!!

これはダメですよ!!

堕ちちゃえ、はダメですよぅぅ!!


卑怯。好き。むり。大好き。








ストーリーも良き



前半は「制御できない自分」に戸惑うリーリャに、明日葉がどうアプローチしていくの
後半は「リーリャの足枷になる未来の自分」が怖くなった明日葉に、リーリャがどうアプローチするのか。



前後半の対比というか、やられたらやり返す愛の倍返しだ選手権大会が大々的に開かれているので、
ただでさえ萌えるところに文章的な熱さも相まってエモさが極まってます!
一部でも面白い、全部通すとさらに面白い。
これぞまさに、小説の真髄。










まとめ






百合はいいぞ





はい、ということで『神城リーリャは白百合の香りに恋焦がれる』の感想を書いてきましたが、いかがだったでしょうか!(よくある定型文)


ちょきんぎょまる先生にとっても念願の百合作品(あとがき談)ということで、とても上質でかぐわしい物語だったと思います!
本からも良い匂いがする……気がする……




これからもDIVERSE NOVELに、そしてちょきんぎょまる先生に付いていきたいと思う一冊でした。




二人が結婚したら神城明日葉になるのか、それとも百合園リーリャになるのか問題に胸を膨らませながらにはなりますが、感想を閉じたいと思います。





以上!




このエントリーをはてなブックマークに追加

どもー!
デスカイザーです!




3か月に一度のお祭りが帰ってきた!!!
ということで、半年ぶりのDIVERSE NOVEL新刊の予習をしていきましょう!








「妄想を、形に。
 新たな世界にダイブしよう――!」


DIVERSE NOVEL
2020年3月刊は
3月30日(月)発売!







ということで、
3月の新刊はこちらだーーーーー!!!!!!






◎神城リーリャは白百合の香りに恋い焦がれる


著:ちょきんぎょ。 イラスト:つるこんにゃく





レーベル作品ページはこちら


【あらすじ】

 残り香だけで満足していた。
 その言葉を聞くまでは――。


 白百合の香りを纏う明日葉に惹かれた匂いフェチのリーリャは、ある事情で退学間際だった彼女を救う。
 感謝から発せられた明日葉の「なんでもする」という言葉。
 それは抱き続けて焦がれすぎたリーリャの恋慕をこじらせ、愛欲へ変えさせる魔性の言葉であった――。
 こじらせ性癖の完璧お嬢様と、元気が取り柄の活発少女。
 真逆なふたりが理解を深めて寄り添っていく関係性をお楽しみください!







百合だあああああ!!!!!!!!
囲めええええええええ!!!!






本人たちから気取られないくらいの距離感で、
決して介入することなく、時にはもどかしさも感じながら、
愛欲と常識の間で揺れる乙女心の行く末を味わえる距離感で、






囲めええええええ!!!






DIVERSE初の百合です!!!


……百合ってキャラはトモハメ3にいましたけどね!





閑話休題。




白百合の香り。


表紙からして、こう、あの、ありがとうございます。って言いたくなるような。
香りというのが1つのキーワードになっているだけあって、今にも二人の匂いが香ってきそうな柔らかいリアルさがありますよね。
決してインパクトの強い色合いではないのに、とても印象に残ります。



イラストのつるこんにゃく先生、控えめに言って神……

しゅごいの……

相手の股に足挟むのえっち……

百合の天地を築きし創造神しゃま……










そして、本文。
ちょきんぎょ。先生と言えば『転生吸血鬼さんはお昼寝がしたい』(アース・スターノベル)などで有名ですね!
当ブログでも『吸血鬼メイドさんは甘やかしたい』など美少女文庫作品でお世話になりました!




また、ご家庭での甘いやり取り(とてもとても羨ましい)やお仕事(とてもとても大変そう)が記されるTwitterもよく拝見させていただいています。


つまり何が言いたいかというと!

心も体も美少女であるちょきんぎょ。先生の描く百合が、至高じゃないわけがない!!





今回は試し読みはせず本を完全初見で楽しみたいので憶測にはなってしまいますが、

心の動きとストーリーとの絡まり方が大事になるであろう”百合”というジャンルにおいて、先生の描く切なさと優しさの描写ってすごく刺さると思うんですよね~~!
いろいろな意味でえっちなので。
えっちな切なさ。
性欲的な切なさではないんですけど。
こう……えっち。






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



はい、ということでザックリ紹介してきたわけですけれども!


柔らかな表紙に柔らかな表現力が合わさり、どんな百合に仕上がっているのか非常に楽しみな気持ちです!
皆さんもぜひ、この百合を囲っていただきたいと思います!






DIVERSE NOVEL
2020年3月刊は
3月30日(月)発売!




以上!





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ